2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

ライトノベルは文学なんじゃろか?

1 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/05/24(火) 23:16:01.95 ID:XeR48IIL.net
ライトノベルは文学なのか?
それとも単なる流行りの娯楽作品なのか

ここはそれについて考えるスレ

2 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/05/24(火) 23:39:09.21 ID:pw53QgBD.net
文学っちゃ文学なんじゃないかな

3 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/05/24(火) 23:41:32.70 ID:mkgo2+4i.net
文学じゃないっちゃ文学じゃないかもしらんな

【終了】

4 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/05/24(火) 23:43:28.21 ID:XeR48IIL.net
いやまだまだ続く

5 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/05/24(火) 23:52:18.99 ID:mclzmTAB.net
俺たちの議論はこれからだ!

6 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/05/24(火) 23:56:19.24 ID:mkgo2+4i.net
>>1 先生の次回作にご期待下さい

7 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/05/25(水) 01:27:34.21 ID:AhEHOZJP.net
文学といえば文学だな
個人的には悪い意味ではなく一緒にするな と思うけど
お互い線引きして違うものとして置いた方がいい
流行りの娯楽作品の何が悪いのか

8 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/05/25(水) 02:17:17.34 ID:ci4j0tt5.net
でもラノベっぽい小説も結構多いんだよな

9 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/05/25(水) 15:25:29.61 ID:Kf1ABmiW.net
サラリーマンが電車の中でイラストが恥ずかしいから読めないものを文学とよべない

10 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/05/25(水) 17:57:59.31 ID:28A6yk83.net
娯楽小説の1ジャンルっていうのがしっくりくる
文学とはちょっとねえ

11 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/05/25(水) 19:03:33.47 ID:4fn+FabR.net
みんな、よく考えるんだ
今まで学校の教科書や学力テストとかの文章問題にラノベが出てきたと思うか?
そういう事だ

12 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/05/25(水) 19:22:35.33 ID:9N+bGA1K.net
ホレ

https://mobile.twitter.com/famasak7s/status/496631842951266304/photo/1

13 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/05/25(水) 19:51:21.87 ID:4fn+FabR.net
>>12
ら、ラノベではないはずだからセーフ

14 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/05/25(水) 19:55:19.02 ID:zW3e2RsC.net
SAOの原作がどこかの学校の教科書になったような(ry

15 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/05/25(水) 23:37:51.40 ID:pxcPnUXw.net
>>14
そうなのか
まあ活字に慣れるのにはもってこいなのかも知れないな
俺も本を読む取っかかりとして

16 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/05/25(水) 23:43:07.09 ID:9N+bGA1K.net
>>13
この板にスレが有るのでライトノベルだ

17 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/05/25(水) 23:48:27.14 ID:4fn+FabR.net
>>16
うそ!?スレあった!?
まじか…

18 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/05/25(水) 23:57:26.00 ID:9N+bGA1K.net
>>14
SAOの原作って同人版のこと?

19 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/05/27(金) 09:01:15.73 ID:Ep6DST3l.net
広く扱えば文学の一種なのは間違いないし
これは、文学のメインじゃないんで文学として扱いません、ってのも別に間違ってるわけじゃない
からなあ

むしろ、ナニを疑問に思う余地があるのかが逆によく分らん

20 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/05/27(金) 18:18:26.41 ID:85nBWNeA.net
まあ、流石に漫画を文学と言うのは微妙に感じる人が多いとしても
小説の形式を大きく外れてないライトノベルは、大きいくくりだと文学に含まれるのは
そんなに異論はでねぇだろうなぁ

ライトノベルは文学なのか? って設問それ自体が
文脈によって文学に含まれることも、含まれないことも
両方の場合がありえるから成立してるともいえるわけで

21 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/05/27(金) 21:12:33.02 ID:vZwT4BeI.net
>>19
確かにな、俺の学校だと図書室に普通に「キノの旅」とか置いてあるからな、そこまで疑問には思わない
ただ、何故かバカテス(バカとテストと召喚獣)が置いてある(しかもおそらく全巻)のだけは謎

22 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/05/27(金) 22:17:13.97 ID:JHV79TP7.net
>>1-6の流れに爆笑

23 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/05/27(金) 22:17:19.57 ID:c2lEhUzE.net
ライトノベル、はほかの「ジャンル」とはちょいと違うけど
ジャンル小説、ミステリやらSFやらが場合によって文学扱いされたりされなかったりするのと同じ消息よなー

24 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/05/28(土) 14:23:03.84 ID:3SATcchR.net
娯楽でしょ

25 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/06/02(木) 10:13:06.63 ID:sCT+wYug.net
100年もすれば
その時の人間から見れば
ラノベも大江健三郎も全く同じ「古い物語」

26 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/06/02(木) 20:57:26.04 ID:tpLG1H0K.net
>>25
なんか100年後の国語とか歴史とかの教科書に、
「1900年代の後半からは、アニメ調のイラストや、若者が好むようなストーリーで書かれた『ライトノベル』という新しい文学が生まれ、多くのライトノベル作家が生まれた」
みたいな説明とか、代表的なライトノベル作家とかが写真付きで紹介されてるのが頭に浮かんだ

27 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/06/02(木) 21:00:44.87 ID:83ANAH0R.net
大衆文学でいいだろ

28 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/06/03(金) 09:54:16.52 ID:fYdF+UZs.net
文学って言われると純文学をイメージしちゃうからのう

29 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/06/07(火) 01:18:25.44 ID:Nod1Nrzy.net
純文学でない事は確か

30 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/06/12(日) 11:11:09.41 ID:+R47vmvd.net
萌えヒロインとテンプレな萌え会話と萌えシナリオ
文学なわけねーだろw

31 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/06/12(日) 13:04:41.71 ID:727TBvFP.net
お前、森鴎外disってんの?

32 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/06/12(日) 21:05:00.37 ID:JhqU1eZ+.net
教科書で扱われるには社会に影響を与えたかどうかも基準になると思う。
漫画ならそんな作品はいっぱいあるけどライトノベルにはほとんどないと思う。
よくて西尾維新作品か。

33 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/06/12(日) 21:08:05.73 ID:JhqU1eZ+.net
もしライトノベルが教科書で扱われるとしたら作品ではなく
コンテンツビジネスの文脈で扱われるはず。
角川商法は20世紀の日本文学史を語る上では外せないだろうし。

34 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/06/13(月) 11:50:53.87 ID:TC1tkwvb.net
とりあえず教科書に載るかどうかって判断基準はアホすぎる
教科書に載らない文学がどれだけあるのか知らないのかな

35 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/06/13(月) 12:07:29.83 ID:TC1tkwvb.net
文学の定義を調べると「言語表現による芸術作品」と書いてある
その中には小説を含むとも
この時点でラノベは挿絵があるとはいえ(挿絵のある小説なんてそこらじゅうにあるし)小説の形態とった作品であるので文学と言える
元の意味に立ち返って、ここでの芸術の意味も定義戦争になったり無駄にハードル上げて語られそうだけど、これはまあ作品ってくらいの意味だと思う
なぜなら人によって捉え方が違うものとして定義に書かれていると考える方が不自然な気がするから
言語だったり、音だったり、絵だったりそういう手段で作られたもの、くらい

ラノベが作品かどうかについてだけど普通に作品だろと思う
コンテンツビジネスにしろなんにしろ小説の形であり人が楽しむように「作者」「作家」によって作られたものは作品と言っていいだろう

たまに文学は学がついてるから学問なのでラノベを語る学問が存在しないからラノベは文学ではないっていう人がいるんだけど、それは文学の幾つかある定義の一つでしかないからな

自分が気に入らないとか、社会的に質が悪いと思われていたり商業主義かどうかというところは、本当の意味で文学を定義するときには加味されてはいけない部分だろう
人の思想によって変わるものを定義とするのは定義の定義に沿わないと思う

36 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/06/13(月) 16:43:23.18 ID:l3fVvoR+.net
>>35
「商業主義かどうか」っておかしいぞ。
商業主義じゃないものということは流通が完成する前からあるものということだから
聖書とか古事記、源氏物語、アラビアンナイトとかになってくる。
今売ってるものだったら全部商売でやってるんだし
「商業主義的かどうか」の間違いだ。
そもそも、そんなことをとやかくいうなんて変だわな。
売れた方がいいのは当たり前なんだから。
どんな昔の作品でも、小説に限らず映画なんかでも、みんな
売るために作ってるんだから商業主義に乗っかってやってる。同じことだ。

それと、「定義の定義に沿わない」って何? 日本語で書いてほしい。

37 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/06/13(月) 19:00:44.65 ID:D6xKslmJ.net
>>36
「定義」という言葉の定義に沿わないって事だよ
明確に限定されていない

38 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/06/17(金) 16:38:42.80 ID:Pm32kdsg.net
ライトノベルが一般小説、SF小説、児童小説などとは違う独自性を発揮するのを
感じられるようになったのはいつごろだろう。
個人的には2010年がライトノベルが独立したジャンルとして完成した年だと思っているが。

39 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/06/18(土) 11:16:00.85 ID:ZM1eRdH6.net
テーギテーギじゃねえよ
ラノベは可愛いヒロインが出る萌えオタク漫画小説
それだけ

40 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/06/18(土) 16:52:12.55 ID:e6OcCpDG.net
無知な俺にラノベの定義を教えてくれ
新世界よりや十二国記とか最近だと阿部さんの烏シリーズとかファンタジー好きなんだがラノベなのか?

41 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/06/18(土) 18:38:50.09 ID:0x5rOmYP.net
>>39
典型的なキモウヨバカオタだなぁ・・・・・・

42 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/06/19(日) 12:02:26.86 ID:Gk4DRNIp.net
>>40
定義の話なんかしたって無駄
一つでも例外があればその定義は間違いって反論の余地を生むだけ
音楽のジャンルと同じでボーダーレスなんだから傾向の話をしよう

43 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/07/06(水) 12:44:00.59 ID:zmBuHv/0.net
おう

44 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/07/25(月) 23:38:24.65 ID:uwg0yUUS.net
そんなんなら最初から言うなゴミ

45 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/07/26(火) 14:25:18.72 ID:pHQHjKMz.net
ラノベはバカなガキか
バカなヲタクが読むもの。
バカでも読める小説w

46 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/07/26(火) 16:26:47.18 ID:+Ab3XWzq.net
だからそれをライトノベルが好きな奴が集まってるところでいうのは……
まあそれ以上いうまでもないが、いつまでもデビューできないワナビに間違われるから
恥ずかしいと思うならそれ以上いうな
恥の概念がないならもう知らん
勝手にしろ

47 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/08/16(火) 21:23:03.42 ID:EJna+cdD.net
まあ好き好きよ

48 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/09/07(水) 15:05:20.88 ID:Olz88gOd.net
そもそも文学ってなんぞや?

49 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/09/07(水) 15:57:38.97 ID:gymFL6fx.net
まあだいたいこの手のスレは文学の定義がまとまらずに終わる

50 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/09/08(木) 16:32:42.73 ID:i901xIB4.net
文学読んでここに書き込む奴は、小説を読んだぐらいで自分を頭がいいと勘違いしてんだろ。
ラノベが文学かは知らないけど、読んでて良かったと思うことはある。ニコ生でラノベの話題になって鼻血が出そうになった

51 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/09/11(日) 06:17:16.85 ID:6MEgEBay.net
ラノベより漫画や小説の方がすこ

52 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/09/11(日) 18:02:28.02 ID:8hvbY9To.net
ラノベも小説です。

53 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/09/13(火) 18:18:34.45 ID:kRKO9/FG.net
文学とは、「作者の心情や哲学など読者に向けた明確なメッセージが含まれる読み物である」と考える。

54 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/09/14(水) 00:04:39.86 ID:0G5RxLUr.net
デジタル大辞泉では
1 思想や感情を、言語で表現した芸術作品。詩歌・小説・戯曲・随筆・評論など。文芸。「日記―」「外国―」
だからラノべだろうが感想文だろうが日記だろうがそこに少しでも思想や感情が入れば文学の範疇に入るんじゃない
定義を独りよがりで考えてもそれは妄想に過ぎない

55 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/09/14(水) 11:11:15.70 ID:Gsexk+tz.net
ラノベにも作家によっては文学的だと感じる作品はある。あかほりさとるを文学と言ったら、んん?と、なることはあるかな。
別にラノベが文学でも文学じゃなくてもいい。ただ、文学を読んでる奴がここでふんぞり返って書き込んだら叩き潰してやりたくなる。文学板レベルが低すぎて通いたくねーんだよ。

56 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/09/15(木) 16:33:31.09 ID:H9gV33zu.net
>>54
でもなんかただの「この主人公の武勇伝だぜ!かっこいいだろ⁉︎」って感じのはエンターテイメントに入ると思ふ。作者の妄想は確かに思想だが、それを文学と言うと「んん?」てなる

57 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/09/15(木) 21:59:22.79 ID:OtJ+wNN7.net
今時ラノベとかダサくて根暗で気持ち悪い。
今時はスマホやゲーム機をやる。
本出すなんて森林破壊してるだけの根暗ラノベの本で森林破壊

58 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/09/15(木) 22:44:44.72 ID:/KydDL5p.net
そのはずなのに、なんで俺は会社でラノベ読んでるあいつに勝てないんだ・・・・・・

59 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/09/15(木) 22:55:04.47 ID:tpjL5xe6.net
>>56の思っている文学って
夏目漱石や芥川龍之介あたりの純文学のことじゃね
>>54と同じ辞書でも
日本の近代文学および文壇における独特の用語。読者の娯楽的興味に媚 (こ) びるのではなく,
作者の純粋な芸術意識によって書かれた文学というほどの意味
とある
ローカルルールには ★「ライトノベルの定義」。あなたがそうだと思うものがライトノベルです。ただし、他人の同意を得られるとは限りません。
とあるから文学の定義というよりはラノベの定義があいまいすぎて水掛け論になると思う

60 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/10/05(水) 12:39:51.33 ID:1fa1Qcdt.net
ニートにライトノベルの説明って難しいんだよね。
ライトノベルは学生にマーケットを絞った小説。書き方を学生に読めるように合わせて書く。オレみたいなオタクも読むけど対象はあくまで若い子。この話をしたら、村上春樹だって学生は読むって返されたことがあるけど、村上春樹はマーケットを学生に絞っていないので。
まともに稼いでない奴にマーケティングの話をしてもわからないだろうけど。ライトノベルは定義はこうだと思います。
それと読者に媚び売ったら文学じゃなくなるのでしょうか?

61 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/10/05(水) 19:32:23.66 ID:M8a47ZWe.net
ライトノベルの定義なんて簡単
ライトノベルレーベルから発刊されているかどうかだ!

62 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/10/08(土) 16:47:23.06 ID:SM2A7S7v.net
>>60
それヤング・アダルトじゃね?

63 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/10/08(土) 17:42:35.02 ID:ygA5PTMV.net
>>62

反論できないなら黙ってろ。

文学を読んでる奴はオタクよりレベルより低いんじゃないですかね。鈍くて仕事ができずボッチのキモい廃人が多すぎます。
マーケティングができればラノベを差別化できますよ。

64 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/10/08(土) 18:03:10.91 ID:SM2A7S7v.net
指摘しただけでなんで黙れと言われるんだか
反論してないのはお前じゃん

あとなんで消費者がマーケティングを気にしなきゃならないんだよ
そんなんだったら売れたものだけ読んでれば?

65 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/10/10(月) 18:23:01.38 ID:ulfA9m+E.net
>>64

ここはラノベが文学かどうかを話し合うスレなんだよ。なにが指摘だ。


消費者がマーケティングを気にしない?
ニートに説明は難しいようで。まともに稼いでる人間なら、買ったものに誰が買うものかぐらい推測つけそうなもんだけどな。


ホラ、ラノベの定義を立てたぞ。

文学の定義まだー?

66 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/10/10(月) 23:07:43.10 ID:lHTmsxA+.net
ラノベの定義を説明してもその中でラノベが文学かどうかを答えてないのはお前じゃん
ラノベが文学かどうかは文学の定義が非常に広いから自分はラノベを文学だと思う(ただし純文学ではない)
レーベルだけで決めるとアルファポリスとかが該当しなくなるからレーベルだけでは決められないし
"学生にマーケットを絞った小説。書き方を学生に読めるように合わせて書く。"
と言ってもラノベレーベル以外で出る海外のヤングアダルトや青春小説は普通ラノベ扱いされないから
自分が考えるラノベそのものの定義は>>61

あと一々ニートだ廃人だと煽ってくるのはどういうこと
お前が人に説教できるほど偉い立場かどうかなんて誰にもわからないし
匿名掲示板なんだから書き込みの内容のみが重要だと思うけど

67 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/10/11(火) 02:33:49.04 ID:WucXMpVh.net
>>65
夏目漱石によると、

人間の精神作用は知と情と意の三つに区分できる。

知によって世の現象を理解しようと探求するのが哲学や科学
感情に訴えかけ共感を呼び起こそうというのが文学、芸術
意思により実務を遂行するのが実学で政治や経済、軍略など多岐にわたる

つまり、知的でなく実務の役に立たない書籍が文学という事になる。

68 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/10/12(水) 06:29:08.99 ID:JG46gepO.net
>>66

説教はしてない。差別のつもりはあったけど。
傷ついた?


学生を切り捨てた小説がライトノベルと呼ぶと思うかどうか。多分呼ばない。

アメリカや海外とかは人口の多い国は小説に対して進んでるから、日本とはまた事情が違いそうだ。

ライトノベルを文学かどうかは、前に作品によっては文学じゃないかと思う作品はあると書き込みした。


>>67


小説は嗜好品だし、文学でもライトノベルでも読んで知識が身につくもんではないとは思う。哲学は楽しいだろうけど、大学に入ったとして哲学の講義を受けて、それでどこに就職できるかどうかと。

69 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/10/22(土) 12:25:04.30 ID:uMAiGhvL.net
ラノベは娯楽以外の何物でもない
ただ、そもそも娯楽<文学じゃないと思う
あれこれ難しいこと言ってないで単純に人を楽しませることが出来るという、
ラノベにしかない良いところがある
同様に一般書籍にも、みんなが言うように色々なことを考えさせてくれるという長所がある
だからラノベは文学ではないと思うが、それは悪いことではない。ラノベはラノベの個性を持っているということ。

70 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/11/01(火) 00:52:43.14 ID:L6kg4VeC.net
ラノベは普通の文学だと思うけど昔より明らかに質落ちたような気がする
今の作家って昔みたいに小説家目指してるけどなれなかったからラノベ作家やってるというよりも、最初からラノベばっかり読んで書いてる人が多い
それじゃあ話のネタも読んだラノベから来るし文だって稚拙になる
視野が狭くなってテンプレしか書けなくなってしまう
それに編集側も月出すラノベの本数下げないといけないと想う
現状、本数ばっかりあって内容のレベルが下がってる
作家のレベルが下がってるのに本数増やしたって無駄
作家もただ書くだけじゃなく普通の人間には持っていない教養とかでもいいから個性を出してほしい
テンプレの中にある少しの違いを一語一句汲み取れとかちょっと無理があると思う

71 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/11/01(火) 12:12:50.65 ID:W9LkyKk1.net
22世紀までライトノベルが残れば文学じゃないの

72 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/11/09(水) 07:52:27.74 ID:UBDbls9y.net
残り方にもよる

73 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/11/16(水) 19:28:42.08 ID:mjefR2ci.net
娯楽>日本の文学

だろ。


日本の小説の草創期を神格化しても進化がないんだよ。

ラノベのほうが社会と人に向いて書かれるから売れるんじゃないのか。

2ちゃんで文学を語ってる奴はクソ。文学もラノベもマスメディアなのに小説を読んで社会と哲学と知識を語る奴ってどうなのよ架空のお話ですよ?

文学痛のバカ見て、文学を読もうという奴はいない。文学がラノベよりベル高いというなら、ラノベを読んでここはこうであるべきだ。みたいな意見を言えるはずじゃないのかなー。


ラノベじゃなくてもエンタメ系や東野圭吾や宮部みゆきも知らなさそう。そういう奴等はろくに小説を読んでない。


日本の文学がダメなのは文学を読んだぐらいでインテリの真似をする低レベルな読者のせい。


文学派は反省してください。

74 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/11/16(水) 21:04:28.59 ID:rkHO8IaS.net
>>73みたいな、初めに結論を書かないで、何が言いたいかわからん文章見ると、やっぱ作家はすごいと思う。

75 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/11/16(水) 21:35:09.58 ID:mjefR2ci.net
結論から話そう。


こう書かないとダメ?


結論から話そう。

2ちゃんで文学を語る奴はクソだと。

76 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/11/17(木) 02:50:55.38 ID:9SvoSYuF.net
カエサルやチャーチルが書いた本はマジで人類史に残す価値がある。
人間社会に対する深い洞察を垣間見ることができる。必ず読むべき。

ドストエフスキーやカミュは文学作品としては奥深く面白いけれど、まあ物語だから読んでも読まなくても良いだろう。

チャーチルのような実務家が書いた回顧録が文学なのかという話はあるが、
ノーベル文学賞を受賞してるから文学なんだろう。

だから文学も価値あるものと言えんこともない。

77 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/11/17(木) 03:53:12.71 ID:YBdU31jb.net
文学や物語に優劣なんてないよ

その物語を必要としてる人が読むから感動するだけ

幼児の時に読んだ物語を大人になっても感動するとは限らないし、老人になってから必要になる物語を若い時に慌てて読む必要も無いんだよ

78 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/11/17(木) 11:06:07.11 ID:x4WoxOGj.net
神話・昔話とかまでさかのぼって
個人が書いた物語じゃなくなると多少意見の分かれるところだろうけど
近現代人が書いた娯楽物語を「広義の文学」から除外する理由は無いわなぁ

まあ、このスレの感覚的には
文学≒純文学 ぐらいで使ってるんじゃろうか
そういう文脈でいうならライトノベルは文学じゃないのも、ほぼ議論の余地もないわな

結局、文学をその場でどういう意味で扱っているか、によって変わるものでしかないので
「ライトノベルは文学のときもあるし、文学でないときもある」以外の答えは無いというか

79 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/11/17(木) 12:49:46.18 ID:CxQ7uk88.net
ライトノベルに否定的な意見も多いけど、
昔は娯楽がなかったから、ダラダラ続いて、展開がゆっくりでも
作品として成立した、今はそれじゃ通用しないから進歩してる、ってことはないの?

やりすぎてせかせかしてて、壮大な構想もなく、薄っぺらくなってるのは事実だが

80 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/11/17(木) 13:55:28.24 ID:Y30BMezG.net
昔の作品で覚えてるのって傑作ばっかりだからなぁ
昔も今も大衆娯楽のほとんどは結局どうでもいいクズばっかりな訳で

このスレもそうだけど、他分野とラノベの比較とかも
厳選された純文学の一握りの傑作と、身近ゆえに詳しく目に入るたくさんの駄作ラノベとの比較
とかになっちゃってる可能性が高いからなー

まあ、ラノベに限らず
自分が親しい分野と(何か高尚だと考えられやすい)他分野と比較しようとする時に
陥りがちな話だけども

81 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/11/17(木) 16:54:05.51 ID:rCDC+9aw.net
熱膨張が文学なわけが...

82 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/11/17(木) 16:55:22.20 ID:PGV8j7Xx.net
布団くんかくんかだって文学なんだから熱膨張が文学しててもいいじゃないか

83 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/11/17(木) 17:20:14.25 ID:pTZV4kah.net
もちろん色々と異論は出てるんだろうが
(純)文学って何か? ってのに対して
最近そんな本が出て、ちょっと流行ったカンジの
「一般的に純文学雑誌と呼ばれる雑誌に掲載されたもの」ってのは
わりと強そうではあるんだよなあ……w

たとえ内容が同じでも
ラノベレーベルから出ればラノベ、他から出たら一般の娯楽小説
みたいなのが満場一致じゃないにせよ、それなりには通用しそうなのと同じで

84 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/11/18(金) 13:14:46.80 ID:gMNzqlMu.net
文学≒小説ぐらいならラノベが文学の範疇なのは争う余地はないし
文学≒純文学なら、これもラノベが純文学じゃないのは、多分ほとんど議論にならんけど

「文学」ってのは「出来のいい小説」を指す、ぐらいの用法があるような感じはするなー
なんか、その辺の領分を争ってる話のような気がしてきた

85 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/12/12(月) 12:02:00.55 ID:yELH6Rzy.net
この恋とその未来はアレだった

86 :イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/:2016/12/30(金) 20:02:14.67 ID:tcowxXsY.net
ライトノベルといえばiwatam氏のサイトの文書が秀逸で・・・す

87 :イラストに騙された名無しさん:2017/07/10(月) 12:01:46.57 ID:6XAU3vqzH
ラノベ=ライトノベル=内容のかるい「小説」、小説=文学で文学に含むじゃだめなの?自分バカだからこれで簡単に納得できる

88 :イラストに騙された名無しさん:2017/11/11(土) 15:06:32.48 ID:iRPlkZfyz
ライトノベルって言っても、書いてる人が多すぎて範囲が広すぎる。
ライトノベルって一口に言っても、ハーレムやら復讐やら異世界やらなんやらで、web見てると「それラノベちゃうわ」みたいな文体の人までいるから、もうわけわからん。結局はラノベなんて作者がラノベのつもりで書いたかどうかなんじゃない?

89 :イラストに騙された名無しさん:2017/11/13(月) 21:43:18.29 ID:pTqLCzOi7
ラノベのジャンルが偏っている

90 :イラストに騙された名無しさん:2018/06/04(月) 23:42:15.55 ID:EaG6vn6fM
原始人に言わせればここの書き込みも文学

27 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :

read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★