2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

海・航空・陸上戦考察スレ 軍事戦略・作戦・戦術 30

1 :名無し三等兵 :2018/06/16(土) 08:29:31.26 ID:FL/sSSKI0.net
!extend:checked:vvvvvv:1000:512
!extend:checked:vvvvvv:1000:512
陸上戦闘は如何に戦われるのか? 海戦は? 航空戦は?
史上のあの戦いにおいて、勝利する方策は?
近現代の陸上戦闘・海戦・航空戦について真剣に考察しましょう。

初心者から本職まで、幅広く参加者募集。
煽動者は黙殺、勘違いには罵倒ではなく善導で。
現職・元職は保全に注意しつつ、広い心でご参加を。

※軍事戦略(Military Strategy)、戦域(Theater)、作戦(Operation)、戦術(Tactics)、技術(Technical)
  について主に扱うスレッドです。
  世界観・展望(Vision)、政策(Policy)、国家戦略・大戦略(Grand Strategy)の言及は控えて下さい。
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
前スレ
海・航空・陸上戦考察スレ 軍事戦略・作戦・戦術 29
https://mevius.5ch.net/test/read.cgi/army/1521379754/
VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvvv:1000:512:----: EXT was configured

122 :名無し三等兵 :2019/05/27(月) 12:29:46.32 ID:KKWxYCwS0.net
>>120
この書類の表題にもあるように、NATO、とくにアメリカ陸軍のドクトリンは、
メレンティンやバルクの影響を大きく受けて、消耗戦的なアクティブ・ディフェンスから
機動戦的なエアランド・バトルへと変わっていくんだよな

セントラルフロント・シリーズ以前にダニガンがデザインしたゲームも含めて、
当時のゲーム開発は(バクルやメレンティンの影響を受けた)米陸軍とべったりで、
当時の米陸軍の認識の変化がモロに反映されてるんだよね

123 :名無し三等兵 :2019/05/27(月) 12:32:31.73 ID:KKWxYCwS0.net
だから、この頃の東西ドイツ正面の近未来戦ゲームを追いかけていくと、
米陸軍の用兵思想の変化を追体験できるw

124 :名無し三等兵 :2019/05/27(月) 12:34:54.43 ID:KKWxYCwS0.net
こういう認識をしている人には絶対に伝わらない事実
https://twitter.com/Kominebunzo/status/1132609022853386240
(deleted an unsolicited ad)

125 :名無し三等兵 :2019/05/27(月) 12:56:37.05 ID:iKUdnklI0.net
米陸軍のソ連軍に対する認識の限界を示している、って事では。

126 :名無し三等兵 :2019/05/27(月) 14:36:28.73 ID:c43RsPel0.net
>>120
いわずと知れた訓練ドクトリン・コマンドの初代司令官の大将とかが参加してるのもあれだが、
https://en.wikipedia.org/wiki/William_E._DePuy
しかも、この報告書を書いたの、A・W・Marshallって総合評価局長のアンドリュー・マーシャルかよ?w
大物中の超大物じゃねーかwww
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB

127 :名無し三等兵 :2019/05/27(月) 14:38:28.60 ID:c43RsPel0.net
>>125
エアランド・バトルを生み出す認識を「夢の世界」とか「制作者の限界そのもの」とか「物を知らない」とか言ってるってことかw
もしそうなら何様って感じだがw

128 :Lans :2019/05/27(月) 19:53:17.66 ID:+C6bPELmC.net
>122
フルダ→ネクストウォー→セントラルフロント の流れ最強
(亜流 DG/NATO、GDW/第三次世界大戦、WEG/AIR & ARMOR、OMEGA/AirLandBattle あたりも参考にはなる)

>124
間違ってはいない、正しい
きっと自分が作ったらそうなると、自分を戒めてるんだよ(棒

>120の面々と、Y氏やB氏を比べるのは無茶
そもそも用兵を学んでいない日本のデザイナーでは限界がある。
(用兵を学べる場所自体が無いからなー)

どうやら明治陸軍と明治海軍ードクトリンについて話すようですが・・・
前原氏の「日本陸軍用兵思想史-日本陸軍における「攻防」の理論と教義-」くらいは読み込んでるのかねえ?
他にも偕行記事には明治〜大正において精神主義に関する論文がいくつか掲載されてますが、そのあたりも抑えてあるんでしょうかね?

129 :Lans :2019/05/27(月) 20:24:50.74 ID:+C6bPELmC.net
ちなみに、セントラルフロント 旧3部作、新2作揃いました。
一通りプレイした後、現在は旧3部作を新ルールでプレイするという実験中

新ルールだと、なんと4時間くらいで第5軍団シナリオが通してプレイできるぞ!
そして、あの超面倒な消耗システムを使わずとも、同様の展開に・・・

旧消耗システム、あれはあれで敵の疲弊を待って反撃するという、いかにもアクティブディフェンスな感じが出てよかったですが
新ルールはエアランドバトル的な機動戦志向になっております。

なのにゲームの展開はあまり変わらない・・・なぜだwww

130 :名無し三等兵 :2019/05/27(月) 20:56:31.54 ID:SFgngHBKM.net
知らねーよダボ
ゲームのスレでやれ

131 :Lans :2019/05/28(火) 12:19:03.27 ID:o+yIHREEC.net
さて、ここで問題は

ゲームルールが変わったのに結果が変わらない。
ならば、結果を変えるのは何か?

に移っていくわけです。
よくウォーゲーム界では、ルールががが、システムががが、デザイナーの認識で伝々。。。で喧嘩が起きますが

ほんとうは、それ意味あるのか?
実は、それは些末なことで作戦や戦術の分析や理解に影響するほどのものなのか?

もちろん一定の正しい結果が出るシステムが最前提として必要ですが、一定段階に達し、その結果が得られるのであればそれ以上のものは必要なるのか?
という疑問につながっていきます。

なぜ米海兵隊の学校にはウォーゲーム部屋があって、普通に市販のボードウォーゲームがプレイされているのか?
なぜ米海兵隊は教育訓練のTactical Decision Gameは詳細な判定システムなしでも成り立つのか?


このあたりが、OR、図演、白紙戦術の意義や意味合いにも関わってくると思うのです、

132 :名無し三等兵 :2019/05/28(火) 14:37:07.63 ID:lhiBeD2c0.net
なにを主眼とするか、だな

133 :名無し三等兵 :2019/05/28(火) 17:10:40.00 ID:KOHRsVbNH.net
チラ裏メモ
ここ数年ハイブリッド戦争の研究と実証が増えて、軍隊同士の戦いと軍事目標の重要性はかなり下がったと感じる
軍事を研究すれば研究するほど軍オタが本能的に好きの兵器の性能比較はあまり意味はないと理解した
感情と理性の矛盾が生じる
しかし軍事理論的にそんな「勝負好き」の本能を捨てるこそ正解
『孫子』を読んだ時、作者が「感情のない冷徹な戦争マシーン」を理想の指揮官にしていると感じる
機械と技術の要素が増える現代戦において、なおさら指揮官が戦争マシーンになりきるの必要が増えた

134 :名無し三等兵 :2019/05/28(火) 17:16:18.79 ID:KOHRsVbNH.net
補足、「感情のない冷徹な戦争マシーン」というのは
「人間の感情を理解しない」の意味ではなく、
「人間の感情を理解した上で、自分の感情を捨てて、他人の感情を利用する」の意味だ
心理戦と世論戦などを含める
それを極めつけると相手の動きを思うのままに誘導できるので、非常にたちが悪い
しかし「相手を思うのままに動く」は古来、兵法の極みの一つでもある

135 :トルエン大尉 :2019/05/28(火) 22:25:22.77 ID:3GxUnyF80.net
>>131
SLGが抱えている問題点はヒストリカルでシミュレーションでゲームであることだぬ。

ヒストリカルであること(歴史的結果)
シミュレーションであること(物的要素と人間的要素の兼ね合い)
ゲームであること(勝敗があってバランスがとれていること)

これを過不足なく盛り込めるのだろうか・・・・

図演にしても白紙戦術にして実働演習にしても問題提起はなされているしね。

136 :トルエン大尉 :2019/05/28(火) 22:31:11.96 ID:3GxUnyF80.net
>>128
BUNさんって陸戦は詳しくないと思う。
海空戦もどうなんだろうと思っている。

137 :名無し三等兵 :2019/05/29(水) 10:27:10.84 ID:j8B4KqBp0.net
自分が詳しくない、ってことがわかってない
自分がわかってない「可能性」すら考慮した言動ができない
○○な人に思える

138 :名無し三等兵 :2019/05/29(水) 10:55:13.04 ID:B6Z1i05vr.net
>>131
SPIは、一番強いユニットは9、弱いのは1として適当にレーティングしてましたっけ。
本当の戦闘力なんてどうせわからん。

ディテールにこだわり過ぎると
拾えなかった要素の影響で
却って現実とのズレが拡大する矛盾…

139 :名無し三等兵 :2019/05/29(水) 10:56:56.81 ID:B6Z1i05vr.net
>>137
とりまとめて自説を世に問うて批判を受けるのは立派なこと。
まずはお手並み拝見でいいじゃん。

140 :Lans :2019/05/29(水) 11:00:32.52 ID:sWI9o9gkC.net
>135
>ゲームであること(勝敗があってバランスがとれていること)

トルエン丼、SPIがそんなこと考えているように思います?ww

連中は
>ヒストリカルであること(歴史的結果)
>シミュレーションであること(物的要素と人間的要素の兼ね合い)

に注力し、ゲームであることは半ば捨ててません?
SPIを、あくまでもゲームとして遊ぶにはプレイヤー側での知識と操作(ハウスルールやシナリオ調整)が必須なものが多いと思うのです。
中にはゲームバランスの取れているものもありますが、それは偶然の産物だったのではないか?と最近考えています・・・

連中は、まず【やってみたい】から【やってみた】がキーポイントに思えます。

つまりSPIのゲーム群は結果を楽しむのでなく、経過を楽しむもの
(だから平気でプレイ不可能なビッグゲームを連発しちゃうんです)
(まあ、だから会社が潰れた訳ですががが・・・)

だが、それもまたウォーゲームの姿だと思うのです。
(その帰着点として簡素なクラッシックに回帰したのなら、その過程にも意味はあるのだと思います(検証過程)

クラシックで平凡なルールが、実は正しかったと検証されたのであれば、それは利用すべきものだし
広く教育材料に資する事も可能ではないかと。

特にプレイヤーとして人が思考するウォーゲームは判断訓練と変化対応の訓練に最適
米海兵隊はそのように利用している模様
(マニューバウォーフェアを志向する以上、判断と対応の訓練は必須なのです)

Tactical Decision Gameはその最たるものだと思うのです。

141 :名無し三等兵 :2019/06/02(日) 10:31:19.75 ID:S+CnACwC0.net
>>128
あの人、モルトケ時代にプロイセンの将校団が大きく変質したこと、
その中身がどれだけわかってるのかね?

142 :Lans :2019/06/03(月) 19:33:20.72 ID:rQ3xlCKrC.net
The Fulda Gap Sandbox
http://www.jbgilmer.com/MilitarySimulation/TheFuldaGapSandbox.pdf

80年代のフルダギャップについて

・現実の米軍想定
・SPI セントラルフロント「第5軍団」
・当時の米軍の作戦検シミュレーションシステム

の違いと有効性などについて、当時のシステムについて初期開発者の1人が書いたもの




こいつ…ボードウォーゲーマーじゃん…

143 :名無し三等兵 :2019/06/03(月) 21:56:56.91 ID:F2v0JSjX0.net
艦隊防空の間違いについても興味深いね

144 :Lans :2019/06/10(月) 10:34:12.57 ID:XYK4cXJhC.net
>The Fulda Gap Sandbox
http://www.jbgilmer.com/MilitarySimulation/TheFuldaGapSandbox.pdf

ですが

・ホビーSLGの利点
 多種多様な要素の組込
 →西独軍の存在(米軍演習システムは西独軍を数値化できないので組み込んでいない)

・演習システムの利点
 兵器単位で詳細な戦闘結果や兵站管理をシミュレート
 →ただし係数処理であり強制後退は発生しない、後退は指揮官が決断しなければ後退しない

つまり演習システムは計算が詳細なだけで、実はシミュレートしていない要素が多数あるとしています。
ですが、その詳細なシミュレートをホビーSLGでは決してできない絶大な利点と言い張っています。

が、ちょっと待って欲しい、戦闘結果とは必ずしも損害数値だけなのか?
これは利点なのか?弱点なのか?微妙…圧力に屈した現場判断による後退命令なしの撤退は往々にして良くある話です。

さらに詳細な計算と言っても、それらの数値を参考に平均値や上下幅を加味して、CRT(戦闘結果表)を作ってあれば
毎回の詳細な計算にそこまでの利点があるのだろうか?

そもそも北部を守る西独軍を組み込まないシミュレート想定に意味があるのか?
米軍演習システム、それで良いのか?

なお、本記事の結果としては、どちらも一定の参考にはなるが、完全な未来の検証にはなりえないと結論ずけています。
(まあ、当たりまえの話)

145 :名無し三等兵 :2019/06/24(月) 03:30:45.44 ID:gHfb2YZb0.net
大祖国戦争(第二次大戦)におけるソ連軍の作戦に関する全ての基本的な記録が機密解除された、とロシア国防省が発表。
これらの記録閲覧は誰でも可能とのこと。タス通信
当時について研究する内外歴史家には朗報なのだろう

https://twitter.com/Tokyo_dogpillow/status/1142474311791345665

ロシア版アジ歴なのか
(deleted an unsolicited ad)

146 :Lans :2019/06/26(水) 12:33:23.52 ID:WrhhltJ0C.net
ロシア大隊戦術群についてミッションコマンドや作戦術との関連性についての記述

Russia’s View of Mission Command of Battalion Tactical Groups in the Era of “Hybrid War”
https://community.apan.org/wg/tradoc-g2/fmso/w/o-e-watch-mobile-edition-v1/23746/russia-s-view-of-mission-command-of-battalion-tactical-groups-in-the-era-of-hybrid-war/


しかし・・・
ロシア/ソ連では、そもそもが独特な戦争指導形態により、上位である戦略的な目標の段階で、既に十分な国家目的の達成が内包されているのを忘れているように見えます…
ロシア/ソ連では以前から軍事以外の事項や要素が、その軍事行動や計画に内包されていたと考えるべきではないでしょうか?
このようにロシア/ソ連軍が軍事のみを考慮しているなどと誤解してるから、ハイブリッド戦争なんかを仕掛けられてしまうんですよ…

西側脳は…

147 :Lans :2019/06/26(水) 16:56:49.07 ID:WrhhltJ0C.net
>NATO軍は、軍事力投射の軍事的側面だけでなく、国家の目的達成のための手段の全範囲の調整についても考えるようになった。
> これとは対照的に、ソビエト/ロシアの文脈におけるこの用語の定義は、より軍事的なものです。


>彼らの主要な軍事理論家の考えを保持しながら、ロシアはその作戦術の定義を以下のように拡大しているかもしれないという兆候がいくつかあります。
>それは、新しい形態、方法、そして戦争のやり方への現在の関心のために、米軍 / NATO同様の定義です。

とか言ってるのがもう・・・
お前、最初に作戦術始めたのはソ連側だろうが!と・・・
そもそも作戦術は戦略と戦術をつなぐと明言してんじゃん!

その上でソ連にとって 戦争は戦時の延長線上にあるというのは西側以上に明確です。
つまり政略と戦略は十分に影響しあっています。
さらに最高指導部には軍が入ってると言うか・・・そもそも党の軍隊なので一体化が強く保持されています。

なので
>要するに、特に旅団レベル以下で実践されるようなロシアの戦術的指導力は、ロシア軍によって定義されるような作戦術とは関係がなく、
>MDMPの西側概念と現在および将来の戦争の異なる世界観を通して理解するのは難しい。

ではなく、戦略次元から作戦次元において、戦術においては軍事面に限定してきてるのは

>軍事力投射の軍事的側面だけでなく、国家の目的達成のための手段の全範囲の調整についても考える

戦略-作戦次元でそれで大丈夫なように、わざわざ調整されていると認識すべきだと思うのです。
(つまり上位次元で旅団以下が軍事に専念できるように調整。というか旅団以下にやらせると、いろいろやらかすのでその影響がないように全計画を策定しておく)

148 :名無し三等兵 :2019/06/26(水) 17:24:29.56 ID:m30g55wT0.net
ほんとに西側脳でソ連・ロシアの政軍関係がよくわかってねー感じだなw

149 :名無し三等兵 :2019/06/26(水) 20:18:04.51 ID:mOO5jhTnM.net
所詮冷戦脳だからな

150 :名無し三等兵 :2019/06/26(水) 21:50:58.27 ID:m30g55wT0.net
これ、中国に関しても西側脳で政軍関係を捉えてると、同じようにトンチンカンなことになるぞ

151 :名無し三等兵 :2019/06/26(水) 22:28:36.56 ID:YmG1yEjs0.net
東側式の政軍関係だと、外交手段として明確かつ準備された軍事行動を取るオプションが常に手元にある
ということなら、早期に軍事力という手足の神経や血管を圧迫して外交ツールとしての即効性を奪って、オプションとしての価値を損なわせるのがいいとなるのだろうか?

すると、例えば現在日本が志向し始めたと思われるスタンドオフ兵器による沿岸部への打撃はまあまあ有効な対策ということにもなりそうだけども

152 :Lans :2019/06/26(水) 23:17:31.72 ID:wBuGtO2qr.net
この論文は基本的にはすごくよくソ連/ロシアを調べており

ソ連ロシア軍がミッションコマンド?そんなのできる訳がない
というような過去の意見に対し、

そんなことは無い、アフガン以降、大隊戦術群レベルでも戦術的独立性が強く持たれるようになった
指揮官は6年間もの期間、大隊を指揮しており独立的運用を十分に扱う能力を保持している
と看破するなど、最後の作戦術との関係性以外の部分については非常に為になるので、みなさんもぜひお読みください。


なお
>151
>早期に軍事力という手足の神経や血管を圧迫して外交ツールとしての即効性を奪って、オプションとしての価値を損なわせるのがいい

スタンドオフ兵器に加え、近接戦闘部隊の投入も含め外部圧迫し抑止とするのが、MDOのそもそもの根幹概念なのです><
(MBDじゃなく、MDOの方ね)

153 :Lans :2019/06/26(水) 23:29:14.20 ID:wBuGtO2qr.net
本当に惜しい

本文で
ソ連では硬直した戦術レベルでも、その単純さを利用し、作戦レベルでは非常に複雑な柔軟性を得ているとまで書いています。
つまり作戦レベルのおける利便性も加味して戦術レベルの硬直性が許容といいうか利用しているとまで、きっちり見ているのです。

それを政略レベル、戦略レベルでも同様に上流からきているのに、なぜ作戦術だけ別に考えてしまったのか・・・
西側の作戦術が正しいとの思い込みでもあるのですかね・・・

ソ連悩から見れば、なぜ戦術レベルの作戦の主導権を与えるような考えをするのだ?
戦術レベルに政治判断させるなど、お前らバカか?そうしない為の作戦術だろうに!
となるのですがががw

そこを理解しないから、西側悩は緑の人とか想定できなかったのだよ

うらー

(プロジェクト管理でも、現場がやらかしても大丈夫なように上流工程が考えるのはリスクマネジメントの基礎)

154 :名無し三等兵 :2019/06/27(木) 08:37:23.39 ID:f8VrHmDXd.net
防御にリソースを割かせることで相手の軍事力発揮を圧迫するってことか

緑の人といえば緑のおっちゃんはまだ生きてるのだろうか

155 :Lans :2019/06/27(木) 09:57:24.47 ID:KMl//lvEC.net
>154
>防御にリソースを割かせることで相手の軍事力発揮を圧迫するってことか

というより、事前にこちらの隙を潰して回る。
前方プレゼンスの強化
80年代冷戦の欧州戦域と同様です。
(これはドクトリンペーパーにも例として明記されています)

156 :Lans :2019/06/27(木) 10:26:23.28 ID:KMl//lvEC.net
>NATO軍は、軍事力投射の軍事的側面だけでなく、国家の目的達成のための手段の全範囲の調整についても考えるようになった。
ですが、これは戦略と戦術の接近を示します。

西側脳
 戦術が政治に直接影響を及ぼすようになった
  →下記の議論に発展
   ・ストラテジックコーポラル議論
   ・作戦術は不要になったんじゃないか議論
   →解決策
     ・任務指揮の底上げとして、初級将校、下士官の教育強化→教育進まない・・・←今ココ
ソ連脳
 戦術が政治に直接影響を及ぼすようになった
  →と言っても、初級将校や下士官がそんな政治判断が出来る訳がない!
    (徴兵大量動員軍だったから俺よく知ってるぜw)

   →解決策
    ・作戦術を徹底し、上流工程で戦術階梯の影響が戦略に及ばないように最初から計画しる!
     作戦次元で吸収できないなら、さらに上流工程の戦略次元でそれを考慮すればいいじゃない
     (戦略に作戦が従うのは当然、そして戦術が作戦に従うのも当然。逆はない)
     (ただ上流工程が下流工程を無視するのはいけない。※できないことはやらせない←コレ重要)

    →いろいろ考えたらハイブリッド戦争までいきついたけど、まぁいっかー
     (戦術部隊がやらかしても、正体がばれなきゃ政治影響は最小限www →礼儀正しい緑の人)
     (戦術部隊がやらかしても、現地勢力になすりつければいいじゃんwww →現地勢力の活用)
     (これなら戦術部隊の独立運用しても大丈夫じゃね?→任務指揮強化→初級将校じゃ無理だけど中級将校なら出来んじゃね?→6年間位徹底的に仕込めばいけるかw)
     (あれ?これって作戦や戦略的にも敵が動く名目を付けられない=敵の初動が遅れるし、こっちが一方的に行動できる?良い事ずくめじゃね?)
     (しかも、そういえば俺ら昔から革命の輸出で似たような事やってたよな)

昔から怪獣映画やアニマルパニック映画、ゾンビ映画、宇宙人侵略映画は東側からの間接侵略を投影してると言われていますが・・・
これ、最初は相手の正体が判らず、対応が後手後手になって、事態が判明した時ってもう手遅れってのがお約束なのですが・・・
まあ、ハイブリッド戦争やねぇ

157 :Lans :2019/06/27(木) 12:32:01.35 ID:KMl//lvEC.net
西側脳とソ連脳の根本的な違いは

西側脳
 ⇒やらなきゃいけないのなら、なんとしてもやる(技術に頼ってでも)⇒王道脳

ソ連脳
 ⇒やらなきゃけないといっても、出来ない事はできないんだから、なんか根本を考え直す⇒学者脳

158 :名無し三等兵 :2019/06/27(木) 14:57:18.34 ID:7QdDnhrYM.net
ソ連脳がソ連なら西側脳も西側というより米帝脳だと思う

159 :名無し三等兵 :2019/07/01(月) 06:12:43.16 ID:JVw8MFhQd.net
質問ですが、現代海軍の作戦や戦術について学びたいのですが、良い教材はありませんか?

陸戦ならば、米陸軍FMや米海兵隊MCDPなど良い資料がネットで拾えるのですが、
海軍についてはどういった資料がありますか?

160 :Lans :2019/07/01(月) 14:03:28.25 ID:BoN2MnLsC.net
>159
>現代海軍の作戦

米海軍大学のVegoがいろいろ論文を出してます。
Amazon洋書でVegoで検索
(探せば公開論文も結構でてきます)

161 :名無し三等兵 :2019/07/01(月) 19:38:39.37 ID:914WpPxDr.net
>>159
ハープーンのヒゲオヤジにキュン!

ttps://nlab.itmedia.co.jp/games/articles/0511/04/news103.html

162 :名無し三等兵 :2019/07/02(火) 20:55:51.24 ID:GndJxnFLr.net
>>159
最新版
ttp://www.matrixgames.com/products/392/details/Larry.Bonds.Harpoon.-.Ultimate.Edition

163 :名無し三等兵 :2019/07/21(日) 15:53:47.73 ID:gfipKMwYM.net
ハープーンのいい感じのプレイ動画ないんだよな

164 :名無し三等兵 :2019/07/25(木) 06:08:32.57 ID:7p0Zgcpf0.net
需要ありそうだから投下
中国の国防白書2019版、全文英訳

Full Text of 2019 Defense White Paper: “China’s National Defense in the New Era” (English & Chinese Versions)
http://www.andrewerickson.com/2019/07/full-text-of-defense-white-paper-chinas-national-defense-in-the-new-era-english-chinese-versions/

165 :名無し三等兵 :2019/07/29(月) 03:29:24.41 ID:AaI7SmzB0.net
米軍、限定核使用へ新指針
ttps://jp.reuters.com/article/idJP2019072801001856
これで言及されてる文書が下

nuclear operations
ttps://fas.org/irp/doddir/dod/jp3_72.pdf

166 :名無し三等兵 :2019/09/23(月) 00:55:57.34 ID:dsNGo7b90.net
Lansとか公安に目をつけられたりしないの?
変なものばっかり集めてさ

167 :Lans :2019/09/23(月) 01:21:14.67 ID:dOii1L8Nr.net
別に公開請求とかした訳でもないし
基本は普通に公開資料見つけてきてるだけだよん。

168 :名無し三等兵 :2019/09/23(月) 15:49:59.48 ID:YNSfFvzVM.net
こういう匿名掲示板以外の外側にまともに発信してないただのヲタクレベルの連中の相手をするほど暇じゃないだろ

169 :名無し三等兵 :2019/09/24(火) 01:10:15.26 ID:z3Y+iQPP0.net
Lansのレス追い回して本読んだり検索すると自然と知識量増えるけどこれは意図されたものなの?

170 :名無し三等兵 :2019/09/24(火) 07:23:51.94 ID:9zKqxhduM.net
増えてるような気がしてるだけで気のせいだろ

171 :Lans :2019/10/18(金) 10:55:38.95 ID:moxKFrklC.net
私は書き散らしてるだけですぜw

82 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :

read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★