2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

DARK SOULS III ダークソウル3 世界観設定議論・考察スレ22

1 :ゲーム好き名無しさん :2018/09/29(土) 15:44:48.32 ID:eG3zi2J60NIKU.net
■公式サイト 
http://www.darksouls.jp/ 

■ダークソウル3 一次情報wiki 
フレーバーテキスト等はこちらを参照してください。加筆修正もお待ちしています。 
http://seesaawiki.jp...mal_info_darksouls3/ 

■DARK SOULS ? 世界観考察wiki 
http://wikiwiki.jp/dark3/ 

※次スレは>>950が宣言してから立ててください 
★次スレ作成時>>1の先頭に 
!extend:checked:vvvvv:1000:512 
と記載してスレを立ててください 

■前スレ 
DARK SOULS III ダークソウル3 世界観設定議論・考察スレ21
 http://itest.5ch.net/test/read.cgi/gsaloon/1503055677/
VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured

2 :ゲーム好き名無しさん :2018/10/05(金) 09:08:38.38 ID:0pyIvY2Ka.net
たておつ
翻訳歌詞の内容が全く異なってるんだが?
ロイドとかダークソウルとかぶっちゃけ聞こえないんだが?

3 :ゲーム好き名無しさん :2018/10/07(日) 02:09:49.21 ID:EzsTwpW40.net
訳する人の考察の傾向が出るのかもしれないね!
(どっちの歌詞にもフロム脳がビクンビクン
ゲール戦の歌詞でふと思ったけど、フィリアノールは王のソウル分けられてたのかね?
都1つ錬成するソウルとかとんでもないような

4 :ゲーム好き名無しさん :2018/10/07(日) 08:59:52.37 ID:NM7+wJjG0.net
分け与えられなくても直接の子孫はある程度王のソウルを受け継いでいるのかもしれんな
人がダークソウルを受け継いでいるのは最初の小人の子孫であるかららしいし
1で分け与えられたことを明言されているのは子孫ではないシースや公王だが
彼らは直接の子孫ではない特例であるからこそ明言されたのかも
幻影の街で住人すらも、というのはドリンがアノロンでやったのと同じだよね

話は変わるが前スレ終盤の、古龍の不死性は差異が無いこととは違うという話
差異が無いというのは認識の話だというのは俺も同意するけれど
俺は神話的世界だからこそ、その認識の問題が物理的なそれと同じだと考えてる
そして古龍の不死性の源たる岩の鱗や、シースの原始結晶的なものも
我々の知る炎のような揺らめくソウル=認識力が結晶化していることが不死性につながり
それは差異の無い世界で存在していたことと無関係ではないと思う

5 :ゲーム好き名無しさん :2018/10/07(日) 11:05:41.47 ID:qQMiWP5x0.net
歌詞の翻訳動画は、ちゃんとキャプション読めばそれぞれ翻訳のスタンスが違うことは判ると思う。
ロイドの名前が出てる方はラテン語と他の言語が混ざってる歌詞だし、フリーデの翻訳してる海外の人ともう一人の方はラテン語のみの歌詞だ。
公式から明言されてない以上どちらが正しいとか言い切れないと思うし、そもそもコーラスがかなり不明瞭だから公式の歌詞と全く同じ内容を聞き取るのは厳しいだろうし、翻訳のニュアンスも違ってくるはず。

6 :ゲーム好き名無しさん :2018/10/07(日) 13:18:03.40 ID:siP/CvMha.net
ロイドやオープニングでフィリアノールとか出てくる翻訳の方はちょっと怪しく思い始めた
流石に固有名詞すら聞き取れないし

7 :ゲーム好き名無しさん :2018/10/07(日) 13:55:44.77 ID:vHSj0C6M0.net
俺らがラテン語を理解できてない以上真偽判定なんて無意味だぞ

8 :ゲーム好き名無しさん :2018/10/07(日) 14:00:13.81 ID:EP+EdLmnM.net
差異というかOPの最初の部分に関しては

・デモンズに続くシリーズ2作目である

という側面と

・ダークソウルという新作である

という側面の両方を上手く表現したものに見えるんだよね
デモンズプレイヤーもダクソ新規も自然に入ってこれるけど、
両者の解釈は微妙に違ってくる絶妙なぼかし具合だと思う

9 :ゲーム好き名無しさん :2018/10/07(日) 15:01:15.60 ID:qQMiWP5x0.net
……すまん、本人やで(
実際そう聞こえるからそう訳したとしか言えないのが現状だし、公式でもない限り>>7の言うとおり真偽判定なんて無意味だと思うよ
聞こえた単語でラテン語の文法に正確な文章にしたというのが現状なんだわ
だから一ファンの考察の一環程度に捉えて欲しい

10 :ゲーム好き名無しさん :2018/10/07(日) 15:16:22.13 ID:EzsTwpW40.net
>>9
感謝とリスペクトを惜しみませんぜ
ソウル=意志=心のゲームだからキャラクターの心理状態や心情に踏み込んだ考察は大いに意味があると思うんだよね。
次も楽しみにしてます!

11 :ゲーム好き名無しさん :2018/10/07(日) 15:20:09.52 ID:u6dKAr+q0.net
公式が歌詞カード出してくれれば済む話なのになあ
コーラスの人に歌わせてるんだから歌詞が存在しないってことないだろうし

12 :ゲーム好き名無しさん :2018/10/07(日) 15:39:22.00 ID:qQMiWP5x0.net
ありがとね
どの翻訳者もみんな自分にできる範囲で全力でやってるから、真偽判定だとかどれかを貶す様なことはせず、考察の一環として楽しもうぜ
ロイドの方の解釈、個人的にめっちゃ好きだしこういう視点ってすごくいいなと思う
心理的な考察はアンリしかやってなかったけど、翻訳に手を出してあくまで自分が聞いたものの中でだけどボスの心情に触れることができたのは個人的に嬉しかったよ
ラテン語の単語と文法のニュアンス的に、とりわけ監視者のは後半のamabamのニュアンスがいかにもって感じだった
これamo(愛する、恋焦がれる、恩義を感じる、好きで〜する)って動詞の過去未完了っていう活用なんだけど、(その時はまだ)愛していた(けれど今では)…ってニュアンスなんだ
いつの時点までは愛していて、どのタイミングでそうじゃなくなって、今となってはもう愛せないのか、ってことを意識させてるんだなあって。

13 :ゲーム好き名無しさん :2018/10/07(日) 18:43:51.06 ID:53JewlSa0.net
1のリマスター買うべきか

14 :ゲーム好き名無しさん :2018/10/07(日) 19:24:46.22 ID:EzsTwpW40.net
火を継いで王達の記憶に触れたであろう不死隊たちの心情は複雑だったろうなぁ
でも深淵狩りの英雄が自分達と同じ不死人だったというのはポジティブな捉え方もできるよね。
灰の人を迎える時の儀礼も誇りを感じさせるものだった。

15 :ゲーム好き名無しさん :2018/10/07(日) 20:30:04.18 ID:NM7+wJjG0.net
>13
旧版やったことないなら、このスレにいるような人間なら買って損はないと思うよ
3の時代から見たらまさに神話伝説の世界に入り込むことになる

16 :ゲーム好き名無しさん :2018/10/08(月) 02:56:02.04 ID:6IIIDxzc0.net
他にも私が聞き取った中で考察すると面白そうな単語置いておくね
ゲールとOPのnex(死、暴力、殺人)=人の手による死、moriと微妙に違う
ゲールの言う血=cruor(殺人、殺戮、血)傷口から流れる血の事
不死隊やOPに出てくるfax=火(灯、松明、首謀者、光)人工的な火のニュアンス
nox=闇(夜、眠り、死、盲目、無知)時間や認識の不明瞭さのニュアンス
他の闇を表す単語もそれぞれニュアンスが違うが今の所歌詞では聞き取れてない
favilla=灰 まだ熱い状態の灰、燃えさしや火花という意味も

不死隊は火の嘘か首謀者の嘘か訳し方迷ったのは秘密(

17 :ゲーム好き名無しさん :2018/10/08(月) 18:42:26.63 ID:L+VV50r80.net
炎の魔術って炎司祭以外に使ってるキャラが不明だし謎が多いよね。
多分クラーナ、グラナは使えるんだろうけど。

浮遊結晶塊のテキスト見てたら、「ソウルと魔術は密接な関係がある」
って書いてあって思いついたんだが、イザリス民は特別なソウルを持っていて、
それが無いと炎の魔術は使えなんじゃなかろうか。
それと逆に、呪術の火を使えば誰でも同じように火を使えるのが呪術なのかと思いついた。

18 :ゲーム好き名無しさん :2018/10/08(月) 19:29:39.27 ID:6IIIDxzc0.net
>>17
呪術は炎の魔術からクラーナが作ったものらしい
呪術の火は呪術師の体内に宿ってるらしいし、人間性と同じく魔女のソウルの破片なのかもね
多分魔女のソウルは火の中の熱の要素かなあ…
呪術の毒は熱がじわじわ蝕んでいくって要素を取り出したのかも

19 :ゲーム好き名無しさん :2018/10/08(月) 20:43:42.76 ID:NnQGxIvV0.net
炎の魔術って魔術ダメージなんだろ?
火ダメージの、つまり火を再現する呪術を見出すまでの過程のひとつであって
他に使う奴がいないのはその過渡期の術を学んでいないのと同時に
わざわざそれを学んで使う意味が無いからじゃね

似たようなのではセンの古城の蛇魔術師が使う雷も魔術属性だったな
見た目だけ雷ぽいけど本質的にはソウルの矢とかと変わらない

20 :ゲーム好き名無しさん :2018/10/10(水) 23:22:49.44 ID:fi+XoeZV0.net
>>18
炎の魔術に最初の火の熱の要素が必要っていうのはありそうだよね。
呪術の火は魔女のソウルの破片か、なるほど。
もしそうなら、呪術の火が成長するっていうのも意味深。
ソウルを与えることで王のソウルも成長していくのかな。

>>19
よく知らないんだけど、炎の魔術が魔術ダメージってどこで分かるかな?
その通りなら、炎の魔術は使われないわな。
火が欲しいなら呪術でいいし、魔術ならソウルの矢撃った方が速い・強いだろうし。

21 :ゲーム好き名無しさん :2018/10/11(木) 02:17:44.03 ID:qOdV6ADka.net
>>20
一応紋章の盾とか発汗とかでダメージ減るかどうか試せば分かるんだよね
確かはぐれデーモンと炎司祭は紋章の盾が有効なんだっけか?

22 :ゲーム好き名無しさん :2018/10/11(木) 02:22:18.72 ID:0ZTSGv2X0.net
攻略サイトなどを見るにデーモンの炎司祭の衝撃波は魔術属性…ってあれは炎の見た目すらしてないか
炎司祭自身の見た目が炎だが呪術による火攻撃はよく通る、これを「魔術の炎の使い手だからか?」と考察しているサイトもある
デーモンの炎司祭が炎の見た目の魔術攻撃をしてくるというのは↑2つをごっちゃにした私の勘違いでしたすいません

23 :ゲーム好き名無しさん :2018/10/11(木) 10:25:26.65 ID:2xim0ZdO0.net
炎の魔術の使い手だったとはいうものの、混沌の炎を宿しデーモン化しちゃってるしね

24 :ゲーム好き名無しさん :2018/10/12(金) 01:43:22.35 ID:r89XeluG0.net
>>21
なるほど紋章の盾ね。
よく調べてるなぁ。

25 :ゲーム好き名無しさん :2018/10/12(金) 01:50:05.69 ID:1jmbxOZV0.net
ペンダントの話を蒸し返すんだけど、何の気なしにログ漁ってたら前スレの>>280にペンダントは魔鏡が元ネタってのがあった
もしそうなら江戸時代の隠れキリシタンみたいに不死人がコソコソ禁教を信仰するのに使ってたとかかな

26 :ゲーム好き名無しさん :2018/10/13(土) 03:34:38.38 ID:n8PRXzS30.net
>>25だけどもうちょい考えてみた。
ペンダント=魔鏡という前提だけど、
魔鏡から信仰がらみで真っ先に思い付くのは隠れキリシタンのイエス、マリア信仰
ゲーム内でしつこいくらいマリアのイメージを与えられてるのはベルカなので不死人が白教やらロイド騎士に隠れてベルカの像を映して祈る為の品と推測。
外観が太陽シンボルぽいのは、隠れキリシタンが表向きは仏具や菩薩信仰に見せ掛けた様に迫害や弾圧の目を欺く為、メジャーな信仰のシンボルを隠れ蓑に使ったんじゃないかと
表面が削られてるのは不死院送りにされた時にマリア像を映せない様にする為。
奪われたり壊されたりしていないのは隠れ蓑とはいえメジャーな信仰のシンボルを冒涜できなかった&改宗の意味もあったんじゃないだろうか

宮崎が口をつぐんだのは、本来無個性であるプレイヤーの分身であるPCがベルカを信仰していると人格や指針を与えてしまう恐れがあったからで、プレイヤーのロールプレイを尊重する為の配慮だったんじゃないかな

ペンダントに関しては個人的にはこれで納得できた。

27 :ゲーム好き名無しさん :2018/10/13(土) 18:18:39.03 ID:FL9oMxIZa.net
>>26
だとすると、ペトルスが執拗にレアを亡き者にしようとするのは……
ペンダントは復讐の証に換えてもらえるんだよね

28 :ゲーム好き名無しさん :2018/10/13(土) 18:59:34.73 ID:j4p92szOa.net
>>20
というか炎の魔術そのものがイザリスの失われた御業だから最早伝承してるものがいないのかもしれない 伝承者の炎司祭はあの有様だし

29 :ゲーム好き名無しさん :2018/10/14(日) 05:51:00.61 ID:vsIYr/Is0.net
ロイド=ハベル説が少し煮詰まったので
最初に疑問に思ったのは3の不死狩りの護符のデザインじっくり見てた事で
https://imgur.com/a/uOxFEF9
https://imgur.com/a/XHtzZet
不死狩りの護符って何を使ったアクセサリーなんだろうと思って見てたらハベルの指輪の中央と似ているなと
2まではロイドの護符という名前で物がよく分からなかったが、3で周囲の装飾が朽ちて分かるようになったのよね
劣化してない所を見るとどうやら鉱物らしいけどハベルの指輪と似てるだけでは強引だな…と思い出したのが
https://imgur.com/a/WZtLN1u
ハベル装備は鎖が特徴的なデザインという部分が護符と一致して石まで似ているからこれは?と
ただ、他に鎖が特徴的なキャラがいたら見逃しているかもしれないので、もし居たら教えて欲しい

このヒントを元にハベル=ロイド(白教)のヒントになりそうな関連の諸々を見直した
参考資料は1〜3のハベル装備・大盾・大竜牙・魔法防護系・護符系・聖職の戦士系・白教タリスマン系
ざっくりフレーバー等からまとめるとハベル関係は
・ハベルは「岩のような」古竜と関連を匂わせる神。グウィンの古い戦友。シースと敵対。ミラに渡った?他詳細不明。
・ハベルの司祭は戦士。鎧は神ハベルの遺物では無く、ハベルの戦士は大竜牙・大盾で決して引かずどちからが死ぬ戦いを強いられる。
・大竜牙の戦技は「我慢」。強靭上昇。
ロイドと白教関係は
・ロイドはグウィンの叔父。白教の主神。英雄扱いの不死狩りの騎士を従える。騎士達は正々堂々、質実を信条とする戦士。
・聖職の戦士はしぶとさで有名であり、体を大きくみせるような鎧を着ている。
https://imgur.com/a/7qKXfUc
・聖職者のメイス・モーニングスター・グレートメイスの戦技が「我慢」※ただし我慢は他多くの装備にもある
・白教系タリスマンの戦技「断固たる祈り」

白教系はしぶとい・強靭・不死狩りの堂々たる戦士とタフさを強調されてるのよね
ハベルの戦士は司祭でもあり不退の戦士でエストも使わない、とロイド騎士のような要素もある
不退でエストを使わないのがハベルの戦士もまた正々堂々たる戦士、とも見えるかなと
後は聖職の戦士シリーズとハベルの鎧の意匠がかなり似ているのもヒントにも見える
ロイド・ハベル共にゲーム中での解説は意図的にぼかしたような表現されているから言い切れないけどね

ロイドは白教を使い英雄不死狩り騎士による不死院送りで火継ぎの実現のための協力をしていたのだろう
だからグウィンの上に主神なんてものを置いても協力者の相応の神でもあり神々の怒りに触れていなかったのかと

ただ、仮にロイド=ハベルだとしても正体、軌跡、生没がほとんど分からないままなんだよね
ミラ→薄暮れ、白教、カリムと足跡のようなものはあるけれど全てで何していたのか全く不明なのが…
岩を纏える古竜そのものだったのか?とかその古竜の力を持った神だったのか?と想像は出来るけれど
火防女を篝火の守り手と意図した上で排出してるのが白教だから篝火やエスト瓶にまで関わってる可能性あるし
ロイド・ハベル共に相当の大物として扱われてるのに情報が断片的すぎて中身は掘り下げられなかった

30 :ゲーム好き名無しさん :2018/10/14(日) 06:24:37.57 ID:vsIYr/Is0.net
後は単純にロイド=灰=ハベルで、ハベルの色が岩であり灰色そのものだからってのもあるね
3でロイド信仰が廃れて護符が朽ちたのを見ると2→3の間に没した?とも考えらるけれど
3で初めて登場した火の無き灰と、没した?ハベルがタイミング的に直接関わってる可能性もあるなと

31 :ゲーム好き名無しさん :2018/10/14(日) 10:30:30.96 ID:7XHtBRoV0.net
ロイドがハベルである必要性が1ミリもないから違うと思う
それがアリならそっくりの冠を被り太陽の光の力を使うからグウィンと太陽の長子は実は親子ではなく同一人物だったんだとか言えちゃうレベル

32 :ゲーム好き名無しさん :2018/10/14(日) 11:13:03.35 ID:PguThGZ7M.net
デザイナーが作ってきたデザインアートに宮崎が設定を割り振ってるだけだろうからデザインの類似性を設定の関連性に結びつける考察は欠片も参考にしてない

33 :ゲーム好き名無しさん :2018/10/14(日) 11:46:26.14 ID:SfKPbOMqa.net
>>29
鎖で思い浮かぶのは巨人かな?
ゴーの兜もどことなくハベルの兜と同系のデザインな様な
ゴーの木彫りのテキストの、「感情を少しずつ移し、悟りに近付いていく」って文章から古竜への道→竜との関連性も窺えるから巨人、竜を詰めたら何か繋がりそうな予感が

34 :ゲーム好き名無しさん :2018/10/14(日) 12:50:19.71 ID:vsIYr/Is0.net
>>32
自分はデザインの類似性は割と重要だと思うんだけどねー
例えばプリシラのカラスの鎌を作中の他のカラスの要素と完全に切り離して考えるのは少し乱暴だと思うし
鎌に関してはデザイン以外にほぼ何も関連付けられて語られてない部分だしね

35 :ゲーム好き名無しさん :2018/10/14(日) 13:06:51.73 ID:Rah5Ot8T0.net
そもそもペンダントとか前スレに元々太陽誓約関連のボツアイテムだったって情報出てんのに延々的外れなこと書いてんだもん
本当こいつ自分の妄想という名の考察否定されたらブチギレるくせに
自分の妄想に都合の悪いレス情報レスや考察レス丸っきり無視して全否定して自分の妄想がさも公式設定みたいに話進めるからたち悪いわ

36 :ゲーム好き名無しさん :2018/10/14(日) 13:13:56.00 ID:vsIYr/Is0.net
>>31
デザインの類似は正にその通りでどうにでもこじつけられる
だけど例えばその話ならグウィンは1のENDや無名の王装備のフレーバー(古竜の同盟者等)
で、グウィンと長子は親子なので装備品の類似も雷もそれ由来って別要素でほぼ固められるよね

デザインで考える場合は気付く限り作中の要素でハッキリ否定出来てしまう要素は削って
逆方向から類似の理由を補間出来る可能性探してそこから関連性を探ってるよ
ただフレーバーと違って確定事項として語れないのだけは許して欲しい
一応他の要素の類似性と合わせて考えてるけど、逆に否定する要素あるからまず有り得ないとか
それはそれで「有り得ない可能性」として切り捨てる参考になるからありがたいけどね

37 :ゲーム好き名無しさん :2018/10/14(日) 14:05:37.97 ID:WEvBUZCgM.net
グウィンと無名の王のデザインの類似性は、
名言を避けつつも初見で長子であることをプレイヤーに理解してもらうために「あえて似せた」という「意図」が分かるからいい

類似性に意味を持たせる(=演出)なら分かりやすくなきゃ意味がない
逆に言うと分かりづらいもの、意図が見えないものはアーティストの手癖だと考えられる

38 :ゲーム好き名無しさん :2018/10/14(日) 14:33:19.01 ID:vsIYr/Is0.net
作り手の意図はなるべく考察に含めたく無いってスタンスだけれど
神々やロスリック関連始めとして、わざと分かりにくく表現してる部分って多い気がするよ
テキスト以外にも特徴的なデザインの物があるのにその点を一切語られて無い物が多いしね

39 :ゲーム好き名無しさん :2018/10/14(日) 16:02:34.23 ID:hv2cmdM80.net
ロイド=ハベルは一先ず置いといて、
もしハベルの岩の力が古竜関係だと神々的にもヤバそうだからロイドの力を使ってリミッターを掛けたとかじゃないかい?
ロイドの力ってエストを封じたり貪欲者を眠らせたり何かと力を抑制する物っぽいし

40 :ゲーム好き名無しさん :2018/10/14(日) 16:07:00.22 ID:+kJk5oXC0.net
ロスリック関連について言えば、近親婚を明言してしまうとCERO:Dでも許されない可能性があるとかで避けたのかも
勿論近親婚というのも確定とは言えないが
基本的にストーリーの骨子はゲームやってれば解るようにはなっているし
とにかく謎めかせて煙に巻いておこう、というスタンスじゃないと思うんだよね

41 :ゲーム好き名無しさん :2018/10/14(日) 16:41:34.11 ID:QQDAyjL8M.net
前提として素材(デザインや歌、BGM)を作る人とそれを配置(テキスト、台詞)する人は別なんだよ
素材を作る人は北欧神話感とか中世キリスト教感とかヴィクトリア朝感とかで振られるからデザインモチーフが被る
ただデザインモチーフが被っているからと言って配置する人(ディレクター)が関連ある配置をしたかどうかは分からない

デザイナーの意図を読むという点では正しいけど、
ディレクターの意図を読むという点では「使える場合もある」が限度
テキストか台詞と関わらない限りは「分かる」までは中々持っていけない

42 :ゲーム好き名無しさん :2018/10/14(日) 18:54:13.16 ID:dpVuQ2dz0.net
そもそも敵や武器や鎧のデザインって外注でPassion Republicってとこが作ってたはず
公式サイト行くとボツデザインも公開されてるから見てて面白い

43 :ゲーム好き名無しさん :2018/10/14(日) 21:20:15.27 ID:7lKIFR2y0.net
>>42
外注だったんだ…
開発しながらデザイン考えるのスゲーとか思ってて恥ずかしい!

ロスリックにサリヴァーンぽい像があるのも、考察してもあんまり意味が無いんかね
考察は楽しいけど、そういうのがあるなら怖いわ

44 :ゲーム好き名無しさん :2018/10/14(日) 23:24:55.13 ID:QpMB+UjBa.net
無印のプロデューサーのインタビューで宮崎はかなりこだわりが強いって言ってたし、デザイナーとも密にやり取りしてるでしょ

45 :ゲーム好き名無しさん :2018/10/16(火) 06:47:32.18 ID:ln/U9qE10.net
こだわり強い一方で、部下が独自にやりたいことあるならなるべく口を出さずやらせたいタイプかなとも思う
2については仮に「宮崎さんこれはこういう解釈で進めていいですか?」とか訊いても
「お前がゲームやってそう解釈したならそれが正解だ。お前の2を作ってくれ」て態度だったんじゃないかと
3についても宮崎がこだわった部分と谷村あたりに任せた部分が混在してるように思える

46 :ゲーム好き名無しさん :2018/10/17(水) 01:23:08.15 ID:gzcUZ2xk0.net
お前らのカスみたいな人間分析が何になるんだ?

47 :ゲーム好き名無しさん :2018/10/17(水) 02:37:33.04 ID:D2FUXkhd0.net
別に何も

48 :ゲーム好き名無しさん :2018/10/21(日) 22:02:24.77 ID:mPfEYsjga.net
書いてもこのスレじゃ叩かれそうだが、答えが分かったので書いておく
マヌスが求めていた割れたペンダントの持ち主はベルカ
妄想と断ずるなり、個々で裏を取るなりお好きに

49 :ゲーム好き名無しさん :2018/10/21(日) 22:39:03.18 ID:1YUBTs+v0.net
理由は何かあるの?

50 :ゲーム好き名無しさん :2018/10/21(日) 23:31:55.69 ID:XA681D270.net
優しいなw

51 :ゲーム好き名無しさん :2018/10/22(月) 02:28:56.60 ID:GKLcLVxD0.net
あれ宵闇があげたものってどこかで見た記憶あるけどググってもそれらしい情報出てこないな
当時の考察スレあたりで見たレスを公式設定だと勘違いしてたパターンか

52 :名無しさん@そうだ選挙に行こう! Go to vote! :2018/10/22(月) 08:44:19.54 ID:sLjggpOqa.net
あらゆる秘儀に通じてるというだけであいつなら出来るはずだと全てに関わるスーパーキャラに仕立て上げられ崇め奉られる黒髪魔女

53 :ゲーム好き名無しさん :2018/10/22(月) 22:16:41.48 ID:2XGqA1LO0.net
なんか経典だろうが呪術書だろうが闇関係ということで読まされるカルラさん思い出したよ

54 :ゲーム好き名無しさん :2018/10/23(火) 16:18:16.93 ID:Q45KYwUD0.net
割れたペンダントの件はマヌスから生まれた闇の落とし子達の特徴やテキストを組み合わせればしっくりくると思うよ。
あいつらはペンダントの持ち主へのマヌスの強い思いから生まれた存在だろうから

55 :ゲーム好き名無しさん :2018/10/24(水) 23:58:40.06 ID:AyVpZNnga.net
追記
銀のペンダントは追うものたち(愛)を跳ね返す(-拒絶する)という効果→ベルカからマヌスへの三行半かも
その頃にはグウィンだかと出来てたか、子供でも身籠っていてマヌスの元には戻れなかったのかもね
てかアルトリはマヌス戦に銀のペンダントは持っていったんだろうか?
アルトリなりに察して流石に気が引けて置いていったのか、いいとこまでマヌスを追い詰めて銀のペンダントを使ったら激おこされてボコられたのか

56 :ゲーム好き名無しさん :2018/10/25(木) 01:50:47.66 ID:T82xok5P0.net
アノール・ロンドの宝具である銀のペンダントの魔法にベルカが噛んでる可能性はあるかもな
でも割れたペンダントとは関係ないだろ
何だよ銀ペンのせいで激おこでアルトリボコられたってじゃあ何で俺が使っても反応しないの

マヌスには、愛する人がいた
それだけの話なんだと思う
宵闇はマヌスに攫われて受け取った感情を「戻らない幸福と、思い出の品…それを求める思い」といい
マヌスのソウルは「人間性を暴走させ、深淵の主となった後も、ずっと寄る辺、あの割れたペンダントを求めていた」といい
追う者たちやら何やらのテキストは愛と郷愁を強調している
神でもなんでもない、矮小な人間に起こった小さな悲劇
でも当人にとっては世界の終わりのような気分だったんだろうなと思う

ウーラシールは輪の都に使節団を送っていたけど、それこそがまさに魔術師マヌスの生きた時代だったのかな
宵闇の時代には既に亡国なんだよねウーラシール
輪の都の魔法に失った恋人を取り戻す希望を見て、カアスに唆された結果人間性を扱い損ねた、って感じなんだろうか

57 :ゲーム好き名無しさん :2018/10/25(木) 10:36:47.22 ID:Xa5sUdy0a.net
ウーラシールの光の魔術が闇術=闇が光を喰うの応用なのかもね
ロンドールの偽りの指輪と巡礼者が擬態を落とすことも闇に光を喰わせて見た目を誤魔化してるのかも
もしかしたら化性の指輪と幻肢の指輪も

58 :ゲーム好き名無しさん :2018/10/30(火) 21:08:11.99 ID:/0ckniGDa.net
また前スレの話題を蒸し返すけど植物が呪いや毒等の穢れを浄化するって件、分かりやすい例として苔玉があった。
苔も汚れた水を好んで生える植物で、尚且つ苔玉の実は呪いや毒、出血や凍傷の耐性を高めてくれる。
不死街の木や亡者の穴蔵も木の根元に墓石がやたら配置されてるので樹木に不死の呪いを引き受けさせてるぽい(養分?)
呪いの克服をテーマにしてたラップ(パッチ)の得物が半葉の大刀という植物モチーフの武器なのもお守りみたいな意味合いだったのかもね
で、植物の浄化作用って光合成(日光)が不可欠だからこの植物が呪いを引き受けるのってグウィンの太陽の力によるものなのではと思った。
輪の都でグウィンが小人に緑化の指輪を渡してる像があるのもそういう事かなと
太陽信仰と樹木崇拝が繋がって不死の呪いに対して癒しになるなら同じ力を受け継いでるっぽいグウィネヴィアが公爵の書庫のスキュラ姉妹の心の支えになってたり、ロスリックで根強く信仰されてるのも納得

59 :ゲーム好き名無しさん :2018/11/08(木) 10:13:42.46 ID:ic72855ka.net
ロザリアの口が動いてるのを見て思ったけど、舌が無い口で子守唄を歌ってるのかなあれ?

60 :ゲーム好き名無しさん :2018/11/10(土) 23:25:08.82 ID:XF/Vjp8ra.net
ベルカの呪い関連やら秘儀はニトがルーツか
ニト→ベルカ→ロンドールの順に色々伝わってんだろな
混沌を生み出す上で人間性を扱ったであろうイザリスもニトから何かしらパクってるかも

61 :ゲーム好き名無しさん :2018/11/12(月) 15:42:33.74 ID:Wny6Pd3i0.net
雷の杭は竜狩りの剣士の奇跡?
カーサスの砂ワームが竜狩りの剣士の成れの果てかもしれない
あの姿は竜のなりかけか、なりそこないか

62 :ゲーム好き名無しさん :2018/11/13(火) 00:39:04.59 ID:bvkzyExd0.net
デーモン遺跡だし楔のデーモンが元って意見も見たけど
不死の遺骨も持ってるしイザリスにいた虫が色んなもん食ってでかくなったのかね

63 :ゲーム好き名無しさん :2018/11/13(火) 01:57:09.74 ID:I0DtNHFl0.net
砂ワームは元はカーサスを襲った化け物であってイザリスとの繋がりはロスリックに流れ着いたあとだろう
雷の杭はグウィンモード化身や長子なんかも普通に使ってくるし本当にただただ忘れられてた雷の槍の姿だろうからあれを根拠に竜狩りの剣士とはいえないと思う

64 :ゲーム好き名無しさん :2018/11/13(火) 13:37:44.28 ID:SXJvG5A90.net
あのワーム雷の杭のせいでソラールの成れの果て説とかもあったよね
自分は普通に雷の杭使える奴があのワームに食われたのかなと思ってた

65 :ゲーム好き名無しさん :2018/11/13(火) 15:57:18.72 ID:fg+pIoP40.net
>>63
竜狩りの剣士というくらいだから得物は剣で、古竜と対峙する際に槍を使うオンスタや長子よりも近い間合いで戦う命知らずな奴だったと考えるとゼロ距離で使うあの奇跡はうってつけだなと思ったんだよね
技としては他の竜狩りも習得しているけど最も得意としていたのが剣士で、それが最も勇壮な竜狩り譚として知られたとか?
でもまあワームの外見とイメージがかけ離れすぎてるからちと苦しいか
>>64
正直その解釈が一番無難だとは思う。
でも雷の力まで身に付けてるんだよねあのワーム

66 :ゲーム好き名無しさん :2018/11/13(火) 20:53:31.95 ID:xT5594jCM.net
カーサスはなんか2っぽくないか?

67 :ゲーム好き名無しさん :2018/11/13(火) 21:03:22.87 ID:ObzDb7nw0.net
>>65
竜狩りの剣士は英語だとwarriorになってるらしいので剣を使うという訳でもなかったのでは?

68 :ゲーム好き名無しさん :2018/11/13(火) 22:02:40.62 ID:I0DtNHFl0.net
竜狩りの剣士は雷の剣と固い誓いの二つのテキストに出てくるけど

>神の時代、竜狩りの剣士が振るったという奇跡
>竜狩りの剣士の物語は、いまや殆ど知られておらず、僅かに辺境に、切れ切れに伝わるのみであるという
>Miracle allegedly wielded by a certain dragonslayer knight in the Age of Gods.
>Tales of dragonslayers are now a rare thing, told only in fragments and whispers in remote regions.

> 太陽の長子と、その筆頭騎士、そして竜狩りの剣士の物語は、最も勇壮な竜狩り譚であるという
>This is the tale of the Sun's firstborn, his faithful first knight, and the brave dragonslayer who served them both.

英語版のテキストがなんかよくわからん事になってて考察の参考にしていいか迷うレベルなんだよね
雷の剣は1段落目は「ある竜狩りの騎士の」と言ってるのに2段落目は竜狩り全般の話に変わってて、
一方で日本語版はどちらも「竜狩りの剣士」で表記は統一
固い誓いは日本語版は「長子とオンスタと竜狩りの剣士」の物語が最も勇壮な話だったと言ってるのに、
英語版はbraveの位置的にこれは「長子とオンスタと、二人に仕えた勇壮な竜狩り」の話であるってなんかもうニュアンスが全然違う、せめて単数か複数か分かれば良かったんだけど文的にそれも不明で

個人的には今まで竜狩りだの騎士だの言ってきた中で急に「竜狩りの剣士」って統一された表記を出してきてるのに意味があるように思えるけど
でも英語のテキストを監修してないとも考えづらいし…

やっぱ未登場の傑物な剣士なのかなと思ってる

69 :ゲーム好き名無しさん :2018/11/13(火) 23:15:23.62 ID:JA9mm8yFa.net
>>68
多分その他竜狩りの騎士の事を伝説上の者への尊称の意味で剣士って呼んでるのかもしれない 昔は当たり前の様だった竜狩りすら伝説伝承の中に記される存在になっているということなんだろう

70 :ゲーム好き名無しさん :2018/11/13(火) 23:37:23.02 ID:I0DtNHFl0.net
>>69
竜狩り自体がーってのは俺も思ったんだけどその色を濃く残してるロスリックの影響があれだけ出てる地で言われてもなあって
特に雷の剣があったイルシールってそれこそ神の国そのものまさに伝説の竜狩りの騎士たちが未だにいて剣に雷帯びさせてるわけで
何だかなぁって

71 :ゲーム好き名無しさん :2018/11/14(水) 00:09:21.20 ID:CKo9Mk8p0.net
その英語版の訳があるから竜狩りの剣士って個人のことじゃなくて
長子やオンスタの部下の銀騎士達のことじゃないかみたいな解釈もあったよね
個人的には竜狩りの鎧の持ち主がその剣士だったらいいなあ思ってるけど斧使いのことは流石に剣士とは呼ばないよね…

72 :ゲーム好き名無しさん :2018/11/14(水) 00:30:53.46 ID:TLyA6nCj0.net
結局最後までダークソウルだけは始まりの火に返せずに終わったな。それとも人間に内包されてて返したことになってるのかね。

73 :ゲーム好き名無しさん :2018/11/14(水) 12:52:27.90 ID:rCH9gG8XM.net
竜狩りの剣士は1OPのアイツやろアイツ

74 :ゲーム好き名無しさん :2018/11/14(水) 13:55:31.39 ID:c4Tos1Sba.net
>>73
左手に剣持ってる銀騎士?(の背中
やっぱアイツかなあ
次のシーンでみんな槍投げの態勢にはいってるのにアイツだけ接近戦で殺る気満々ぽいよね

75 :ゲーム好き名無しさん :2018/11/14(水) 14:36:26.80 ID:rCH9gG8XM.net
>>74
それそれ

76 :ゲーム好き名無しさん :2018/11/14(水) 23:34:50.85 ID:UejwMszAa.net
OPの描写からして銀騎士の竜狩りは雷投げメインぽいし、竜狩りの鎧もガチガチの重装だしでやっぱ古竜との近接戦やるやつは少数のヤバイ奴だったんじゃないかな
そういや輪の騎士達が竜狩りの剣士って説もあったよね。不死なら前線で捨て石にするのは神側からして丁度よさそうだけど

77 :ゲーム好き名無しさん :2018/11/15(木) 00:23:14.75 ID:AgNCvC5q0.net
銀騎士レドとか1OPのあいつとか銀騎士の中にも個性ある奴いたんだなって思うとロマンがあるよね
その辺もっと掘り下げてほしかった

78 :ゲーム好き名無しさん :2018/11/15(木) 00:34:38.87 ID:S3qOWzCW0.net
竜狩り隊って
オーンスタインや熔鉄竜狩りや輪の騎士やレドやあのOPの奴なんかからなる接近戦部隊と
ゴーとその部下の大多数銀騎士からなる遠距離戦部隊がいたんじゃないかな
グウィンや長子は総大将ポジ

79 :ゲーム好き名無しさん :2018/11/15(木) 09:26:33.85 ID:SZWmt8pVa.net
レドといえば大槌の、

辺境を旅したというレドは
巨人たち、そして「岩のような」ハベルとも
親しく友誼を結んだという

これってまた解釈が別れそうではあるけどハベルはアノロンに居たんじゃなくて辺境に住んでた巨人とも捉えられるよね
古竜との戦争が終わってから隠居して筋トレに励んでたらたまたま脳筋のレドと気が合っちゃったとか?

80 :ゲーム好き名無しさん :2018/11/15(木) 10:29:20.91 ID:GfJvCOhda.net
>>79
戦技の岩呼びは間違いなく「岩のような」ハベルからインスピレーションを得たんだろうな 輪の都へ来る前か後かは分からんが

81 :ゲーム好き名無しさん :2018/11/15(木) 10:46:46.95 ID:si9G1A1S0.net
最近再プレイしてるんだけど罪の火について質問
最初、神官の誰かのせいで呼び出されて(武器のエレオノーラ)
その罪の火を鎮めるためにヨームが薪の王になる
しかし空から?罪の火が降ってきて
罪の都が今度こそ壊滅状態にって流れだけど
滅ぶ原因となった二度目の罪の火は何が原因で引き起こされたんだろう?

82 :ゲーム好き名無しさん :2018/11/15(木) 16:37:30.96 ID:ctnRFufZa.net
自分もはっきりと定義できてないけど仮説なら

罪の火は呪いを焼く火→ダークリング(火の封)の火で、呪いを誘発することで燃料調節して操ってたのかなと思ってる。
ヨームが火を継いで人々が焼かれたのは始まりの火が勢いを取り戻して火の封が急激に強まったからじゃないかと
空から火が生じたのは空にあるダークリング(太陽?)が人々のダークリングと繋がってるんだか連動してるんだかと解釈してる

って書いておいてなんだけど自分でもしっくりきてない。これだと仕組みをよく知らずにヨームを王に据えた罪の都の民がアホっぽいし
自分も皆の解釈を聞きたいね

83 :ゲーム好き名無しさん :2018/11/15(木) 18:46:48.45 ID:si9G1A1S0.net
>>82
罪の火ってかなり謎めいてるよね
イザリスを焼いた混沌の炎みたいに、どういう動機で罪の火が起きたのか明かされないし
ヨームが薪の王になった後に空から降った来たのも謎…

84 :ゲーム好き名無しさん :2018/11/15(木) 20:25:02.58 ID:nZ7SFPPma.net
ソドムとゴモラが元なんだろうけど、神族が種族としている以上なんか微妙な感覚

85 :ゲーム好き名無しさん :2018/11/15(木) 23:05:45.64 ID:ZIt8U9Fl0.net
>>82
ヨームの火継ぎと民が焼かれたことが連動してるとしたらそうなるよね
神の怒りが置かれてるとはいえあれ物理属性で火関係ないし、神が下した天罰というより自業自得の象徴として配置されたと思ってる

罪の大剣が戦技で扱う罪の火はその場で生み出してるんじゃなくて一時的に「呼び出す」と書かれているけど
本来火があるべき別の場所から火を呼び出して自分達のために使ってたからこそ、それが罪の火と呼ばれたと勝手に思ってる
それこそ玉座システムのように直接最初の火の炉に繋いでたとか

86 :ゲーム好き名無しさん :2018/11/16(金) 00:14:28.02 ID:sWA1XPlB0.net
これだな

786 ゲーム好き名無しさん (オイコラミネオ MM5b-kO1E) sage 2018/09/14(金) 02:28:56.86 ID:qJLcJSXpM
罪の都に関して矛盾しないよう妄想補完してみた

ある時闇の子エレオノーラが闇の刻印をばら蒔き人々を唆した
「こういう儀式をしたら王の力が手に入って呪いから抜けられるよ」
人々は彼女の話を元に王の器を模造(あの追尾炎釜)し最初の火の炉への道をこじ開けた
その結果太陽に穴が開き最初の火が溢れ出てきた
最初の火は罪の都を焼いた
これが罪の火

そこで器たりうる強さを持ったヨームが王に推され、
ヨームは溢れ出た最初の火(罪の火)を受け入れた
これでヨームに薪の王の資格(王のソウル)が備わった

その後罪の都の顛末を聞き付けたロスリックが来襲
ヨームが民を守るために戦う(装備説明)
だが太陽に穴が開きっぱなしでこのままだと火の時代終了と聞かされる

そこで王の資格を持ったヨームがロスリックの玉座につくことが検討された
目標は空に開いた暗い穴に火の封を施すこと
ヨームは玉座を受け入れた
(その時お供で一緒にロスリックに行ったのが祭祀場裏の巨人)

エレオノーラの目的は火の炉に暗い穴を開けて王のソウルをキャッチすることだった
(デュナシャンドラやロンドールと大体同じ)
(多分中の化身を倒してからなら良かった、倒さず外部から穴を開けたのが不味かった)
罪の都の民も闇の刻印をつけられ全員が同じ状態にあった
その状態でヨームが空の穴を完全に塞ぐほどの強力な火の封を施したので、
火の封の力が暗い穴(闇の刻印)を伝播して全員が焼け死んだ
(これが罪の炎)

その後ロスリックは罪の都から火の炉へアクセスするための知識を引き上げ、
王の薪を利用して原初の火継ぎの儀式を再現する計画を作る
(ついでにガーゴイルも持ち帰る)

3本編でヨームらを倒すと彼らの認識が世界から消える
ヨーム産の火の封も弱るので大昔罪の都が開けた空の暗い穴が剥き出しになる
(物語終盤に見られるお空のダークリング)

87 :ゲーム好き名無しさん :2018/11/16(金) 10:13:21.48 ID:hjHoETMZa.net
罪の都の空に向けて柱だか筒だかを掲げた像は竜に乗ったロスリック騎士たちと戦ってたってことかな

88 :ゲーム好き名無しさん :2018/11/16(金) 12:13:40.46 ID:VBJWZglr0.net
サリヴァーンって3の物語の全体と他キャラクターにもかなりの影響を与えてる人物なのに
ムービーなしで喋りもしないのが残念だな
オスロエス並に戦闘中に会話があって欲しかった
黒い手のゴッドヒルトがサリヴァーン戦前で召喚出来たり
微妙にロスリックと敵対してたみたいだしさ

89 :ゲーム好き名無しさん :2018/11/16(金) 16:33:44.88 ID:nxJu58GP0.net
>>88
話さないけど花は大好きっぽいんだよね彼
イルシールに植えてある花の種類と花言葉調べたいけど頓挫してる。ハナズオウ(裏切り、ユダ)だけはどっかで見付けたんだけど

90 :ゲーム好き名無しさん :2018/11/17(土) 09:19:50.82 ID:18X748OTa.net
罪の炎のテキスト見返して思ったんだけど「空より生じ人々だけを焼いた」って表現、空(そら)じゃなくて空(くう)、つまり何もない空間から生じたってことかな?
空(そら)からだったら生じたって言うより降ってきたって表現の方がしっくりだろうからちょっと引っ掛かってたんだよね。
こっちの方が呪術の効果の説明として適切だし、上空のダークリングと人々のダークリングを無理矢理繋げなくていいしスッキリかなと思った

91 :ゲーム好き名無しさん :2018/11/17(土) 10:10:25.73 ID:ohDf0gJua.net
やっぱどうしてもストレイドの炎の鎚と空の指輪を連想してしまう
あいつの指輪に絶望を焚べる者がソウルを溜めすぎて、そしてそれがオj裏切りにより深淵に落ちたらしいドランのものだったが故に
無尽蔵にも思えるほどの空の指輪のソウルを用いて生み出した火は深淵に近い性質を持っていたのでは

罪の炎に名前を変えた炎の鎚、あの呪術って予告線みたいに火線のようなものが集うじゃん
あの火線が闇を得て追う者に近い性質を持って暴れたってのが罪の都の悲劇の実態かなと思った
で炎の鎚よろしく集ってまた燃焼する

ストレイドってテキストでの盛られ方ローガンみたいだったしそのくらいやらかしてもおかしくないよねと

92 :ゲーム好き名無しさん :2018/11/17(土) 10:34:14.64 ID:b7r5ZY3Sa.net
>>90
言われてみたら呪術の罪の炎も他の呪術と違って離れた空間から突然出てくるな

93 :ゲーム好き名無しさん :2018/11/17(土) 22:56:15.97 ID:Z72rQlpoa.net
空間から生じたと空の指輪から生じたのダブルミーニングってことなのか
いかにも宮崎がやりそうな言葉遊びだわ
>>85の言ってる「呼び出す」って性質とも合致するね

94 :ゲーム好き名無しさん :2018/11/17(土) 23:02:21.53 ID:hS7wNa4q0.net
攻略本見てたら、法王騎士、火刑の魔女、ボルト、踊り子、外征騎士と
イルシールの騎士達が皆、闇弱点だったんだけど
これなんか理由あるのかな?
火刑の魔女と法王騎士は装備で亡霊なのが触れられてるし
むしろ闇に耐性持ってそうなイメージだったわ

95 :ゲーム好き名無しさん :2018/11/17(土) 23:27:39.56 ID:Z72rQlpoa.net
>>94
罪の火(深淵に近い火)に魅いられてる連中だから闇を受け入れ易くなってるってことじゃない?

96 :ゲーム好き名無しさん :2018/11/17(土) 23:35:30.62 ID:ccXOJmO/0.net
>>94
イルシールの徴が古き神々の面相だし、イルシール騎士は大王グウィンに近しい神族なんじゃない?
アルトリウスが闇を持たぬ身だからこそ闇に呑まれたように、神族だから闇に弱いと解釈してたけど
闇っぽい魔法攻撃してくるのがこの説の難点だけど
闇が弱点なのも事実だから闇攻撃あるから本人が闇とも言い切れないんだよね

97 :ゲーム好き名無しさん :2018/11/18(日) 02:22:45.20 ID:2AMQevPXa.net
>>94
神族は基本的に闇弱点です 逆に純粋な闇属性のエネミーは雷が弱点でおぞみに染ってるのは火が弱点

98 :ゲーム好き名無しさん :2018/11/18(日) 09:20:34.57 ID:T9SM75fJa.net
自分もイルシールとアノロンの周回中で思ったんだけど、
化生の指輪が暗月の霊廟に置かれてるけど、あれってグウィンドリンが女神として振る舞うのを辞めて男神→青教の主神として自立(親離れ)したってことだよね
そうすると表向き火継ぎの主導だったグウィネヴィアの幻影はいつまで維持してたんだろう?
こっそり引退扱いにして引っ込めたのかな?

99 :ゲーム好き名無しさん :2018/11/18(日) 10:08:19.49 ID:tP3/coiF0.net
2で神々の名が伝わってない頃にはもう引退させてたんじゃないかな
青教が出てきたのも2だし
伝わってないのは単に地域差という説もあるが…

女神の騎士はオンスモクリア後にネヴィアの部屋の反対側で心折れ
ソラールもアノロンに太陽は無かったと嘆く
1の時代でもネヴィア幻影に気づいたものは多いぽいから
割と1の近年で幻影に頼るのはやめたかもね

100 :ゲーム好き名無しさん :2018/11/18(日) 13:09:56.58 ID:su1Oqk4Ta.net
>>98
薪の王が擁立出来た時点で辞めたんじゃない? 薪さえ立てば最早人もおらぬアノロンを幻影で維持し続ける必要も無いし そんで青オーブ持ってるけど騎士じゃなかった人達が青守護始めたのかも

101 :ゲーム好き名無しさん :2018/11/18(日) 16:18:28.50 ID:tDKkctZJa.net
なるほどね
そうすると無印の火継ぎ=グウィンの死を契機に独り立ちしたって感じかな
親離れと考えたら物語的にも綺麗にまとまるし
でもあの指輪、月の力を抑え込むだかコントロールする為の物っぽいのに外して大丈夫だったんだろうか? 病に附したってこれが原因か?

102 :ゲーム好き名無しさん :2018/11/18(日) 23:27:44.92 ID:RRUZyeaM0.net
>>95>>96>>97
なるほど、イルシールの騎士たちは大概神族の血を引いてたのかもな

>逆に純粋な闇属性のエネミーは雷が弱点

神族とおぞみはそうなんだけど、実はダクソ3の闇属性エネミー(ダークレイス)は雷弱点じゃなかった…
雷弱点はほとんどが竜関係の敵
それを踏まえて気になるのが深淵の監視者、ヨーム、ローリアン、英雄グンダのボスが雷弱点なとこかな
特に理由はないのかもしれないが
雷弱点でほとんど当てはまってるのが竜関係だから
なんでこの4ボスが?と気になる所(鎧で通電しやすいからなんて理由じゃないことを祈る…)

103 :ゲーム好き名無しさん :2018/11/19(月) 02:02:53.96 ID:khcY+YbV0.net
>>102
普通に鎧のせいだと思う
竜と関係ない主人公用の騎士の鎧でも雷のカット率が一番低い

104 :ゲーム好き名無しさん :2018/11/19(月) 15:27:08.07 ID:N0F1aRT2a.net
雷の槍(ダクソ1)
>雷の槍は珍しい雷属性の攻撃力を持つため
>魔法や炎に強い対象にも有効となる
>特に竜族には、大きな威力を発揮するだろう

雷の槍(ダクソ3)
>槍は雷属性の攻撃力を持ち
>魔力や炎に強い対象にも有効となり
>金属の鎧や、また竜族に対して特に威力が高い


金属に強い設定は3からか
まあ一貫して、他の属性が効かない奴にも効くという強ポジなんだろう
だから今作でも大抵のボスにこうかばつぐん

105 :ゲーム好き名無しさん :2018/11/20(火) 02:34:12.31 ID:1cudNT8w0HAPPY.net
明言はされてなくても雷は1の頃から普通の鉄には強かったと
盾なんかに顕著で物理100カットの鉄製(リアルに考えると鉄で補強された盾?)は雷カット率が低く
木製の(鉄であまり補強されてない?)盾は比較的雷カット率が高い
巨人の盾なんかは白鉄だかで雷含めて色々カットするけど

個人的には「神々の武器である雷は人の武具である鉄を容易く貫く」という関係性が好きです

ところで現実の盾はナイトシールドみたいなデザインでも基本木製で
小盾はともかく中盾以上の大きさの鉄板を持てる薄さにしたらべこべこ曲がるし
簡単に曲がらないような厚みにしたらとても持てたものではないわけだが
黒鉄の盾なんかはまさに鉄だけで作った常人には扱えない大楯とかでいいと思うんだけど
ブルーシールドとかはあれ鉄製と考えるべきなんですかね?裏側見ると木製っぽいけど

106 :ゲーム好き名無しさん :2018/11/21(水) 01:05:09.56 ID:xBjvekcO0.net
アンドレイ「こまけぇことはいいんだよ!」

107 :ゲーム好き名無しさん :2018/11/21(水) 10:15:05.77 ID:wCJ1Hc1pa.net
明らかに木製のものや皮素材の強化に楔石(チタン)打ち込んだりするし、悔しいけどその辺は意外とざっくりした設定なのかもね

108 :ゲーム好き名無しさん :2018/11/21(水) 16:43:05.91 ID:3G9iD9jV0.net
宮崎ゲーとは言え別ゲーの話でちょっと憚れるけど、デラシネの「命の時間を奪う」ってニトがやってる事と同じなのかな?
無印OPの死の瘴気で対象がブアッーと風化していく様とデラシネの葡萄が急速に干からびていく描写が同じ様な印象を受けたんだよね
ウーラシールの魔術の「光は時」ってテキストと、巨人墓場の「尋常の光を食らう闇」ってテキストからニトって時間を操る神なんじゃないかと

109 :ゲーム好き名無しさん :2018/11/21(水) 17:17:06.86 ID:aBWfpxvE0.net
じゃあ灰の世界は止まった時の世界?
なら結晶洞穴の雪みたいなのは時の雪だったり?
原始結晶がシースに与えた圧倒的再生力は妖精の力でいう前後時間との整合と同じ力…
連想なんていくらでも出来るけどまあ違うな…
ダクソ世界の核心は「差異」だし

110 :ゲーム好き名無しさん :2018/11/21(水) 17:53:00.45 ID:3G9iD9jV0.net
>>109
またフロム脳を刺激するワードをぶち上げてくれますね....
その妄想貰ってもいいですか?

でも時間って概念も始まりの火の認識=差異によって生まれたもんなんじゃないのかい?

111 :ゲーム好き名無しさん :2018/11/21(水) 20:50:01.71 ID:aBWfpxvE0.net
時間に注目するのも違うと思うんだよな
というか、火が起こり差異が生まれたとは言うものの、その実態は差異が「生まれた」のではなく灰の霧によって顕にならなかった差異を火が「照らし出した」ってことだと思うんだよな
決して差異自体がない世界だったわけじゃないと思うんだ
概念がなかっただけで
だから火が起こった時、シースは自らがハゲでみんなとは違ったことに気がついて裏切った
火が起こったからハゲたわけではない

112 :ゲーム好き名無しさん :2018/11/21(水) 23:43:39.82 ID:qC8am9hM0.net
そういえば2のボツになったシステムに時間関連のネタがあったな

113 :ゲーム好き名無しさん :2018/11/22(木) 00:19:35.51 ID:t8TJLuQ+a.net
軽く調べたら刻システムだの、クレイトンに扮したパッチのセリフとか出てきたな
パッチと言えば無印のパッチって親子仮面大量に仕入れてるあたり、ニトのボス戦前まで到達してるんだよね
やっぱ呪いをどうにかする為にニト様に神頼みしに行ってたんかな

114 :ゲーム好き名無しさん :2018/11/22(木) 06:35:09.36 ID:TP0u/9D90.net
パッケの親指上げてる絵が気になって仕方なかった

115 :ゲーム好き名無しさん :2018/11/22(木) 19:29:27.51 ID:zdShDaAba.net
冷静に考えたら聖職者突き落とすためだけに墓王の眷属ひしめく超危険エリアに行くわけないもんな

116 :ゲーム好き名無しさん :2018/11/22(木) 22:37:09.89 ID:/oXUnQjV0.net
>>108
あえて繋げて考えるなら、俺は命の時間=人間性のイメージだな。赤い指輪が赤オーブで
命の時間奪われた人は消えない場合亡者みたいになるし

>>115
まずランタンか蟲ないとどうにもならんからな
売り物にはなかったけど持ってたんかな

117 :ゲーム好き名無しさん :2018/11/23(金) 00:03:21.76 ID:TlVqivXaa.net
>>116
なるほど確かに色々腑に落ちるわ
人間性は欲望の力って解釈が有力になってる感じだけどもっと突っ込めば生命力(生きようとする力)って捉え方もできるのかも
黒皮の鎧は闇に隠れる為の装備だから灯りを使うのはしっくりこないし、案外七色石でも使いながら地道に探索してたのかもね。
行き詰まった所をハイエナよろしく主人公の後を着けてニト前まで行ったとか?
祭祠場に現れるのもニト撃破後だしね

118 :ゲーム好き名無しさん :2018/11/23(金) 00:10:13.89 ID:m3WMdmmg0.net
頭が光ってたんだよ

119 :ゲーム好き名無しさん :2018/11/23(金) 00:29:38.37 ID:TlVqivXaa.net
>>118
尋常の光を食らう巨人墓場の闇を照らすハゲだと.....(採用!

120 :ゲーム好き名無しさん :2018/11/23(金) 01:00:19.87 ID:Yjn/xTjr0.net
そういえば1と3のパッチって同一だよね?

121 :ゲーム好き名無しさん :2018/11/24(土) 23:29:14.96 ID:Kkd5K0QVa.net
>>120
格好もやってる事も一緒だし同一人物と見ていいんじゃない?
ロスリックには何しに行ってたんだろな?
ヘマやってしまった辺り、相当警護が厳重なとこまで行ったぽいけど
深みの聖堂でロザリア前にいるからやっぱりロザリア=王妃?

122 :ゲーム好き名無しさん :2018/11/24(土) 23:40:05.75 ID:j9nl6Skaa.net
>>121
いつもの如く聖職者を突き落として人間性やその他もろもろ漁るつもりだったんだろうよ 元白教の大聖堂なら宝の山だろうしな ただパッチもまさか中がこんだけ深みに犯された状態だとは思ってなかったんじゃなかろうか

123 :ゲーム好き名無しさん :2018/11/24(土) 23:41:23.79 ID:uOrhLttY0.net
パッチも火の無い灰、だよね?
1で主人公が火を継いだ段階で、当時の不死人は一旦灰になるか、単に不死ではなくなるか
ともかく一回は死んだと思う
んで3の時代に墓の中から主人公のように、あるいは埋葬すらされなかったならそこらで復活
これが火の無い灰、だと思うんだが作中で明言された箇所は見当たらない

うーん、でもラップが亡者化してたこと考えると
ロンドールと関わらなければ亡者化しない主人公とは違う普通の不死人と考えるべきか?

124 :ゲーム好き名無しさん :2018/11/25(日) 00:02:33.71 ID:hcStmWC7a.net
不死人は別に死なない訳じゃ無いからな 死ぬけど蘇れる(かもしれない)のが不死人ってだけで 死んでから蘇生までどのくらいかかるかは個人差あるだろう だから巨人墓地で死んで3の時代に出てきてもおかしくはない

125 :ゲーム好き名無しさん :2018/11/25(日) 01:17:40.65 ID:Wdby5Y8p0.net
>>123
亡者化が進んでたところを見るとずっと死なずに生きてたんじゃないか? 実力もそれに見合ってる

126 :ゲーム好き名無しさん :2018/11/26(月) 20:33:31.96 ID:3l/K+Z3Ma.net
パッチ商店のショーテルとパリィングダガーはロートレクから剥ぎ取ったのかね?
アノロンまで行ったってことだよね
3の黒皮の鎧のテキストからするとガチンコでロートレクとやり合って心を折ったって線もありな気がする

127 :ゲーム好き名無しさん :2018/11/27(火) 17:28:41.08 ID:p19rcRIha.net
1で既に一回ロートレク剥ぎ取られてたしその時のじゃない?

128 :ゲーム好き名無しさん :2018/11/28(水) 00:34:30.24 ID:blb7OATC0.net
みんなの中でパッチは1主が火を継いだときどうなったと思ってる?
1:何の影響も受けていない。不死のまま
2:不死ではないただの人になる
3:火に焼かれて灰になる
俺は3か2で少なくとも1は無いと思っていたんだが
スレだと1の方が主流なの?

129 :ゲーム好き名無しさん :2018/11/28(水) 01:02:58.54 ID:ctEEccLr0.net
誰かが火を継いで、時が経って、また誰かが…って
不死と人間の行き来を繰り返して最果てまで生き延びたんだと思ってる

130 :ゲーム好き名無しさん :2018/11/28(水) 23:37:24.33 ID:blb7OATC0.net
さすがに一回火を継いだら人間の寿命以上には不死のいない期間が続いて欲しいな

131 :ゲーム好き名無しさん :2018/11/29(木) 10:08:26.11 ID:On71bFgVa.net
遺灰のテキストにもある通り、どんな時でも強かに生き抜くのが矜持ってあるから死んでないじゃないかい?

132 :ゲーム好き名無しさん :2018/11/29(木) 21:51:31.09 ID:NkgT+DH/aNIKU.net
一回死んでたら不屈感が無くなる

133 :ゲーム好き名無しさん :2018/11/30(金) 17:57:17.46 ID:otR78H/iM.net
死んだかじゃなくて強い意志があるかどうかが亡者になるかならないかの条件じゃないの
シリーズ通して亡者になるnpcはみんな心が折れかかっている

134 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/01(土) 19:34:55.45 ID:RzXTYx060.net
「死んだ」て言葉もこのゲームだとアレだなwゲーム中主人公は何度も死んで生き返るわけだが
俺が>>123の3行目で言った「死んだ」てのは
不死では無くなって蘇ることなく埋葬されるなりなんなりしたことを指しているわけだが
別の言い方をするなら、不死である間はその意味では死ぬことはない
レスくれた人の中にもその意味でとらえてくれた人とそうじゃない人がいそうで
俺の言い方が混乱を招いたなら申し訳ない

135 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/01(土) 21:04:26.06 ID:bBtWVOGIa.net
>>134
1で鉄板のパッチ 3で不屈のパッチというように呼び名を変えてる という事は変えるような何かがこの間であったんだろう そういえば亡者になりラップと名乗ってはいたが何故彼は解呪石の事を知っていたんだろう? 実は以前にも同じ事になった事があるんじゃないか?

136 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/02(日) 11:05:40.86 ID:KmAnzVxZa.net
>>135
鉄板→不屈って変わったのは呪いの進行に対しての強がりか気構えみたいなもんなんだろうか?
盾も双竜盾→抗呪の大盾と呪いに強い物に変わり、ラップになってる時は更に重装備化(強靭度増)
亡者化してく過程で弱っていく精神を装備や名前で補おうとしたのでは?

137 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/02(日) 13:40:05.22 ID:XBa1EAre0.net
>>136
他のやつは名前すら無くなってるもんなあ

138 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/03(月) 03:54:05.28 ID:kaaZPo3x0.net
今更なんだけど、やっぱりロザリアってグウィネヴィアなの?

139 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/03(月) 08:11:46.75 ID:czIn1hG00.net
それ以外だれだと

140 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/03(月) 08:59:15.39 ID:/sN1Y9lg0.net
1で火の神フランの妻となったと書かれ
3で貴い子たちをもうけたと書かれ

ロザリアもロスリック王妃も踊り子も、末裔なんだろう
恵み、聖水の祝福、癒し、とグウィネヴィアの要素をそれぞれが受け継いでいる
ロザリアと王妃はオスロエスの近衛兵の件で同一人物と見る線もあるけど、ロザリアは灰のために指輪を託したにしては無反応だし聖水を祝福したりもせず、王妃の息子は母の舌を奪う感じもなく生まれ変わりの神話もなし
二人ともやってることが微妙に繋がらないからやっぱり別人だと思うなぁ、別に親戚でしかも火継ぎの神の末裔なら庇護するのもまったく不思議でない
ロザリアの生まれ変わりはフラン側から受け継いだ力かも知れないけど

141 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/03(月) 15:04:29.36 ID:kaaZPo3x0.net
>>139
調べてたら娘だとかミスリードで無関係だとかいろいろ言ってる人いたからここの人の見解はどうなのかと思って 俺はグウィネヴィアだと思ってるけど

142 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/03(月) 15:28:30.21 ID:LHEH7nUm0.net
>>141
公式から答えが出ない以上、グヴィネヴィアの末裔説と本人説が両立しても問題ないと思う
両方ともはっきり否定できる根拠はないわけだし

俺もロザリアがグヴィネヴィアだったらいいなと思ってる
レオナールがロザリアのソウルを幻影グヴィネヴィアのいた場所に手向けてるのが
印象に残ってるせいもあるが

143 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/03(月) 16:29:15.23 ID:QrzAzlT/0.net
ロザリアか、思いつきの珍説だけど、ロザリア自身がグウィネヴィアの生まれ変わりってどうだろう?
グウィネヴィアは自分の娘に自身のソウルを与えて転生を繰り返してきた、だからロザリアがそのソウルを持ってる、みたいな?
生まれ変わりの母って称号は蛆人たちの母というだけではなく、本人自身が生まれ変わる存在だからそう呼ばれているとか
火の神フランと結婚したことは、始まりの火が火継ぎで蘇るように彼女もソウルを継がれて蘇る似たような存在なのを示しているのかも?

その上で自説だとロザリアの正体はゲルトルードがグウィネヴィアのソウルを引き継いだ存在って考えている
だからゲルトルードが王妃の実子であるって強調されてて、グウィネヴィアのソウルを引き継いだ時にロザリアになったのかもしれない
この際グウィネヴィアの転生体となるため、前後で人格や行動基準が変わっていて、だからロザリアからは天使信仰が見受けられない

正直自分でもかなり無茶筋の説と思うので珍説の一つとして笑ってください

144 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/03(月) 16:42:05.38 ID:kaaZPo3x0.net
>>142 やっぱロマンは大事だよなあ その方が面白いしレオナールもカッコよくなるし
>>143
ロザリアがグウィネヴィアの転生した姿なのは同じ考えだなあ しかしレオナールのセリフからすると以前に何者かにソウルを穢されてるらしいし、そいつの目を眩ませるために転生したのだろうか
ってか生まれ変わりの力はロザリアのソウルじゃなく肉体のものっぽいけど結局なんなんだ 生まれ変わると深淵には落ちないらしいし

145 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/03(月) 16:47:34.78 ID:vEuj5b0w0.net
自分の中ではロザリア=ベルカ=王妃で確定
王妃が姿を消したってのも文字通り幻肢の指輪だかを使って消えたんだろうと
あの生まれ変わりの力、ロスリック王家的にも便利すぎるしね
ただグウィネヴィア説を否定する根拠、材料が揃ってないのと母であり妻であったって
テキストが引っかかってるから様子見中。
不死を鎮める役割を持つ者には母性が必要で、それがグウィネヴィアへの信仰だったっ
て思ってる。

146 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/03(月) 17:02:17.14 ID:kaaZPo3x0.net
ベルカか… なんか久々に名前見たぞ

147 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/03(月) 17:09:11.77 ID:vEuj5b0w0.net
考察してて嫌気が差すほど繋がるから避けてた
他の人の説も見たいし

148 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/03(月) 22:05:49.29 ID:sRK2H7HSM.net
なんでもベルカは自己満すぎ
考察として意味ない

149 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/03(月) 22:30:08.90 ID:QrzAzlT/0.net
自説(>>143)の補強だけど、グウィネヴィア自身太陽の神だから
日が落ちて、また登る性質が生まれ変わりの力として表れているのかも?

それとロザリアの魂が穢れているのはやっぱロスリック王家の血の営みのせいだと自分は思う
竜狩りの鎧の所に銅像があったことからロスリックの血の営みは世界蛇フラムト主導っぽいけど、
ロスリックでは薪の王資格者を作り出すために近親相姦と生まれ変わりを組み合わせていたんじゃないかな?

ここからは妄想の話になるけどフラムトの計画は、
表向きはグウィネヴィアの転生体と王族の近親相姦で神族の血を強めていき、最初に自らを薪にしたグウィンの先祖返りを狙うことで、
一方、裏では近親相姦で胎児への転生を行い、生まれ変わりによる死(呪い)を子供に蓄え続けて人間性の闇を濃縮することで、
表と裏の双方の計画で薪の王資格者を作り出そうとしてたんじゃないかな?(人間には表の計画だけを伝えて)
そして前者はローリアン王子として、後者はロスリック王子として実を結んだ、って考えている

150 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/04(火) 01:36:35.41 ID:KFb3Xftf0.net
ベルカもグウィネヴィアもとっくに死んでるよ
出てくるのは末裔ばかり
火と共に栄えた神は皆失せ、残りカスすらも滅びゆく時代
自分はそっちにロマンを覚えてるからあいつらが末裔じゃなく本人だったらこれほど冷めることもないなぁ
だからこそ化身の中のグウィンが、頂に萎びてなお生き長らえる長子が、そして最果てのフィリアノールが映える

151 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/04(火) 02:32:10.33 ID:WXMWZseG0.net
ロザリアと直接関係はないけど、自分のロマンは3のED曲は火継ぎの終わりに完全に闇が訪れ
るまでの間、火防女が王や灰達(全プレーヤー)に向けて唄ったものだと思ってる。
作曲した人は子守唄をイメージしたらしいね。
ミルファニトが不死に唄(namelles song)を捧げていた様に、火防女が闇に抱かれて眠りにつく数多
の王と灰に捧げた唄だったんじゃないかと
で曲が終わって火防女の唄(声)が聴こえなくなった時、火継ぎの終わり=ソウルシリーズが
終わったんだなぁって余韻に浸ってた。

152 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/06(木) 07:53:33.76 ID:UYVl9LLz0.net
そういえばミルファニトがいるアマナの祭壇、
そこにいる唄うデーモンのソウルの説明見てると
エルドリッチあたりと少し関連性がありそうな感じがあるね
人喰いの概念自体は2の頃からあったんやね


アマナの祭壇で唄うデーモンのソウル

人を喰らうことを覚えた魔物は
祭壇に封じられたが、
それを祀り、鎮める者は絶えてしまった

153 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/06(木) 09:32:02.79 ID:fYpU0NYYa.net
ニト要素でも繋がるな

154 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/06(木) 18:59:35.11 ID:6y/H0/PU0.net
他にもアマナの死者の塔にある亡者状態を解除できる祭壇は
3の輪の都にある解呪の碑に似たものを感じるし、
マップ全体が水で満たされてるアマナの光景は公王やダークレイスを封印するために
水没させられていた小ロンド遺跡を思わせる所がある

深い水は深淵に関係しているってことなんだろうけど、
アマナの祭壇は水底に深淵関係の何かを封じてたりしたのだろうか?

155 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/06(木) 19:22:21.96 ID:9s/Oe/hLa.net
>>152
人喰い というかエルドリッチがやってた事は我々がかつて赤子狩って人間性収穫したり侵入者として霊体ホスト殺して奪ってたのと大して変わんないのでそれを効率化したってだけだね

156 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/06(木) 22:18:31.24 ID:6Djm+tvxa.net
闇やら人間性やらは本能そのもの=理性の無い赤ん坊みたいなもんだから水底を子宮に見立てて落ち着かせてるんじゃない?

157 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/06(木) 22:45:27.61 ID:QT4icDhB0.net
闇と死の関係も謎だよなぁ
ニト住処の近くで湧く赤子が人間性ドロップしたり尋常の光を食らうとか闇っぽいんだけど
ニトの手にした王のソウルはあくまで死という差異を明らかにしたもので
人間たちの不死とはむしろ逆にすら思える

158 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/06(木) 23:15:09.10 ID:9s/Oe/hLa.net
むしろ死という力を以て人間に枷を嵌め込んだのがニトなのでは 枷と火の封で押し込んだ存在が人間と

159 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/07(金) 00:28:43.38 ID:kbR+TIBDa.net
死を司る神からしたら不死なんてルール違反もいいとこだもんね
死の瞳による呪いも不死の心を折って強制的にソウルと人間性をロストさせる=人間性を含んだ血を土に返すってことだと思うんだよね
血を失えば蘇りが遅くなる=不死の力は血にあるってことだろうし

160 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/07(金) 11:02:46.38 ID:5gD3Ow6Fa.net
枷の椎骨も骨だからニトっぽいしそういうことなんだろうな

161 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/07(金) 12:23:17.68 ID:f5QEKvfcp.net
ニトって外見も能力も悪属性っぽいけど、系譜の人徳や実際の所業を鑑みるに
不死人に死の安らぎを与えようと躍起になっていた正義の人なのかもしれない。

篝火の秘儀は「最初の火(の粉)」にダークソウルを捧げて火を強めようというアプローチだし(実際に僅かな成果は出ていた)、
3人の中で唯一健康な生き残りであるにも関わらず、
力の大半を研究に使っていて不死人に敗れたってのも感慨深い。

3人羽織や近衛の巨人骸骨も、実は忠義によって彼を守っていたのかも。

162 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/07(金) 12:48:48.73 ID:6TxgtaqO0.net
3人羽織はニトから術の一部を掠め取っただけってテキストに書かれてるからナシで

163 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/07(金) 13:40:01.09 ID:fxi2cRuB0.net
ダークソウル2を見るにニトは人間性が暴走しないように寝かしつけてた感じがするよね
巨人墓場の骸骨もニトが蘇らせたわけじゃなくて、勝手に蘇ろうとする人間性に
骸骨って枠を嵌めることで死んだ状態を固定し死の眠りにつかそうとしていたのかも?

こう考えると誓約で死の瞳が使えるようになるのは不死として蘇った人間を強制的に死の眠りにつかせるために、
またニトが死の瞳を求めるのは災厄を起こすほどに活性化した人間性を自分の手元で眠りにつかせるために、
といった具合で人間性の闇の暴走を封じていたとも考えられる

164 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/07(金) 13:44:12.70 ID:f5QEKvfcp.net
ボスじゃなくてボス霧前の奴らだべさ
同じ3人羽織の中でも性格に個体差があるんだろうな
3人羽織自体が人間性研究の副産物だとしたら、
父、母、子の意味と、近くの洞窟で子供から大量の人間性を入手出来る意味を考えると…。

165 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/07(金) 14:41:52.05 ID:j+rPH3q2a.net
>>161
生きるものなら必ず死があるべきでそれを汚すべきではないって思想だったのかもね アガドゥランの台詞噛み砕くと 結局彼の作った枷は人間によっていとも容易く破壊されてく訳だが

166 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/07(金) 15:44:07.35 ID:HjcP61sua.net
>>163
ガイコツを枷と見るの面白いな

167 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/07(金) 15:44:31.57 ID:FWlvMz7ta.net
血肉を腐らせて土に返すわけだからニトは死の神で
あると同時に地に恵みをもたらす豊穣の神でもある
と思う
死と再生のサイクルを司る管理者ってところじゃないかな

168 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/07(金) 15:54:48.71 ID:j+rPH3q2a.net
>>166
積むもの達の由来は一体どこなんだろうと 誓約報酬のテキストでも見て見たが
ぬくもりの火
積む者たちの奇妙な呪術
柔らかな火を起こし
それに触れた者のHPを回復する

彼らは神の枷の外れるを恐れ
家族を求めている
ならばこれは団欒の火であろう

これ2の不死廟で生み出された呪術なんですよね…

169 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/07(金) 16:05:07.45 ID:SBO0Q2yzd.net
>>168
枷の椎骨関連の考察は他所で読んだことあるけど、こういう共通点もあったのか
ダークソウルの人間が人の形をしていられるのはつくづくニトのお陰だったんだな

170 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/07(金) 16:26:27.20 ID:j+rPH3q2a.net
>>169
ついでにぬくもりの火の2テキスト

不死廟にのみ伝わる失われた呪術
害意のない、ぬくもりの火を生み出し
それに触れた者のHPを回復する

炎は力の証であると共に、
知恵とあたたかさの象徴でもある
炎はそれを扱う者が求めるものをもたらすのだ

枷を追い求め幻想の人の形に縋る彼らに救いはやはり無かったという事なのだろうか

171 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/07(金) 18:20:50.74 ID:fxi2cRuB0.net
だからといって我執のままに神の枷を外しても待っているのは
エルドリッチや人の膿、絵画の腐れや輪の都の虫みたいな末路だからな

それはそれで何らかの救いなんだろうけど、枷に嵌ってたからこその救いも多くあるわけで
例えばシーリスが人としてお爺ちゃんを葬り弔えたこと、とかね
枷そのものを追い求めることに意味はないけど、枷に嵌っていることには意味があったんだろう

172 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/07(金) 18:56:04.35 ID:f5QEKvfcp.net
そう考えると、聖騎士リロイの闇霊侵入も割と納得できるかな
白霊時からリロイは自分の意思でニトに従属していた
3人羽織はアジトから離れられないニトに代わって討つ必要があるから手伝う
でもニトの寝所まで踏み込む奴は誰であれ許さない

173 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/07(金) 19:18:39.85 ID:QD4bSHvd0.net
自分1でずっと眷属やってたからこういう考察見ると尚更ニト倒さずに済むルート欲しかったなって思う
っていうか1の頃から思ってたけど王のソウル持ってる奴らの中でニトだけ別に悪いことしてないのに完全にとばっちりで倒されててかわいそう

174 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/07(金) 19:22:50.25 ID:j+rPH3q2a.net
そういう事踏まえるとフォドリックが「聖騎士」の名前を持ってたのもおかしい事ではなかったんだな かつての墓王に仕える騎士のことをリロイからとって聖騎士と名乗り始めたと
>>173
別に悪い事したから倒してるんじゃなくて王のソウル必要だから倒してるだけだからな…

175 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/07(金) 20:28:45.77 ID:fxi2cRuB0.net
フォドリックが聖騎士と呼ばれていたのは故郷の薄暮の国にいた頃みたいだけどね
どちらかというと聖騎士と称されるほど信仰心の高い人間だからこそ神の枷の大切さに気づくことができるのだろう
グウィンら神々はダークソウルを恐れて枷を嵌めたが、同時にそれは人に知恵を与え救いをもたらしたわけだ

176 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/07(金) 20:41:31.94 ID:j+rPH3q2a.net
>>175
どっちが正しいとか正しくないという訳でも無いのがな ここら辺は ただ神々が火の封が弱まってくにつれて人がかつての形に戻ってくのをただただ闇に葬り去ろうとした無責任さがこういう事態を作ったのはあるだろうな

177 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/07(金) 21:03:00.35 ID:T39ve3jj0.net
>>173
フラムトは役目を終えたとか言ってたけどむしろ必要だったよな

178 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/07(金) 21:33:29.48 ID:SBO0Q2yzd.net
>>176
もはや最初の火がどうしようもないダクソ3の今更になって
神の枷の重要性に気づかされてもフォドリックみたいに狂うほかないよね…

179 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/07(金) 21:36:13.23 ID:j+rPH3q2a.net
>>178
寧ろ気づいてしまった方が不幸になる
自分の形が偽りの物だと知りながら毎日を過ごせるか? それでも肩を寄せあって目を背けて暮らす選択をしたのが積むもの何だろう

180 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/07(金) 21:46:51.45 ID:f5QEKvfcp.net
白教の主神ボイドの考察ってどうなってるんだっけ
白教の使命を果たそうとすると結果的にニトへ辿り着くことや、
白教とグウィン達神族が協力関係に近いことを考えると、
最初の死者がグウィンの叔父であるニトであったということもありそうな気がする

181 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/07(金) 22:30:10.77 ID:fxi2cRuB0.net
ちょっと情報がごっちゃになってるぞ
白教の主神ロイドがグウィンの叔父、最初の死者がニト
直接グウィンとニトの関係性は言及されてない

それはそうとロイド=ニト説か
確かに聖騎士リロイはニトと関係があるみたいだし、
ペトルスが言及してた白教の不死の使命はニトの(正確には3人羽織の)研究していた
注ぎ火の業の探索みたいで、無関係ではないのかもな
ロイドの護符にあるエスト瓶での回復封じもニトによるものと考えられなくはない

一方で白教の奇跡の傾向である回復はニトの能力とは真っ向から反するもので、
信仰の物語と信仰対象の能力が別物だったとしてもあまりにかけ離れている
それにニトの眷属には墓王の剣舞という独自の奇跡があるし、白教とは別の誓約がある

一応ニトの生前の姿がロイドだったという仮設もできなくはないが全く証拠がない
白教とニトの関係性については幾つか手がかりがありそうなのだけど…

182 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/07(金) 22:56:15.61 ID:ke4tV+gM0.net
暗月の誓約指輪が地下墓地で手に入るのも意味あるのかな
あと平和の祈りもだっけ
あの時代メインの白教以外の宗派が色々集まってるだけか?

183 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/07(金) 23:14:51.62 ID:j+rPH3q2a.net
>>181
こう考えることもできる
人の際限のなさに枷を嵌め込んだニトが表と裏から人を監視するために白教と眷属作ったと 実際主神ロイドという名前こそあれど具体的な姿もなく時代をへれば存在すら疑われてるのだから
しかもあまりにフワッとしたグウィンの叔父という立場だし

184 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/07(金) 23:30:47.00 ID:DQ6BnckRa.net
ロイドのビジュアルは唯一金の硬貨に描かれてる
けどあれは参考になるのかね?
画像自体が小さいし、拡大してもよく分からん

185 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/08(土) 00:12:42.88 ID:Vc2kqLZg0.net
白教とニトの関係性か
元白教の聖職者であるエルドリッチがニトの墓王の剣を使っているのは
彼が白教の不死の使命の関係性から墓王の眷属の誓約を知っていたからとか?
それならエルドリッチがニト自体を食べてなくても墓王の剣を使える理由になりそう

またそれならエルドリッチ本人もニトが人間に施した枷の椎骨についての知識があったのかもしれない
加えてアマナの祭壇の経緯を知っていれば神の枷を外すために人喰いにたどり着くのは当然だったのだろう
あるいはエルドリッチの人喰いは始まりの火を継ぐ前の人間時代のことだから
当時は単に人間性を溜め込んで白教らしく注ぎ火の秘儀を始まりの火で行うつもりだった?
薪の王として蘇った時に目的が神の枷を外すことへ変わったとか

ただ結局エルドリッチはこうした白教の使命の全てを投げうって深海の時代を目指したわけなんだけど

186 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/08(土) 09:56:15.92 ID:tp6C4LXid.net
>>185
エルドリッチが白教の不死の使命を知ってたので注ぎ火の秘儀に使う
人間性を溜め込むために人喰いをやってた可能性はありそうね
けどアマナの祭壇や唄うデーモンについてまで知ってたってのは流石にないだろう

187 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/08(土) 13:50:34.75 ID:Y41hU2ks0.net
>>彼は陰った火の先に、深海の時代を見た 故に、それが遥か長い苦行と知ってなお 神を喰らいはじめたのだ
結局これは深海の時代を目指したのか、深海の時代に対抗しようとしたのかどうなんだろう

188 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/08(土) 14:10:38.78 ID:KEx55nEXa.net
>>187
黙ってても深海の時代が来るんだから対応する為の
神喰らいでしょ
おぞみと共に深くあり狂わぬ程の物語ってあるしね
深海の時代に適応できる存在に生まれ変わろうとし
たんでないの?

189 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/08(土) 14:15:33.12 ID:iS+Y68Ppa.net
>>185
そもそもとしてエルドリッチは王になった時点で蕩けたスライムになってる という事は既に王になる過程で枷を破壊して火の封を壊すとこまで辿り着いたと思われる 1の闇の王ルートまんまの軌跡を辿った訳だ

190 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/08(土) 21:31:12.74 ID:Vc2kqLZg0.net
>>186
アマナ祭壇についてまで白教が把握してたってのは流石に厳しいか
一応聖職者でこの辺まで来た人間がいないか調べてみて不死廟にいたにはいたけど、
無名の簒奪者ことリンデルトのリーシュだからな、真っ当な聖職者とは言い難い

>>189
エルドリッチが薪の王になるより前に既に神の枷は外れていたのか
にも関わらず火を継いだってことはかつてのエルドリッチは紛うことなき白教の聖者だったのだろう
闇の王になることを選ばずに人に掛かった神の枷を守る道を選んだわけなのだから

エルドリッチの人喰いにはわざわざ孤児たちが用意されていたのだからおそらく白教の教会も共犯であり、
手段を選ばずに教会一丸となって注ぎ火の秘儀を実行しようとしていたのだと考えている
しかし、そこまでしてエルドリッチが薪の王の玉座に至って知ったのはいずれ全ての神の枷は壊れるという真実で
神の枷を外すような真似行った火継ぎですら何も変えられない無力感に彼は絶望したのだと思う

きっと深海の時代を目指したのはある種の開き直りで、神の枷を自分たちから外して枷無き世界に適応するつもりだったのかな
神の枷が外れ、人の姿が保てないおぞましい世界でなお狂わずに済むための力を求めたって感じ?
そしてエルドリッチが知った神の枷の真実と彼が崇めるに値する聖者だったことから深みの信仰が生まれたのだろう
ある意味深みの信仰は神の枷、枷の椎骨に関して積む者たちとは鏡合わせの思想なんじゃないかな

191 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/08(土) 22:22:54.05 ID:qEEk31nRa.net
深み信者が求めていたのは狂わぬ程の「物語」、つ
まり信仰の対象
エルドリッチは深海の時代の神になろうとしてたん

深海とは全てが深淵に飲まれて極まった状態なので
自我を保ち生きていく為には闇術の必要能力と同じ
強い信仰と理力が必要なわけ。
ウォルニールは聖剣と腕輪=信仰、マヌスは魔術師
だから理力と思い人への郷愁によって深淵の中で存
在を保ってたんだけど、深海の時代は全てが闇の中
なのでどうしようもない
そこでエルドリッチは闇を照らす月の力を必要とし
たんだわね
簡単に言えば太陽が沈んじゃったら今度は月で皆を
照らしてあげればいいじゃないってこと
でも多分みんな一度深淵に溶かされてから生まれ直
すから以前とは全く違う生き物になるんじゃないか
ね?

192 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/08(土) 22:28:45.26 ID:ufjY4OPep.net
2のアマナに出てきた、亡者しか入れない祭壇(人間性ゼロだと生者に復活させてくれる)もニトが用意したんかな?
メタ的にはただの救済措置なんだけど、他に色々選択肢がある中で、
あえてニトの系譜が色濃く残るアマナの領域に置いたとしたら、
ディレクターには何らかの意図があってもおかしくないよな

193 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/08(土) 22:45:09.36 ID:Vc2kqLZg0.net
>>191
やっぱエルドリッチは神の枷無き深海の時代の神になろうとしてたってことになるよな
太陽が沈み、全てが闇の中で人を照らすのは月って表現は腑に落ちた

ただ神喰らいの意味、神を喰らえば神になれるのかが確信できない
ゲールお爺ちゃんが小人の王を食べてダークソウルを身に宿していたのと同じ感じなのだろうか?
神と人の違いについて分かるテキストがあればいいのだけど…

194 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/08(土) 22:54:31.98 ID:tp6C4LXid.net
>>192
上に輪の都の解呪の碑に似てるって意見があったけど、
死者の塔の祭壇はアレや解呪石と同様に呪いを押し付ける対象なんじゃないかな
ニトが管理したかったのは死じゃなくて呪いだった?

195 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/09(日) 01:37:32.28 ID:Zoc5K6630.net
>>193
器さえあれば神になれるんじゃないのか? 爺は強いソウルを宿せるほど強い身体じゃなかったからああなっただけで
枷を外して際限の無くなったエルドリッチなら神にもなれると思う

196 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/09(日) 01:51:23.50 ID:f4TIV4YK0.net
設定が曖昧だからといってそこになんでも盛り込むと話してる本人は気持ちいいかも知らんが聞いてる方は二次創作読まされる気分になるぜ

197 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/09(日) 02:48:49.27 ID:ga82r2CYa.net
>>193
ファリス→エブラナの例や薪の王達も神扱いだし、
クァトも聖女から女神になってるしで神と人の違い
はハッキリとはしてないね
奇跡として語り継がれる存在なら神って感じじゃな
い?

198 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/09(日) 03:06:24.48 ID:Zoc5K6630.net
ハベルもそんな感じするよね なんとなくだけど

199 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/09(日) 03:29:38.46 ID:0SW78LXLp.net
プレイヤーに没入感を与えるギミックとしてメタ的な説明を徹底的に避けるのは凄く好きなんだけど、フロムのそれはもう病的だからな…
世界観の設定資料って古今東西幅広いゲームで販売してるけど、ACもソウルシリーズもフロムゲーは謎は謎のまま放置。
アートワークスや攻略本でも意図的に設定解説を除いてるとしか思えなかった。
ソウルシリーズの解説本+サイドストーリー集みたいなのがもし出たら、本編以上の値段だとしても買うのになあ

200 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/09(日) 06:15:00.31 ID:BSPh3HNj0.net
ACはなんか文芸設定の本出てたろ

201 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/09(日) 13:17:31.02 ID:adxGtviTa.net
>>193
神だから食べたんじゃなくてグウィンドリンだから食べたんじゃないの?
グウィンドリンって最初の薪の王の直系でしょ?

202 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/09(日) 19:51:54.73 ID:LWReYjug0.net
ACはオペ子がインタビュー形式で設定解説する本出てたしブラボもデザインワークスで月の魔物=オドンとかしれっと重大情報書いてたんだっけ
ダクソはシリーズでストーリー繋がってるけどスタッフ代替わりしてるのか設定とっ散らかってるしそういうの出しづらそうではある

203 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/11(火) 00:09:00.09 ID:1NUYlmXHa.net
趣味で糞団子の考察してるんだけどさ、効果が猛毒
って最初は笑わせにきてるのかと思ったけど流石に
やり過ぎだよなあと感じて考えてたんだが、
あれって人間が排泄した物=穢れた人間性やら呪い
が凝縮された物だから闇の霧みたいに体を蝕むのか
ね?
別の案で、不死は死体みたいなもんだから糞団子→
腐れやら微生物によって土に返されるから肉体を蝕
まれるって線も考えた
どちらの効果なのかそれとも両方なのか?
いずれにしても不死にとって呪いみたいな作用する
からニト様からのありがたい賜り物なんじゃあと

204 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/11(火) 00:19:55.10 ID:1NUYlmXHa.net
断っておくが、オレは大真面目だぞ

205 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/11(火) 00:37:38.87 ID:+dGzwQob0.net
前者じゃないかな?
糞団子は1と3では瑞々しいって表現されてるけど、人の持つダークソウルの特徴の一つに湿り気がある
例えば3の絵画の腐れや吹き溜まりの湿り人、深海の時代とかね
それと糞団子のテキストに2では開き直れば平気なもの、3では懐古を感じるものって表現があるし、
まとめると、開き直れば懐古を感じるものって考えることもでき、そういう意味でもダークソウルに似ているかも?

206 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/11(火) 00:39:30.98 ID:bPfrtxFf0.net
>>203
そうすると、巨人であるゴーの糞団子にも猛毒の効果があるのがおかしい。
ゴーは神族で人間性は持ってないからな。

戦場で糞が毒として使われたのは有名だし、深い意味はないと思うけどね。

207 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/11(火) 01:13:24.73 ID:PZle8ETz0.net
しかもあったかふわふわで交換できるあたり温かくてふわふわなんだよね糞団子
マヌスのソウルのどろりとして生あたたかい、優しい人間性の塊云々って記述とも合致するしわりと馬鹿にできない説ではあると思う
まあ糞団子=人間性は飛躍しすぎ感あるけど両者似通ったものはある的な感じかね

208 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/11(火) 01:45:41.95 ID:tqf6bh1pa.net
>>206
ゴーは巨人でしょ? ヨルシカが巨人も人間って示唆する事言ってたし
ゴーは神族でも無いのに四騎士に選ばれたから快く思わない神族の妬みを買って樹脂で塞がれたんじゃないっけ

209 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/11(火) 03:28:51.35 ID:op/kBf+qa.net
スルーされると思ったら意外とみんな大好きなんだなぁ
ゴーの販売は失念してたなぁ 自分の中で巨人をど
う扱ったらいいかしっかり定義できてないから再考
の余地ありだね
ありがたい
ただ武器に塗布して使う腐れ松脂よりもぶつけるだけの大便の方が毒性が強いってのが疑問の始まりだったんだよね
汚い話ばかりで申し訳ないが、人の膿って表現も膿
ってことは悪い物が凝縮されたもんだからネガティ
ブな形で人間性の側面が強く発現してるんだろうか


210 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/11(火) 17:36:00.92 ID:+dGzwQob0.net
3のヨルシカの発言は薪の王である巨人ヨームが人間だと示しているけど巨人全体がそうなのかはわからないんだよね
ただ2のヴァンクラッド王が不死廟で巨大化していたりしているので巨人もまた神の枷が歪んだ人間の一形態だと考えている

それと2の樹木の巨人は3に出てくるハーラルド戦士団連中と同じようなアプローチを取った存在なんじゃないかな
暗い魂を求めた人間がダークソウルの力を手にしたはいいものの顔に暗い穴のようなものが開いてしまった、みたいな?
ロンドールの亡者の王の暗い穴や、輪の騎士の胸の穴はこのアプローチをより洗練させたものだと思う

余談だけど、2の黒渓谷に出てくる巨人兵はたぶんアン・ディールが自国民に暗い穴を開ける実験を施して幽閉したものかもしれない

211 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/11(火) 18:25:04.47 ID:se+f5kW7a.net
>>210
巨人たちが何かと目隠し?されてる点も気になるん
だよね。火防女と同じく光を求めない様に?
巨人墓場にニトが居るのも眠らせ続ける為=巨人が
不死の力を持ってると考えられなくもないし
ダークリングやニトの枷とは意味合いが違うかもし
れないけど、何かと鎖で繋がれたり足の腱に楔を打
ち込まれてたりと物理的な枷が掛けられてるね

212 :ゲーム好き名無しさん :2018/12/11(火) 19:28:44.90 ID:ouoKV5u/M.net
薪の王の中で一人だけ巨人だったとしてもそれ以外は人だろうし
ヨームも人間だとかそういう意図で話したのではないと思うんだけどな

ヨルシカはグウィンの末裔とはいえイルシール以外のことは何も知らないようだったし
ドリンが用意したと思われる透明通路にも気付いてないことからすると
イルシールの外の知識は何も持ってなくて、火継ぎについては誰かが用意した筋書きを話してるだけなんじゃないかな

86 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :

read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★