2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

【新】海・山にまつわる怖い話・不思議な話 1

1 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/12(土) 21:41:48.82 ID:tFvP4+cN0.net
海山怖い話復活!

2 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/12(土) 21:42:10.44 ID:tFvP4+cN0.net
20まで保守

3 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/12(土) 21:42:19.08 ID:0viiA8Dg0.net
保守

4 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/12(土) 21:42:34.97 ID:tFvP4+cN0.net
保守

5 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/12(土) 21:42:44.80 ID:0viiA8Dg0.net
20保守

6 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/12(土) 21:42:55.44 ID:tFvP4+cN0.net
保守!

7 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/12(土) 21:43:07.54 ID:0viiA8Dg0.net
保守

8 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/12(土) 21:43:20.85 ID:tFvP4+cN0.net
保守う

9 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/12(土) 21:43:32.82 ID:0viiA8Dg0.net
保守

10 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/12(土) 21:43:41.02 ID:tFvP4+cN0.net
保守

11 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/12(土) 21:43:55.15 ID:0viiA8Dg0.net
がんばる保守

12 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/12(土) 21:44:07.12 ID:tFvP4+cN0.net
保守の

13 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/12(土) 21:44:16.87 ID:0viiA8Dg0.net
がんばる

14 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/12(土) 21:44:28.27 ID:tFvP4+cN0.net
保守

15 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/12(土) 21:44:40.40 ID:0viiA8Dg0.net
がんばる保守

16 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/12(土) 21:44:53.92 ID:tFvP4+cN0.net
保守

17 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/12(土) 21:45:03.46 ID:0viiA8Dg0.net
保守

18 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/12(土) 21:45:13.91 ID:tFvP4+cN0.net
保守

19 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/12(土) 21:45:16.57 ID:Oc3xP1qfO.net
保守

20 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/12(土) 21:45:24.44 ID:0viiA8Dg0.net
くる!

21 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/12(土) 21:45:29.62 ID:iovQcEi60.net
保守支援

22 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/12(土) 21:45:43.94 ID:tFvP4+cN0.net
20保守完了

23 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/12(土) 22:07:47.19 ID:LOJvG5YW0.net
海山オカルトに卍固め

24 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/13(日) 00:11:02.10 ID:ceinQotF0.net
海山怖い話はよ

25 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/13(日) 00:23:09.45 ID:uXOpHU+v0.net
海には昔怖い話がありました

26 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/13(日) 00:23:30.13 ID:uXOpHU+v0.net
山にも昔怖い話がありました

27 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/13(日) 00:28:19.83 ID:nVFTK1IO0.net
彼はすごくSの気質が強く、デートの前日、「膝上30センチのミニスカートを穿いてノーパン、ノーブラで来い」と命令されました。
言われた通りの格好で電車に乗ると、彼は後ろからお尻を優しい指使いで撫で回します。だんだんと気持ちよくなり、もう立っているのがやっと。
このとき前に座っていた幼稚園児くらいの男の子が、「ママ見て! おねえちゃんのお尻から鼻水が出てる」と叫んだのです。
何と愛液が糸を引いて股間から垂れていたのです。当然、車内で一斉に好奇の視線に晒され、恥ずかしくて涙があふれ出ていました。
呆然としたまま電車を降りると、彼は「よく頑張ったな。ご褒美をあげるから、着替えてこい」と風呂敷包みを手渡されました。
トイレに入り恐る恐る開けてみると、中から出てきたのは浴衣一式。下着を付けさせなかったのは、浴衣をプレゼントするためだったのだと気がつきました。
紺の浴衣に合ったサンダルと帯を身に付けてトイレから出ると、彼も浴衣姿で現れたのです。
洋服より凛々しく、この日のためにこんなサプライズを準備してくれたのかと思うと感激して今度はうれし涙が頬を流れ落ちました。
それから夏祭りの夜店を手を繋ぎながら回った後、住宅街の路地裏に連れ込まれました。そこで彼に胸をギュッと揉まれたのです。私は痛いくらいの愛撫が好きで、思わず「あっ」と声が漏れました。
「演技じゃないだろうな? 本当に感じたか検査する」
浴衣をめくってそこを確かめた彼は、「あれ、今度はここが泣いてるの?」とうれしそうに耳元でささやきました。
我慢できなくなったのか、偶然通りかかった他人の玄関前で浴衣をめくり、いきなり挿入してきました。
子宮を突き抜けるような強烈な快感に我を失った私は、偶然、インターホンのスイッチを押してしまい…。
「どなたですか?」
「ああっ、イク〜ッ」
マイクに向かって叫んだ途端「やばい、逃げるぞ」と結合を中断し、手を繋いで走り出します。
「お願いだから! 続きをして」
もっと深くイキたくて催促すると、彼は「さっき出したよ」と言います。
ピンポンダッシュみたいに素早く射精して終わりだなんて、浴衣をプレゼントされた感動も興ざめしてしまいました。

28 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/13(日) 01:11:59.21 ID:ToKQExxK0.net
ブラザートムの話
若い頃、夏の深夜に仲間と珍走して湘南の海岸で休憩。泳ごうという話になり皆で海に入る。
しばらく泳いで仲間がそろそろ上がり始めたので彼も岸に向かおうとしたその時、誰かに脚にガッとしがみつかれた。
彼は仲間が彼をビビらそうとしているイタズラだと思ったが、
イタズラにしては度が過ぎる力で足を引っ張るので、怒って
「いい加減にしろよッ!」
と思いっきり脚を上げると、脚にしがみついた防空頭巾の女がザバァッと出てきた。
腰が抜けてその場で溺れかけたが仲間に助けられた

29 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/13(日) 09:52:26.54 ID:uXOpHU+v0.net
ほす

30 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/13(日) 12:24:36.95 ID:uXOpHU+v0.net
ほす

31 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/13(日) 16:31:42.36 ID:/fhtVSTI0.net
海山怖い話おしえて

32 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/13(日) 23:06:33.21 ID:uXOpHU+v0.net
保守

33 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/14(月) 02:51:35.26 ID:tbDZheQS0.net
保守

34 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/14(月) 04:44:22.94 ID:lxuUIw3q0.net
夜中に海に居るヤツ
だいたいが夜釣りにいくヤツは必ずワンカップ一本持ってけ
御守りになる

35 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/14(月) 04:53:48.05 ID:lxuUIw3q0.net
万いちイヤな気配を感じたり間違って見てしまったらワンカップの蓋開けてそこに置いて後ろを見ずすぐにその場から立ち去れ

36 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/14(月) 11:03:10.09 ID:ZTPL/4gP0.net
面白い話でした
乙です

37 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/14(月) 14:27:07.96 ID:skV9F+er0.net
>>35
なるほどな じゃあ塩も持ってけばいいな

38 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/15(火) 05:53:38.49 ID:yNEMR9zW0.net
海なのに塩いるのか…

39 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/15(火) 11:27:11.20 ID:N2jMa+GW0.net
山に行くときは一口だけ弁当を残しておけ

40 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/15(火) 16:26:01.54 ID:PLSz87Ad0.net
その糖尿病か低血糖の神さま
名前なんていったっけ?
ひだる神?

41 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/15(火) 16:26:34.32 ID:PLSz87Ad0.net
>>1 昔のスレのリンク張ってよ

42 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/15(火) 17:18:27.26 ID:AdeOKoWm0.net
飢饉が起きたのは1780年代の天明年間と1830年代の天保年間
当時、奥羽街道を旅して記録をとった隠居した商人の菅江真澄は、江戸から宇都宮を経て白河に来た時
関所を超えて間もなく風景の異変に驚く
路傍に餓死者の死体が放置されているのだ
蛆と蝿が集り、猛烈な臭気が漂う
しかし真澄は一日歩いて50も死体を見るとすっかり慣れてしまった

このような悲惨な飢餓が180年前に東北を中心に荒れ狂っていた
この様な時代、餓死者の霊魂は、飢えに苦しんだまま彷徨を続け、時に生者に取り憑いた
こうした死んだ地に心を遺している霊は人に憑いてもまた元の場所に戻ってくる
所謂地縛霊と呼ぶのだが、初めて死の孤独に気づいた段階の場所に居ないと気がかりでならないのだ

これは我々も人事ではない
いつどんな時に地縛霊になる運命が待っているやも知れない
こうして餓死した霊魂は人に憑いて食べ物を口にする感覚を得ると、一瞬は安堵して離れるが
苦しんで死んだ事から本来は霊魂は自由であることを理解できず、何度も苦しみから逃れる行動を繰り返す
しかし、余りに長く時間が経つと次第に自覚が芽生えたり、迎えが来て本来の霊魂の世界に還る
それまでの間、生者に迷惑をかけ続ける

神奈川県のヤビツ峠にあった飢渇窪は、その穴を覗くと急激な空腹を感じ、動けなくなるというものだ
これも餓死者の霊魂の憑依である

このような伝承が近年まで残っているのも、大正末期から始まった日本民俗学の活動のお陰である
その大正末期から天保時代まで90年程しか開きがない
餓死者の魂も、人の一生分の年数で成仏したのであろうか……

43 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/15(火) 23:49:39.59 ID:f3l0uYiz0.net
雷鳥の思い出

44 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/16(水) 03:00:28.62 ID:2j40Qag10.net
ライチョスブラザーズ

45 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/17(木) 21:03:06.62 ID:sWihpMFQ0.net
15:あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/06/01 01:25 ID:JdwGhGdp
有名だと思うがブラザートムの話 
若い頃、夏の深夜に仲間と珍走して湘南の海岸で休憩。泳ごうという話になり皆で海に入る。 
しばらく泳いで仲間がそろそろ上がり始めたので彼も岸に向かおうとしたその時 
誰かに脚にガッとしがみつかれた。彼は仲間が彼をビビらそうとしているイタズラ 
だと思ったが、イタズラにしては度が過ぎる力で足を引っ張るので、怒って「いい加減にしろよッ!」 
と思いっきり脚を上げると、脚にしがみついた防空頭巾の女がザバァッと出てきた。 
腰が抜けてその場で溺れかけたが仲間に助けられた。 

46 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/18(金) 17:14:18.68 ID:6AQmXNED0.net
保守

47 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/18(金) 17:16:17.15 ID:LenX/kN40.net
25 http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1141220480/
26 http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1146525531/
27 http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1151517198/
28 http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1154876146/
29 http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1157438374/
30 http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1160736081/
31 http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1164769091/
32 http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1170588039/
33 http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1175434477/
34 http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1180412998/
35 http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1188165789/
36 http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1199061066/
37 http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/occult/1202267701/
38 http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/occult/1211105490/
39 http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1221180219/
40 http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1230025511/
41 http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1235422020/
41 http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1237004679/ (実質42)
41 http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1240987818/ (実質43)
44 http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1244550475/
45 http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1247854835/
46 http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1249814444/
47 http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1252684612/
48 http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1259830292/
49 http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1269794990/
50 http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1278313466/
51 http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1285202248/
52 http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1290092361/
53 http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1300881353/
54 http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1302850900/
55 http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1307193418/

48 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/18(金) 17:17:51.30 ID:LenX/kN40.net
>>41
山にまつわる怖い話
●過去スレ
01 http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/occult/1039622601/
02 http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1052747268/
03 http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1053937529/
04 http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1069829791/
05 http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1071631841/
06 http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1074434150/
07 http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1077204044/
08 http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/occult/1080228330/
09 http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/occult/1084366168/
10 http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/occult/1087736948/
11 http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1090772011/
12 http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1093403309/
13 http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1095902251/
14 http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1098907962/
15 http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1102945918/
16 http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1103926014/
17 http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1105610395/
18 http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1107404112/
19 http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1113524875/
20 http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1118674955/
20 http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1121734649/ (実質21)
22 http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1124567579/
23 http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1129644145/
24 http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1134399217/

49 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/18(金) 17:18:17.20 ID:LenX/kN40.net
56 http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1310494082/
56 http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1310517658/ (実質57)
57 http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1317707298/ (実質58)
58 http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1323137386/ (実質59)
60 http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1329163799/
61 http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1332579831/
62 http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1337753866/
63 http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1341559719/
64 http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1345167294/
65 http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1351381985/
66 http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1356309352/
67 http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1359643494/
68 http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1364289681/
69 http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1368015729/
70 http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1374330663/
71 http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1377875509/
72 http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1387078371/
73 http://maguro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1394721222/
74 http://maguro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1403468618/
75 http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/occult/1410191336/
76 http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/occult/1417618340/
77 http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/occult/1432382677/
78 http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/occult/1437535517/
79 http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/occult/1449443522/(山怖ラスト)

50 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/18(金) 17:21:39.47 ID:LenX/kN40.net
>>41

海にまつわる怖い話

01 http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/occult/1038436656/
02 http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/occult/1047792337/
03 http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1053794685/
04 http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1091387941/
05 http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1107440616/
06 http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1127861597/
07 http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1141474316/
08 http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1147078909/
09 http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1152148974/
10 http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1176173395/
11 http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/occult/1188718576/
12 http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1216281333/
13 http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1240640601/
14 http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1251652787/
15 http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1281999285/
16 http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1312078296/
17 http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1321840179/
18 http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1334474705/
19 http://maguro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1360142443/
20 http://maguro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1410138957/ (海怖ラスト)

51 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/18(金) 17:24:10.04 ID:LenX/kN40.net
・海山統合スレ
01 http://mao.2ch.net/test/read.cgi/ocult/1502541708/

テンプレ終わり

52 :夏休み@\(^o^)/:2017/08/19(土) 00:01:17.45 ID:TDBklIiv0.net
書き込めないね、断念。他探してみる。

53 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/19(土) 00:53:35.51 ID:Bu2WV+gr0.net
かきこめてるやん

54 :夏休み@\(^o^)/:2017/08/19(土) 00:59:31.15 ID:TDBklIiv0.net
>>53
ホントだ、書き込めてる。
さっきは2回蹴られたっぽいのに、何で?

ま、良いや。
最後まで書き込めるか分かんないけど、
夏休みにちなんだ昔話を。

55 :夏休み@\(^o^)/:2017/08/19(土) 01:02:37.95 ID:TDBklIiv0.net
祖母がキジムナーを見た話

俺の母方の出自は沖縄の○×島、母も幼少期をその島で過ごした。
成長して、父と結婚した母は沖縄本島に移住したが、
俺が子供の頃は毎年夏休みを久米島で過ごすのがお決まりだった。
俺が4年生になった年からは、俺と妹が父母より先に島に渡った。
釣り、海水浴、親戚の家での宴会、もちろん島の生活は楽しい。
ただ、それが毎日続くとさすがに飽きる。
釣りとか自分で気晴らしの出来る俺はまだしも、
釣りに連れて行くのを禁じられていた妹は、
何かの拍子にぐずる事が多くなって、本当に困った。

56 :夏休み@\(^o^)/:2017/08/19(土) 01:04:15.47 ID:TDBklIiv0.net
 そんなある日のこと。
俺は年の近い親戚の子(島在住)から面白い情報を仕入れた。
祖母の家のある集落から少し山側に入った所にパイナップル畑が沢山ある。
畑の外れには傷付いて売り物にならないパイナップルが捨ててあって、
その山の中に大きなカブトムシやクワガタがいるという。

 「でもな〜、ホントに朝早いぞ。明るくなるとすぐにいなくなるから。」
「朝早くって、何時だよ?」 正確な時間が分からないとどうにもならない。
「う〜ん、オレたちはラジオ体操の前に行くな。」
島に来た後も、ラジオ体操は何度か行った事がある。
祖母はもっと早く起きて出かけるから、たまたま眼が覚めた日に。
「ラジオ体操って6時半だろ。じゃあ、6時頃行けば間に合うかな?」
「明日の朝、一緒に行こう。初めてだと、危ないし。」
その子は得意そうに笑った。

57 :夏休み@\(^o^)/:2017/08/19(土) 01:05:49.41 ID:TDBklIiv0.net
翌朝、6時少し前にセットした目覚ましで俺は眼を覚ました。
寝ぼけ眼の妹を起こし、6時5分には祖母の家を出た。
祖母は何時も通り既に出かけた後だったから、色々聞かれる事もない。
待ち合わせ場所は集落の外れ、バス停の前だ。
車もほとんど通らない道路を渡り、山側に続く道に入る。
妹もすっかり眼を覚まして元気に歩いていた。やがて、パイナップル畑。

58 :夏休み@\(^o^)/:2017/08/19(土) 01:06:51.28 ID:TDBklIiv0.net
「良いか。直ぐに手を伸ばしちゃ駄目だぞ。」
「え、じゃあどうするの?」 「こうするんだ。」
運動靴のかかとで、捨てられたパイナップルの山を勢いよく蹴った。
バシッ!!、と湿った音の後に甘ったるい、ジャムみたいな匂い。
「こんな所には虫が集まって、それを食べる鳥も集まる。
そんでたまに、鳥を狙ってハブがいる。まあ、今日は大丈夫だな。」
上の空で、俺はその子の声を聞いていた。
だって、蹴り飛ばしたパイナップルの影に見えていたんだ。
大きなカブトムシ、赤茶色のノコギリクワガタ。その他にも色々。
デパートで売っているのを見た事しか無かったのに、それが眼の前に。
俺と妹は夢中になってカブトムシやクワガタを捕まえた。
上機嫌で祖母の家に帰った時。

59 :夏休み@\(^o^)/:2017/08/19(土) 01:10:56.25 ID:TDBklIiv0.net
「◎、ラジオ体操行かなかったんだね。★子も。
早起きしたのに、何処行ってた?まさか★子連れて、釣りに。」
見た事も無い、祖母の厳しい表情。
「違うよ。これ。○坊と一緒に。」 虫籠のカブトムシとクワガタを見せる。
「パイナップル畑に行ったんだね?」 「うん。」
「だから、まだ★子連れて水場に行っちゃ駄目だと言ったろう。あんなに。」
「でも、水場は。」 その時、思い出した。
確かに、パイナップル畑に続く道に沿って、小さな川が流れていた。
小さな橋が架かっていたけれど、その先が何処に行く道なのかは知らない。
「...ゴメン、でも、川があるなんて。オレ。」
★子を釣りに連れて行ったらダメなのは、
まだ小さいから万が一の事故で溺れたらいけないって事で、
まさか、あんな小さな、浅い川の事なんて。

60 :夏休み@\(^o^)/:2017/08/19(土) 01:12:53.06 ID:TDBklIiv0.net
「パイナップル畑の少し前に、橋があったろ?」
「うん、あった。」 それは古い、小さな木造の橋だったと思う。
「橋の近くで、何か変な音が聞こえなかったかい?」
「いや。何も。水の流れる音だけで。」
「そう。でも、これからは気を付けるんだよ。」
「何に、気を付けるの。」 もしかして、ハブよりも怖いものが?
「今日大丈夫だったんだから...でも、念には念を、だ。」
早起きして興奮したから疲れたのか、妹は畳の上で寝息を立てている。
祖母は遠い眼をした。

祖母の夫は病気で早死にしたから、
祖母や母たち(祖母の娘たち)は随分苦労したらしいのだけど、
その前は山沿いの斜面に広い棚田を持っていたと聞いた。

61 :夏休み@\(^o^)/:2017/08/19(土) 01:15:01.84 ID:TDBklIiv0.net
ここからが、祖母から聞いた昔話だ。

「あのパイナップル畑は元々みんな田んぼだったんだよ。
休みの日は自分も手伝いに行ったさ。遊ぶ暇なんか無かった。
それで、あれは、お盆の少し前だったかねぇ。」
背筋が冷える、でも今更『止めて』とは言えない。
「そう、小学校も夏休みで。
何時も通りに、朝早くお握りを持って田んぼの手伝いに行ったんだ。
それで、あの橋の傍を通った時、変な水音が聞こえた。」 「変な、水音?」
「そう、誰かが川の中で水遊びをしてるんだと思ったよ。」 「それで?」
「赤茶色の、絣の着物を着た姿が見えた。小さな子供くらいの背丈で。」
「そんな朝早い時間に、小さな子供が川で遊んでたの?」
祖母は小さく首を横に振った。

62 :夏休み@\(^o^)/:2017/08/19(土) 01:17:51.67 ID:TDBklIiv0.net
「今から、もう60年近くも前の話だから、今とは村の様子が違う。
村の人達はみんな顔見知りだし、顔を見れば何処の子か分かる。
親戚の子が遊びに来たとしても、その話は直ぐに島中に拡がるしね。」
そう言えば、俺と妹の事もその日の内に。
「でも、どうしても顔が見えないんだよ。着物の柄はハッキリ見えるし。
川の中で遊ぶ水音も聞こえるのに。何処の子か、分からなかった。」
「それで...どうしたの?」
「遠いのか、と思った。近付けば見えるかと。
橋を渡れば川に降りる道がある。それが、悪かったんだろうねぇ。
次に気が付いた時は家の布団に寝かされていたよ。
いつまでも手伝いに来ないのを訝った父親が探しに来て、
川の中に倒れているのを見つけたと聞かされた。」

63 :夏休み@\(^o^)/:2017/08/19(土) 01:19:56.59 ID:TDBklIiv0.net
「『それ』は一体、何だったの?」
「キジムナーって知ってるかい?」 「話は、聞いた事がある。」
『お前はキジムナーに呼ばれて遊んだ。たまたま一人だったから。
今回は間に合ったけど。もう、変な水音を聞いても川の方を見てはいけない。』
ユタにきつ〜く言われたよ。お陰で少し、朝の手伝いは楽になったけどね。」
「それからキジムナーを見た事は?」 「ない。一度も。」
オカルトに興味があった俺は、思わず祖母に問いかけた。
「じゃあ、キジムナーと遊んだ時の事、何か憶えてる?」
祖母はまた、遠い眼をした。
「何だか楽しかった、気がするよ。でも。」
マズい。これは、ヤバイ奴だ。オカルト的に。
「一緒に行こうって言われたから...駄目って。」
やっばり、そうか。

64 :夏休み@\(^o^)/:2017/08/19(土) 01:22:33.04 ID:TDBklIiv0.net
「それで?」 『それじゃ、お前の子か、孫と。』
嘘を言っている顔じゃ無い。
既に陽は高く、クマゼミの声は祖母の声を飲み込む程で、それが益々怖い。
「きっとキジムナーなんて、迷信なんだよ。あの日の事は何もかも、気の迷い。
でも、もし、万が一にも◎や★子がキジムナーに。
だから念には念をと言うんだよ。分かるだろ?」
「うん。」 俺は大きく頷いた。
もちろん、それからは早朝の虫取りに行く事もなかった。

その後、俺たちより遅れて島に従姉妹(双子)が島に遊びに来た。
二人は俺より一つ年上。妹よりずっと美人で、俺は有頂天。
毎日毎日楽しく過ごして、祖母からそんな話を聞いた事はすっかり忘れていた。
虫取りでパイナップル畑に行く事も無かったから、思い出す必要も無かったんだ。

65 :夏休み@\(^o^)/:2017/08/19(土) 01:23:32.72 ID:TDBklIiv0.net
それから数年後。
ずっと本土で働いていた叔父(母の弟・祖母の末子で長男)が結婚して沖縄に戻った。
翌年、叔父の嫁が妊娠して、それを聞いた祖母はとても喜んでいたらしい。
初めての内孫、『生まれたら一番に会いに行く。』と島中で話していたと聞いた。
でも、それを聞いた時、俺は思い出したんだ。あの日の事を。

『その子が生まれた。』と知らせがあった日の午後、
俺は母親と病院を訪ねた。とても可愛い赤ちゃんで、女の子。でも。
もちろん根拠なんか無い。でも、その子の顔を見た瞬間
『祖母ちゃんはこの子に会えない。』
心の奥深くから沸き上がるその思いをどうしても消せなくて、とても憂鬱だった。

66 :夏休み@\(^o^)/:2017/08/19(土) 01:26:22.83 ID:TDBklIiv0.net
翌日、一便で沖縄本島に来るはずだった祖母が飛行機に乗る事は無かった。
オレの父親がたまたま○×島に長期出張していて、
出勤前に様子を見に行ったら、畑の畦道で倒れている祖母を見つけた。
父に聞いた話では、祖母は既に事切れていて、
その畑はあの川沿いの小さな橋を渡った所にあったらしい。
正式な死因は心臓発作。それまでそんな兆候は聞いた事も無かったのに。
多分、朝一番。祖母は孫へのお土産に新鮮な野菜を取りに行ったのだ。
父親には霊感らしいものが全く無いから、
その時何があったのか知る事は出来ないけれど、
祖母はきっと初めての内孫を、その女の子を護ったのだと、俺は今でもそう思ってる。
そうでないと、とても心が安まらないから、ね。

お終い。

67 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/19(土) 01:29:20.14 ID:Bu2WV+gr0.net
とても興味深い話でした
長文乙でした

68 :夏休み@\(^o^)/:2017/08/19(土) 01:39:32.98 ID:TDBklIiv0.net
地元のTV局で毎年怖い話をやるんだけど、
{毎年地元の話題から離れてく気がしてツマンネ」ってダチに話したら、
「口だけなら何とでも言える。お前なら何かネタあるのかよ。」ってまずい雰囲気に。
それで、何か1つ、2chにでもネタを書き込む約束をしたんだ。
「面白くない」「つまらない」ってレスばかりなら二度とあの番組に文句は言わない。

おい※、約束通り書き込んだぞ。また来年、夏休みに会えたら良いな。

69 :@\(^o^)/:2017/08/19(土) 03:16:47.75 .net
   |\________|___|__/|
   |  |    /____\  |  |
   |  |...   ̄‘" ,,,,. "‘ ̄ |  |
   |  |   _/          ヽ .|  |
   |  | /;'    /""ヽ   ヽ. .|__
   |. / :i   ノ   ゙:、   iヽ ||△|
   |(,,,.-ーi,,,,/__,..--、_ \,,,ノi| ||▽|
   |  |  /.i~""     ゙゙゙゙~  |l |  ̄
   |  ∠__ノ         _ノノ|
   |〈,( ‘j’ )ノ-、.,_______,..-ーフj||
   | └i===|┘  |___|  ノμ|
   | _〈__〈ヽ,,,,,,,,八,,,,,,,,/  | |
   |∠三三:三三 三三:三三\|

70 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/19(土) 03:47:22.31 ID:Rtirw9ps0.net
>>40糖尿か低血糖かは知らないけど、常に空腹のやつならひだる神であってるよ

71 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/19(土) 12:24:01.34 ID:bIDGFUtG0.net
>>63
一々入る「これはヤバイやつだ」とか余計なガキ臭い(ガキだろうが)文言がムカつくし興を削ぐ

72 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/19(土) 12:40:36.91 ID:Rj/Y6cCz0.net
↑書きもしないくせに文句だけは一人前
無職乙w

73 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/19(土) 13:15:28.00 ID:f0HbRukg0.net
>>68
それアレか
沖縄の怖い話、みたいなタイトルのドラマだっけ?

74 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/19(土) 13:51:52.85 ID:8/de32rN0.net
キムジナーって水木しげるの漫画でしか知らなかったけど沖縄では語り継がれてるんだな
文章主には悪いけどちょっと感慨深いな

75 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/19(土) 14:00:52.24 ID:hKYojp0l0.net
もう、夏が終わっちゃう〜〜〜〜〜〜!
お山のオカルト置いとく。
ちょっと気色悪いけど・・・

★山霧の巻くとき(山岳ホラー)★
 http://slib.net/71604

上松煌 作
(プロフィール) http://slib.net/a/21610/

最後のほう、グロ注意?!

76 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/19(土) 15:04:30.31 ID:cH4+x1g40.net
キジムナーは木の上にいて人は襲わないイメージだったから水辺にいて人を襲うってのにビックリ。

77 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/19(土) 15:13:38.97 ID:cH4+x1g40.net
あとオキナワノコワイハナシ、GyaOで期間限定配信してるよ〜

78 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/19(土) 15:56:34.14 ID:QzWF5KzQ0.net
キジムナーかどうか知らないけど、奄美大島出身の母から聞いた話だとケンムンっていう赤い猿みたいな妖怪が山に居て危険だから日が暮れてから山に行くなと言われたことがあるそうな。

79 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/19(土) 16:43:58.90 ID:/0VoFyMd0.net
ケンムンは木に宿る妖怪(欧州でいう精霊)
こいつの宿る木を伐ると、復讐に伐った者の家に夜半から石を投げつけてくる
しかも集団(群れ)で……
雨戸にバンバン石が飛んでくるので恨まれた家の住人は堪ったものではない
この投石の音にビックリした隣の家でも、窓から外を見ると姿はないのに石だけが
隣家に向けて飛び交っている
隣から「しっかりしろ」と応援の声をかけると住人は弱々しく「おお」と返事

結局明るくなるまで投石は続き、翌朝神降ろしの婆さんに頼んで詫びを入れ、
伐木した場所にお神酒を捧げてきたそうな

80 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/19(土) 20:05:37.22 ID:AGXnVpSH0.net
復活おめでとう
山と渓谷社から出てる山の怪談本おすすめ

81 :夏休み最終日@\(^o^)/:2017/08/20(日) 21:15:21.62 ID:nETdHb+t0.net
>>67
レスありがとう。無視されるか酷評されるかと覚悟してたんで元気出るよ。

>>71
書き込む前にまとめサイト幾つか探して書き方を参考にしたんだけど、
やっぱオレの力不足だわ、作文苦手だったし。ゴメンな。

>>73
そう、それ。今年は吸血鬼と歌とポケ○ンGoの3話。
「○○さぁ〜」とか「○○やしぃ〜」とか「○○オバー」とかやってるだけで、
地元の怪談とか心霊スポットとか全く関係なくて。何かさびしい。

82 :夏休み最終日@\(^o^)/:2017/08/20(日) 21:27:42.98 ID:nETdHb+t0.net
>>74
話は有名だけど、最近の目撃者はいないみたい。
祖母が最後の目撃者かもしれないと少し思ってる。
感慨深いのは同じなんで、気にしないでくれ。

>>76
沖縄では結構危険(命に関わる)って話があるね。
村興しとかに使う、ユーモラスな雰囲気だけじゃ無い感じ。

>>78
キジムナーにはブナガヤとかアカガンターって別名があるよ。
奄美のケンムンと本土の河童は同じ妖怪らしいって聞いた事がある。
アカガンターは赤髪って意味だから赤い猿みたいなケンムンと似てるね。
祖母が見たキジムナーの着物も赤茶色だったんだし。

>>79
キジムナーでも、住んでいるガジュマルだかを焼いたために
散々な目に遭って、最後は一家離散したみたいな話があるよ〜。

83 :夏休み最終日@\(^o^)/:2017/08/20(日) 21:40:32.49 ID:nETdHb+t0.net
色々レスもらって元気出た。ありがとな。
短い夏休みも今日で終わり、明日から仕事。

あんしぇー、ぐぶりーさびたん。またん、いちゃびらやーたい。

84 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/20(日) 22:47:23.40 ID:LO7t861q0.net
基本、スイスやドイツなどの伝承にある侏儒と呼ばれる小人も同様に木の叉から生まれたという
(しかし踵が人間と逆向きとか、人間とまったく同じ姿ではない)
侏儒は人間にバターの製法などを初めて教えた存在とされたが、人間が様々な嘘で利用したため
人を信じなくなり、また人間の侵攻から次第に岩の多い山に移り住んで、姿を見なくなったそうな

まあバターの件はよく分からないが、ドイツ人やスイス人じゃ大変悪さをしそうである

85 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/20(日) 23:44:06.38 ID:VcK5oIrC0.net
>>83
貴重な体験談ありがとう。

86 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/21(月) 01:18:34.12 ID:H5iPHb7J0.net
まともに機能してるスレって少なくなってきてるから貴重だね

87 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/21(月) 02:56:06.01 ID:o5l5cN9l0.net
雷鳥どこ行った?

88 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/21(月) 03:58:52.86 ID:PuJowli20.net
以前の山スレがなくなる前から姿を現さなくなっていた
おさらく・・・

89 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/21(月) 13:01:06.51 ID:pDxfJy+H0.net
天狗の仕業か👺

90 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/21(月) 21:31:59.07 ID:BR+shezf0.net
ライチョッチョッチョッ
ライチョッチョッチョッ
ラ〜イラ〜イラ〜イラ〜イ♪
ライチョッチョッチョッ
ライチョッチョッチョッ
ラ〜イラ〜イラ〜イラ〜イ 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)


91 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/22(火) 15:02:54.76 ID:PqVBLQYn0.net
>>71
ゴミ底辺相変わらずキモいな

92 :アザラシ伍長 :2017/08/22(火) 23:34:51.91 ID:oPIERqvj0.net ?PLT(44444)

>>66
祖母がその内孫を護ったというのが、よく分からないです
ギジムナーをやっつけて相討ちになみったのですか?

93 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/23(水) 09:15:42.03 ID:m8v86pb40.net
>>92
お前か孫を連れて行くと言ってたから、自分から行った。

94 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/24(木) 13:58:59.47 ID:jJNxwvUs0.net
支援

95 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/24(木) 14:12:35.16 ID:hgePjofL0.net
まだ逆ギレしよる。

部落差別したほうが。
在日韓国人差別、部落差別を糾弾する。
ごめんなさいと連呼させろ。

96 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/24(木) 14:20:46.87 ID:hgePjofL0.net
在日差別すな、いうてから在日
韓国人三世を差別しとるやないか。
日本国籍だけどなんや。


国籍がちごうたら 韓国とは関係ないんか。それならそれでいいけど
部落差別すな。逆ギレするみたいだから
全員怒鳴りまくって ごめんなさい連呼させろ。もう全員。全員

97 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/24(木) 14:49:29.09 ID:hgePjofL0.net
こんなことをやるのは
はじめに松本拓哉に
わざとやらせた加藤しかいない。

わざわざ東京まで手を伸ばして
嘘を拡大させる。呆れる。
差別根性の塊は面も出さない。

98 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/24(木) 14:52:19.05 ID:hgePjofL0.net
6年前からうちのネットに不正アクセス
してたなら
鳥取ループと関係ないのわかるはずだろ。やっぱり組織的部落差別だ。

99 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/24(木) 14:56:34.94 ID:hgePjofL0.net
台東区内の差別落書き

<部落民は日本人でない
ドロボーデスの落書きの犯人を
探し出して殺せ。>

そうしたら部落差別自作自演か
自作自演でないかわかる。

簡単なことだ。拷問しろ。

100 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/24(木) 14:58:14.03 ID:hgePjofL0.net
他にも沖縄の活動と
連結させたような落書きの
犯人を見つけ出して殺せ。

簡単なことだ。拷問しろ。

なんのための糾弾会なんだ。

101 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/24(木) 15:00:04.97 ID:hgePjofL0.net
落書きの犯人が
犯人だけ殺されるならそれもよし

自作自演なら
使用者も殺されるだけだ。

わたしは正論を言っている。
部落差別を殺せ。

102 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/24(木) 15:33:57.03 ID:iahzNa3H0.net
キジムナーグワーがーちょーむちょむ
キジムナーグワーが何するものヤー
イヌカイイチョシン
タダドウヤー
タダドウヤー
屁〜ヤひんナヨーうっちゃギラリンドー
ちょむちょむ、ちょむちょむ、ちょむちょむ、ちょむちょむ
キジムナーグワーがーちょーむちょむ 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)


103 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/25(金) 19:15:31.07 ID:v3k1RrjG0.net
怖い話まだ?

104 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/25(金) 19:30:33.97 ID:GkkAYMb50.net
他サイトからのコピペ。長いから何回かに分けて投稿する。


懺悔

私が、10年間誰にも語れなかった過去を書かせて頂きます。スレ違いであればごめんなさい。

また、それなりに話が長くなるため、長文に抵抗がある方はお控え下さい。



事の発端は、私が小学6年の夏まで遡ります。
当時、私は東京に住んでおり、小学1年から6年までの間、春夏冬の長期休みを利用して、毎年母の実家へ帰省していました。

祖父母の家は、車で6、7時間程の山奥にあります。
小さな集落で、当時から周辺では過疎化が問題視されていたようですが、山の麓には学校もあり、少なからず子供はいました。
また、集落は非常に閉鎖的であったため、部外者が来ることもなく、人為的な危険性はありませんでした。

そのため、私は祖父母の家に行く度に、近くの川や山中へ遊びに行くのがお決まりでした。
外へ一人で遊びに行くことに対して、祖母は「ケガしねぇか。迷わねぇか」と心配してくれていましたが、両親は家で騒がれるよりは良いだろうという料簡でした。
何より、私は家よりも外で遊ぶ方が好きでしたし、年に3度も帰省しているので、集落周辺にも完全に認識されており、おかげで友達も何人かできました。

その友人の中でも特に仲良くしていたのが、「マサ」と呼ばれていた男の子です。
彼は、私が集落で初めて友達になった子で、彼の仲間に「この子は東京から来たんだぜ」と紹介してくれました。

私が彼と知り合った小学2年の冬休みから、毎年帰省する度に、彼らと川遊びや虫取り、雪遊びなどをして楽しく過ごしていました。
そして、小学6年の夏に帰省した時も、これまでと同じように皆で遊ぶ日々を送っていました。


そんなある日、私と彼の二人しかいない日がありました。
始めのうちは、いつものように川遊びや虫取りをして遊んでいたのですが、少し遊び疲れて来たので休憩しようということになり、近くにあった木陰で休むことにしたのです。
小学生最後の夏ということもあり、彼はいつになく饒舌で、「将来のこととか考えてる?」「中学生になっても遊べるよな?」など、色々な会話を交わしたことを覚えています。

105 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/25(金) 19:34:04.68 ID:GkkAYMb50.net
しばらくは他愛のない会話を楽しんでいたのですが、彼は唐突に「なぁ...ここよりもずっと上の方に、誰にも使われてない納屋があるの知ってる?」と、私に聞いてきました。
私が「知らない。何で誰も使ってないの?」と尋ねると、
彼は「詳しいことは分からないけど、もう大分前から使われてないらしいよ。俺の母ちゃんが子供の頃から、既に誰も使ってなかったって。俺の友達でも見たことあるヤツはいないし、実際にあるのかは確かじゃないんだけどね」
と教えてくれました。

106 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/25(金) 19:36:19.10 ID:GkkAYMb50.net
私は「そうなんだ。何で使われなくなったんだろうね。いらなくなっちゃったのかなぁ?」と、さほど興味もない口調で言ったのですが、彼はそんなことはどうでも良いらしく、
「せっかくだし、探検に行ってみね?」と提案してきたのです。
彼は「今まで納屋については一度も話してなかったよな。他の皆がいたからね。俺らの部落じゃ行っちゃいけないことにってるし、誰もその話しには触れないよ。まぁ人様のもんだしな。
でも、今日は二人しかいないし誰にもバレずに行けるよ!それに、もし納屋があるなら、お宝があるかもしれない!」と、声高に語りました。

彼の説明によると、空き家だったとしても他人の所有地へ勝手に入るのは、集落では固く禁じられているとのことでしたが、
人里離れている納屋であればバレることはないだろうし、部落外出身である私しか一緒に行ける仲間がおらず、納屋の存在を確かめるには絶好の機会とのことでした。

107 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/25(金) 19:37:11.12 ID:GkkAYMb50.net
私は暫くためらいましたが、小学生最後の夏ということもあり、良い思い出になればと承諾しました。

彼は「それなら早速行こうぜ!母ちゃんの話だと、確かあっちの方だよ!デカいカヤブキ屋根らしいから、すぐ見つかるだろうし!」と喜び勇んで、私を納屋へと誘導しました。
しかし、彼自身も納屋へ行くのは初めてのため、何度も道に迷ってしまい、
目印となる茅葺き屋根を見つけ、ようやく納屋へ着いた時には日が傾きかけていました。

目の前には、鬱蒼と生い茂る草木の中に、深く黒ずんだ納屋だけが佇んでおり、
片側の側面が夕日に照らされていました。その光景は異様なほど不気味で、今すぐにでも帰りたいと感じたのを覚えています。

108 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/25(金) 19:38:06.21 ID:GkkAYMb50.net
私が「え...これ...なの?」と独り言のように呟くと、彼は「あった!ほんとにあったんだ!俺らが遠くまで行かないように、大人達が創った嘘だと思ってた!」と一人喜んでいます。
見るほどに気味が悪く、一刻も早く帰りたかったのですが、彼が楽しそうであることに加え、
私に喜んでもらおうと頑張っている姿を見ると、とても「帰ろう」とは言い出せませんでした。

そのため、私は納屋の鍵が開いていないことだけを切に願っていましたが、その希望はすぐに打ち砕かれました。
「おい...!鍵開いてるぞ!早く入ろうぜ!」と彼が言い出したので、見てみると、
錆びた鉄の鍵には無理矢理壊されたような形跡がありました。誰かが同じような目的で入ったのでしょうか。しかし、余所者が納屋の存在を知っているはずはありません。

109 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/25(金) 19:39:00.44 ID:GkkAYMb50.net
考えれば考えるほど混乱してきたので、私は思いきって「ねぇ...やっぱり入っちゃまずいよ。持ち主が来るかもしれないよ」と伝えたのですが、
彼は「平気だって!俺の母ちゃんが子供の時から誰も使ってなかったんだから!」と、聞く耳を持ちません。
それどころか、「ライト持って来てないんだし、日が暮れないうちに早く早く!」と納屋へ入るのを急かしてきます。

この時、私には別の不安がよぎりました。
ただでさえ日が傾きかけていて、今から戻っても辺りが暗くなり始めることは間違いない。
ましてやあれだけ迷った道を、明かりもない状態で無事に帰れるのだろうか。
私は、こうなったら早く探索を済ませて、さっさと引き上げようと考え、意を決して納屋へ入ることにしたのでした。

110 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/25(金) 19:39:48.05 ID:GkkAYMb50.net
納屋の中は、外見以上に広く感じました。納屋というよりは、古い家屋に近かったかもしれません。
また、埃や煤だらけで物が散乱していたものの、子供が並んで歩ける程度の足場は残っており、
格子から差し込んでいる夕日だけでも、十分に探索は出来そうだと感じました。
彼も「流石に荒れてんなー。お宝あるかな」と言いながら暫く探索をしていましたが、
「んー何もなさそうだなぁ」と一人ごちたので、漸く帰れると思ったその矢先、「あ!梯子があるじゃん!」と言うと同時に梯子を登って行ってしまいました。
私はついて行くのが精一杯で、「まってよ」とすぐ後に続きました。

二階へ上がった時の光景は、今でも忘れることができません。

111 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/25(金) 19:40:46.26 ID:GkkAYMb50.net
階段を上がると、近代家屋の屋根裏部屋のような構造で、すぐに部屋へと繋がっていたのですが、
1階とは打って変わって異様なほど重苦しい雰囲気が漂っていました。
辺り一面には満遍なくお札が貼られ、天井の四隅を囲むように注連縄が垂らされていたことは、今でも鮮明に覚えています。
そして部屋の中央には、今にも崩れそうな観音開きの仏壇のようなものが固定されており、
その左右には黒ずんだ盛り塩や蝋燭も置いてありました。

私は半泣きになりながら、「ここヤバいよ!絶対来ちゃいけないとこだよ!もう帰ろうよ」と言うと、
「分かったって!ちょっと見たらすぐ帰るよ。でもさ、やっぱり気になるじゃん。大人達が寄せつけなかった理由がさ」と、彼は一歩も引きません。

私は階段を上がったすぐ側で、震えながら見守っていることしか出来ませんでした。

112 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/25(金) 19:41:39.70 ID:GkkAYMb50.net
そして、彼が部屋を二周りほどした時、突然その仏壇のようなものが後ろに倒れたのです。
私は心臓の鼓動が部屋中に響いたのではないかと思った程で、
彼も「わっ!びびった〜。足あたったかなぁ」と少なからず驚いた様子でしたが、私が見ていた限りでは、仏壇は独りでに倒れこんだように見えました。
私は相変わらず「もう帰ろうよ」と繰り返し言っていたので、
彼も気が変わったのか「そうだな。何もないしな。結局、親がここに寄せつけなかった理由って何だったんだろ。まぁそれなりに楽しかったから、別にいっか」。

そう言って、彼が倒れた仏壇を起こした時、倒れた衝撃で壊れたのか観音開きの扉が外れ、中から黒い塊が出てきました。
彼は「あっ!何かでてきた!」と言いながら、すぐにその塊を拾い上げましたが、
「わ!!」と投げ捨て「ヤバいヤバい!出よう出よう出よう!」とこちらに走ってきます。
私は階段を急いで降りつつも「なになに!?どうしたの!?」と聞きましたが、
「後で後で、早く早く!」と急かされたので、無我夢中で納屋の外へと逃げました。

113 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/25(金) 19:42:33.44 ID:GkkAYMb50.net
外は大分暗くなっていましたが、まだ足元が分かる程度には明るかったと思います。
とにかく二人で、来た道も考えずに走り続けました。
お互いに疲れが表れ始め、次第に歩きへと変わる頃には、不思議と集落の近くまで来ていました。
彼も安心したのか「少し休憩しよう」と言って脇の土手に座り込みました。
暫くしてお互いの息も整ってきたので、
私は「ねぇ、さっきの変な黒い塊って何だったの?」と尋ねると、「あぁ...あれか。あれは流石にやべーと思ったわ。あれな...髪の毛の塊だったんだぜ?
所々ほつれてたから分かったけど、何重にもぐるぐるに巻いてあったわ。それに、あの塊を持った瞬間、誰かに見られてるような気がして...気味わりぃよな...でも何のためにあんなことしたんだろ?」。
彼の言葉を聞き、無性に不安になった私は、「わかんない...」と答えるのが精一杯でした。

114 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/25(金) 19:43:49.03 ID:GkkAYMb50.net
そして、ふと彼の手に目を向けると、指先が赤黒くなっていました。
「それ...どうしたの!?」と私が彼の指を指すと、「あ...ほんとだ。さっきの塊持った時についたかな。うわ...何かベタベタして気持ちわりぃ」と言い、彼は指先を足元の草花で拭いました。

私には、彼の指先に付着していたものが何だったのか、未だにはっきりとは分かりません。
ただ、その時は何か良くないことが起こるのではないかと、気が気ではありませんでした。

そんな私とは反対に、彼は「今日のことは二人だけの秘密な!ほんとスリルあったよなぁ」と元気な様子でしたが、そのおかげで私も理性を保てたのだと思います。
もちろん私も「うん。親にも絶対秘密にしようね」と言い、先程のことなど忘れたかのように談笑しながら、お互い帰路につきました。

115 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/25(金) 19:44:42.90 ID:GkkAYMb50.net
翌日、私は家族と街へ買い物に出かけており、それなりに楽しい一日を過ごしました。
その日の夜は中々寝つけずにいたのですが、昨日の出来事も何のことはない、
また明日からマサと何をして遊ぼうか、そんなことばかり考えていました。

翌朝、遊びに誘うため彼の自宅まで行くと、彼の母親が出て来て「ごめんねぇ。マサは体調崩しちゃっててね。昨日もマサと遊んでくれてたの?ありがとうね」と告げられたのです。

私はとてつもなく嫌な予感を感じました。
これまでに彼が病気になったことなど、私の知っている限りでは一度もなかったからです。
それに、彼と遊んだのは一昨日であって昨日ではなかったと伝えると、
「あら、じゃぁ他のお友達かしら。昨日も家にいなかったものだから。また遊んでやってね」。
それから二言三言交わすと、彼の母親はにこやかな表情で家の中へと戻って行きました。

116 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/25(金) 19:45:48.82 ID:GkkAYMb50.net
その日は、他の友達3人と遊ぶことになったので、昨日彼と遊んだ人がいるか尋ねましたが、皆遊んでいないと答えました。
私は心のどこかで不安を覚えつつも、いつものように日が暮れるまで遊びました。

それから、私は毎日一人で彼の自宅を訪ねましたが、病気が思わしくないため会わせてもらえず、漸く会うことができたのは、納屋に行ってから8日目のことでした。

彼の母親に案内された部屋へ入ると、彼は布団の上で横になっていたのですが、彼のあまりの衰弱ぶりに驚きました。
つい数日前まであんなに元気だったはずが、その面影もないのです。
彼の希望により、二人きりにしてもらうと、彼は弱々しく「やっぱあの納屋はマズかったな...。近づいちゃいけない理由が分かったよ。
俺はあの日から誰かに見られてる...ふと夜中に目が覚めた時なんか、そこのドアから誰か覗いてて...」と、私の後ろを指しながら言うので、
「それ、きっとマサのお母さんが心配して見に来たんだよ」と伝えたのですが、彼曰く「目が違った。母ちゃんや父ちゃんならすぐに分かる」とのことでした。
私は、彼が見た光景は夢ではないかしらと思ったのですが、彼を疑いたくなかったので黙ってしまいました。

117 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/25(金) 19:47:01.06 ID:GkkAYMb50.net
しばらく沈黙が続くなか、唐突に彼が口を開きました。
「実は...納屋に行った次の日、また一人で行って来たんだ...」。
私は、それまで府に落ちなかった事柄が一変に繋がったと同時に、彼の行動が理解できませんでした。
「...え?どうして...また、行ったの!?」
「しょうがないだろ...納屋に行った夜から変な視線や気配がするんだから...とりあえず、あの塊だけでも元の位置に戻して来ようと思って...」。

私には、そもそもあんな場所へ一人で行くなんてことは考えられなかったので、彼をとても逞しく感じました。
「それで...あの塊は、戻せたの...?」
私がそう言った時、彼の指先が僅かに震えていたのが、とても印象に残っています。
「それがな...戻ってたんだよ。あり得ないだろ?仏壇みてぇのまでご丁寧に直してあったんだぜ?
何で戻ってんだよ!誰かが戻したのか?ふざけんな...大体、何なんだよアレ。結局俺は...それを見た瞬間、またすぐにダッシュで帰って来たんだよ...」。

118 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/25(金) 19:48:16.13 ID:GkkAYMb50.net
彼は、喋りながらも正気を失いかけているのが分かりましたが、それは私も同じでした。
私は泣き出しそうになるのを必死に堪えながら
「やっぱり...誰かが毎日ちゃんと管理してたんだよ」と言うのがやっとでした。
しかし、彼はすぐに「それはあり得ない」と言うのです。
「いいか...もし管理されてんだったら、まず壊れてる鍵とかを直すだろ?フツーはな。
でも鍵は直ってない、中は散らかったまま...そんで何より...俺が行った時、入口の扉すら開いたままだったんだぜ?
つまり、俺らが逃げて来た時のまんまなんだよ。2階以外は」。
私には、彼の言葉を検証するゆとりなどなく、「まってよ...よく分からないよ...。じゃぁ何で2階だけ...」と答えると、彼は考え込んでしまいました。

119 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/25(金) 19:49:13.74 ID:GkkAYMb50.net
再び沈黙が訪れましたが、彼は先程より少し落ち着いた様子で、「な...。訳わかんねぇだろ?まぁ...もしかすると、俺らの侵入に気づいた大人が、罰として意地悪してるだけかもしれないけど」と、
現実的な可能性を示したので、私は嬉しくなって「そうだよ...!きっとそれだと思う!そうとしか考えられないもん」と言いました。

しかし、再び彼は考え込んでいる様子でした。
ふと何かを決心したかのように、沈鬱な面持ちで「でも...やっぱあの髪の毛の塊が関係してんのかな...体調も悪くなる一方だし」と力なく言いました。
一番考えたくなかった内容だけに、私は暗い気持ちになりながらも、「そんなの...関係ないよ...。早く元気になって遊ぼうよ」と言うと、
彼は「うん...また遊びたいな」と小さな声で呟き、そのまま寝てしまったのでした。
彼をゆっくりさせてあげたかったので、彼の母親に挨拶を済ませ、そのまま私は彼の家を後にしたのです。

そして、それが彼との最後の会話になりました。

120 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/25(金) 19:50:09.12 ID:GkkAYMb50.net
私が彼の部屋で会話をした翌日、彼の母親から電話があり、今朝がたマサが息を引き取ったので、できればお通夜に来て欲しいと伝えられました。
昨日会ったばかりの彼が亡くなるなんて、私には受け入れることが出来ず、一日中泣いていました。
今でさえも、彼はどこかで生きているんじゃないかと思う時があります。

通夜当日、私は彼の母親に彼の死因について尋ねてみたのですが、
医者の見解によると悪性の病であるらしいとしか教えてもらえませんでした。

私は長い間ショックから立ち直れず、この日を境に、一度も帰省していません。
帰省してしまえば、必ずあの時の悲しい記憶が蘇るのは明白なので、
祖父母や両親にもそのように伝えていました。

121 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/25(金) 19:51:25.70 ID:GkkAYMb50.net
あの時、嫌われてでも良いから、あの部屋に入ることを止めていれば彼を救えたのではないかと、私は10年間後悔し続けて来ました。

結局、彼の死は病気がたまたま重なっただけなのか、それとも怨念のような類に触れてしまったのかは分かりません。
ただ、彼が重度の病気であったとは考え難く、古くからの言い伝えには、やはりそれなりの理由があるのだと思います。


私は10年の節目として、彼のお墓参りを兼ねて近々あの納屋へ行くことに決めました。

今では、集落一体も大分人が減ったようで、子供は殆どいないそうです。
また、彼の死後しばらく経ってから、祖母が電話で教えてくれたのですが、
納屋の鍵が壊されていたのは、私たちが納屋に行った1ヶ月程前に、部落の男が窃盗目的で侵入するために壊したようです。
納屋へ侵入してから数日の内に亡くなったそうですが、一人で生活していたため、周囲が気づいた時には死後2ヶ月程経過していたとのことです。
日数は、死体の側にあった手記から推定したと聞かされました。


まだ納屋が残っているかは分かりませが、彼の死と関係があるのか確かめて来るつもりです。



〜〜〜〜〜〜
コピペ終わり。

122 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/25(金) 20:07:46.71 ID:gYFNWB9P0.net
こういう体験談って、会話まで再現すると創作感アリアリでつまらんな
一応、ここの元になってる海スレ&山スレは少なくとも建前としては実話
書き込みってことになっていたんだから、もうちょっとそれに即したコピペ
すればいいのに

作りなら作りでリアリティwwって奴にこだわれよ、と

123 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/25(金) 20:08:03.45 ID:GkkAYMb50.net
数ヶ月前に、出来るだけ多くの方の目に触れられてほしい文章がある、と知人から頼まれていたので、時間は経ってしまいましたが、書き込ませていただきました。
彼女は、既にあるサイトにこの話を載せていたようで、予め教えてもらったそのサイトからコピーしました。

124 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/25(金) 20:16:19.85 ID:GkkAYMb50.net
>>122
恐らく、彼女もオカルト好きの方を楽しませるつもりで書いたんでしょうが、あなたの様に批判しかしない輩が多いので、私に依頼したんでしょうね。
批判だけならサルでもできる。とは良く言ったものですね。

125 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/25(金) 22:46:51.77 ID:BUKE5DoY0.net
たまたま胸まである髪の毛を、お団子にして読んだから握ってしまった…

126 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/25(金) 23:34:45.16 ID:QNfwby/r0.net
大体御札ベタベタとか実際そんなものないから
御札で何とかなるなら霊媒さんいらねえよ
盛り塩?牛でも呼ぶ気かよ
浮遊霊なら真横をスルーして通り過ぎて下さるよ
注連縄の意味分かってんのかね?そんな利用の仕方自体がこの世にはねえよ

127 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/26(土) 16:53:44.87 ID:3JDJ04XF0.net
いつお医者さんごっこやるのかと思ったら

128 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/26(土) 19:27:47.81 ID:xjkbEvkT0.net
       ( ‘j’ )
        ノ⌒)
  ((  (.(⌒. /ξ
      \ヽ(ノ
       ///
      ((_l

129 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/26(土) 22:43:40.13 ID:qC+AWbQk0.net
>>124
ほんとそれ

被爆者の話聞いてもよく覚えてるなwwwリアリティなし創作乙wwwとか言うタイプ

130 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/26(土) 22:50:03.10 ID:pCrV3hCf0.net
>>124
文体がこの板独特の時点で少しもオリジナル感も飛び入り感もない、創作と思われても仕方なかろう
批判に対する批判をしてる時点であんたも同類か、創作助長させてるだけ尚悪質だわ

別に誰も書き手が来ないなら放置が自然だろ
無理するから逆に作為に満ちた怖さのないスレになる
少しは反省しろよ

131 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/26(土) 22:51:32.81 ID:qC+AWbQk0.net
お手本どうぞ

132 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/26(土) 22:55:33.07 ID:pCrV3hCf0.net
なんの?

133 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/27(日) 00:02:02.70 ID:zNfTwQVw0.net
まあ正直つまらなかったな

134 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/27(日) 13:20:42.93 ID:zTHORVcS0.net
また山奥の集落の入ってはいけないけど簡単に入れる所かぁ。

135 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/27(日) 15:00:02.01 ID:EpVkw4L70.net
いいぞもっとやれ

136 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/27(日) 15:15:42.00 ID:haMLk9RK0.net
>>130
お前こそいちいち批判だけのレスなんかしないで、気に入らなければスルーしろよ
創作は要らないけど、もっと要らないのがお前みたいなやつ
場を荒らすだけ

137 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/27(日) 17:09:16.38 ID:cODGnnAD0.net
このてのスレじゃ批判しかしないやつの方が
スレチだし空気読めてないわな

この間海が見たくて友人に連れて行って
もらったんだけどついたのが夜の上に
場所が田舎だったもんで海が墨汁垂らした
見たいに真っ黒だったんだけど怪談とかで
夜の海に入る話あるけどよく入れるなと
思ったわ

138 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/27(日) 19:28:14.21 ID:kgOAKSiP0.net
その改行はなんだい?

139 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/27(日) 23:40:26.64 ID:N0n64iYi0.net
どっちみち過疎ってるスレなのにやたら叩く連中ばっかでど〜する
創作だろうとつまんなくても話上げてくれたんだからいいじゃねーか

140 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/28(月) 12:37:17.69 ID:z0KC5Iys0.net
>>136
文体が2chのスレの雰囲気にあっててもあわなくてもケチつけるの目に見えてる

141 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/28(月) 13:58:32.80 ID:6P9O1zgl0.net
この手は作り話と思って読むもんだろ。

142 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/29(火) 12:58:20.41 ID:FaIgjbif0.net
そうだよな
いちいち批判する必要はないけど

143 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/29(火) 23:49:24.03 ID:CA14AifW0.net
批判する奴は去れ

144 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/30(水) 00:50:33.27 ID:feCl/bhI0.net
>>45
コーンだろ?

145 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/30(水) 01:05:01.57 ID:Cbnn6SMj0.net
よし全部批判しまくってメタメタにしてやる

146 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/30(水) 01:55:53.80 ID:/AkDkYEz0.net
>>137
海って時間もあるけど場所で全然雰囲気違わね
日本海側の某県の海岸は陰気くさくて引いた

147 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/30(水) 09:24:03.28 ID:agM7zMsg0.net
まあいないとは思うけど沖縄は今度の日曜日から旧盆突入するから海は気をつけてね

148 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/30(水) 11:43:10.57 ID:7T83qm3k0.net
沖縄は戦争にまつわる霊より基地問題にまとわりつく人間のほうが怖い

149 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/30(水) 12:29:27.55 ID:gyv0zd240.net
まあ
そりゃ沖縄に限らず生きてる人間の狂気のほうが怖いな

150 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/30(水) 16:47:39.43 ID:vFAgWavK0.net
沖縄は今から旧盆なのか
GyaO!でオキナワノコワイハナシ見すぎたから怖い
旧盆に海に行って怪異に遭遇する話もあった
船幽霊みたいのとか棺を担いだ白装束の軍団が海の上を歩いてたり
嵐音とか

151 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/30(水) 20:38:34.86 ID:Cbnn6SMj0.net
船幽霊の話なら千葉や鹿島灘も多い
千倉では船幽霊たちが話をしている姿を見聞きする
「親方、いつ帰る?」
「来月半ばごろ」

152 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/30(水) 21:11:29.67 ID:KKh8Q3U80.net
>>151
瀬戸内の話なんじゃ無いの?

153 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/30(水) 23:04:25.97 ID:ck5XVoXc0.net
198本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止2017/07/25(火) 00:06:58.18ID:fyoR+qB30
怖い話かよくわからんのだけれど、
だいぶん前の大学の先輩の話で、
山に調査に入って、唐突に広場みたいな所に、
大量の便器みたいなのが
捨てられてるのを見つけたって言って
不法投棄かなんか知らないけれど、
その人が再調査に行くってなったんだけれど
そのまま行方不明になったと言う話があったわ。

なんか卒論部屋に便器が映った写真があったけれど
その先輩が山で撮ったモノなのか、
その話を聞いた誰かが冗談で
用意したものなのかは分からんけれど

行方不明って言うのはホントらしく、
その時から野外調査は最低二人組でいけって事になったらしい。



-------------------------
これ、この話の
http://syarecowa.moo.jp/154/12.html
後日談なのか?

でも10年以上前だよなぁ??

154 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/31(木) 00:36:26.79 ID:BqisD+OW0.net
>>153
作り話かも知れないけど
こういうネットの怖い話が繋がってるようなやつ好き

155 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/31(木) 07:16:12.60 ID:IsVM1azq0.net
>>151
鹿島辺りは夏から霧が凄いからあの霧の中から船幽霊や亡者が出てくるのも頷ける

156 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/31(木) 07:21:19.70 ID:IsVM1azq0.net
>>153
Googleマップで航空写真見れたらいいのにな
一時期話題になった石川県の怖い謎の集落スレ話みたいだ
四国って土地だけで怖いよこの話

157 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/31(木) 12:16:26.21 ID:SiUdSLQc0.net
>>122
お前は女の子と付き合った事ないな
若い女性がエピソード記憶を語ると大抵誰が何を言ったかになる
俺はこの話リアルに感じたな

158 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/31(木) 12:43:46.56 ID:X3FuKDGS0.net
>>153
こういう創作だとしてもそれを気にさせない書き方かなりうまいな
読んでて楽しかった

159 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/01(金) 10:34:18.67 ID:U3JOF9Lc0.net
>>157
人類が過去にどんな感じの会話したかも再現できないほど
記憶力なかったらこの世に再現VTRとかなくなるわな

160 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/01(金) 10:51:34.99 ID:u7U+Fm1s0.net
バレバレの自演乙

161 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/01(金) 23:42:56.57 ID:rCKqTJ1M0.net
>>153
リンク先の奴は昔からコピペになっている有名な奴で
youtubeでも上がっている話だな。高知の物部とか言う話がある。

関係があるのかはワカラン

162 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/02(土) 02:13:13.89 ID:gn/HKcey0.net
今日ちょっとした怖い体験して10年以上ぶりに丘板にきた。

書き込む内容はたいしことないんだが、行政の仕事で山の中を車でパトロールしてたんだがチェーンソーの音っぽいのが聞こえたから、
林業者いるのかな?違法伐採だったらめんどくさいなと思いながら、回転所に車を止めて車から下りて作業者を探したがどこにもいなかった。
作業者の車もないし車から降りた瞬間聞こえなくなったから別の谷でやってる音か気のせいかなにかかと思い、諦めた。
帰ろうと車に乗った瞬間ヴヴヴヴヴヴヴヴヴと車の後ろで鳴り出したからびっくりして急いで車を下りて見回したが誰もいない。
下りたら音も消えたし、今度こそ諦めて車に乗ったらヴヴヴヴヴヴヴヴとなる。
よく分からないからそのまま帰って、上司にパトロールの報告ついでにそのことを言ったら、
そこで練炭自殺あったって、聞いてなかったか?と言われた。

ただそれだけなんだが、何に驚いたかって、153の書き込みとそのリンクに自分に共通点がありすぎたこと。
四国で地質学卒論とか沢沿いの露頭とか地層図の作成とか自分に共通するとワードがすごいあって一瞬あの頃自分が書き込んだのかと思った。
読んだらそんな経験してないから自分じゃないと確信したが。
偶然かもしれないが、今日心霊体験っぽいのしたことより、このタイミングでこういうレスに巡り合ったのが不思議な感じだった。
そのせいであまり怖く書くことより、普通にあったことを書いちゃったが、すごい運なのか山とかいう特定の条件の話だからこそよくあることなのかもしれんな。

163 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/02(土) 10:38:27.65 ID:2+xuw4Bg0.net
>>162
場所の座標よろ

164 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/02(土) 13:53:34.04 ID:RcuGnNAh0.net
山のなかで異音っていうとテン...ソウ...メツってやつおもいだす

165 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/02(土) 14:22:41.07 ID:pzGazj6q0.net
木を切り倒す音がするけど何もいないっていう話は昔からあるよな

166 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/02(土) 14:31:21.27 ID:15cJzwhZ0.net
風で枯れ枝がバキって折れる音とか、結構賑やか

167 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/02(土) 16:37:23.84 ID:OYG5x/6u0.net
ずいぶん昔の話なんだが
叔母がバスツアー中に休憩で立ち寄ったパーキングで
ションベンしようとトイレに行ったら長蛇の列ができてたので
草むらに隠れて野ションベンしてたら
アソコを毒蛇に噛まれて
誰にも言えずバスに戻ってそのままバスの中で亡くなったのを
ふと思い出した

168 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/03(日) 10:35:48.46 ID:qHjcv2JQ0.net
>>162
興味深い話乙です

169 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/03(日) 16:47:31.55 ID:8nvnxR/Q0.net
>>167
ダーウィン賞だっけ?もらえそう

170 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/09(土) 11:30:17.49 ID:exX6W4BR0.net
ほす

171 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/10(日) 07:25:39.12 ID:xZYjH4890.net
>>167
誰にもいわなかったのに、なんでお前が知っている

172 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/10(日) 09:09:13.80 ID:Ogq/d0cz0.net
>>171
病院で死因を調べたらマムシに陰部を咬まれたことが原因だと言われたらしい
父ちゃん(兄)が言ってた
まあ、死んだ当時、20代前半だったから
あそこを咬まれたって言えなかったんだろうな

173 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/10(日) 10:05:04.39 ID:VLjVwAFk0.net
実際にボットン便所入って跨いだ瞬間バチッとあそこを刺しに来るらしいな
クソ溜めにマムシが潜るのは、マムシ自体がそういう匂い出してるので好きなんだそうだ

174 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/10(日) 10:09:36.44 ID:uCfqFYKl0.net
マムシはないけど野ションしてるときにムカデが近付いてきたときは焦った

175 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/11(月) 21:05:24.25 ID:AxJu1YQd0.net
>>174
ミミズに小便かけたらチンコ腫れるんだっけ?
実際に近付いてこられたら武器は放水中の小便しかないよなww

176 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/11(月) 23:28:35.54 ID:pNViv/oh0.net
ミミズみたいな小さな命にも
少なからず畏怖しなさいという教育だろう
八百万の神がいるのだからな

運悪くそこにおわす荒神を怒らしたら御終いだし

177 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/11(月) 23:59:26.95 ID:HnmUcnOK0.net
山での怖い話でさ
山の神様や山に住む物の怪っているのかな?
そういう体験話聞いてみたい

178 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/12(火) 01:49:22.03 ID:mwOnimUm0.net
わいも

179 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/12(火) 11:02:32.02 ID:prjn9O2E0.net
お話し中失礼します
9月16日19時からオカルト板で百物語が行われる予定です
怪談を語りたい方、怖い話はないけれど手伝いしてもいいよという方はもちろん
別に興味はないけどちょっと覗いてみようかな、と思われましたらどうぞ
百物語2017準備スレまでお越しください
https://mao.2ch.net/test/read.cgi/occult/1499774484/

以上宣伝失礼いたしました

180 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/12(火) 14:53:51.40 ID:MRpLEgTj0.net
はい

181 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/15(金) 11:02:04.08 ID:JJdGEJQP0.net
浮上

182 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/15(金) 13:52:11.31 ID:d4vR8Xu80.net
海から揚がった謎の半透明?な生物の腹の中に大勢の人間が…みたいな話を昔どこかで読んだんだが探しても見つからないな

183 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/15(金) 14:22:46.78 ID:wS6BbMrm0.net
>>182
それは、伊藤潤二の恐怖漫画作品です。

184 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/15(金) 21:26:27.36 ID:X566OuOg0.net
怖いかどうかわからないけど 山の話で。

もう亡くなった爺ちゃんに聴いたこと。
10歳の頃 沢蟹を取りに 山に入った。
だいぶ山奥まで来ちゃった。
たくさん取れたのでそろそろ帰ろうと山を降り始めた。
ところがいくら歩いても着かない。
まだ陽が高いし そのうち着くだろうと心配もしないで 下って行った。

185 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/15(金) 21:33:33.39 ID:X566OuOg0.net
道は沢沿いの道でいつも 歩き慣れた道
他の道に迷い込むこともない一本道
なんだか随分歩くな〜おかしいなと思っていると、
下から誰か上がってくるのが見える。

186 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/15(金) 21:50:50.61 ID:X566OuOg0.net
男の人が一人。
村の人間じゃない見たこともない人で、
とても綺麗な錦の着物を着ていたそう。
爺ちゃんが子供の頃は 着物を着てるのはさほど珍しいことではなかったんだけれど 普通は木綿、絣の着物で、
地味でペラペラなのにその人の着ていたのは、
町の祭りで見た 歌舞伎役者のような 派手で極彩色、 幾重にも重なった 本当に豪華な着物だった。

187 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/15(金) 21:57:44.22 ID:X566OuOg0.net
そんな風貌だから爺ちゃんは 旅芸人の人かと思ったらしい。
爺ちゃんが「こんにちは」と言うと、 その人も話しかけてくれた。
だけど 何を言ってるのか言葉が全然わからない。

188 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/15(金) 22:04:52.40 ID:X566OuOg0.net
こんなところで何をしてるんだと言われたんだと思って爺ちゃんはびくの中のカニを見せて上の沢で採ったんだと言う事を話をしたら、
その人はカニを見たり 爺ちゃんの顔を覗き込んだり、ニコニコして頭を撫でてくれた。
その間も何か色々話をしていたけど言葉は全然わからなかったそうだ。

189 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/15(金) 22:13:51.02 ID:uiQJ9G4N0.net
続きはよ

190 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/15(金) 22:16:51.57 ID:X566OuOg0.net
そこから男の人は下る爺ちゃんに 付き添って一緒に 歩いてくれた。
そして山すそ手前で 爺ちゃんと別れて また山道を上がっていったそうだ。

191 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/15(金) 22:23:12.95 ID:X566OuOg0.net
あの人は何だったんだろうな〜不思議だな〜って。
話はそれだけ。
後日談もなければ 地元の言い伝えもないよ。

192 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/15(金) 22:34:24.10 ID:X566OuOg0.net
聞いたのは 俺も 同じ10歳ぐらいのころで、
爺ちゃんのこの話が大好きで、 何回も 聞いていた。
で、 疑問に思ったことも質問したんだ。

193 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/15(金) 22:36:23.17 ID:X566OuOg0.net
根掘り葉掘り聞いて 爺ちゃんも答えてくれたけど 、
男の人の正体だけは 後になってもわからなかったって。

194 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/15(金) 22:39:53.62 ID:X566OuOg0.net
以上です。

195 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/15(金) 22:41:36.40 ID:e0vvrCWm0.net
震災の一年後に石巻に仕事で行った時にさ
タクシーで大川小学校のあたりを通ったんだ
津波で逃げ遅れて子供達がたくさん亡くなった小学校だ
時間があったからちょっと降ろしてもらって手を合わさせてもらった
まだまだ震災の被害が残っててそこかしこで工事してたな
ビルがサイコロみたいに転がってたり

そのあと中心部に戻ったんだけど
大川小学校の近くに全く被害受けてない集落があったんだ
海岸の近くだし高台にあるわけでもなく
むしろ坂を下ったから窪地みたいなとこにある集落
あんまり普通で思わず運ちゃんに
ここは津波来なかったんですね?って尋ねたわけ
そしたら
全然被害が無いでしょ?
この集落はなぜか津波が来なかったんです
集落の入り口で津波が引いてったの
ここは熱心に菩薩様を祀ってるからそのおかげですかね?って

その集落はあまりに平和で普通で石巻の他の場所と比べると普通すぎるから逆に異様に見えて少し怖かったな

196 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/15(金) 22:55:28.78 ID:lWjZh0yh0.net
>>193
そりゃ山窩かもしれんな
普通に着物着るような時代ならまだ各地の山にもいただろうし

197 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/16(土) 00:08:39.20 ID:/xkNwvWn0.net
>>196
山窩、なるほどね。

時代は大正、9年10年頃のはず。

錦の着物ってどんなの?って聞いたら、桃太郎のようだったと。
とにかく場違いなほど派手で
暴れん坊将軍のようだと言ってたなw。

198 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/16(土) 04:21:40.18 ID:lkWh6KPH0.net
>>195
観音様を信仰してるって話だったっけ?うろ覚えだけど
>>197
面白い話サンクス

199 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/16(土) 07:13:00.92 ID:naL6dZ/N0.net
祖父の話を母親から間接的に聞いただけだけども。

祖父は漁師で、ある時、かなり大漁が続いた事があった。
季節外れの魚が一杯獲れて稼ぎまくれそうだったが、
正直船も人も充分ではなく、とにかく人手が足りなかった。
他の漁をやってる仲間にも呼び掛けていたが、その時港で水死体が発見された。
身体は一部欠損していて、色んなものが付着している無惨な状況だったらしい。
そのために身元の確認や事件性を調べようとなって時間が割かれた。
漁師の間でももちろん噂になったが、死体とともにヒトデが大量に見つかったため、
誰かが"その人手は要らんわ"って言ったそうだ。色んな意味で。

200 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/16(土) 07:57:41.35 ID:PAAjjbFA0.net
大韓航空機撃墜事件(金賢姫じゃない方)の後
オホーツク海で採れた蛸には人の毛髪が付着してたという話を聞いたことがあるな
蛸は貪欲だそうだから

201 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/16(土) 08:53:31.56 ID:nH0/lE9x0.net
東日本大震災の時にも同じような噂がまわってたね

202 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/16(土) 10:46:05.65 ID:nmaLSeDa0.net
そういえば東日本大震災にまつわるスレってあったっけ?

203 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/16(土) 12:31:41.84 ID:fHYFqHpf0.net
>>199
なにこれ怖い
>>202
確か無い

204 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/16(土) 12:48:29.63 ID:qM3bVowC0.net
>>197
いわゆる「サンカ」のイメージは、三文小説家のでっち上げだったということが
明らかになっていますが、箕づくりを生業とする非定住の人々はいたらしく、
彼らの服装は非常に質素だったようです(サンカの制服のようなものはなかったw)

>>199
底生の肉食の水中生物(海だけとは限らない)に関わる怖い話では
定番ですね。
他に、シャコなどもあります。ウナギも。
ホタル幼虫の餌になるカワニナもそうです。

>>202, 203
記憶もまあたらしい大災害の多くの犠牲を「オカルト」の文脈で面白半分に語る
ことは、やはり不謹慎である、という考えがあるのでしょう。

205 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/16(土) 15:18:11.97 ID:jj9sqY/e0.net
本日はオカ板百物語が行われます
出来れば手持ちのネタをもって御参加してね!!

206 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/16(土) 16:33:22.21 ID:HTcbb7Qk0.net
不謹慎だろうが、そこに真実の霊怪が潜むならオカ板の下に曝さねばなるまい

207 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/18(月) 14:49:49.25 ID:E2ZDtY8k0.net
久々に伯母の家に寄ったとき、同い年のいとこから「そのきれいな浴衣姿で蛍を見に行こう」と誘われました。
彼の家から少し離れたところにきれいな小川が流れていて、たくさんの蛍が幻想的な世界を作り出しているのです。私は自分で縫った浴衣を褒められたことがうれしくて、笑顔でうなずいていました。
この日、露草模様の帯をしていたのですが、そこに蛍が1匹止まっていました。その蛍は帯から離れ、私の胸に移ったんです。
 「あっ、捕まえた」
彼は私の胸を優しく包み込みます。やんわりその手を払いのけますが、本音は少し気持ちよかったのです。こんな感情を見透かしたかのように、突然のディープキスで唇を塞がれました。
当然、性欲スイッチがオンになり、抵抗できなくなりました。彼は草むらに私を優しく寝かせます。
「浴衣に下着なんて邪道だろう。さぁ、脱いで」
「ダメよ。恥ずかしい」
言葉では拒絶しながらも、脱がせやすいように自らお尻を上げていました。
 「ちょっと待っててね」
彼は蛍をたくさん集めてティッシュに包み、蛍を電灯代わりにして私のアソコを覗きました。
 「昔の偉い人は蛍の光で勉強し、俺はオマ○コを見る」
それから、ペロペロと膣口に舌を這わせると、そこからたくさんのエッチ汁が湧き出てきます。
 「ほ、ほ、蛍来い。こっちの愛液は甘いぞ…」
彼は歌いながら真珠をくすぐるようにクンニして、あっという間に私をイカせました。
グッタリしてギブアップ状態なのに、「まだ、これからが本番だよ」と今度は勃起したペニスを蛍で照らして見せながらゆっくりと挿入。
クリトリスを刺激されてイクより、中イキが大好きな私は深く入るたびに「ううっ〜、すごくいい」と恥ずかしい声が出ます。
「いいね。蛍に最高のエッチを見せてやれ」
彼に促されて「いや〜っ」と大声を出したら、不思議なことに蛍の輝きがいっそう増したのです。
夜空の星と蛍のキラキラに囲まれながら、私は何度も昇天したのでした。

208 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/18(月) 17:44:56.79 ID:CscmukZN0.net
まず海ではよくある話なんだけど、
港にある防波堤で人が流されたり行方不明になったりする事があって、
例えば釣りをしてる人が目の前で波にさらわれて行ったりとか、
船を守ろうと何かしようとしてそのまま落ちてしまうとか、
声もなくほんの一瞬だから神隠しにも思われることもあるらしい。

それで田舎の漁港で以前実際に起こった話なんだけど、
ある日、中年の男性が夜に出かけたまま帰ってこなかったんだって。
その次の日に家のすぐ近くの港で亡くなって発見されたんだそう。
港の最奥の、波もほとんどない水深2メートル弱くらいのところで、
海面に男性が浮かんでいて、そこは陸地が目と鼻の先の停泊地。
場所は物揚場と言うところで(正確な名称は知らない)、具体的に言うと、
やや緩やかな傾斜になっていて、海からそのまま小型船舶が乗り上げ、
陸地に停泊させることができる、または海に直接滑って着水できる場所。
そこはかなり前からほとんど使われていなかったらしい。

防波堤あたりで波にさらわれて港の中に流されてきた、
と考えるのが自然なんだけど、
この男性、実は酔っ払いで、手前の道路から普通に海に落ちたらしい。
色々調べられた結果、酒に酔ってガードレールを自ら乗り越え海に落ち、
陸に上がるためすぐ横の傾斜を登ろうとしたが、藻で滑って登れず息絶えたようだ。
ガードレールの側にはサンダルが片方落ちていて、目撃者はおらず。
ちなみに男性には打撲傷があり、特に頭部に集中していたという。

209 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/18(月) 17:45:55.85 ID:CscmukZN0.net
状況としてはどうやら、藻で滑ったときに身体を陸に強く打ち付けたらしく、
道路から海へは5メートル以上落差があるんだけど、
飛び込んで海底に強打とかそういう感じではないそうだった。
たぶん怪我してそのまま這い上がれずに亡くなったのだろうと。
男性の酔っ払い具合がわからないけど、
港の岸壁を登ったり、迂回して遠くから脱出するのは
決して不可能ではなさそうだったけど、難しかったのだろうか。

それは不幸な事故だったんだけど、
これについて地元に住んでる親戚の人が言うには、”よくある”んだって。
男性が酔っ払って飛び込む事ではなくて、登れないんだってその地形が独特で。
そこは港の最奥で海への出入り口も狭め、少し高い岸壁に囲まれた生け簀のような感じ。
作られたときからほぼ使われてないんじゃないか、とのこと。
よくあるからあそこには1人で入るな、とも。

ちなみにその男性は酒をほとんど飲まない人で、酒癖が悪いとかもなく、
更に言うと漁師でもない。
当日は会社の仲間と飲んで、歩いて帰る際に落ちたとされている。
家の前の港ではあるものの、そっち側に用事があることは基本的になかったそうだ。
ガードレールも海も他にはいっぱいあるわけで、
なんでそこで?と思うし理由がよくわからなかった。
ひどく酔っていたのか、結婚指輪でも落としたのかとは言われてはいたけども。

210 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/18(月) 23:14:42.73 ID:5JKkS/cK0.net
>>195
旧丸ビルの観音様エピソードみたいだね
空襲であたり一体が焼けた時も観音入りのビルはポツンと焼け残ったとかいう話

211 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/19(火) 01:41:52.32 ID:2eBFwns90.net


212 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/19(火) 09:09:58.22 ID:O0SOe/4Y0.net
>>177
シシノケは?

213 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/21(木) 01:43:12.75 ID:H+45hmPs0.net
T

214 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/23(土) 21:22:55.03 ID:M0BIct480.net
今から30年以上前に死んだ爺さんから聞いた話
広島市から少し北に行くと吉田って地域があるんだけど
そこの山の麓に一見の空家があってお化け屋敷として有名だった
それを信じられんという肉体労働者の男達7,8人が
「お化けなんかおるもんかい。わしらが見てきちゃる」と、その空家で
酒盛りをすることになった
しかし何時間も経たないうちに、空家で酒盛りをしてるはずの
男達が何故か山を降りてきた
理由を聞くと「最初は猫じゃ思うたんじゃけど・・・」
「家中から赤ん坊の泣き声が聞こえるんで恐ろしゅうなってのう・・・」
結局、その山の泣く家で何があったのかは地元の人でも知らないらしいが
なにか秘密でもあったのだろうということで、それ以上なにもなかった
今は取り壊されていると聞いた
地元ではかなり有名な事件だったらしい

215 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/23(土) 21:45:23.62 ID:HJta3ebm0.net
俺が仕掛けておいたスピーカーが役に立ったようだな

216 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/23(土) 21:56:37.75 ID:+an72yxD0.net
ふぃよふぃよふぃよふぃよそこら中に間引いた赤ん坊の霊魂が漂っているわけね
ふぃよふぃよふぃよふぃよと

217 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/24(日) 10:31:36.92 ID:k5Ex2lz80.net
オレのボイパが赤ん坊の鳴き声とか耳腐ってやがったなあのヤロー共

218 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/25(月) 12:38:09.74 ID:YWwZW25V0.net
ハレンチキャットが居ただけやろ

219 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/25(月) 19:22:03.80 ID:2nwGJBVy0.net
赤ん坊で思い出した

実家の2階でベッドに寝ころんで漫画読んでたら
窓のすぐ外から「おい!赤ちゃんの目から血が出てるぞ!」
と、おっさんのクソデカイ声が響いて、マジびっくりして対面の山田さん家に行ったら
「なんのこと???」と言われた
そもそも前の家は平屋だから2階がない
たしかに真ん前から聞こえたんだよな
おっさんのクソデカイ声ってなんだったんだろ?

220 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/25(月) 19:32:59.89 ID:fJHthtoF0.net
↑全然言ってる意味わからなくてそっちのが怖い

221 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/25(月) 22:50:56.32 ID:2nwGJBVy0.net
2階の高さの何もない空中から
おっさんのクソでかい声で「おい!赤ちゃんの目から血が出てるぞ!」
て聞こえたのよ
対面お家の山田さん家でなにかあったのかと思って
尋ねたら「なんのこと???」って言われた

222 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/25(月) 23:08:19.76 ID:2nwGJBVy0.net
人に伝えるのむずいな

・山田さんちは中年夫婦で子なしの二人暮らしで赤ちゃんがいない(俺可愛がられてた)
・声は2階の窓のすぐ向こうから叫ぶような声で聞こえた(窓の正面に山田家の平屋)
・親戚の赤ちゃんでも遊びにきてて、怪我したのかと思って
「今、赤ちゃんかの目から血って大きい声が聞こえたんだけど」て言ったら
「声?なんのこと?誰もいないよ?」て言われた

霊体験はわりと多いほうだけど
意味のわからん納得いかない体験てのはこれ含めて3回くらいしかない
無理やりでもこういうことなんだろうって思い込むこともできない

223 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/25(月) 23:15:22.22 ID:TV6Jt1No0.net
そんなもの屋根の上に住む殿様に決まってるだろ
屋根の庇から顔を出して教えた事くらい低脳以下でも分かるぞ
どんだけ脳軟化症なんだよ

224 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/26(火) 00:42:05.06 ID:tfJd8JWv0.net
なんで実在するおっさんもしないおっさんも大声出すんだろうな

225 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/26(火) 12:40:14.30 ID:TYSzJbIM0.net
そういう年頃なんだろ、おっさんてのは

226 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/26(火) 19:51:39.03 ID:THSxldtZ0.net
箸が転んでも叫ぶ年頃

227 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/26(火) 20:47:13.28 ID:GKn5rUMP0.net
俺はまだ60だから〜

228 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/26(火) 21:09:17.08 ID:OfdjM6e00.net
あんたに拐われて〜シュワッシュワッ

229 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/28(木) 22:46:09.74 ID:Fw3CLiJw0.net
若い子のほうがいいな

5年くらい前、寝てたら俺の体の上にある空気が
たぶん200kgくらいの重さになって動けなくなったの思い出した
あれはあせったぜ
まじ潰されると思ったらスっと重みがなくなって
部屋の隅っこから「ちょっと聞いてよ〜」って若い女の声が響いいて
まじションベンチビりそうになったわ

230 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/28(木) 22:52:32.65 ID:iIavS33e0.net
スピーカが仕込まれてるんじゃないんですかね
重くなったんじゃなくて貴方は脳梗塞かなんかの持病が出たんじゃないですかね

231 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/29(金) 02:23:06.13 ID:sGPADEHB0.net
まあどこが海山の怖い話なのかと

232 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/29(金) 03:24:55.19 ID:ruD0xmqO0.net
200sの若い女が上に乗って来たのか

233 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/29(金) 08:33:07.04 ID:wtRcn4Aj0.net
歌詞間違って覚えてたけど大黒摩季の歌が頭の中で再生された
ちょっと待ってよ みたいなやつ

234 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/29(金) 09:13:25.37 ID:aOhoKBjQ0.net
最近の空気嫁は200kgもあるのか

235 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/29(金) 21:03:47.79 ID:QhHEuTxK0.net
笑い事じゃないわ
マジで死を覚悟するくらい潰れるかと思った
まあ、山は関係ないんだけどな
声は若くてかわいかった

236 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/30(土) 01:35:26.55 ID:+K0W3UYs0.net
ほう

237 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/30(土) 15:14:39.75 ID:12fGwUlm0.net
ワイ「わかば」店員「250円です」
ワイ「2箱」ポイッ(500円玉)
店員「丁度ですね。すいません、あと年齢確認のボタンにタッチお願いします」
ワイ「・・・」ガン!(パネル殴る)
店員「お待たせいたしました。」
ワイ「・・・箸」
店員「おいくつですか?」
ワイ「37歳」
店員「いえ割り箸の数のことなんですが」
ワイ「1」
店員「どうぞお手元です。」
ワイ「袋」

238 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/30(土) 18:55:50.58 ID:D4OH1FY00.net
>>237
こわい!

239 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/10/01(日) 05:20:20.83 ID:GECgara20.net
タバコ2箱に割り箸?馬鹿?

240 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/10/01(日) 11:36:24.10 ID:KJLCnjhr0.net
君の想像力の中には
他にも買ってる設定を想像できないのかね?

241 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/10/01(日) 12:31:45.34 ID:jd3B5F8C0.net
割り箸やなくて楊枝が欲しかったと推察。
タバコに刺して吸う。

242 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/10/01(日) 14:53:41.82 ID:J/Hlay/n0.net
山の中のチェーンソーの音はタヌキの仕業だって「山怪」って本に載ってたな

243 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/10/01(日) 19:39:09.76 ID:w5BVWl+t0.net
>>240
500円ぴったりしか払ってないやん

244 :本当にあった怖い名無し:2017/10/07(土) 01:08:24.08 ID:XfuCADeF0.net
小学校の校長先生から聞いたんだけど
幼いころ山に入って遊んでたら
「コーンコーン」って音がして
木こりがいるのかと近づいてたらどんどん山奥に入ってしまって
あわや遭難しかけたらしい
村の爺さん曰くよく狐が人間を騙す方法らしい
子供が力尽きたところで肉を食らうんだろうか?

245 :本当にあった怖い名無し:2017/10/07(土) 02:18:04.86 ID:xSXi4pxK0.net
山の中ってほんとに変な音がするときって有るんだよな。
明らかにナニかが故意に発してるような、山にある物では出ないような音。
かと思えば、一切無音の状態が続いたり。
昼間でも不安になる事有るわ。

246 :本当にあった怖い名無し:2017/10/07(土) 12:15:21.64 ID:My49X5wW0.net
山に入る時は一人で入っちゃならねえとじっちゃが言ってた

247 :本当にあった怖い名無し:2017/10/07(土) 14:28:50.59 ID:MLL6hxlS0.net
山で急に音がなくなることがあって、
その時はああ、何か来てるなと思うようにしている。
室内の無音ではなく、屋外の無音って今はなかなかない気がする。

248 :本当にあった怖い名無し:2017/10/07(土) 17:15:21.89 ID:1xeGYA0C0.net
屋外の無音は凄い好きだな
山とか池とか、明るくて開放的な場所なのに、どんなに耳を澄ましても
音が聞こえない時とか。
昼間なのに真っ暗なときのような、妙な気持ち悪さも感じるけど

249 :本当にあった怖い名無し:2017/10/07(土) 18:49:35.81 ID:n8inarR/0.net
母方の曾祖父は千葉の大多喜に住んでいた
生まれは明治初期
曾祖父の親が大多喜藩士だったため、気位が高く、平民となっても働かない
家計は困窮し、曾祖母は干乾びた飯を油で揚げて揚げ煎餅として売り歩くなど辛酸を嘗めた

そんな曾祖父が若い頃に何度か狐に騙されたそうな
大多喜の猿稲に棲む狐は化かす事で有名で、曳き回しと呼ぶ馬鹿し方をする
幻覚を見せて同じ場所を堂々巡りさせるのだ

曾祖父がある晩、遅くなると畑道を周り込むと何度も同じ場所に来る
先程から遠くに宮本さんの家の窓からのランプの灯りがずぅ〜と見えている
おかしい「これはもしやと」思って座り込むとキセルを取り出しタバコを吸い始めた

暫くして立ち上がるとなんの問題も無く帰れたという

これは化かす狐がすく足元にいたのである
腰を下ろしてタバコをふかされると煙くて堪らない
狐はそこで退散して、それより術が解けたのだろう

250 :本当にあった怖い名無し:2017/10/08(日) 14:35:45.10 ID:LXtT7iN20.net
日本昔話みたいで面白い けど、
きっと、そういうことって本当にあるんだろうな

251 :本当にあった怖い名無し:2017/10/08(日) 14:55:30.44 ID:lN7FIm7B0.net
え?日本昔ばなしってフィクションなのっ!?

252 :本当にあった怖い名無し:2017/10/08(日) 15:57:50.12 ID:Ov4T54Zn0.net
呼ばれて飛び出てジャジャジャジャーン
どうもフィクション大魔王です

253 :本当にあった怖い名無し:2017/10/11(水) 13:31:48.52 ID:URHAf8u30.net
私は小学校の教師です。30歳になる今も独身で恋人もいないせいか、子供に対して寛容になれなくて、私のスカートをめくった男子児童の親を呼び出し、三者面談をしたのです。
放課後の教室にやってきたのは父親でした。彫りの深いイケメンで、私は一目惚れしちゃいました。
「すみませんでした。母親がいないせいか、この子はきれいな女性にちょっかいを出したがるんです」
そう言われると、もう怒ることなどできません。
「あなたは先に帰って」
子供を教室から追い出すと、私は父親に尋ねました。
「再婚されないんですか?」
「無理ですよ。僕は病的な女好きなんです。今も美しい女性と2人っきりでいるだけでアソコが…うっ」
彼は股間を押さえました。勃起しているのだと思うと、口の中に大量に唾液が溢れ出てきて、それを飲み込むとゴクンと大きな喉の音が鳴ってしまったのです。
「先生も興奮してるんですか? いやぁ、放課後の教室ってエロいですものね」
「確かにそうですね」
窓の外は暗くなり始めていて、なんだかすごく淫靡な雰囲気なんです。
「先生は欲求不満じゃないですか? 息子が言ってたんですよ。時々ヒステリーを起こすって。俺ならそのヒステリーを治す手伝いができそうなんですけど」
「治す? どうやって?」
すると彼は私にスッと近付き、キスをしたんです。全身が熱くなりました。
「治りましたか?」
「まだ治ってませんわ」
「じゃあ、もう少し…」
彼は私のスカートの中に手を入れてアソコに触りました。そして、指を小刻みに動かされるとピチャピチャと音が鳴り始めたのです。お返しとばかりに、私も彼の股間を優しく触ってあげました。すると彼は鼻息を荒くして私を机の上に仰向けに押し倒したのです。
下着を剥ぎ取られ、大きく股を開かされました。そこに彼は逞しいモノを挿入し、激しく突き上げます。

ガタガタと机の脚が鳴り、誰かが様子を見に来るのではないかと不安になりながらも、それさえも快感のスパイスで、私は猛烈に興奮し、久しぶりのエクスタシーを味わったのでした。
翌日からの私は、生徒たちが気味悪がるほど優しくなりました。でも徐々にイライラすることが多くなり始めたので、そろそろまた三者面談をしないといけないなあと思っています。

254 :本当にあった怖い名無し:2017/10/11(水) 19:25:27.75 ID:FxxRSHq40.net
おかしい、ホモオチかと思ったらホモオチじゃない。
なんだこれ、オカルトか。

255 :本当にあった怖い名無し:2017/10/11(水) 20:43:11.72 ID:5pwuQkSa0.net
>>253
独創性が無い。0点!
http://wjn.jp/article/detail/5890676/

256 :本当にあった怖い名無し:2017/10/11(水) 21:50:35.41 ID:+PYJP7Gz0.net
>>253
三者いるんだよな?

257 :本当にあった怖い名無し:2017/10/13(金) 10:25:48.38 ID:FS5HM5G/0.net
てす

93 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :

read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★