2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

つむりんさんと宗教について語るスレ

1 :゙c@ ◆97NIylRW1k :2017/02/11(土) 16:28:55.28 ID:uwTY8jLv0.net
神の教えに従って―

170 :゙c@ :2017/08/13(日) 14:03:57.50 ID:XQHMqChM0.net
age

171 :゙c@ :2017/08/13(日) 14:06:26.55 ID:XQHMqChM0.net
>>168
もうあれから5年以上たってるから
今は60オーバーだろってことか?

>あの人とメールしたことあるけど変わってたな(^.^;
なんかイテを怖がってたしきょどってたし(^.^;
話しが噛み合わなかった。


何を勘違いしてるんだ?
イテに成りすますならもっと調べてからやれ
当時、イテが戯けた糞掲示板を作ろうとしたときに
それを阻止してくれたのが30さんだろう?

一方の特厨非FANはイテが55歳と知るやいなや手のひら返し
あれにはワロタなw
ひーふぁんが今はいないところを見ると、イテは見捨てられたんだろう

172 :゙c@ :2017/08/14(月) 18:00:11.44 ID:7hTHsMcX0.net
つむりんサーガ 第5章

俺はこの連休の間、仕事で疲れた体を休めるために家でのんびりしていた。
冷房をガンガンに効かせて寝てしまい、体が気だるい
どうやら、風邪をひいたみたいだ。

今日は月曜日ということもあって重い腰をあげて会社へ出社する。
14日はお盆休みの会社も多いが官公庁は普通に『営業中』なのであった。

173 :゙c@ :2017/08/14(月) 18:03:01.96 ID:7hTHsMcX0.net
とはいえ、公務員として人の子である。
14日、15日は有給や夏季休暇を使って休む人がほとんどだった。
実際、この日に決裁が回るなどと一切期待しておらず
今日、出社したのもおもに電話番…いや、電話すらほとんどない
民間企業が休みなのだから電話をかけてくる相手がいないのである。
住民対応もしかり、お盆にわざわざ申請書を提出しにくる奇特のヤツはそういない。

そんなこんなで、今日14日はいつもと違う一日をエンジョイしていた。
社員食堂もガラガラ、いつもなら券売機に長蛇の列ができるところだが
俺は悠々とC定食を購入することができた。





しかし、これが悪かったのかもしれない。

174 :゙c@ :2017/08/14(月) 18:04:31.83 ID:7hTHsMcX0.net
「ぐっ…く…」

午後の就業。どうやらおなかの調子が悪くなってきた。
連日のクーラー三昧もあるが、もしかしたら昼飯のC定食のなにかに
『当たった』のかもしれない

官公庁のトイレは基本汚い。
トイレを改修するにも最終的に議会の承認がいるからである
ふざけんな、庁舎課のヤツ働け

175 :゙c@ :2017/08/14(月) 18:05:51.90 ID:7hTHsMcX0.net
だが、俺は背に腹を変えられずに2回トイレに行く羽目になった。
この田舎庁舎では未だに和式が現役であったが
一部だけ洋式トイレが採用されていたのだ。

何度も言うが背に腹変えられずにトイレに行く羽目になった。

176 :゙c@ :2017/08/14(月) 18:08:17.12 ID:7hTHsMcX0.net
終業時刻―

パソコンがなにやら「バージョン更新中」などとほざいているが
速攻で無視し、帰途につくことにした。

「スマン、腹が痛い。先に帰らせてもらうよ」
「あぁ、つむりんさん。お疲れっす」

俺が課の扉を開こうとしたとき

「あ、そうそう、つむりんさん」
「なんだ?」
「今日は地元の祭りっすよ?」
「で?」

俺がお祭り大好き男だと思っているのだろうか
正解だが

177 :゙c@ :2017/08/14(月) 18:09:34.34 ID:7hTHsMcX0.net
地元の祭り…


地元の…?


「?」
「あぁ、交通規制されてるんで、普通には帰られないってことっす」
「なんてこったい…」

かくして俺の一大アドベンチャーが始まったのだった。

178 :゙c@ :2017/08/14(月) 18:11:25.58 ID:7hTHsMcX0.net
「なんで奈良県なのに月曜日に祭りやってんだ!?おかしいだろ」
「お盆だからっすよ、たぶん…」

くだらない会話を交わして、俺は庁舎を後にした


と、祭りの影響か前に人だかり、というほどでもないが
ゆっくり歩く人の集団に出くわした。

かたや俺は自転車通勤で、当然この日も自転車に乗っていた。

179 :゙c@ :2017/08/14(月) 18:12:26.80 ID:7hTHsMcX0.net
俺は集団を颯爽と追い抜く…などということはせずに
歩行者に道を譲った。

おぉ、なんたる紳士なことか


速度を落として走行するおれ



とその時異変が!

180 :゙c@ :2017/08/14(月) 18:13:54.17 ID:7hTHsMcX0.net
チリンチリン♪


自転車のベルの音だ。
背後から聞こえる。
まさか、俺にならしているのか?


振り向くとガキが3匹、チャリでこっちに接近していた。

目の前には歩行者、しかも道は狭い。

なのにガキは早く行けと言わんばかりにベルを鳴らす。



どうやら悪を滅する時間が来たようだ。

181 :゙c@ :2017/08/14(月) 18:15:10.55 ID:7hTHsMcX0.net
俺は先頭を走るガキのチャリに蹴りを入れた
ガキはよろめいてその場に転倒しかけた。

「なんだ!?このオッサン!」

「ボクたち、なにを勘違いしてるのかな?」

「あぁ!?」

182 :゙c@ :2017/08/14(月) 18:16:41.57 ID:7hTHsMcX0.net
「本当に『鳴らす』ってのはこういうことさ!」


俺の熱い拳を振り下げる
ガキ1の脳天にげんこつがヒットした!

「うぼぉわ」

ガキ1の耳から脳漿が飛び出し、ガキ1は
「h府7他f義rhwぐアvふぉいbjgヴぃら」
と意味不明なことを喚いてその場にうずくまった。

183 :゙c@ :2017/08/14(月) 18:18:04.45 ID:7hTHsMcX0.net
「まずは一匹、っと」

「てめぇ!なにしやがるんだ!」

ガキ2がいきり立っている
ガキ3は心配そうにガキ1に手を貸しているところだった。

俺はクールにこうつぶやいた。

「な〜に、散切り頭を叩いてみれば文明開化の音がするっていうだろ」

「はぁ?」

ガキ2は怪訝そうな顔をした。
むしろ、顔をゆがめたというべきか?

184 :゙c@ :2017/08/14(月) 18:20:50.77 ID:7hTHsMcX0.net
「自転車のベルの代わりに文明開化の音を出してやっただけだよ」

俺はそういうと、ガキ1の介抱をしているガキ3の腕をつかんだ

「な、なにするんですか!」
「自転車の恐怖を教えてやろうとおもってね」

俺はガキ3の手を自転車の車輪にセットした

「なに…を!?」

そのまま手でペダルを思いっきり回してやった。

ブチブチブチ

「ぐぅおおあああああああああああ」

ボト、ボト


ガキ3の指は車輪に巻き込まれ
何本かはちぎれて空に舞った

後の何本かも妙な方向を向いている。

185 :゙c@ :2017/08/14(月) 18:22:41.19 ID:7hTHsMcX0.net
「手がぁあああああ!僕の手がぁああああああ」


「これで、もう自転車に乗ることはないでしょう」

俺はキメポーズをしながらそういった。

さて、残るはガキ2だけであるが
ガキ2は脳漿と鼻血を垂れ流してうわごとを呟いているガキ1と
変な方向に曲がった指を使いながら懸命に吹っ飛んで行った自分の指を
探しているガキ3をみて、足がガクガクと震えていた。

186 :゙c@ :2017/08/14(月) 18:23:54.59 ID:7hTHsMcX0.net
「な、なんだよぉ!なんでこんなことをする!!」

ガキ2は声が裏返りながらそう叫んだ。
俺はクールに

「なーに、自転車の正しい乗り方をレクチャーしようと思ってね」

と述べた。気分はジェームズ・ボンドである。

187 :゙c@ :2017/08/14(月) 18:27:02.60 ID:7hTHsMcX0.net
と、その時騒ぎを聞いて制服警官が駆けつけてきた。
どうやら、祭りの警備にあたっていたようである。
ご苦労なことだ。

「おい!なにごとだ!これは何が起きている!?」
警官がそう尋ねると

「なーに、ちょっと即席の交通教室をね」
「あ、つむりんさんじゃないですか」
「あぁ、お疲れさま」
「お疲れ様です!」

警官は俺に敬礼をした。
ガキ2は口をぽかーんと開けている。

「じつはかくかくしかじかで子どもたちに自転車の乗り方をレクチャーしていたところだ」
「それはお手数をおかけしました。本来なら警察の管轄であるのですが…」
「いいってことよ、お互い、大きい括りじゃ同業者みたいなもんだろ」
「そういってもらえると助かります」

188 :゙c@ :2017/08/14(月) 18:29:00.61 ID:7hTHsMcX0.net
俺と警官が会話している間にもガキ1の体はけいれんし
小便を漏らしていた。
ガキ3は指を集めることをあきらめたのか放心状態になり
あらぬ方向を向いてヘラヘラと笑っている。

ガキ2は警官に詰め寄った!

「おい!ポリ公!
このオッサン、俺の仲間をこんな風にしやがったんだ!
捕まえてくれ!」

警官はガキ2の手を振り払った

「辞めろ。触るな」

189 :゙c@ :2017/08/14(月) 18:30:58.17 ID:7hTHsMcX0.net
俺はため息をつきながら言った。

「意味もなくベルを鳴らすのは道路交通法違反だぞ?」
ガキ2は喚く
「ふざけんな!お前なんか傷害罪だろうが!!」

俺は警官のほうをちらっと見る
警官は首を左右に振った。

「まったく、反省の色が見えないな。
とりあえず、ガキ2君。君は現行犯で逮捕するから
ちょっと留置所の中で頭を冷やしなさい」

「……え?」

190 :゙c@ :2017/08/14(月) 18:32:41.65 ID:7hTHsMcX0.net
ガキ2は現状が呑み込めていないようだった。

「は?え?逮捕。あいつじゃなくて、俺が?」
「いいからさっさと来い」

警官はガキ2の腕をつかむとそのまま交番のほうへと引きずっていった。
おそらくガキ2は前科がつき、ろくな就職ができなくなるだろう。

だが、それは仕方のない結末である。
犯罪を行うというのはそれだけ重大な過ちであるということだ。

191 :゙c@ :2017/08/14(月) 18:33:55.71 ID:7hTHsMcX0.net
俺はニヒルにそうキメると
ピクピク痙攣するガキ1と呆然とへたり込むガキ3を尻目に
祭りの喧騒の中へと消えていくのであった。


            〜終わり〜

192 :つむりん代行 :2017/09/02(土) 20:15:54.26 ID:BLrNbBUV0.net
なんつーか
ひどいことになっとうなあ

193 :つむりん代行 :2017/09/02(土) 20:17:08.41 ID:BLrNbBUV0.net
なんかお金がないって
神様に相談したら
「じゃあ臓器売れば?」って
言われる



夢を見た

194 :つむりん代行 :2017/09/07(木) 12:30:48.74 ID:phdB0SyV0.net
なんか、こんな超次元的悪意に晒されながら
誰も殺してないとか、俺は自分が聖人に思えるわ

195 :つむりん代行 :2017/09/07(木) 12:32:17.53 ID:phdB0SyV0.net
徳を詰みすぎっていうのかな
本来なら世界自体を破壊してしかるべき
事案だった

196 :つむりん代行 :2017/09/07(木) 12:33:16.16 ID:phdB0SyV0.net
逆に考えるとこの世界で
まだ死者が出ていないのは
俺の尽力によるものが大きいと思う

197 :つむりん代行 :2017/09/07(木) 12:34:09.04 ID:phdB0SyV0.net
普通にいけば300人くらいは死んでても
おかしくはないが
俺がそれを未然に防いでるって形だな

198 :つむりん代行 :2017/09/07(木) 12:35:03.91 ID:Vy0omPqZ0.net
超次元的悪意に対して
超次元的善意で対抗してるわけか

なんか、俺すごすぎやろ、これ

199 :つむりん代行 :2017/09/07(木) 12:36:25.51 ID:Vy0omPqZ0.net
この世界では連続殺人犯とか汚職政治家が
優遇されるようにできている

いっそ、俺も悪人なら
そういった「勝ち」を狙うのも
ありだったかもしれん

200 :つむりん代行 :2017/09/07(木) 12:37:50.35 ID:Vy0omPqZ0.net
例えば、現在進行形でパクリ芸人が
オリジナルの原作者を潰そうとしている

神がいたり善意が勝つなら
この手の暴挙は許されないはずだ

201 :つむりん代行 :2017/09/07(木) 12:38:39.98 ID:Vy0omPqZ0.net
だが実際はオリジナル作者が
一方的にひどい目にあっているだけだ

世界の不条理ってやつかな

202 :つむりん代行 :2017/09/07(木) 12:40:25.75 ID:phdB0SyV0.net
今はどうしていいのかわからん

ただ、他の物語はともかく
俺の物語では正義が勝つところを
見せてあげたい

203 :つむりん代行 :2017/09/07(木) 12:41:45.08 ID:phdB0SyV0.net
バッドエンドしかない世の中で
俺が人生をかけてグッドエンドを
証明するしかない

敵は超次元的存在だが…

204 :つむりん :2017/09/09(土) 11:59:34.92 ID:olTZct2z0.net
あげとくか

205 :゙c@ :2017/09/12(火) 13:32:48.29 ID:o0zMe/NM0.net
また嫌なことが起こった
いいことはすべて外れて悪いことばかり起きる

206 :゙c@ :2017/09/12(火) 13:33:03.60 ID:o0zMe/NM0.net
さっきまで寝込んでいたわ…

207 :゙c@ :2017/09/12(火) 13:33:42.60 ID:o0zMe/NM0.net
マジでこの世界に神様なんてものがあるならいい加減にしてほしい
こんな天文学的確率の悪いことばかり俺に降りかかるのは、なんだよこれ?
おい

208 :゙c@ :2017/09/12(火) 13:34:26.03 ID:o0zMe/NM0.net
お前が能無しのゴミクズだったことはわかってるから
せめて人の邪魔をするな。
クソみたいなことばっかしてるんじゃねーぞ。ゴミ

209 :゙c@ :2017/09/12(火) 13:35:21.67 ID:o0zMe/NM0.net
きっと、この世界は強盗や人殺し、詐欺師が幸せに暮らせるように
出来ているのだろう。
俺みたいな根っからの善人には住みにくい世の中だ

何をどう頑張っても報われないどころか
嫌なコトばかりふりかかる

210 :゙c@ :2017/09/12(火) 13:36:30.52 ID:o0zMe/NM0.net
なにもせずに嫌なことが降りかかるならまだしも
人の何十倍も努力して何分の1も幸せが得られないのか?

いい加減にしろ。クソ神
そろそろ地獄へ落ちとけ

人の邪魔をするな。死ね

211 :゙c@ :2017/09/12(火) 16:26:16.82 ID:o0zMe/NM0.net
あー、もう
糞神うっとうしい
死ね

212 :゙c@ :2017/09/12(火) 16:26:51.70 ID:o0zMe/NM0.net
頑張っている人の邪魔をするな
人の努力を足蹴にするな

お前のキモイ面みせんじゃねーよ
クソ野郎。さっさと死ね

213 :゙c@ :2017/09/12(火) 16:27:43.39 ID:o0zMe/NM0.net
俺のカスタムがアウティッドで60万超?

いい加減にしろよ
どこの異世界転生だ?

糞神はウンコにでも転生してろ
死ね

214 :゙c@ :2017/09/12(火) 16:28:28.53 ID:o0zMe/NM0.net
俺がいくら保険をかけ、安全をかけ
そして人生をかけ、死に瀕しながら
いろんなことをやりとげても、カスどものウンコ大作戦で
すべてが一瞬で水の泡となる

215 :゙c@ :2017/09/12(火) 16:29:05.95 ID:o0zMe/NM0.net
俺が3年間かけてこつこつ溜めたお金も
すべて消えてしまったし…クソどものせいでな

いい加減にしてほしいわ…はぁ

216 :゙c@ :2017/09/12(火) 16:29:54.55 ID:o0zMe/NM0.net
生きる。ということに軸を置くなら
俺は立派に生き延びたと思う

ハッキリ言って、クソみたいな自称偉人より
俺のほうはよっぽど偉人であろう

217 :゙c@ :2017/09/12(火) 16:30:48.53 ID:o0zMe/NM0.net
クソ虫は小舟に乗って大海に乗り出して。死ね



俺はしっかりとした船を用意した。
お前とは違う。池沼糞神はそのまま消え失せろ
地獄へ落ちろ。死ね

218 :゙c@ :2017/09/12(火) 16:31:45.02 ID:o0zMe/NM0.net
人の何十倍も頑張って人の何分の1の幸せも手に入らない

 おかしいよなぁ?
これがお前の正義なの?いい加減死んでくれ
役立たずのクソ虫

219 :゙c@ :2017/09/12(火) 16:32:48.63 ID:o0zMe/NM0.net
役に立たないだけじゃなくて妨害してくる糞虫


もし実物が目の前に降りてきたら
顔面に正義のパンチを浴びせて脳みそごと捻りつぶしてやるよ^^


まぁ、お前はいないのが正義なんだろう

46 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :

read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★