2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

犬はいつも何か楽しい事はないかなと思っている16

600 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/12/24(水) 15:35:04.68 ID:RET2Ec+f0.net
祖父の家の隣で飼われてた犬が不思議だった。
私が幼い頃、両親が共働きで幼稚園に入るまで、朝から夕方までほぼ毎日祖父の家に預けられてた。
祖父の家は昔ながらの路地の奥にあるため、車が入れる場所から10分ほど歩かなければならなかった。
なので、毎朝祖父が大きな通りまで向かいに来てくれていたんだけど、そこには祖父家隣のワンコが一緒についてきていた。
白い毛並みの柴犬っぽい感じで、サワという名前だった。
首輪はついてるし小屋もあるけど放し飼いで、勝手にどっか行くとかはなかったそうだ。

祖父母や両親が言うには、私が祖父の家に行ったりその町を散歩するときは必ずサワが一緒に来ていたらしい。
祖父が私を迎えにいくときに一声かけると大通りまで一緒に来るし、母が私をだっこして祖父の家の近所を散歩するときは少し距離をおいて後を着いて来てたみたい。
祖父がいたずらでサワに「孫(私)を迎えにいくか?」と何回か嘘ついてみたものの、その時は小屋の中で伏せたままで動こうとしなかったようだ。
逆に黙って迎えに行こうとしたときは必ず着いてきていた。

祖父の隣の家で、しかも顔を会わせるのが送り迎えと散歩の時だけなのに、あまり縁のない私を見守ってるように付いて回ってくれてたのが、すごく不思議だった。
しかも迎えも祖父が家を出るより先に大通りで待ってたりしたときもあって、祖父がその時はさすがに驚いたと言っていた。
私が幼稚園に上がった頃に亡くなったようで、サワの記憶はほんのちょっとしかないけど、白っぽい柴犬とかをみるといつもサワのことを思い出す。

総レス数 992
225 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★