2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

Julia Juno Jupyter part1

1 :デフォルトの名無しさん:2016/02/12(金) 19:05:13.83 ID:zhNvVfnf.net
LLVM で動く Julia のお勉強
Python に少し似てネイティブの速さで動く素敵な関数型言語
http://julialang.org/
http://junolab.org/
http://jupyter.org/

関連
Pythonista のための Julia 100 問 100 答
http://bicycle1885.hatenablog.com/entry/2014/12/23/170745

2 :デフォルトの名無しさん:2016/02/12(金) 19:06:27.32 ID:zhNvVfnf.net
みなさんの貢献が求められています
http://pkg.julialang.org/
http://docs.julialang.org/en/release-0.4/manual/packages/

3 :デフォルトの名無しさん:2016/02/12(金) 19:11:52.52 ID:zhNvVfnf.net
C の関数を呼ぶのも簡単
http://docs.julialang.org/en/release-0.4/manual/calling-c-and-fortran-code/
ツールが無くても可能ですが他にも便利なのがあるのでお好みで
Clang.jl
https://github.com/ihnorton/Clang.jl
Cpp.jl
https://github.com/timholy/Cpp.jl
Cxx.jl
https://github.com/Keno/Cxx.jl

4 :デフォルトの名無しさん:2016/02/12(金) 19:36:28.01 ID:zhNvVfnf.net
私が Julia を推す理由 (翻訳)
http://d.hatena.ne.jp/isobe1978/20140330/1396201066
原文
http://www.evanmiller.org/why-im-betting-on-julia.html
Julia の開発環境を構築してみる (IJulia)
http://qiita.com/miiton@github/items/33c2b62c4911216d5fdb
科学計算が得意な言語 Julia を試してみた
http://qiita.com/chezou/items/d090f26dcb31818d6964
Gadfly
http://gadflyjl.org/
Plotly
https://plot.ly/julia/

5 :デフォルトの名無しさん:2016/02/12(金) 23:29:57.13 ID:5fxI8DGs.net
実は数年前にここでjuliaスレ立てたんだが落ちたんだよなあ。。。。

6 :デフォルトの名無しさん:2016/02/13(土) 10:10:05.58 ID:3L3e3K/U.net
漏れもなんとなく見覚えがある気がするんだよなぁ・・・

落ちる条件ってなんだっけ

7 :デフォルトの名無しさん:2016/02/13(土) 10:11:00.83 ID:3L3e3K/U.net
という訳で保守がてら

juliaからCの関数を呼んでみた

julia> ccall(:printf, Void, (Ptr{Cchar}, Ptr{Cchar}), "%s", "abc")
abc
julia> ccall(:printf, Void, (Ptr{Cchar}, Ptr{Cchar}, Int), "%s%d", "abc", 9)
abc9

引数の数が自由なのがいいねっ!

8 :デフォルトの名無しさん:2016/02/13(土) 10:12:28.35 ID:3L3e3K/U.net
おれおれDLLだと呼び出し方がちょっと変わるみたい
(最近仕様が変わったらしいので古いドキュソの通りやると動かない
っていうか最新のドキュソもまだ動かないサンプルのままだぞω)

julia> libcurl = Base.Libdl.dlopen_e("./libcurl.dll")
Ptr{Void} @0x2c76e2c0
julia> curl_version = Base.Libdl.dlsym(libcurl, :curl_version)
Ptr{Void} @0x6b25c740
julia> curl_getenv = Base.Libdl.dlsym(libcurl, :curl_getenv)
Ptr{Void} @0x6b25c854
julia> curl_free = Base.Libdl.dlsym(libcurl, :curl_free)
Ptr{Void} @0x6b25cbf8
julia> p = ccall(curl_version, Ptr{Cchar}, ())
Ptr{Int8} @0x6b29c060
julia> ccall(:printf, Void, (Ptr{Cchar}, Ptr{Cchar}), "%s", p)
libcurl/7.30.0 OpenSSL/1.0.1e zlib/1.2.7
julia> q = ccall(curl_getenv, Ptr{Cchar}, (Ptr{Cchar}, ), "NUMBER_OF_PROCESSORS")
Ptr{Int8} @0x2c76df10
julia> ccall(:printf, Void, (Ptr{Cchar}, Ptr{Cchar}), "%s", q)
8
julia> ccall(curl_free, Cuint, (Ptr{Void}, ), q)
0x00000001
julia> Base.Libdl.dlclose(libcurl)

うっかり解放忘れそう

9 :デフォルトの名無しさん:2016/02/13(土) 10:14:00.39 ID:3L3e3K/U.net
stdcallな関数だとさらにこんな感じだよ

julia> user32 = Base.Libdl.dlopen_e("user32.dll")
Ptr{Void} @0x2c767300
julia> MessageBoxA = Base.Libdl.dlsym(user32, :MessageBoxA)
Ptr{Void} @0x76c6cf50
julia> err = ccall(MessageBoxA, stdcall, UInt, (Ptr{UInt}, Ptr{Cchar}, Ptr{Cchar}, UInt), 0, "Hello, work!", "Message", 0)
0x00000001

wchar_tはArray{UInt16,1}らしい(UTF8を表示したければ先にwchar_tへの変換が必要)

julia> MessageBoxW = Base.Libdl.dlsym(user32, :MessageBoxW)
Ptr{Void} @0x76c6d280
julia> err = ccall(MessageBoxW, stdcall, UInt, (Ptr{UInt}, Ptr{Cwchar_t}, Ptr{Cwchar_t}, UInt), 0, Array{UInt16,1}([0x304C,0x3063,0xFF01,0]), Array{UInt16,1}([0x306C,0x308B,0x307D,0]), 0)
0x00000001
julia> Base.Libdl.dlclose(user32)

解放解放

引数や戻り値の定義を呼び出しのたびに何度も書くの面倒なのでマクロを書くのが良いらしいよ

10 :デフォルトの名無しさん:2016/02/13(土) 10:17:20.41 ID:3L3e3K/U.net
>っていうか最新のドキュソもまだ動かないサンプルのままだぞω

ああごめん動くわ

11 :デフォルトの名無しさん:2016/02/13(土) 10:22:27.58 ID:3L3e3K/U.net
ccall(:printf, Void, (Ptr{Cchar}, Ptr{Cchar}), "%s", ccall((:curl_version, :libcurl), Ptr{Cchar}, ()))

err = ccall((:MessageBoxW, :user32), stdcall, UInt, (Ptr{UInt}, Ptr{Cwchar_t}, Ptr{Cwchar_t}, UInt), 0, Array{UInt16,1}([0x304C,0x3063,0xFF01,0]), Array{UInt16,1}([0x306C,0x308B,0x307D,0]), 0)

Array{UInt16,1}のところはArray{Cwchar_t}とかVector{Cwchar_t}とも書ける

err = ccall((:MessageBoxW, :user32), stdcall, UInt, (Ptr{UInt}, Ptr{Cwchar_t}, Ptr{Cwchar_t}, UInt), 0, Vector{Cwchar_t}([0x304C,0x3063,0xFF01,0]), Array{Cwchar_t}([0x306C,0x308B,0x307D,0]), 0)

これでいいね
loadは省けるけど毎回loadと解放してくれてるんだろうか

12 :デフォルトの名無しさん:2016/02/13(土) 10:31:38.04 ID:Qsay8O0p.net
>>8
>OpenSSL/1.0.1e

ワロス

13 :デフォルトの名無しさん:2016/02/13(土) 11:59:14.88 ID:3L3e3K/U.net
もう少しちらうら
julia> bytes2hex([65,97,66,98,0x5c])
ERROR: MethodError: `bytes2hex` has no method matching bytes2hex(::Array{Int32,1})
julia> bytes2hex(Array{UInt8,1}([65,97,66,98,0x5c]))
"416142625c"
julia> bytestring(Array{UInt8,1}([65,97,66,98,0x5c]))
"AaBb\\"
julia> hex2bytes("416142625c")
5-element Array{UInt8,1}: 0x41 0x61 0x42 0x62 0x5c
julia> string2bytes("AaBb\\")
ERROR: UndefVarError: string2bytes not defined
julia> stringbytes("AaBb\\")
ERROR: UndefVarError: stringbytes not defined
julia> read(IOBuffer("AaBb\\"))
ERROR: MethodError: `read` has no method matching read(::Base.AbstractIOBuffer{Array{UInt8,1}})
julia> read(IOBuffer("AaBb\\"), UInt8)
0x41
julia> read(IOBuffer("AaBb\\"), UInt8, length("AaBb\\"))
5-element Array{UInt8,1}: 0x41 0x61 0x42 0x62 0x5c

んー
マニュアルにはreaddim()があるって書いてあるのに・・・
何かimport忘れてるとか?
length省略できんのもなんだかな
勘違いならいいけど

14 :デフォルトの名無しさん:2016/02/13(土) 17:12:04.67 ID:AfSbfh5s.net
ちょっと前から同名のAV女優が出てきて検索がちょっとアレになったよね
運が悪い

15 :デフォルトの名無しさん:2016/02/13(土) 17:45:27.64 ID:6qRaMcc6.net
"どうすればPythonをJuliaと同じくらい速く動かせるのか? : 様々なやり方で計算の高速化を図る"
http://postd.cc/python_meets_julia_micro_performance/

16 :デフォルトの名無しさん:2016/02/13(土) 22:04:46.56 ID:zoieo+tE.net
フォートランっぽい文法狂おしいほど嫌い

17 :デフォルトの名無しさん:2016/02/14(日) 11:00:37.07 ID:7sraJ7/r.net
パッケージがおれおれやってみたばっかりで
まともなものが少ねーじゃねーか
これ PyPI よりひでーぞ
github っつーかオプソは害だな

18 :デフォルトの名無しさん:2016/02/14(日) 11:01:38.90 ID:7sraJ7/r.net
>>16
21世紀にもなって添え字が 1 から始まるとかもうね

19 :デフォルトの名無しさん:2016/02/14(日) 11:11:08.67 ID:FXwepV/m.net
おまいらなんだかんだ言って
みんなそれなりにやってんだな
ニヤニヤ

20 :デフォルトの名無しさん:2016/02/14(日) 19:24:28.30 ID:UnbFC5qc.net
>1 乙
>14 前スレで見た覚えがある
>16 それな

21 :デフォルトの名無しさん:2016/02/15(月) 10:16:09.06 ID:TvNTryet.net
コンパイル中のエラーよりも実行時の型エラーの方が厄介な言語だなこいつは。
慣れれば問題ないが。

22 :デフォルトの名無しさん:2016/02/15(月) 10:20:41.18 ID:TvNTryet.net
>>13
非推奨っぽいが、
これでいいらしい。

"AaBb\\".data

代入も出来るようだ。

s = "AaBb\\"
s.data[2] = UInt8(64)
s

23 :デフォルトの名無しさん:2016/02/15(月) 10:21:13.05 ID:TvNTryet.net
これは割りと嬉しいかも。

julia> @sprintf "ab [%7s]" "xあx"
"ab [ xあx]"

julia> @sprintf "ab [%-7s]" "xあx"
"ab [xあx ]"

julia> @sprintf "ab [%7s]" "xxx"
"ab [ xxx]"

julia> @sprintf "ab [%-7s]" "xxx"
"ab [xxx ]"

24 :デフォルトの名無しさん:2016/02/15(月) 10:31:07.93 ID:TvNTryet.net
うむむ
julia> @sprintf "ab [%-7s]" bytestring(hex2bytes(""))
"ab [ ]"
julia> @sprintf "ab [%-7s]" bytestring(hex2bytes("4141E381824141"))
"ab [AAあAA ]"
julia> @sprintf "ab [%-7s]" bytestring(hex2bytes("4141E981824141"))
"ab [AA遂AA ]"
julia> @sprintf "ab [%-7s]" bytestring(hex2bytes("4141Ee81824141"))
"ab [AA\ue042AA ]"
julia> @sprintf "ab [%-7s]" bytestring(hex2bytes("4141Ef81824141"))
"ab [AA\uf042AA ]"
julia> @sprintf "ab [%-7s]" bytestring(hex2bytes("4141E881824141"))
"ab [AA聂AA ]"
julia> @sprintf "ab [%-7s]" bytestring(hex2bytes("4141E8e8824141"))
"ab [AA騂AA ]"
julia> @sprintf "ab [%-7s]" bytestring(hex2bytes("4141E9e8824141"))
"ab [AAꨂAA ]"

julia> @sprintf "ab [%-7s]" bytestring(hex2bytes("414155aa554141"))
ERROR: UnicodeError: invalid character index
in next at unicode/utf8.jl:65
in strwidth at strings/basic.jl:205
[inlined code] from printf.jl:159
in anonymous at no file:0

julia> @sprintf "ab [%-7s]" hex2bytes("414155aa554141")
"ab [UInt8[0x41,0x41,0x55,0xaa,0x55,0x41,0x41]]"

25 :デフォルトの名無しさん:2016/02/15(月) 11:19:37.91 ID:TvNTryet.net
>>11
julia> ccall((:curl_version, :libcurl), Ptr{Cchar}, ())
Ptr{Int8} @0x6b29c060

julia> @sprintf "%s" ccall((:curl_version, :libcurl), Ptr{Cchar}, ())
"Ptr{Int8} @0x6b29c060"

んーこれも期待した動作と違うなぁ。

26 :デフォルトの名無しさん:2016/02/15(月) 11:28:27.71 ID:TvNTryet.net
>>16
ifに括弧なしは一見便利だけどend強制されるのはPythonに慣れてるとうざく感じる。

julia> Array{UInt8}([1:n;]) == map(a -> UInt8(a), 1:n)
true

ちょっと気持ち悪いところもある。

27 :デフォルトの名無しさん:2016/02/15(月) 11:32:12.26 ID:TvNTryet.net
julia> Array{UInt8}([1:n;]) == map(a -> UInt8(a), (1:n))
true

julia> Array{UInt8}([1:n]) == map(a -> UInt8(a), (1:n))
警告出るが
true
(二回目からは警告出なくなる?)

julia> Array{UInt8}((1:n)) == map(a -> UInt8(a), (1:n))
エラー

28 :デフォルトの名無しさん:2016/02/15(月) 11:45:55.52 ID:2YjvKDPc.net
>>25
bytestring(ccall((:curl_version, :libcurl), Ptr{Cchar}, ()))

29 :デフォルトの名無しさん:2016/02/15(月) 11:49:21.03 ID:TvNTryet.net
>>28
有賀d。
>>24でも書いたけどbytestringってこんなデータ来ると死ぬから使いたくないなぁ。
julia> bytestring(hex2bytes("414155aa554141"))

30 :デフォルトの名無しさん:2016/02/15(月) 12:16:36.12 ID:TvNTryet.net
julia> pointer_to_array(ccall((:curl_version, :libcurl), Ptr{Cchar}, ()), n)
でnバイト分のArray{Int8}になるみたいだけどなぜかデフォでUInt8じゃないのが気に入らないなぁ。

julia> Array{UInt8}(pointer_to_array(ccall((:curl_version, :libcurl), Ptr{Cchar}, ()), n))
とかいちいち書くの面倒だなぁ。

31 :デフォルトの名無しさん:2016/02/15(月) 12:19:08.24 ID:2YjvKDPc.net
>>30
Cchar == UInt8 # false
Cchar == Int8 # true

32 :デフォルトの名無しさん:2016/02/15(月) 12:21:09.84 ID:TvNTryet.net
>>31
julia> pointer_to_array(ccall((:curl_version, :libcurl), Ptr{UInt8}, ()), n)
できました!!
ありがとうございます!!!

33 :デフォルトの名無しさん:2016/02/15(月) 18:04:10.07 ID:0lvw83wi.net
意味わからずbytestring多用するのは危険

34 :デフォルトの名無しさん:2016/02/16(火) 11:03:22.23 ID:OHS4PN3k.net
今はまだ julia 0.3.2 対応みたいだけど web から試せるよ
https://try.jupyter.org/

IJulia をインストールすれば自分のサイトでもできるよ
https://github.com/JuliaLang/IJulia.jl

35 :デフォルトの名無しさん:2016/02/16(火) 11:49:26.30 ID:kTgVK006.net
>>14
ちょっと前から声が大きいだけで連投するうざいのが住み着いて2ちゃんはちょっとアレになったよね
筋が悪い

36 :デフォルトの名無しさん:2016/02/16(火) 12:08:19.40 ID:OHS4PN3k.net
日本語サイトしか見ない病だ

37 :デフォルトの名無しさん:2016/02/16(火) 17:07:24.65 ID:ZLhr12yF.net
ツイッターでjulia検索してもひどい
最悪だ

38 :デフォルトの名無しさん:2016/02/16(火) 17:38:07.56 ID:3nSqd4oT.net
英語だが Julia をつかった科学計算を丁寧に解説しているサイト
ちなみに著者の一人 Sargent はノーベル経済学賞をとっている

http://quant-econ.net/jl/

39 :デフォルトの名無しさん:2016/02/17(水) 08:55:28.12 ID:onBH4M/w.net
Python版はこちら
http://quant-econ.net/py/

40 :デフォルトの名無しさん:2016/02/18(木) 11:45:57.02 ID:S96kZ0X7.net
>>38
GJ
勉強になります
ありがとう

41 :デフォルトの名無しさん:2016/02/18(木) 15:58:36.56 ID:HBijeS9p.net
exe 化してみたら dll いっぱい作られて 200MB 超えるな
exe なのにロードして実行されるまで時間かかりすぎる
普通に julia --precompiled=yes hoge.jl で実行する方が速かった
python の exe 化と大して変わらん

42 :デフォルトの名無しさん:2016/02/18(木) 19:42:32.50 ID:AuqopEbQ.net
想像以上にアホの子かもな

julia> "あいう"[end:end]
"う"
julia> "あいう"[end-1:end]
ERROR: UnicodeError: invalid character index
julia> "あいう"[end-3:end]
"いう"
julia> "あいう"[1:end]
"あいう"
julia> "あいう"[2:end]
ERROR: UnicodeError: invalid character index
julia> "あいう"[2]
ERROR: UnicodeError: invalid character index
julia> "あいう"[3]
ERROR: UnicodeError: invalid character index
julia> "あいう"[4]
'い'
julia> length("あいう")
3
julia> length("1いう")
3
julia> ("1いう")[2]
'い'
julia> ("1いう")[end]
'う'
julia> ("1いう")[3]
ERROR: UnicodeError: invalid character index

43 :デフォルトの名無しさん:2016/02/19(金) 09:48:06.21 ID:hw/X0Y/j.net
>>42
# 文字列は文字の配列のように添字アクセスできます
"This is a string"[1] # => 'T' # Julia では添字は 1 から始まります
# ただし、UTF8 文字列の場合は添字アクセスではうまくいかないので、
# イテレーションを行ってください(map 関数や for ループなど)

44 :デフォルトの名無しさん:2016/02/19(金) 09:52:08.93 ID:hw/X0Y/j.net
Pythonの実行速度に満足できないあなたに
http://www.mwsoft.jp/programming/julia/python_to_julia.html

正直なところ、まだ足りないところも多い言語なので、
今の時点で飛び込んでもそんなに良いことはないかもしれません。

個人的には分析するデータの整形をさせたり、簡単なシュミレータを書き捨てる用途などで使っています。

適当に書いてもそれなりに速度が出るし記法もシンプルで書きやすいので、
Pythonよりも便利だと感じていますが、
ライブラリの揃いや信頼性などの問題で、前処理だけはJuliaでやって
肝心なところはPythonやRで、といった流れになることもしばしばです。

45 :デフォルトの名無しさん:2016/02/19(金) 10:01:01.67 ID:hw/X0Y/j.net
Pythonの実行速度に満足できないあなたに
http://www.mwsoft.jp/programming/julia/python_to_julia.html

これからJuliaを始める方へ
これからJuliaを始めようという方は、まずは下記ページに書かれているサンプルコードを眺めてみると、
どんな言語か理解できると思います。

Julia By Example
http://www.scolvin.com/juliabyexample/
統計関連のライブラリがどの程度揃っているかは、下記にまとめられています。
ちゃんとDataFrame的なものもあって、そこそこ揃ってはいます。
Julia Statistics
https://github.com/JuliaStats
入門書などの情報は出版されれば下記に掲載されると思う。(まだ入門書なんて存在しねーけどな)
Learning Julia
http://julialang.org/learning/
公式サイトのドキュメントも充実しています。充実し過ぎてどこから読めばいいのかわからなくなります。
Julia Documentation
http://docs.julialang.org/
あとは挙動でわからないことがあれば、ソースを読もう。
わかりやすいシンプルなコードなので、意外と簡単に読めます。
言語作者が書いたコードに触れておくと勉強になるしね。
JuliaLang/julia - GitHub
https://github.com/JuliaLang/julia

本当はもっと初見向きなサイトを紹介したかったんだけど、あまり見当たらない。
今の調子ならそのうち増えてくると思うので、
その手の本を書店で見かけるようになった時が始めるタイミングとしては良いんじゃないだろうか。
※本項は更新情報があれば適宜変更します

46 :デフォルトの名無しさん:2016/02/19(金) 10:02:23.04 ID:hw/X0Y/j.net
>>43
引用元わすれてた
https://learnxinyminutes.com/docs/ja-jp/julia-jp/

47 :デフォルトの名無しさん:2016/02/19(金) 10:04:44.54 ID:hw/X0Y/j.net
julia> run(`cmd /c dir`)
したときは日本語が UTF-8 に変換されてるのかな

julia> open(`cmd /c dir`) do f
for l in eachline(f)
println(chomp(l))
end
end
すると結果が違うような気がするけど気のせいかな

julia> open("test_out.txt", "w") do w
open(`cmd /c dir`) do r
for l in eachline(r)
println(w, chomp(l)) # これだとSJISで書き込まれているな
end
end
end

48 :デフォルトの名無しさん:2016/02/19(金) 10:19:38.04 ID:hw/X0Y/j.net
julia> (3+2im)*(3-2im)
13 + 0im
julia> 1//3 + 1//3 + 1//3
1//1
julia> 2π
6.283185307179586
julia> r = 4
4
julia> 2πr
ERROR: UndefVarError: πr not defined
julia> 2π*r
25.132741228718345

実におしい

49 :デフォルトの名無しさん:2016/02/19(金) 13:47:52.38 ID:5RH0Tfsb.net
>>11
ccall((:MessageBoxW, :user32), stdcall, UInt, (Ptr{Void}, Ptr{Cwchar_t}, Ptr{Cwchar_t}, UInt),
C_NULL, [0x304C,0x3063,0xFF01,0x0000], [0x306C,0x308B,0x307D,0x0000], 0)

この方が良くね?

50 :デフォルトの名無しさん:2016/02/20(土) 11:05:53.32 ID:Z/BOfpky.net
ccall((:MessageBoxW, :user32), stdcall, UInt, (Ptr{Void}, Ptr{Cwchar_t}, Ptr{Cwchar_t}, UInt),
C_NULL, pointer("がっ!"), pointer("ぬるぽ"), 0)

これだと化けるから、

ccall((:MessageBoxA, :user32), stdcall, UInt, (Ptr{Void}, Ptr{Cchar}, Ptr{Cchar}, UInt),
C_NULL, pointer("がっ!"), pointer("ぬるぽ"), 0)

にしたんだがやっぱり化ける。

原因はわかるんだが、wchar_t の文字列は作れない子なの?

51 :デフォルトの名無しさん:2016/02/20(土) 11:46:21.48 ID:Z/BOfpky.net
>>41
こういうことらしい。
julia> "ぬるぽ"[nextind("ぬるぽ", 0):end]
"ぬるぽ"
julia> "ぬるぽ"[nextind("ぬるぽ", 1):end]
"るぽ"
julia> "ぬるぽ"[nextind("ぬるぽ", 2):end]
"るぽ"
julia> "ぬるぽ"[nextind("ぬるぽ", 3):end]
"るぽ"
julia> "ぬるぽ"[nextind("ぬるぽ", 4):end]
"ぽ"
julia> "ぬるぽ"[nextind("ぬるぽ", 5):end]
"ぽ"
julia> "ぬるぽ"[nextind("ぬるぽ", 6):end]
"ぽ"
julia> "ぬるぽ"[nextind("ぬるぽ", 7):end]
""
julia> "ぬるぽ"[nextind("ぬるぽ", end-1):end]
"ぽ"

52 :デフォルトの名無しさん:2016/02/20(土) 11:59:22.33 ID:Z/BOfpky.net
"るぽ"をendの差分で取るのはループしないかぎりむりぽか

53 :デフォルトの名無しさん:2016/02/21(日) 10:29:39.26 ID:zmvsu5mb.net
>>49-50
julia> ccall((:MessageBoxW, :user32), stdcall, UInt, (Ptr{Void}, Ptr{Cwchar_t}, Ptr{Cwchar_t}, UInt),
C_NULL, pointer(utf16("がっ!")), pointer(utf16("ぬるぽ")), 0)
julia> ccall((:MessageBoxW, :user32), stdcall, UInt, (Ptr{Void}, Ptr{Cwchar_t}, Ptr{Cwchar_t}, UInt),
C_NULL, pointer(wstring("がっ!")), pointer(wstring("ぬるぽ")), 0)

>>42-43 >>51-52
julia> utf16("ぬるぽ")[end-1:end]
"るぽ"
julia> wstring("ぬるぽ")[end-1:end]
"るぽ"

どうしても UTF-8 のままが良いなら
julia> s[prevind(s, end):end]
"るぽ"

http://docs.julialang.org/en/release-0.4/stdlib/strings/
読め

結論
>>42 がアホ

54 :デフォルトの名無しさん:2016/02/21(日) 11:33:03.42 ID:zmvsu5mb.net
地雷満載

julia> length(utf16("あいう"))
3
julia> sizeof(utf16("あいう"))
6
julia> endof(utf16("あいう"))
3
julia> sizeof(utf16("あいう").data)
8
julia> endof(utf16("あいう").data)
4

55 :デフォルトの名無しさん:2016/02/22(月) 12:14:35.86 ID:Y1bHL8fN.net
PythonよりUnicodeの扱いが親切だと思うω

56 :デフォルトの名無しさん:2016/02/22(月) 17:04:35.55 ID:Y1bHL8fN.net
if __name__ == "__main__": みたいなのは無いんかな

57 :デフォルトの名無しさん:2016/02/22(月) 17:23:08.96 ID:Y1bHL8fN.net
自己解決 thx!
https://groups.google.com/forum/#!topic/julia-users/ufpi8tV7sk8

58 :デフォルトの名無しさん:2016/02/22(月) 18:32:57.93 ID:QLpZ1xcH.net
馬鹿には無理

59 :デフォルトの名無しさん:2016/02/23(火) 05:19:15.92 ID:I8nTY0JT.net
DLL は作れるのかな?

60 :デフォルトの名無しさん:2016/02/23(火) 12:24:16.92 ID:SVaKsmEW.net
open(hoge) do f
fuga(f)
end

みたいな do end 出来る関数ってどうやって作るんですか?

61 :デフォルトの名無しさん:2016/02/23(火) 12:56:21.77 ID:I8nTY0JT.net
julia> ASCIIString <: AbstractString
true

julia> Array{ASCIIString, 1} <: Array{AbstractString, 1}
false

julia> Array{ASCIIString, 1} <: Array{Union{ASCIIString, UTF8String}, 1}
false

julia> Array{Union{ASCIIString, UTF8String}, 1} <: Array{AbstractString, 1}
false

julia> typeof(["abc"]) <: Array{ASCIIString, 1}
true

julia> typeof(["abc"]) <: Array{AbstractString, 1}
false

julia> typeof(["abc"]) <: Array{Union{ASCIIString, UTF8String}, 1}
false

これなんとかならんか?

62 :デフォルトの名無しさん:2016/02/25(木) 11:01:35.11 ID:xnX4JkuY.net
糞認定です。
おめでとう。

63 :デフォルトの名無しさん:2016/02/26(金) 14:18:09.06 ID:VQGl6zaq.net
「XXX を削除できません。
ほかの人またはプログラムによって使用されています。
ファイルを使用している可能性があるプログラムをすべて閉じてから、やり直してください。」

が出る場合、そのファイルを使用しているプロセスを知る方法はありますでしょうか

あるよ
ただ、簡単ならいくらMicrosoftが能無しでもそこのダイアログに誰が開いているか表示するだろう
そのくらい面倒くさくまともな方法じゃないってことは察しろ

64 :デフォルトの名無しさん:2016/03/20(日) 10:27:12.46 ID:0HfdLt5e.net
未完成感半端ない

65 :デフォルトの名無しさん:2016/04/02(土) 12:07:37.96 ID:thGUj6UI.net
未来の言語

66 :デフォルトの名無しさん:2016/04/20(水) 14:02:09.01 ID:KhdkVfqP.net
予知能力

67 :デフォルトの名無しさん:2016/04/21(木) 15:08:23.44 ID:Jg/FpCZZ.net
>>61
言いたいことは分かるけど
継承関係にないジェネリッククラスに継承関係を認めたら
それはそれで問題が起きるから

特に配列の場合はパフォーマンスが犠牲になるので受け入れがたいし
C++とかだとバグの温床なので「できて当然」という考えは捨てた方がいい

68 : ◆q23lfZvn.g :2016/04/30(土) 09:02:37.09 ID:FuZy8SxD.net
勉強中

69 :デフォルトの名無しさん:2016/05/01(日) 13:10:40.52 ID:tKi6j9CT.net
匿名通信(Tor、i2p等)ができるファイル共有ソフトBitComet(ビットコメット)みたいな、
BitTorrentがオープンソースで開発されています

言語は何でも大丈夫だそうなので、P2P書きたい!って人居ませんか?

Covenantの作者(Lyrise)がそういう人と話したいそうなので、よろしければツイートお願いします
https://twitter.com/Lyrise_al

ちなみにオイラはCovenantの完成が待ち遠しいプログラミングできないアスペルガーw


The Covenant Project
概要

Covenantは、純粋P2Pのファイル共有ソフトです

目的

インターネットにおける権力による抑圧を排除することが最終的な目標です。 そのためにCovenantでは、中央に依存しない、高効率で検索能力の高いファイル共有の機能をユーザーに提供します

特徴

Covenant = Bittorrent + Abstract Network + DHT + (Search = WoT + PoW)

接続は抽象化されているので、I2P, Tor, TCP, Proxy, その他を利用可能です
DHTにはKademlia + コネクションプールを使用します
UPnPによってポートを解放することができますが、Port0でも利用可能です(接続数は少なくなります)
検索リクエスト、アップロード、ダウンロードなどのすべての通信はDHT的に分散され、特定のサーバーに依存しません


70 :デフォルトの名無しさん:2016/05/02(月) 15:31:15.58 ID:aR8AOrvI.net
うざっ

71 :デフォルトの名無しさん:2016/05/02(月) 19:04:53.82 ID:tya74GVe.net
>>1
http://www.slideshare.net/ussopyon/2-46383560

72 :デフォルトの名無しさん:2016/05/14(土) 14:39:51.17 ID:r8zKr16p.net
あと10年はかかるんじゃね

73 :デフォルトの名無しさん:2016/05/16(月) 18:05:31.33 ID:DkcwsRla.net
T.K.

74 :デフォルトの名無しさん:2016/05/18(水) 13:16:34.04 ID:u7J2zmgl.net
まともな開発者が使うなら何でもいいんだよ
juliaユーザーは一概にレベルが低いから信頼性の低いライブラリと化学反応を起こして爆発するのだ
ただしnodeよりマシか

75 :デフォルトの名無しさん:2016/05/31(火) 06:58:34.84 ID:p6bvKsCE.net
こうして思うとmatlabの功罪は大きいな

76 :デフォルトの名無しさん:2016/05/31(火) 13:36:58.59 ID:yIUZknFd.net
初心者に Fortran 教えるくらいなら Julia の方がマシ

77 :デフォルトの名無しさん:2016/05/31(火) 17:49:10.36 ID:yIUZknFd.net
めも
http://marui.hatenablog.com/entry/20120221/1329823079

78 :デフォルトの名無しさん:2016/06/02(木) 08:32:20.78 ID:O7OWJX/G.net
Jupyter Notebookで説明書きの通りのコードを入れても動きません。
terminals are unavailable と表示されてるのですが、これが動かない理由でしょうか。

79 :デフォルトの名無しさん:2016/06/10(金) 16:36:24.64 ID:8yNz9kCr.net
C資産との連携を強調してるけど
JuliaでC呼ぶのは苦痛でしかない
Cで書いた方がまし

80 :デフォルトの名無しさん:2016/06/11(土) 15:43:11.34 ID:iSPIsEmM.net
馬鹿には無理

81 :デフォルトの名無しさん:2016/06/13(月) 14:44:15.88 ID:zgrawcOE.net
本家も放置?

82 :デフォルトの名無しさん:2016/07/04(月) 12:10:46.03 ID:bmDp8Deu.net
相変わらずだな

514 デフォルトの名無しさん sage 2016/07/04(月) 01:22:47.14 a5Gl8mUE

Juliaの開発、俺が引き受けるから科研費くれ
という主張をしてみるか悩んでる

515 デフォルトの名無しさん sage 2016/07/04(月) 01:35:22.05 WZmggq2i

Julia で検索したら、AV 動画見たばかりでワロタ w

516 デフォルトの名無しさん sage 2016/07/04(月) 01:36:38.53 WZmggq2i

ありゃ、
AV 動画ばかりって書きたかったの…

517 デフォルトの名無しさん sage 2016/07/04(月) 01:44:34.13 Jqw/8rJ7

私も今まさにそれ思ってた>AVばっかり

83 :デフォルトの名無しさん:2016/07/05(火) 13:25:11.27 ID:3gyxqmIo.net
Juliaってデータ分析というより数値計算じゃないの
全部インメモリの固定長配列にブチ込んでループぶん回す昔ながらのやつだよね

84 :デフォルトの名無しさん:2016/07/06(水) 12:37:52.43 ID:T23wVNy/.net
別にデータ分析以外の数値計算が出来ないと言っている訳じゃないし

昔ながらのやつを現代的に書けるというだけでも有意義だろう

85 :デフォルトの名無しさん:2016/07/06(水) 14:28:27.41 ID:X105+0ra.net
なんで >>83 へのレスが >>84 みたいなことになるんだろ
文盲かな?

86 :デフォルトの名無しさん:2016/07/07(木) 11:04:48.07 ID:bjxB4lA1.net
なんで >>84 へのレスが >>85 みたいなことになるんだろ
文盲かな?

87 :デフォルトの名無しさん:2016/07/13(水) 17:16:46.46 ID:Zm0ukFfg.net
文盲乙

A Summary of Features
https://www.youtube.com/watch?v=B9moDuSYzGo

Calling C Code
http://docs.julialang.org/en/release-0.4/manual/calling-c-and-fortran-code/

88 :デフォルトの名無しさん:2016/07/15(金) 17:01:44.97 ID:8P+uiz2j.net
誤解されてるようなので

>実際コード書いてても Python や C++ と比べて julia のコードって汚いんだよな

特定の条件がそろったときだけど
綺麗に描けることもある

89 :デフォルトの名無しさん:2016/07/15(金) 22:38:04.14 ID:3IYjBgbR.net
誤爆か

言語内DSLを別言語とみなすなら
C++で綺麗に書けるものがjuliaで書くと汚いってことは考えにくいんだが?

C++は数値を表す抽象型が標準にないのが致命的
そのくせ最近までサイズ固定の整数型がなかった

pythonについてはラムダ式が好きになれない(汚いとは別だが)

まぁjuliaに求めるものは綺麗さじゃなく実用性なんだ
おっぱい的な意味で

90 :デフォルトの名無しさん:2016/07/18(月) 12:18:17.33 ID:DeXLreOM.net
やっと気付いた
漏れはきっと end が嫌いなんだ

91 :デフォルトの名無しさん:2016/07/19(火) 12:43:59.43 ID:3sf6xm4M.net
julia> reinterpret(Bool, 1)
true

julia> reinterpret(Bool, 2)
false

julia> reinterpret(Bool, 3)
true

julia> reinterpret(Bool, 4)
false

julia> reinterpret(Bool, 0)
false

julia> reinterpret(Bool, -1)
true

julia> reinterpret(Bool, -2)
false

ワロス

92 :デフォルトの名無しさん:2016/07/20(水) 12:33:08.99 ID:IKGpFUMW.net
笑いどころがわからない

配列用でないreinterpretはconvertと違って慎重に使うべきもの

julia> reinterpret(Bool, 256)
false
これは気持ち悪い

……と開発者も思ったらしくv0.5ではエラーになる見込み

93 :デフォルトの名無しさん:2016/07/20(水) 21:10:41.79 ID:AXsJLLhK.net
間にscheme入ってるならpythonに近い文法に変換するのも簡単に出来るのでは?

94 :デフォルトの名無しさん:2016/07/20(水) 22:23:38.39 ID:IKGpFUMW.net
pythonに近い文法を求めているならpython使えばいいんでは?
てかschemeに何の関係が?

95 :デフォルトの名無しさん:2016/07/21(木) 18:47:37.68 ID:Vj/xPVWN.net
S式でなんでもできるのは面白いな

96 :デフォルトの名無しさん:2016/07/21(木) 18:53:51.10 ID:IyjPITzN.net
マクロで真っ黒

97 :デフォルトの名無しさん:2016/07/22(金) 11:45:49.87 ID:f6dSUOKk.net
>>7-11 >>25 >>28 >>30-32
定義はmacro使うと楽

macro c(restype, fnc, argtypes)
local args = [symbol("a", n) for n in 1:length(argtypes.args)]
quote
$(esc(fnc))($(args...)) = ccall($(string(fnc)), $restype, $argtypes, $(args...))
end
end

@c UInt32 printf (Ptr{Cchar},)
@c UInt32 printf (Ptr{Cchar}, UInt32,)

printf(pointer(Array{UInt8,1}([65,66,0,67,68,0,0])))
printf("%s\n", pointer(Array{UInt8,1}([65,66,0,67,68,0,0])))

macro m(lib, restype, fnc, argtypes)
local args = [symbol("a", n) for n in 1:length(argtypes.args)]
quote
$(esc(fnc))($(args...)) = ccall(($(string(fnc)), $(Expr(:quote, lib))), $restype, $argtypes, $(args...))
end
end

@m libcurl Cint curl_free (Ptr{Void},)
@m libcurl Ptr{Cchar} curl_getenv (Ptr{Cchar},)
@m libcurl Ptr{Cchar} curl_version ()

v = curl_getenv("TZ")
printf(v)
curl_free(v)
printf(curl_version())

98 :デフォルトの名無しさん:2016/07/22(金) 11:49:20.02 ID:f6dSUOKk.net
>>9

macro w(lib, restype, fnc, argtypes)
local args = [symbol("a", n) for n in 1:length(argtypes.args)]
quote
$(esc(fnc))($(args...)) = ccall(($(string(fnc)), $(Expr(:quote, lib))), stdcall, $restype, $argtypes, $(args...))
end
end

@w user32 UInt32 MessageBoxA (UInt32, Ptr{Cchar}, Ptr{Cchar}, UInt32,)

MessageBoxA(C_NULL, "hage", "title", 1)

99 :デフォルトの名無しさん:2016/07/22(金) 13:42:42.08 ID:hQsD+JBa.net
>>97-98
32bit 限定のコードを書くべきじゃないな

100 :デフォルトの名無しさん:2016/07/22(金) 15:31:36.78 ID:TotCshYe.net
呼び出すライブラリの仕様は確定しているのだから実用上問題ないのでは?

111 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :

read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★