2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

佐藤大輔 105

1 :名無し三等兵 :2021/04/11(日) 22:39:14.51 ID:YyFJWy7B0.net
!extend:checked:vvvvv
!extend:checked:vvvvv

佐藤大輔氏は虚血性心疾患の為、2017/3/22に逝去されました。
ご生前のご功績を偲び、心からご冥福をお祈り申し上げます。

最近刊
 レッドサンブラッククロス(愛蔵版)I-III、全短編 中央公論新社

近刊
 地球連邦の興亡1-4 、地球軍陸戦隊 (中公文庫)
 帝国宇宙軍 1: -領宙侵犯-  (ハヤカワ文庫JA) 文庫 佐藤 大輔 (著)
 遥かなる星 1-3  (ハヤカワ文庫JA) 文庫 佐藤 大輔 (著)     
 エルフと戦車と僕の毎日 I-II (カドカワBOOKS) 単行本 佐藤 大輔 (著), 竿尾 悟 (イラスト)  
 征途(愛蔵版) 中央公論新社

【2ch】佐藤大輔関連過去ログ倉庫【各板】
http://www.geocities.jp/kako2ch_4/daisuke_s/ *geocitiesサービス終了に付き閲覧不能

前スレ
佐藤大輔 104
https://mevius.5ch.net/test/read.cgi/army/1594561324/
VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvv:1000:512:: EXT was configured

2 :名無し三等兵 :2021/04/12(月) 05:00:21.70 ID:Ew+4JbSrp.net


3 :名無し三等兵 :2021/04/12(月) 20:01:45.19 ID:hFeKaq0ha.net
いつおつ

そういえば、御大の作品は飯テロ描写が多かったですな

4 :名無し三等兵 :2021/04/12(月) 20:09:59.48 ID:JMumBcG9p.net
てろり〜ん♪ 鼻から牛乳〜♪

5 :名無し三等兵 :2021/04/12(月) 21:16:49.25 ID:mKj5cWUB0.net
>>3
美味しそうな描写は皇国からのイメージ

6 :名無し三等兵 :2021/04/12(月) 23:41:37.27 ID:03DoWqdx0.net
煙草や酒類ならRSBCでも幾らか描写はあったな。

7 :名無し三等兵 :2021/04/13(火) 00:22:39.56 ID:BJ84DKLR0.net
酒はまぁ酔ってるだけで、美食系描写という感じでもなかったな。皇国の同期会は美味そうだった。

煙草はどの作品でもよく吸ってたが、あれは実体験に基づく間合いを感じる

8 :名無し三等兵 :2021/04/13(火) 10:06:26.42 ID:5oDH/4go0.net
ナチ党幹部のハイドリヒやシェレンベルクは流石にいい酒飲んでたな

9 :名無し三等兵 :2021/04/13(火) 10:28:35.69 ID:NinKDWzHa.net
地連世界だと地球産ってだけでプレミア価格になってるんだっけ?
幻のカルフォルニアワインとかアイラモルトとかそんな記述があった気がした

10 :名無し三等兵 :2021/04/13(火) 10:53:07.89 ID:5oDH/4go0.net
欧州や北米のウィスキーの産地が戦災で少なからぬ被害を被った反面、日本は広島・長崎以外の本土は
ほぼ無傷であったから、日本果汁や寿屋の国産ウィスキーは史実よりも早期に採算ラインに乗っていそう。

高梨法務少佐も北米に赴任する前にそれらの国産ウィスキーを都内で購入していましたが。

11 :名無し三等兵 :2021/04/13(火) 23:17:16.22 ID:haPIVxEQ0.net
RSBC世界ではスコットランドもケンタッキーもドイツ勢力圏なので、
枢軸側のウイスキー愛好家は自然と山崎と余市に結集せざるを得ない、みたいな。

12 :名無し三等兵 :2021/04/13(火) 23:59:40.22 ID:96VlG6yX0.net
ダンケルク作戦の引き上げ対象になってそうな気がする

13 :名無し三等兵 :2021/04/15(木) 16:21:43.91 ID:Tqokc65v0.net
>>11
そしてWWV終結後、主要国の復興が進むとスコットランドやケンタッキーの醸造所も順次操業を再開し、
余市や山崎に対して「こちらこそが本家」とアピール

14 :名無し三等兵 :2021/04/15(木) 17:37:54.61 ID:UaFngg+S0.net
>>12
設備はともかく気候は持っていけないな。

設備もよほど、「嵩張らずかつ価値のある」ものでなければ持っては行けない。
人とノウハウ(技能と知識)が最大の財産として対象になろうが。

15 :名無し三等兵 :2021/04/15(木) 17:41:32.82 ID:UaFngg+S0.net
でも、当てもなく人を引っ張り出せるのかな。占領下でも酒造りくらいさせるだろうから、残る人多そう。

そんな中で新天地を目指す人の話か。それはそれで興味深いな。英連邦(カナダ?)で新たな酒か。ケベックに行ったら酷いことになるが

16 :名無し三等兵 :2021/04/15(木) 18:15:50.27 ID:Tqokc65v0.net
遥かなる★のWWV以降の世界線だと、北米の大半は大量の戦略反応弾による被爆とフォールアウトで汚染され
ウィスキー生産どころでは無くなっていそうだし、英国本土もフォールアウトによって甚大な被害を被っているから、
ウィスキーの生産再開はかなり厳しそう。

それに対して日本は1962年の時点でサントリーやニッカのウィスキー生産もかなり伸長していたから、この大戦を
ほぼ無傷で切り抜けた日本は否応なく戦後のウィスキーの中心地になりそう。

ちなみに当時のニッカ社長竹鶴の愛妻エリーはWWV前年の1961年に亡くなっている。

17 :名無し三等兵 :2021/04/15(木) 18:18:11.70 ID:hdlnRdDda.net
>>16
星世界の英本土って米軍の駐屯地に少しだけ核攻撃されただけじゃなかった?

18 :名無し三等兵 :2021/04/15(木) 18:23:07.79 ID:0RETGD2Ka.net
>>17
欧州本土に多数落とされた反応兵器のフォールアウトでやられた

19 :名無し三等兵 :2021/04/15(木) 20:12:09.07 ID:UaFngg+S0.net
ほとんどはヨウ素で被害も初期に集中していそうな予感。
人はともかく(外道)土地はすぐに回復するといいな。

ただまあパナマ開通で海流が変わってロクな作物とれないみたいな説が以前あったと思うが、そんなんならアウトかな

20 :名無し三等兵 :2021/04/15(木) 21:31:45.22 ID:3omX23TF0.net
WW3で特に被害が大きかったのって北米次いで欧州半島かね?
どさくさ紛れに核攻撃されてた中国も酷いことになったのかもしれないけど

21 :名無し三等兵 :2021/04/15(木) 22:14:18.76 ID:UaFngg+S0.net
面積的に狭くて大人口が集中している西欧は破滅的だろうな。こっちの方がひどかったり。
西独は戦術核を軍隊目掛けて打ち込むとして、都市部はどのくらいやられたんだろうか。
仏は(自業自得で)とばっちりを自ら受けに行ったから、悲惨の極みだろう。基本、大ちゃんは仏伊の扱いが酷いし……

22 :名無し三等兵 :2021/04/15(木) 22:31:04.76 ID:rglC4mJ5a.net
90年代序盤で黒木先生か原田会長が五胡十六国もかくやとか言及してた程だから
疲弊しまくりだろ

23 :名無し三等兵 :2021/04/16(金) 08:30:30.62 ID:PXSFESI60.net
学術会議が軍事研究禁止とか言って妨害しなけりゃ、今ごろ全国民が国産ワクチン接種完成してたんだが

24 :名無し三等兵 :2021/04/16(金) 10:22:54.87 ID:gIVDQsH10.net
>>19
核も空中爆発ならともかく地上爆発したものが多数あったらその後の回復はかなり難しいぞ

25 :名無し三等兵 :2021/04/16(金) 10:43:53.65 ID:gr+kJNGJd.net
>>24
英国は米絡みの基地など2発だけだから、大部分は欧州大陸からの降下物

26 :名無し三等兵 :2021/04/16(金) 10:44:30.48 ID:lqoBaKlz0.net
>>10
高梨法務少佐が洋酒を買う為に立ち寄った店では本場英国産のウィスキーも置いてありましたが、
とんでもない高値が付いていたと書いてありましたな。

あれは密輸品かそれとも1940年以前に輸入された残りだったか。

27 :名無し三等兵 :2021/04/16(金) 11:36:01.68 ID:m2pYLwrza.net
星世界でのソ連軍の核攻撃の被害を受けたって描写あるのは
北米
欧州
中国
日本(沖縄)
だけだっけ?

28 :名無し三等兵 :2021/04/16(金) 11:57:03.69 ID:lqoBaKlz0.net
>>27
フィリピンやグアムの米軍基地にも大威力反応弾攻撃が行われたという記述があったし、おそらくハワイも同様でしょう。

そして中南米の要衝パナマにも試製50メガんトン級弾頭複数が撃ち込まれて大規模な地殻変動を起こし、元の運河地帯が
船舶の通行が可能な海峡と化していました。

29 :名無し三等兵 :2021/04/16(金) 12:24:28.21 ID:b0Y1F7dC0.net
星で中華民国(=台湾)はどうなったんだろう?
WW3勃発時に国連加盟してた中国って台湾の中華民国のことだよな。
作中で具体的な記述ないけど。

30 :名無し三等兵 :2021/04/16(金) 16:03:23.91 ID:916xoy3pp.net
「遙かなる星」、ソ連がついでとばかりに中国へ核攻撃したのを最初に読んだ時は大変衝撃を受けたし、腑に落ちた
確かに国が半分廃墟になるならついでに焼くか

31 :名無し三等兵 :2021/04/16(金) 16:18:07.98 ID:LjUkr82I0.net
>>29
開戦がアルバニア決議前の出来事だし、大陸中国がアレだから無事ならそのまま常任理事国という線もあるんだが。
二巻では理事国から除かれたのは米仏ソの3国で、かわりに日印豪。
三巻では日英豪印伯が理事国とあるので、知らぬ間に消えた可能性

32 :名無し三等兵 :2021/04/16(金) 16:18:52.40 ID:m2pYLwrza.net
ソ連の核の被害って核施設の壊滅以外は描写されてたっけ?
後でブレジネフが餓死者が出ないのが不思議って言ってたくらいだから大混乱には当然なってたんだろうけど

33 :名無し三等兵 :2021/04/16(金) 16:56:03.85 ID:LjUkr82I0.net
あちこちやられてはいるだろうけど、米国ほど全面的に被害を受けている訳ではないのというところまでは確かか。

核生産設備以外で明記されたのは指揮センター(なんと言ったかな?)が吹き飛ばされたくらいかね。
米の潜水艦が「ほとんど」発射出来なかったとあるように、逆に一隻か二隻だけなら都市攻撃成功してそうだし、結構な死者も出てるし

34 :名無し三等兵 :2021/04/16(金) 18:31:53.35 ID:+/i9IJ7/0.net
>>23
何その陰謀論。
国内でのワクチン開発が完全に出遅れたのは、
ひとえにこの20〜30年くらいの政府(大半期間において自民政権)が「選択と集中」とやらで
基礎研究予算を絞りに絞り続けたことの当然の帰結でしかないよ。
学術会議の側はむしろ分野を限定せず基礎研究全体にもっと金をバラまけと一貫して主張していたのであって、
その通りにしていたら国産ワクチンも実現できていたかもね。

35 :名無し三等兵 :2021/04/16(金) 18:36:34.68 ID:H7hlys3tM.net
ああ、鮭先生の要塞シリーズでいう所のジグリ要塞やね
クイビシェフだったか?

36 :名無し三等兵 :2021/04/16(金) 18:42:08.88 ID:+/i9IJ7/0.net
>>28
パナマが海峡になるのは「宇宙空母ブルーノア」のオマージュかなと思ってるけど。

ただ、あそこはわりと台地になってるところに閘門を作って運河を通しているし、地峡の幅も80kmあるので、
50メガトン級を複数発といえど、土砂を全部吹き飛ばして海にしちゃうのはかなり大変そうだけど。

37 :名無し三等兵 :2021/04/16(金) 18:45:30.63 ID:rCVxE0ePa.net
>>34
民主党政権の愚行を塗り潰ししようとしても無駄w

「事業仕分け」でワクチン開発補助金切ったのは鳩山政権とR4で、
マスコミも共犯。
後暗躍した財務省な。

38 :名無し三等兵 :2021/04/16(金) 19:07:11.69 ID:+/i9IJ7/0.net
>>37

ファクトチェック:「事業仕分けで4学会廃止」は誤り 拡散したアカウントの対応は | 毎日新聞
ttp://mainichi.jp/articles/20210406/k00/00m/010/020000c
| 「日本で新型コロナウイルスのワクチン開発が成功しないのは、民主党による事業仕分けで『日本ウイルス学会』など4学会を廃止したことが原因」――。
|新型コロナを巡ってワクチン開発や確保に注目が集まる中、こんなツイートが拡散している。しかし、事業仕分けの対象は学会の存廃ではなく、
|しかも4学会が廃止された事実はない。

39 :名無し三等兵 :2021/04/16(金) 20:09:33.11 ID:HSdwfcaq0.net
>>38
毎日新聞はそもそも戦前の「東京日日新聞」時代から虚報の総本山だったことについてw

因みに戦後は準強姦してソース盗ませた事も有るなw

40 :名無し三等兵 :2021/04/16(金) 20:14:46.24 ID:LjUkr82I0.net
>>35
ああ、ジグリだった。ドニエプル河畔の。

41 :名無し三等兵 :2021/04/16(金) 23:35:35.53 ID:tvzmnJMs0.net
もともと昔から日本はあんまり製薬企業の新薬・ワクチン開発能力が高くないうえ、90年代からこっち
メディアや反政府活動家がさんざっぱら針小棒大に薬害だなんだとワクチン害悪論をばらまきまくった
おかげで世界的に見ても顕著にワクチン忌避感の強い国の一つになり下がっているので、国も企業もわざ
わざ火中の栗を拾う意欲に欠けるからの。
まあ、これでも10年前のSARS騒動のおかげで疫病リスクが認知されるようになり、以前よりは予算も権限も
付くようになっていたそうだけれど。

HPVワクチンがらみのデマで糾弾された厚労省課長が、子宮けいガンの多発を受けていまさら大騒ぎし始めた
メディアになぜ厚労省はHPVワクチンを再推奨しないか問われ・・・
https://www.buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/shoubayashi-3
『それが科学的に正確だとおっしゃるなら、なぜ自らそういう報道をしないんですか?
 なぜ、報道のきっかけをこちらに求めようとするんですか?
 あなた方には世論への強い影響力がありますよね。
 マスコミの側で責任を取って、世論を戻せばいいじゃないですか。
 メディアが世論を変えてしまった責任まで行政にあるのでしょうか。』

42 :名無し三等兵 :2021/04/17(土) 02:50:17.36 ID:oSGH4nutp.net
学術会議が軍事研究禁止とか言って妨害しなけりゃ、今ごろ全国民が国産ワクチン接種完成してたんだが

43 :名無し三等兵 :2021/04/17(土) 09:12:45.43 ID:DJymhg1W0.net
>>36
>50メガトン級を複数発といえど、土砂を全部吹き飛ばして海にしちゃうのはかなり大変そうだけど。

だから他所の考察では
「50メガトン級融合弾複数の直撃の後に大規模な地殻変動が誘発され、亀裂が拡大して海峡化したのでは?」
なんて言われてましたね。

>>33
2巻でのブレジネフとアンドロポフの会話だと、米国の限定的な報復攻撃でも約2000万人の死者を出した
(それでもスターリン時代の犠牲より少ない)なんて言っていたし、欧州やシベリアで多くの子供らが放射線障害で
苦しんでいるような事も言ってました。

後者のシベリアの被害は、日本海に突入した空母キティーホーク戦闘群が自殺的な報復反応弾攻撃で極東方面の
軍事拠点の殆どを吹き飛ばしたから、その際の人的被害らしい。

44 :名無し三等兵 :2021/04/18(日) 17:30:52.58 ID:sPGWGhs1M.net
今更虚栄の掟を読んでみたが、トライロールは3巻と揶揄されたことから取ったんだろうか?

45 :名無し三等兵 :2021/04/18(日) 17:50:42.00 ID:hkIhPggk0.net
星世界だとウイスキー、バーボンもそうだが、フランス産ワインも全滅なのか。

46 :名無し三等兵 :2021/04/18(日) 18:50:03.18 ID:7JjWUl8Ya.net
小惑星爆撃で直撃受けてブリテン島が氷漬けって言う位だから全滅だろ?
世界各地の飲食店や酒屋に残ってるのが全てとしか

47 :名無し三等兵 :2021/04/18(日) 20:18:16.06 ID:PhI9wVcz0.net
>>43
地殻変動の方が何か無理っぽい

>>46
それ星じゃなくて地連

仏は農地まではボコボコにされてないかもしらないけど、誰が耕すんだか……

48 :名無し三等兵 :2021/04/18(日) 20:22:40.34 ID:bKS3Y/hW0.net
何気に帝国宇宙軍がかなり好き(になれそう)だった
たぶん御大の宇宙SF系だと一番世界観的に好きだわ
あのヘンテコながら完全民主的かつ立憲君主制(事実上の象徴大統領だろあれ)な銀河帝国
遥か母星へ帰還する為だけの、人工的な求心力を作り上げたある種の悪ふざけ感が、如何にも御大らしかった

最大の問題は1巻にして最終巻だという事
せめてもの救いは、少なくとも続巻を求めて10年単位で待ち続けることを最初からしなくていい事

49 :名無し三等兵 :2021/04/18(日) 20:48:14.27 ID:HBuhO4eT0.net
>>48
俺も帝国宇宙軍には期待していた
限りなく御大の遊び心に溢れる会話、「トランプ一世は嫌ですね」で笑い転げた
そこまでの宇宙を扱った作品、星や地球連邦も大好きだったけど、宇宙軍は無限の可能性を感じていたな
新刊にして最終巻という終わり方もある意味最高なのかもしれない

50 :名無し三等兵 :2021/04/19(月) 08:32:47.45 ID:DjrwXIQca.net
SF史上最も民主的な銀河帝国か?
字面としてスターウォーズや銀英伝、ファウンデーションシリーズ等、
何れかのイメージが真っ先に思い浮かぶだろうからな

51 :名無し三等兵 :2021/04/19(月) 22:38:00.97 ID:abw17UCA0.net
まず君主の選定と帝位継承権の根拠が、血筋じゃない時点で『皇帝』って何よって感が凄いからな

52 :名無し三等兵 :2021/04/19(月) 23:00:39.19 ID:q9mXovco0.net
Imperatorの原義に立ち返ったって気もするけどね

53 :名無し三等兵 :2021/04/20(火) 00:23:15.24 ID:z7ddqTKZ0.net
アシモフの銀河帝国皇帝って世襲制なんだっけ?

54 :名無し三等兵 :2021/04/20(火) 00:27:02.30 ID:H44Vtown0.net
>>47
>地殻変動の方が何か無理っぽい

でも50メガトン級反応弾複数の直撃だけでパナマ地峡を恒久的な「海峡」に作り替えるのはもっと地勢的に無理があるから、
辻褄合わせとしてはアリなんじゃないかと。

北米と欧州の産業地帯が壊滅してパナマを通る船舶需要そのものは戦前より大きく減少したとはいえ、曲がりなりにも
船舶が通行可能な海峡とかしたパナマは軍事的にも経済的にも価値の高い地形的要衝のはず。

しかし作中の描写では1980年代末になっても日本もソ連もここを抑えていないっぽいから、未だにメガトン級反応弾の
炸裂後の残留放射能が酷過ぎて人が住めない状態なのだろうか?
地殻変動も鍬ったなら地震などのリスクもありそうだし。

海峡と化したパナマが水路やクレーターで東西の海が繋がったとはいえ、大規模な工事やメンテをする勢力が無く
十分な深さや幅は無いのなら、あまり大きな船は通れないかも知れませんが。

55 :名無し三等兵 :2021/04/20(火) 03:23:49.57 ID:wrc+DPox0.net
>>54
無理なのかな。昔そんな事言ってた人が居たのは覚えているけど、自分で妥当性までは確認してないからホントなのかな。

56 :名無し三等兵 :2021/04/20(火) 09:48:29.27 ID:w7F/5D160.net
ソ連は実際に核掘削による運河建設を始めたけど国際的非難を浴びて中止した
佐藤じゃないからエビデンス探す気にはならないけどパナマ拡幅は不可能じゃないだろう

57 :名無し三等兵 :2021/04/20(火) 09:57:10.28 ID:w7F/5D160.net
うっかり拡幅と書いちゃったけど必要なのは途中の高所にある湖の底を数十m下げることだな

58 :名無し三等兵 :2021/04/22(木) 18:46:12.90 ID:u7c+G9R+0.net
>>53
ローマ史に倣って書かれたから世襲と軍団の推しとの混合じゃないか

59 :名無し三等兵 :2021/04/22(木) 23:58:36.66 ID:Ms1URqrK0.net
>>45
西欧諸国の大半は被爆によりワイン産地は壊滅したでしょうが、スイスは風向きの関係か比較的被害が軽く、
戦後装輪装甲車のピラーニャを製造・輸出できる程度には国力を保っているから、スイス産のワインは
戦後も飲めたりして。

60 :名無し三等兵 :2021/04/23(金) 14:30:16.67 ID:4WSv1rNT0.net
学術会議が軍事研究禁止とか言って妨害しなけりゃ、今ごろ全国民が国産ワクチン接種完成してたんだが

61 :名無し三等兵 :2021/04/23(金) 15:07:03.07 ID:T1THaczy0.net
>>59
ああ、スイスワインが飲めるならそれはそれでいいかな。

それとイタリアってどうなったのかな
1960年代に核でボコボコにされるような重要拠点になってる?
南部だけでも(土地が)大丈夫なら、ワインはありがたいのだけれど。
あとレモンチェロが残ってると嬉しい

62 :名無し三等兵 :2021/04/23(金) 15:29:51.10 ID:Yagj5ESK0.net
>>61
1962年のキューバ危機の際には、トルコと共にイタリアにもソ連に向けられたジュピター中距離反応弾頭ミサイルが配備されていましたしね。

史実ではトルコのジュピターミサイル撤去の代わりにキューバのミサイルも撤去と言う取引が成立して核のパイ投げ合戦はせずに済みましたが。
しかし☆世界では取引は失敗し、イタリアのジュピターミサイルが配備された基地は、ソ連軍の最優先攻撃目標として反応弾を撃ち込まれ
おそらく蒸発してしまったでしょう。  以下ジュピターミサイルのwikiの項目から引用。

ジュピター (ミサイル)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%94%E3%82%BF%E3%83%BC_(%E3%83%9F%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%AB)
(前略)
1959年4月、空軍長官は2個ジュピターMRBM中隊をイタリアに配備する実施命令を空軍に出した。
1961年から1963年まで合計30機のミサイルを持つ2個中隊がイタリア国内の10のサイトに配備された。

ミサイルサイトはNATOの戦力としてイタリア空軍の要員によって運用されたが、核弾頭の安全装置の制御はアメリカ空軍の人員によって行われた。
これらのミサイルはイタリア南部のプッリャ州にありワインで知られるジォイア・デル・コッレ (Gioia Del Colle) 空軍基地に配備され、イタリア空軍
第36戦略航空阻止中隊(36o Aerobrigata Interdizione Strategica) によって運用された。
(中略)
ジュピターMRBMが配備されたイタリアの基地において、1961年の10月半ばから1962年8月の間に核出力 1.4 Mt(5.9 PJ)の熱核弾頭を搭載した
(中略)
トルコに配備された時点ですでにジュピターMRBMは時代遅れとなっており、ソ連の攻撃には無防備の状態であった。
ジョン・F・ケネディ大統領は、1961年1月に就任するとすぐに、すべてのジュピターMRBMの退役を命令している。
しかしながら空軍は退役を延期し、1年後に大統領がこれを知り激高したといわれる。

その後のキューバ危機の際、アメリカはトルコ配備のジュピターMRBMを交渉材料に用い、トルコのジュピターMRBMを撤去するのと引き換えに
キューバからR-12(SS-4)を撤去させることに成功する。 すべてのジュピターMRBMは1963年4月までに作戦配備からはずされた。

63 :名無し三等兵 :2021/04/23(金) 15:42:23.80 ID:t2H4WZCv0.net
星世界の日本以外のアジアって
中国→ソ連の核攻撃を受ける
韓国→北朝鮮の侵攻で滅亡?
南ベトナム→北ベトナムの南侵を受ける?
フィリピン→米軍基地に核攻撃
オーストラリア→常任理事国になってることからWW3での損害はあっても少なかった
あたりになるのかね?
回りに元気な味方がいないから北ベトナムは統一に失敗してるかもしれないけど

64 :名無し三等兵 :2021/04/23(金) 17:04:10.33 ID:T1THaczy0.net
>>62
>イタリア南部のプッリャ州にありワインで知られるジォイア・デル・コッレ (Gioia Del Colle) 空軍基地に配備

こりゃアカン

>>63
南ヴェトナムは合衆国の援助が切れてすぐアウト
韓国はどうなんだろうな。核配備されてそれが把握されてたら完全にアウトだし、そうでなくとも米主力か司令部の所在地には一発くらい落とすだろうし……

65 :名無し三等兵 :2021/04/23(金) 17:26:25.06 ID:BQTwIPEca.net
アメリカが滅んじゃったから分断国家は軒並み東側陣営に併呑されちゃってるよな
他にも対立してる地域ではアメリカからの支援が途絶えてガタガタだろうし
東西対立的には世界中真っ赤になってるんだよな

66 :名無し三等兵 :2021/04/23(金) 18:14:53.09 ID:zdyT9tA70.net
極東は米機動部隊が拠点を「吹き飛ばして」いるから、たぶん戦術核使用したんだろうけど。
浦塩攻撃の行きがけの駄賃で平壌に一発放り込んでるかどうか。
北が無傷なら韓国は厳しいな。どうやっても厳しいんだろうけど

67 :名無し三等兵 :2021/04/23(金) 19:17:27.14 ID:mMu1So6j0.net
>>64-66 当時の第三世界論的には、主権国家内で社会主義体制を取ることと国際関係で米ソとうまくやっていくのは健全に両立するはずではあったし。アメリカの反共ヒステリーで結構台無しにはされたけど…
とりあえずタンザニアはアメリカPKOに派兵してるくらいだから、内政不干渉前提の日本相手なら適度にやってるんじゃないか、あちこち。
(ラオスとカンボジアの王国体制も、共産ヴェトナムのインドシナでの宗主権を認めたら案外存続するんじゃないかな。インドネシアの65年クーデタはスカルノの不安定さが原因で普通に起こってるだろうけど)

半島については、「北海道侵攻」のライナーノートで、ソ連に従う形での北朝鮮の南侵は、中国との付き合い考えると多分ないとか昔書いてたんだが、
★だとその中ソがガチで始めちまってるし、史実以上に南侵は出来ないんでないかな。しばらくしたらソ連の傭兵として対中戦に出兵して満州利権獲得はあるかも知れん。
韓国は…アメリカPKOに医療大隊から始めて派兵+民間人大量渡航して、国連軍として表に出来ない後ろ暗いとこを民間ベースで引き受けて荒稼ぎ、ってのは相当あり得る気がする。KATUSA上がりも多いしな。

68 :名無し三等兵 :2021/04/23(金) 20:32:59.27 ID:KE51FZCUp.net
CIAが1970年に入手したワルシャワ条約機構の攻勢演習図によるとイタリア、バルカン、トルコに侵攻する計画もあったらしいな
実現性は乏しいけど

69 :名無し三等兵 :2021/04/23(金) 20:34:01.15 ID:KE51FZCUp.net
西欧侵攻に並行してらしい

70 :名無し三等兵 :2021/04/23(金) 23:06:26.75 ID:2qeD435LM.net
★世界の韓国
そりゃ厳しいよな、生殺与奪を日本が握ってるしな
迂闊に反日行動したら嫌味たっぷりな報復間違い無しだろうし

71 :名無し三等兵 :2021/04/23(金) 23:33:25.97 ID:GEl4YtX10.net
星世界の北米大陸、西ヨーロッパは北斗の拳のような世界、アフリカ大陸は暗黒大陸に逆戻りか。

手元に本がないから覚えていないけど、中東諸国はどうなったんだっけ?
日本はどこから石油を輸入することになったのかね。

72 :名無し三等兵 :2021/04/24(土) 01:17:16.12 ID:CgdPnKXva.net
中東は無事、日本が最大のお得意様になってる
でなければ2巻で「プラスチックをぞんざいに扱える国」になっていないわな
オーストラリアもそうなんだろうけど
オーストラリアでは小麦や牛肉、鉱物資源で日本がお得意様なんだろうな

73 :名無し三等兵 :2021/04/24(土) 01:20:05.50 ID:CgdPnKXva.net
晩年の大ちゃんがFalloutの3か4をやり込んでいたら…

74 :名無し三等兵 :2021/04/24(土) 01:25:41.48 ID:szrnpoSb0.net
>>71
西欧はソ連制圧下で極貧生活じゃないかね?
どこかで投げ出しはしそうだけど

75 :名無し三等兵 :2021/04/24(土) 01:26:41.35 ID:LoHDGl5c0.net
ヘヴィ・リフター機長が第五次中東戦争でサウジアラビアの軍事顧問やってたとかあった筈。

76 :名無し三等兵 :2021/04/24(土) 01:36:17.28 ID:CgdPnKXva.net
>>74
ソ連は旧西ドイツ辺りまで勢力範囲だった気が
寧ろ北欧(スウェーデン、ノルウェー、デンマーク)はどうなっていたやら…
フィンランドはドサクサで押さえていそうだけど

77 :名無し三等兵 :2021/04/24(土) 02:07:58.31 ID:2lAoqfUC0.net
西独はハッキリと勢力圏、会話では共産圏で餓死者を出さずに済むと言いながら
フランスはどうにもならんと言ってたから放置っぽいな
ベネルクスは行きがけの駄賃で占領くらいしてそうだし、小さいし、イチイチ言及するほどでもないし、独の1地方くらいの認識で会話してそうなくらいだしどうでもよさそう
(どっかの国は海面下に沈んでいるかもしれんが)

北欧は核打ち込まれなければ形式的には中立維持出来るかも(ソ連には面倒を見る余裕がないだろうから)

78 :名無し三等兵 :2021/04/24(土) 02:30:54.02 ID:LoHDGl5c0.net
低地諸国は小さいが、英国にとっては昔から変わらん地勢的要因のレベルで死活問題だ。英ライン軍団が死守の構えじゃないかやっぱり。
ソ連的に英国本体とは最小限の核応酬で手打ちしてるから、あえて獅子の尾を踏むこともなさそうな。
ただ英的に、低地諸国防衛にいずれどうしても必要になるんで、チーフテンはどんなに無理を押してでも完成されなけりゃならん訳だ。

フィンランドのソ連寄り中立は変わらんだろうし、手を出しても費用対効果が見合わなさ過ぎるのはフルシチョフの個人的体験で経験済みだし、放置だと思う。スウェーデンも同様、
ノルウェーとデンマークはNATOとは言え、西独侵攻が上手く行って米が消滅してるなら付き合い方を考える余地を示せばおkじゃないかな。

79 :名無し三等兵 :2021/04/24(土) 02:37:43.70 ID:2lAoqfUC0.net
>>78
うーん、そうなると西独までっていう本文描写のままでいいんだな

北欧はそっとしてもらってもご飯食べていくの大変そう。ロクでもない世界だな……

80 :名無し三等兵 :2021/04/24(土) 04:04:37.70 ID:8SNj4Blk0.net
星世界は、ヨーロッパや北米の穀倉地帯が壊滅したとすると、
アジアモンスーン地帯の世界的重要性が跳ね上がってそうな。

81 :名無し三等兵 :2021/04/24(土) 09:54:35.08 ID:1X6KXRU20.net
作中では出てこないけどソ連軍が黄河の堤防に反応弾ぶち込んだか
中国軍のゲリラ部隊がソ連軍阻止の目的で人為的に黄河を決壊させて
黄河の流れが史実と変わってる可能性もあるな
史実でも日中戦争時に黄河決壊作戦やってる国だし

82 :名無し三等兵 :2021/04/24(土) 12:32:38.14 ID:c2SLBzuM0.net
元々毛沢東の大躍進政策の大失敗で国力が疲弊しきっていた所に、キロトン級とは言えソ連から結構な数の
反応弾を撃ち込まれてしまったから、後の歴史解説資料とかでは人口半減みたいに書かれていましたね。

83 :名無し三等兵 :2021/04/25(日) 10:01:53.19 ID:wepqTUjaa.net
ソ連って日本への圧力やもっと直接的に侵攻を考えなかったのかね
自国もガタガタで崩壊した欧州の面倒も見なきゃならないでそんな余力無いか
日本の医療技術やらなんやらが必要って作中であったけど分捕るんじゃなくて好き勝手にやらせて
普通に売ってもらうほうが良いって判断だったのか

84 :名無し三等兵 :2021/04/25(日) 10:12:27.68 ID:CIJypq3C0.net
極東の軍事拠点が壊滅したので、遠く離れた裏口の整備からやりなおさにゃならんし
艦隊再建も水上艦は低調で、潜水艦重視になったし

これでは陸上はともかく渡洋侵攻はムリダナ

85 :名無し三等兵 :2021/04/25(日) 19:06:28.44 ID:mHYzdUT80.net
毛沢東 「」 (←長大な国境線=日本とモスクワとの距離の相当部分においてゲリラ戦遂行中)

日本もテコ入れしてるだろうなかなり。というか、日本国内の不穏分子は右の大陸浪人と左の「アメリカに平和を!市民連合(米平連)」あたりで国際貢献の意欲煽って外国へ自由意志で出るよう誘導してる気がする。

86 :名無し三等兵 :2021/04/26(月) 03:43:54.44 ID:x+4uzqMo0.net
AI佐藤大輔が欲しい

87 :名無し三等兵 :2021/04/26(月) 06:49:42.19 ID:tqlSOp4ya.net
執筆させるには酒とエロゲが必要なAIか…

88 :名無し三等兵 :2021/04/26(月) 13:36:27.09 ID:d7M7cXRF0.net
書かないのでバグなのか最高のできなのか判断できない

89 :名無し三等兵 :2021/04/26(月) 16:08:57.22 ID:gPOWIEKC0.net
>>88
違いないw

90 :名無し三等兵 :2021/04/26(月) 20:58:27.18 ID:4Lu67m/v0.net
>>87
アニメと煙草、ラノベに戦記物も大量に必要だな。

91 :名無し三等兵 :2021/04/27(火) 00:11:12.76 ID:MdlNufsw0.net
どうせ書き始めても三巻で止まる

92 :名無し三等兵 :2021/04/27(火) 00:27:12.47 ID:rfy62Ipj0.net
そっか、そのために愛蔵版の本編を三分冊にして「三巻しかない」状態にしたのか。

93 :名無し三等兵 :2021/04/27(火) 03:06:20.18 ID:SGZPd/Mia.net
泉の精霊ですら匙投げてるらしい
きれいな大ちゃんなんていないんだよ

94 :名無し三等兵 :2021/04/27(火) 03:29:14.36 ID:SGZPd/Mia.net
お前の 真実
嗚呼 三巻王♪

95 :名無し三等兵 :2021/04/27(火) 05:59:46.34 ID:nOmk9Hsd0.net
トライロール

96 :名無し三等兵 :2021/04/27(火) 21:31:00.39 ID:aU7i4LOo0.net
でもさあ、AI佐藤がいれば帝国宇宙軍の2巻、3巻が読めるんだぜ
AI佐藤が執筆を始める前に帝国宇宙軍は全3巻だと調教しとけば最高じゃないか

97 :名無し三等兵 :2021/04/28(水) 15:57:45.29 ID:snhTKaOb0.net
ttp://twitter.com/uchidahiroki/status/1387012456988307459
|内田弘樹@GWの新刊、各ショップで予約開始!@uchidahiroki

|藤堂進、存命だと80歳か。そろそろ危ない。

ttp://twitter.com/nysalor/status/1387012972476657668
|ないさろーる@nysalor

|メディアに出て変なこと言い出したり、おかしな雑誌のインタビューで政府見解と違うこと口走ったり(違う)
 
(deleted an unsolicited ad)

98 :名無し三等兵 :2021/04/28(水) 17:34:59.34 ID:KBeZA9hb0.net
藤堂進は征途世界に於いても余りに戦功が大き過ぎるんで統一戦争後の海自は処遇に困っただろうな。

湾岸戦争の際には勇敢ではあっても戦局を動かすほどの戦果は挙げられませんでしたが、続く統一戦争では北日本軍の
先制反応弾攻撃で米軍が壊滅的打撃を受ける中、急遽任命された第2機動任務群第8護衛隊司令として「やまと」らを率いて
北日本海軍主力艦隊を水上打撃戦でほぼ全滅させる(しかも味方艦の損害皆無)という対馬沖海戦以来の完全勝利。

それに加え「やまと」の艦砲射撃で北の切り札であった反応弾道ミサイルを発射施設もろとも殲滅し、統一戦争を南日本の
勝利に導く決定的役割も果たしたのだから、所謂「世界三大提督(ホレーショ・ネルソン 、ジョン・P・ジョーンズ、東郷平八郎)」
のそれにも比肩どころか凌駕するレベルの戦術的/戦略的勝利を成し遂げています。

戦前ないし他国の海軍なら、海将補(少将)から海将(中将)・海上幕僚長(大将)への昇進も確実だったでしょう。

しかし藤堂進は元々本流の防衛大出身ではなく、統一戦争が始まる前に海将補での定年退職が決まっていた身分であり、
統一戦争後間もなくして海将補のまま退役した模様です。

もし進の退役後に保守政党が国会議員として擁立すれば当選は間違いなかったでしょうが、当の進はそんな事をやりたがる
タイプにも思えないし、「やまと」が退役後記念艦として保存されるのであれば、名誉終身艦長などに収まったかも知れません。

99 :名無し三等兵 :2021/04/28(水) 17:48:21.34 ID:QYkRELwf0.net
>>98  そうなんですよね〜 海将補で退役ですから
兄さんのことが 足を引っ張ったのか・・・・
ヒトラーや金日成の弟みたいに見られるか・・・

でも、大抵の一般大学出身の幹部が2佐や1佐で退役しているのをみると
(海自の場合は防大卒と一般大学卒との差は他の隊に比べると少ないが)
海将補での退役はいい方だったのかな

100 :名無し三等兵 :2021/04/28(水) 17:54:29.83 ID:wPAI0jZ/0.net
「もういいでしょう」@ジョージ2世ということかな?

101 :名無し三等兵 :2021/04/28(水) 18:11:29.27 ID:tDcA3H/a0.net
>>98
赤衛艦隊との戦闘ならその場に任務群の指揮官が居るのだから、進はイチ担当者に過ぎない。とくに処遇に困る云々の話にはならんな。
内部的な評価の話はともかく、外部で騒がれてどう処理するかみたいな事を考える必要はないだろう。

反応弾サイトの方は何かしら考慮する余地はありそうかな

102 :名無し三等兵 :2021/04/28(水) 19:04:12.62 ID:KBeZA9hb0.net
>>101
>赤衛艦隊との戦闘ならその場に任務群の指揮官が居るのだから、進はイチ担当者に過ぎない。

湾岸戦争時と違って進は統一戦争時には代打とは言え第2機動任務群第8護衛隊司令に任命されて赤衛艦隊主力との
水上打撃戦に臨んだのだから、紛れもなく「やまと」艦長の上級者である第8護衛隊の指揮官です。

しょうかく級やほうしょう級の艦載機隊が敵航空戦力との制空戦闘に忙殺される中、「やまと」を基幹とする第8護衛隊は
赤衛艦隊との水上打撃戦の矢面に立ち、海戦史上稀に見る完封勝利を成し遂げたのだから、これらの戦功の殆どを
第8護衛隊司令を率いた藤堂海将補ではなく、第2機動任務群の指揮官に帰するのはいささか無理があるでしょう。

無論第2機動任務群司令官の挙げた戦功も充分に大きくはあるから、退役の決まっていた藤堂と違って更なる顕彰昇進の
対象になっていたと思われますが。

103 :名無し三等兵 :2021/04/28(水) 22:25:51.74 ID:bqOHouj10.net
征途世界だと大和は生ける伝説として武蔵はどんな扱いなんだろうか
米新鋭戦艦群を壊滅寸前に追い込んでるし大和以上な気もするけど

104 :名無し三等兵 :2021/04/28(水) 23:23:00.78 ID:mMStyjrSM.net
輝男とその娘が…

105 :名無し三等兵 :2021/04/29(木) 00:26:44.48 ID:DbfICZT00.net
>>102
それは現場の(関係者の)実務的な評価。
武功を掲げたら即大将になるんじゃ銀英伝になっちゃう。

「処遇に困る」というからには、外の目から見た(政治的な)配慮の事でしょ。大戦果に国民が熱狂して昇進させろみたいな声が上がったみたいに。そんなの起きんでしょうよってこと。
別に政治的大問題が起きるようなことでもない。

赤衛艦隊との一連の戦闘はあくまでも任務群が行った。その一部を進が担当した。
それだけのこと。

106 :名無し三等兵 :2021/04/29(木) 02:32:55.37 ID:ibotsjoM0.net
>>97

ttp://twitter.com/MCEscher68/status/1387246205483159553
>そろそろ、統一戦争の研究が進み、兄殺しが発覚するタイミングなので、余計に危ないですね。
(deleted an unsolicited ad)

107 :名無し三等兵 :2021/04/29(木) 06:56:41.14 ID:Je0lvYEla.net
守が反応弾施設にいたことって戦争終結後すぐに判明しててもおかしくないと思う
南日本側やアメリカが血眼になって行方を探すだろうし
やまとに送られた通信であのスターリナって誰だってことにもなる

108 :名無し三等兵 :2021/04/29(木) 08:20:16.16 ID:NKpFeinh0.net
・メディアに出て変なこと言い出したり、おかしな雑誌のインタビューで政府見解と違うこと口走ったり(違う)
・藤堂進(80)「実は太平洋戦争もそれに続く北海道戦争と北日本の建国もコミンテルンの陰謀なんです」
・月刊『SHIRANGANA』に藤堂海将緊急寄稿!「目覚めよ、日本人!第五列は隣にいる!!!」
・お前の兄貴だよ

109 :名無し三等兵 :2021/04/29(木) 08:31:16.76 ID:OgGNPzj/0.net
兄殺しは問題にならんだろ
自分は息子をやられて家庭にヒビ入ってるんだし

110 :名無し三等兵 :2021/04/29(木) 08:34:30.43 ID:ffxFzfEB0.net
軍事板で「どこにでも顔出す藤堂一族」というスレがたったりする

111 :名無し三等兵 :2021/04/29(木) 08:46:31.06 ID:uclmg2OW0.net
>>105
とは言え抜群の戦功を挙げたにも関わらず、褒賞も昇進も無しに即海自から追い払う様な待遇は
英雄に対して余りに冷遇が過ぎるというか、信賞必罰の原則に反するのでは?

という意見は出るでしょうしね。
かと言って一般大学出身の進は海自でも傍流扱いだから、海将や海幕長への昇進も難しいでしょう。

まぁ「いくら戦功を挙げても大して評価もされず出世も出来ない」というのは明治期以来の藤堂家の
伝統みたいな物ですけどね。

その最大の例外が実兄の藤堂守でしたが、彼にしても地位や権力欲しさに空軍元帥になった訳では
無いし、むしろ憎むべき祖国を亡ぼす為に空軍を掌握し昇進を重ねたような物ですが。

112 :名無し三等兵 :2021/04/29(木) 16:09:15.51 ID:3dzCbtbZ0.net
征途世界の自衛隊にとって一般大学からの入隊者はこちらの世界以上に必要な資源だから、
待遇を餌にするためにも90年代に将官に昇進させる道を用意してあったとしてもおかしくないかな。

113 :名無し三等兵 :2021/04/29(木) 16:32:32.82 ID:ibotsjoM0.net
ポストや報酬で功績に報いることができないなら、せめて栄典でも。
ということで征途世界では金鵄勲章が復活してたりする?

114 :名無し三等兵 :2021/04/29(木) 17:23:23.03 ID:N0S3AC980.net
南樺太総督に任命しよう

115 :名無し三等兵 :2021/04/29(木) 19:03:42.52 ID:nibC/okj0.net
>ということで征途世界では金鵄勲章が復活してたりする?

なんか藤堂英雄伝説で盛り上がってるけど、現実の公務員で法律捻じ曲げてまで栄典を与えたなんて話はない。
金鵄勲章は授与の条件が軍人軍属のみかつ「武功抜群ナル者」であることが廃止の理由だから、日本国憲法下ではこれの復活もない。
復活させたとしたら戦後50年、佩用もできずに付帯する終身年金もチャラにされたかつての授与者への仕打ちはなんだったんだ、ということにも。
つーか、英雄も戦争終わればただの人、ってのが御大の作品で共通した話だと思うけど。

公務員が自分の仕事をして、規定に従って退職。
俗な出版社に戦記の原稿を依頼されても兄のことを盾に固辞。
そうじゃなくても次男は宇宙飛行士、2020年ごろなら大学を出た孫娘も宇宙飛行士目指してそうだし。
人気や評判を気にする国民の厚い支持がなきゃ立ち行かない役所に関わる子や孫の邪魔にならないように、なおさら口を噤みそう。

世界の艦船で愚痴ったらしい寄稿をすることもなく、天下り先を退職したあとに1冊本を出した、くらいの静かな余生のほうが「らしい」気はする。
中村某みたいに恨み言を何冊も書いたりあちこちに寄稿するのではなく、岡崎拓生みたいに肩を抜いた文体で、自身の自衛官人生と海自での戦艦の任務についてわかりやすく説明するような。
ベトナム湾岸統一戦争については「先輩同輩後輩専門家による著述が多数上梓されているので詳細はそちらに譲るとして」と戦闘シーン全然無しで。

116 :名無し三等兵 :2021/04/29(木) 20:26:12.63 ID:ibotsjoM0.net
>>115
征途世界の日本国憲法は自衛権を明記しており、その範囲内では武力保持と交戦権を容認している、というか、
そもそも自衛隊は北海道戦争勃発を受けて最初から実戦目的に設立されているので、
金鵄勲章も叙勲制度の復活時に他の勲章と一緒に復活してたんじゃないかという気もするけど。

まぁ征途作中にそんな叙述は無かったと思うけどね。
佐藤大輔的には

>英雄も戦争終わればただの人

ということで大して関心もなかったんだろう。

117 :名無し三等兵 :2021/04/29(木) 21:11:30.85 ID:lRFCxVqr0.net
侵略的軍事力保持の否定も同時に明記してるから、満州事変以降の十五年戦争についてはあかんって事になってるんでないかやはり。
旧軍と縁が切れた新たな存在ってことにアイデンティティがあるのはオタモイ山で明記されとるし。

118 :名無し三等兵 :2021/04/29(木) 21:13:09.50 ID:3dzCbtbZ0.net
>115
現実の公務員で法律捻じ曲げてまで栄典を与えたなんて話はない

こっちの世界でもちょっと前に政府が特定の人物を意識したと疑われた定年延長の法改正をしようとしていたけどねぇ

北が無くなった後の自衛隊の人気保持のために政府が進を英雄に仕立てようとする、ということは無い話ではないかもね。
父親が沖縄沖で壮烈な戦死を遂げ、長男は北の卑劣な攻撃で戦死、次男は海自初のエースパイロット、おまけに生き別れの兄貴との悲劇。
日本人が好む話満載だし。

あっちの世界の文春が書く記事に興味があるわw

119 :名無し三等兵 :2021/04/29(木) 22:21:32.11 ID:DbfICZT00.net
>>111
で、結局言いたいことはこんな人事は無茶苦茶だ、なの?それともこんなもんだよね、なの?

>>112
進は衛門じゃない将補で、将補は将官なんだが

>>115
そこまでマジレスせずとも、自衛隊的「政治的に正しい名称」の勲章にしかならないから「金鵄勲章の名称だけは絶対にない」で終わる話じゃないかな

進は隠遁というか表にでないタチだろうし、実際超有名人というほどにはなっていないのだからそれほど表立った騒ぎにもならなかったんだろうな。

120 :名無し三等兵 :2021/04/29(木) 23:51:42.05 ID:0YU1fuHN0.net
最近地連読み返してんだが
結局シルキィ労働通信を襲撃したのは誰だったんだろうな?
作中でも暈したまんまなように誰でも良いといえばそうなんだけど

121 :名無し三等兵 :2021/04/30(金) 00:25:11.44 ID:2itKOFqF0.net
ウィルバが別系統指示で自営したんちゃうか普通に、で、咎められてる。
まぁシルキィ筋の工作にこの段階で茶々入れられると困るのは南郷も同じってことで。

122 :名無し三等兵 :2021/04/30(金) 01:00:02.30 ID:rdORTTTu0.net
>>119
>で、結局言いたいことはこんな人事は無茶苦茶だ、なの?それともこんなもんだよね、なの?

ぶっちゃけ両方。
戦後世界では海戦で空前の戦功を挙げ、なおかつ数千万人の日本人の命を救った稀代の英雄に対して
海自の下した処遇は余りにも冷淡では無いか?・・ と文句を付ける外野はおそらくいたでしょう。

もっとも藤堂の挙げた戦功がなまじ大き過ぎる故に、昇進して政治的な存在にされた挙句に与野党の
政争に巻き込まれたりしたら、それこそ藤堂の最も望まぬ状況でしょう。

それに1巻冒頭と3巻巻末で描かれた藤堂夫妻の描写からすると、彼自身は統一戦争で自分の
社会的な役割は終わったと見なしているようだから、予定通り海将補で退役してあとは妻と共に
悠々自適の余生を過ごすつもりでしょうしね。

記念艦やまとの終身名誉艦長のポストを提示されたらそれはそれで快諾しそうですが。

123 :名無し三等兵 :2021/04/30(金) 03:06:30.89 ID:Iqi5QcBR0.net
>記念艦やまとの終身名誉艦長のポストを提示されたらそれはそれで快諾しそうですが。

このひとすごく幼いのか社会に出たことがないのか…。
聞かされたほうが恥ずかしくなるような勘違い思い違い思い込みのオンパレードだし。

記念艦やまとの事業主体が海自なら名誉艦長なんてのは置かない。
ぶっちゃけ、博物館の類の名誉館長というのは宣伝に必要だから置かれるのであって、防衛省が金だしているなら必要ない。てつのくじら館をはじめ、史料館の設立目的には現役の教育も盛り込まれるから、来館者数にこだわる必要がない。

つーか、征途の海自だとえらくドライなところがあるから、記念艦の予定とはあっても7万トンもある戦艦を自前で残すことに意義を見出すかどうか。
観光資源として収益化できるように支援しながら、受け入れ先の自治体にとっとと押し付けそう。
とはいえ普通に使ってる港だと桟橋だけで使用料というか、やまとを置いとくことでの遺失利益がすごいことになりそうだし。呉や横須賀じゃ無理かもしれない。場所がなくて。

その図体のせいで相当ガチに、東京ディズニーランドのアトラクションの提供なみに商売っ気出さないと維持できないから、そんなところに元公務員の名前を名誉館長で出す意味があるのか。そもそも名誉なんたらってのは「ポスト」じゃないし。
部外者がはっちゃけて藤堂の名前を担ぎ出そうとしても、具体化する前に海自が潰してるだろうし。引退した身内を商売に使うな、と。

>戦後世界では海戦で空前の戦功を挙げ、なおかつ数千万人の日本人の命を救った稀代の英雄に対して
>海自の下した処遇は余りにも冷淡では無いか?・・ と文句を付ける外野はおそらくいたでしょう。

マニアが騒いだ、金と権限を持ってるやつには相手にされなかった、以上。で終わる話かな。
あとになってから「快諾した」とかになれば元部下に「藤堂さん耄碌したな」と言われるところまでがセットじゃない? 違和感半端ないもの。オリ主タグが欲しくなるくらいに。

124 :名無し三等兵 :2021/04/30(金) 05:34:43.57 ID:NCTq9kUWa.net
>違和感半端ないもの。オリ主タグが欲しくなるくらいに。
自虐か?

125 :名無し三等兵 :2021/04/30(金) 05:39:01.45 ID:e+0hi/HOa.net
そもそも征途で
やまとが記念館として保管される
なんて描写はあったっけ?
この先退役から除籍を経て解体される
てなことが書いてあったような気がしたけど

126 :名無し三等兵 :2021/04/30(金) 08:38:07.69 ID:3s1ZVjmna.net
パシストの近江の話を都合よく混信させてるだけでは?

127 :名無し三等兵 :2021/04/30(金) 08:51:03.08 ID:iGq9vFJX0.net
そ言えばパシストも大好きだった
大ちゃんなんで死んじゃったんだよお

128 :名無し三等兵 :2021/04/30(金) 08:59:59.08 ID:kdeWMeQh0.net
記念艦やまとオープン、とか大昔スレタイだったけど
「かが」が東京ビッグサイトの隣りで展示棟になってる
とか、コスモクリーナーを取りに行く「宇宙戦艦ムサシ」
とか

129 :名無し三等兵 :2021/04/30(金) 09:12:43.54 ID:p+or+v05a.net
>>128
「宇宙戦艦ムサシ」は明記こそしてないが、進がイージス戦艦と化した「大和」の内装見て
「これが宇宙に飛んで行くと言われても驚かんぞ」と内心思ってる描写は有ったよなw

130 :名無し三等兵 :2021/04/30(金) 10:10:59.33 ID:AR2zr6yp0.net
記念艦やまとスレだと、やまとは東京有明の船の科学館あたりに係留されてるのがほぼデフォ設定だったと思うけど、
そういえば、征途世界でも笹川良一の戦後の社会的立場は現実と特に変わらないんですかね。

131 :名無し三等兵 :2021/04/30(金) 10:39:08.79 ID:rdORTTTu0.net
>>123
旧海軍の記念艦と言えば世界三大記念艦の一つにも数えられる偉大な先達の「三笠」があるし、更に征途世界だと
旧海軍唯一の生き残り空母の「かつらぎ」もベトナム戦争後に退役して記念艦となっていますが。

この2隻と比べても「やまと」は桁違いの武勲を誇る代わりに、仰る通り記念艦として恒久保存する場合の経費や
スペースも遥かに嵩むのだから、退役後どこも引き取り手が現れなければ惜しまれつつスクラップですね。

そういう意味で「ポストを提示されたら〜」という仮定形で書いたのですが。

結局「やまと」が記念艦として生き残れるか否かは、南北統一後の日本の政治状況に左右されるでしょう。
統一後の日本は否応なく巨額の復興経費拠出を強いられるのだから、
「あんな旧式戦艦の保存に無駄金を使うぐらいなら、さっさと解体して北の同胞の支援に充てろ」
という勢力と
「何度も日本を救い史上空前の武勲を挙げた殊勲艦を解体するのは忍びない。 ここはどうにかして保存の道を」
と言う勢力とのせめぎ合いになるでしょう。

そしてそれは墓の下の御大のみぞ知る世界線の話ですが。

132 :名無し三等兵 :2021/04/30(金) 11:24:14.57 ID:DYwNxnFx0.net
>>131 戦後、巨額な復興費の拠出が必要であったが、嘉手納から巨額な予算を
費やして、宇宙往還機事業を行い、アメリカが成し遂げられなかった宇宙大国に
日本がなったので、それほどまで日本の享受した南北統一による平和の配当は
大きそう

 統一戦争後も日本は巨額でな派手な宇宙開発と金のかかる大艦隊を同時に
持つ余裕があることを世界に伝えようとしているので、金のかかる戦艦を戦後に
も現役で維持していたので、退役後も大国の意地として記念艦の経費は出しそう。

133 :名無し三等兵 :2021/04/30(金) 11:52:48.92 ID:t976vHjma.net
>>130
笹川が山本五十六の知己を得て変心するのはレイテの遥か前の話だから
(笹川が山本に最初に顔を合わせたのは日独伊三国同盟締結するしないで
揉めていた時期)
笹川の征途世界での立ち位置は史実と変わらないんじゃないかな。

134 :名無し三等兵 :2021/04/30(金) 12:50:32.91 ID:rdORTTTu0.net
>>124
>マニアが騒いだ、金と権限を持ってるやつには相手にされなかった、以上。で終わる話かな。

確かに名無しの軍オタが個々に騒いでも金は出ないし政治も動かないでしょうが、>>130でも言われている様に
財団法人日本船舶振興会(のちの公益財団法人日本財団)を率いる笹川良一氏が「やまと」保存の旗振り役に
なっていたら、その辺の事情はかなり違っていたかも。

史実でも1995年7月まで存命だったから、征途世界でも統一戦争後まで存命だった事になります。

仮に笹川氏らの尽力で「やまと」保存が決まったとしても、船の科学館で展示されるか否かは別として。

それに征途世界では「かつらぎ」も退役後記念艦として長年展示運営されているのだから、後に「やまと」が
記念艦として展示保存される場合には「かつらぎ」の事例がモデルケースになったでしょう。

135 :名無し三等兵 :2021/04/30(金) 12:57:33.68 ID:Am6x07zE0.net
そういえば征途世界で武蔵以外の沖縄行きの艦はどうなったんだろうか
雪風とか史実通りに台湾送りなのかな

136 :名無し三等兵 :2021/04/30(金) 13:10:04.96 ID:AR2zr6yp0.net
ところで、征途世界では長門が武蔵の代わりにシブヤン海で沈んでいるのなら、
クロスロード作戦の標的艦で日本出身のいちばんの大物は誰だったんだろう。
多分アメリカ国内にはここで大和を見せしめに沈めてやれという声もあっただろうと思うんだけど。

137 :名無し三等兵 :2021/04/30(金) 13:10:42.51 ID:1bg6qRiWa.net
やまとが記念艦として保存されてたなら、シン・ゴジラで出番ありそうだな。

138 :名無し三等兵 :2021/04/30(金) 13:33:05.34 ID:Iwz3hisd0.net
記念艦大和といえば横山信義のビッグY
記念艦にするんなら呉に置いて欲しかったわ

139 :名無し三等兵 :2021/04/30(金) 14:07:20.77 ID:Am6x07zE0.net
>>136
武蔵に引っ掻き回されて醜態を晒した戦艦群の中で古いノースカロライナ級のどっちかが実験艦にされたりしてそう

140 :名無し三等兵 :2021/04/30(金) 14:22:57.61 ID:rdORTTTu0.net
>>136
>多分アメリカ国内にはここで大和を見せしめに沈めてやれという声もあっただろうと思うんだけど。

今ちょっと手元に本が無いけど、2巻の冒頭に
「戦艦大和は本来水爆実験の標的艦に使う予定であったが、日本海軍残存艦の中で唯一「汚れていない戦果」(石狩湾での対ソ戦)
を挙げている事も鑑み、再戦力化を支持」なんて趣旨の記述があったような?

141 :名無し三等兵 :2021/04/30(金) 16:02:24.32 ID:MfzR1WrY0.net
>>134
「かつらぎ」が記念艦になっているって
どの巻で書かれていたっけ?

142 :名無し三等兵 :2021/04/30(金) 17:19:40.43 ID:rN8nd4NQ0.net
>>139
実は信濃が横須賀にいたままで、代わりに原爆実験行きだったりして。

143 :名無し三等兵 :2021/04/30(金) 17:40:44.29 ID:DYwNxnFx0.net
>>140  2巻の冒頭に
「当初反応兵器実験に使用される予定であっ たヤマト 級戦艦 についての予定は変更された。
合衆国は、 ホッカイドウ北部並びにサハリンに共産主義日本人政権が成立した点を考慮して、
この戦艦を日本国の保管責任下に残すものとした。 これは、 当該戦艦が大戦末期にホッ カイドウで
果たした任務が、 戦後の合衆国政策に好影響を与えたことに対する報奨的意味合いの決定でもある。
我々は、日本国民が、彼らに唯一の汚れていない軍事的栄光を与えた戦艦が手元に残されたことについて、
好意的反応を示すことを期待している。 くれぐれも、彼女を粗略に扱ってはならない。」
 
 とあります。武蔵は沖縄の海戦で恨み骨髄だけれども、セントクリスピンの虐殺の片棒を担いだ
大和にはシンパシーを感じている。
 赤い日本や北朝鮮のことを考えると、駆逐艦雪風も中華民国に賠償艦でなく、大和と共に海上保安庁
海上警備隊に所属させそう。
残されそう。

144 :名無し三等兵 :2021/04/30(金) 17:57:26.16 ID:rdORTTTu0.net
>>141
確か3巻で藤堂進が空母部隊の司令官に任じられた際、
「今は呉で記念艦になっている『かつらぎ』の乗艦を除けば空母乗り組みの経験が殆ど無い」
とかいう記述だったと思う。 手元に本が無いのでその辺はスマソ。

145 :名無し三等兵 :2021/04/30(金) 18:10:45.79 ID:wJsu/bWwa.net
大和を標的艦にするってのはボコボコにやられた恨みを
晴らしてるようでみっともないって米軍内部からも反対意見ありそうだよな

146 :名無し三等兵 :2021/04/30(金) 18:11:15.03 ID:tIewUf3ma.net
RSBCでは武蔵が記念艦になってたしまあやまともなってると思うな

147 :名無し三等兵 :2021/04/30(金) 18:15:56.50 ID:DYwNxnFx0.net
>>144 当たりです 八章 ガルフストライクで

彼はこれまで航空護衛艦―― 空母での勤務経験がほとんど無かった。
若い頃、 今は記念 艦 として呉で博物館になっている〈 かつらぎ〉 に 乗り、
ヴェトナム・クルーズを経験した事があるだけだ。
その後ですぐに河川舟艇隊に回されたから、 半年も乗っていない。

148 :名無し三等兵 :2021/04/30(金) 19:59:15.36 ID:yFOAZd2f0.net
>>122
文句つける外野はいるだろうね。まさにお前さんみたいなのが。

ただし、事が明らかになるのは戦争も終わって人事も処理されたあとで、たぶん征途世界の2ch軍事板、統一戦争スレとかやまとスレとかで、人の意見を聞かないで同じことを長文で繰り返し書くような手合だろうから、ま、一蹴されるるんだろうな

149 :名無し三等兵 :2021/04/30(金) 20:08:21.70 ID:yFOAZd2f0.net
>>135
基本的にやまとが特別な立場なので、他の艦は目立てない、目立ってはいけないからね。
かつらぎは空母機動部隊再建のための理由付けでしかないので、他の駆逐艦や巡洋艦となると、まぁちょっとな。

逆に目立てないだけで実は……という解釈も有るかもしらんが

>>139
ただでさえアイオワ級がボコボコにされてるんだから、ノースカは予備艦として取っておかないと。

150 :名無し三等兵 :2021/04/30(金) 21:04:04.55 ID:xXemif0s0.net
征途世界では、レイテ沖、沖縄沖、石狩湾での戦艦の戦果やソ連がソビエツキー・ソユーズを竣工させているのを見た英仏は、
こっちの世界よりも戦艦の運用を延命させたりしたんだろうか。

151 :名無し三等兵 :2021/04/30(金) 21:13:33.91 ID:rdORTTTu0.net
>>148
>人の意見を聞かないで同じことを長文で繰り返し書くような手合だろうから、ま、一蹴されるるんだろうな

私は別段利口でも努力家でも無い凡俗に過ぎぬ身分だからおそらくそうなのだろうな。

あなた自身が自分の事をどう評価しているかは知りませんが。

152 :名無し三等兵 :2021/05/01(土) 01:32:02.31 ID:pXg5bwG0a.net
してないだろうな
ルーデルやハルトマンにオットー・カリウスやヴィットマンが活躍し、
騎士十字章以上を受章しても戦局をひっくり返せなかったのと同じだよ

153 :名無し三等兵 :2021/05/01(土) 01:35:00.36 ID:pXg5bwG0a.net
それに英仏共に植民地の独立運動やら何やらでそれどころではなかったんじゃねーの?

154 :名無し三等兵 :2021/05/01(土) 01:55:57.71 ID:lmjtU/wE0.net
というか第二次中東戦争で、英仏がツルンで正に時代錯誤な旧植民地介入やらかそうとした挙句、
米ソ『双方』からシメられて西欧植民地主義の没落が確定した直後に、英仏とも戦艦退役させてる訳で。この辺の顛末が変わるとは思えん。

その後も両国が持ち続けた空母の有用性はもちろん別だ。「シーパワーとしての空母」参照のこと。

155 :名無し三等兵 :2021/05/01(土) 02:02:12.05 ID:9vaD2DKy0.net
「太平洋の暁」でも繰り返し書いていたけど、WWUで長足の進歩を遂げた空母に対し、
戦艦は余りにも使い道の限られる兵器と化しましたしね。

そのくせ人手と運用経費は膨大なのだから増々存在意義を無くしていき、SSMの
普及と発達がトドメを刺しました。

156 :名無し三等兵 :2021/05/01(土) 02:05:32.57 ID:mch4kxpup.net
電磁砲が実用化されたら復活しそう
巡洋艦の巨大化という経緯で

157 :名無し三等兵 :2021/05/01(土) 07:43:51.74 ID:PbOFyKLpK.net
水平線の向こう側の目標に当てられるの?

158 :名無し三等兵 :2021/05/01(土) 08:16:19.57 ID:rM6wsnqT0.net
衛星使えばなんとかなるんじゃね

159 :名無し三等兵 :2021/05/01(土) 08:46:43.64 ID:hiFWDqTaa.net
戦艦の運用コストの話をしちゃうと、征途の話できなくなっちゃうよw

160 :名無し三等兵 :2021/05/01(土) 09:02:55.32 ID:lmjtU/wE0.net
極東戦線は、まだまだ勢いがある後発覇権大国同士の歴史的行きがかりと、分断新興軍事国家同士で互いの意地の張り合いという、
軍事的合理性がすっ飛んだとこで話が動いてるから、先進覇権老大国が世代交代を突きつけられて不合理な重荷に耐えかねて降ろした中東とは事情が違う。まだ若いんだ、皆。

161 :名無し三等兵 :2021/05/01(土) 09:07:43.10 ID:zmNPMq1j0.net
佐藤も強調した海軍の本分に立脚すれば戦艦はコストパフォーマンス悪いから砲艦外交の役目は空母に移った
同時に空母は戦術的に使いづらくなって戦艦の後を追いつつあるのも佐藤が既述

162 :名無し三等兵 :2021/05/01(土) 09:53:50.27 ID:9vaD2DKy0.net
>>161
仮に2010年代にF-35Bの開発に失敗していたら、V/STOL軽空母の類はハリアーの陳腐化と退役によって
その価値を暴落させ、単なる対潜ヘリ空母やヘリコプター揚陸艦と化していたでしょうね。

しかしF-35Bの戦力化と同盟国への提供により、旧世代のハリアー軽空母と比較してその戦術的価値を
著しく増大させる事となりました。

逆にロシアや中国が保有するカタパルトを有しない大型空母は、西側諸国のステルス機F-35の急速な増勢と
その艦載機性能と航空機運用能力の低さ故に、相対的に価値を下落させる事となりました。

163 :名無し三等兵 :2021/05/01(土) 10:21:37.50 ID:dhHBRh4Za.net
艦砲による対地攻撃を重視したMk 71J8インチ砲が「やまと」や13000トンある「こんごう」イージス大型護衛艦、たぶん「しらね」対潜大型護衛艦にも載ってるのだが、
このしらね級も記載がないので8700トン級全通甲板DLHなのか、DDHにターターの載ったDDHGなのか

164 :名無し三等兵 :2021/05/01(土) 13:36:59.19 ID:XbOBqvg/0.net
>>150
そんな莫迦はソ連だけ、という話であっ


北はよほど好条件で売ってもらったんだろうか>ソヴィエツキーソユーズ

165 :名無し三等兵 :2021/05/01(土) 21:25:35.36 ID:LLGdh/gT0.net
>>160
>軍事的合理性がすっ飛んだとこで話が動いてるから、

石狩湾海戦は、戦艦が現役バリバリの時代だし。

北海道戦争であればアイアンフィスト作戦での上陸船団の護衛と迎撃艦隊の排除で、朝鮮戦争が同時進行中ならもとより米海軍には十分な空母がないから、北海道に回せる水上艦が砲戦をやったという話だし。

ベトナム戦争であれば自力の空母建造もままならない二次防三次防の旧海軍艦艇も頭数にいれなきゃならない時代に砲力で引っ張り出されたわけだし。

10・4・10・10ではロバート・ケネディの対ソ強硬政策へのお付き合いの中での「数が揃えられないからこその生半なことでは沈まないレーダーピケット」で、派手にFRAMしたからには10年15年は使えないと困る、になり。

湾岸戦争と統一戦争では想定通りに防空中枢艦として働いた。

お話の中でやまとが存続するだけの軍事的合理性の付与には、注意が払われていたと思うけど?

166 :名無し三等兵 :2021/05/01(土) 21:32:33.42 ID:LLGdh/gT0.net
>>162
>しかしF-35Bの戦力化と同盟国への提供により、旧世代のハリアー軽空母と比較してその戦術的価値を
>著しく増大させる事となりました。

それはF-35がハリアーとおなじプラットフォームで使えるなら、という仮定でしか成り立たない。
F-35がスパホより重い大型機で、ニミッツ級の2割程度しか航空燃料を搭載しない強襲揚陸艦では持て余す代物だってことは理解している?

1個飛行隊程度でも満載3万トンでは母艦が脚を引っ張り、40機をガチ運用するなら満載7万トンのサイズが必要なのに。

>逆にロシアや中国が保有するカタパルトを有しない大型空母は、西側諸国のステルス機F-35の急速な増勢と
>その艦載機性能と航空機運用能力の低さ故に、相対的に価値を下落させる事となりました。

キヨタニとかスミキンの言説丸写しじゃん…。

167 :名無し三等兵 :2021/05/02(日) 00:28:40.68 ID:UjZe//+s0.net
>>166
>それはF-35がハリアーとおなじプラットフォームで使えるなら、という仮定でしか成り立たない。
>F-35がスパホより重い大型機で、ニミッツ級の2割程度しか航空燃料を搭載しない強襲揚陸艦では持て余す代物だってことは理解している?

ハリアーより大柄なF-35Bに置き換えた場合、同じ軽空母や強襲揚陸艦なら搭載数は数割目減りするでしょうし、ニミッツ級やフォード級の様な
米海軍の大型原子力空母相手に正面から殴り合える類の艦艇で無い事も承知していますが。

この辺はハリアー軽空母と同じく、「鳥なき里のコウモリ」である事に変わりはありません。

しかしF-35Bの開発と戦力化に失敗していた場合、西側にはその代替機が存在せず、老朽化したハリアーも2020年代にはほぼ姿を消してしまうし、
仮に無理矢理改修して運用寿命を延長したとしても、所詮第5世代機どころか第4/4.5世代機とすらロクに渡り合えない代物です。

そうなると西側諸国の太平洋における洋上航空戦力は数の限られる米海軍のニミッツ級とフォード級に依存する事になり、中国海軍が空母を
増勢し手数を増やす分、米海軍の優位性は相対的に低下していきます。

しかしF-35Bの戦力化に成功した事で、2020年代には米海軍の強襲揚陸艦や海自のいずも改型への搭載が進み、鳥なき里のコウモリとは言え
未だ数の揃わない中国空母のいない外洋では相応に高い戦力価値を有します。

168 :名無し三等兵 :2021/05/02(日) 02:14:56.01 ID:UjZe//+s0.net
戦力比で言えば

フォード級/ニミッツ級空母 >カタパルト装備新型中華空母 >練習空母遼寧とその改良型 >F-35B搭載強襲揚陸艦 >いずも改型

という力関係に概ねなるでしょう。 英国のQE級空母ならF-35Bを定数一杯搭載できれば中華空母ともいい勝負になるかも知れませんが。

169 :名無し三等兵 :2021/05/02(日) 04:05:20.60 ID:PknrqT7y0.net
だめだ、話が通じていない。

>しかしF-35Bの開発と戦力化に失敗していた場合、

失敗はない。X-35飛ばしてる時点で技術的には作れることが実証されているから。
できるかできないか、ではなく、いつできるか、の話にしかならない。できるできないはXナンバーの時点でケリがついてる。

>そうなると西側諸国の太平洋における洋上航空戦力は数の限られる米海軍のニミッツ級とフォード級に依存する事になり、中国海軍が空母を
>増勢し手数を増やす分、米海軍の優位性は相対的に低下していきます。

中国とドンパチやる段階で、CVWが中国の空母を相手にするのに海兵隊をあてにすることはない。最初からあてにしていないから低下云々にF-35Bは関係しない。
だいたいそんときゃ海兵隊が確保するなり奪還するなりしなきゃならん要地への強襲上陸作戦があって、まさにその支援のために作られたF-35Bはそっちの任務にかかりきりになるからだ。
つか、哨戒機もろくすっぽない陸式海軍の空母など、出撃もできなくなるか速攻原潜に撃沈される。

>しかしF-35Bの戦力化に成功した事で、2020年代には米海軍の強襲揚陸艦や海自のいずも改型への搭載が進み、鳥なき里のコウモリとは言え
>未だ数の揃わない中国空母のいない外洋では相応に高い戦力価値を有します。

有さない。海自は自前の飛行隊も持たないし、いずももLHAもF-35Bなんて大食らいを前提とした燃料庫も弾薬庫も無いから。そして海兵隊のF-35Bは設営されたFARPにとっとと移動してそっちから作戦する。
燃料も弾薬もヘリパッド持った輸送船からCH-53Kで運んでくる段取りになってる。
強襲揚陸艦の甲板も航空燃料も、マリンコをヘリボーンさせるためのものだ。
アンタが言ってることは、栄光の艦隊決戦のために索敵機が必要なら、海上護衛総隊から電探付き哨戒機を取り上げればいいじゃない(ピコーン と同じだ。

>戦力比で言えば

「ボクの考えはキヨとスミキンと同じです」なら専用スレでやってくれないか?

【空母】F-35Bキャリアーの時代【強襲揚陸艦】
https://mevius.5ch.net/test/read.cgi/army/1602487001/

170 :名無し三等兵 :2021/05/02(日) 07:35:03.39 ID:VtHuWKCaa.net
どっちにしても、「エアパワーとしての空母」でガイシュツの話ですな

171 :名無し三等兵 :2021/05/02(日) 08:41:05.04 ID:iIfeDvhM0.net
なにやら過大評価があるがありていに言ってF-35シリーズは失敗だろ商業的な話は別として
大幅な予算超過しても初期計画通りの性能は確保できなかったんだからね
A-12(スカンクのじゃない方)の後追いしてもおかしくなかったけど
他国共同とパイロットコストの低減(できればいいね)が下支えになっただけ

172 :名無し三等兵 :2021/05/02(日) 09:43:26.84 ID:UjZe//+s0.net
>>169
>失敗はない。X-35飛ばしてる時点で技術的には作れることが実証されているから。
>できるかできないか、ではなく、いつできるか、の話にしかならない。できるできないはXナンバーの時点でケリがついてる。

「技術的に可能な事」と「実際に量産化と戦力化が行われる事」は別物ですが。

そしてF-35/JSF計画は大幅なコスト上昇とスケジュール遅延で幾度も危機に陥ったのだから、政治的状況次第では
開発中止や調達打ち切りなんて事態に至る可能性も十分あり得ましたが。

そしてF-35計画が打ち切られた場合、F-35Bのみが調達継続される保証がどこにあると?

旧ソ連のYAK-38後継の超音速V/STOL戦闘機YAK-141にしても、試作機を制作し試験飛行まで行っていながら、
結局ソ連崩壊に伴う財政難で量産に至らなかったのだから。

173 :名無し三等兵 :2021/05/02(日) 10:34:20.58 ID:UjZe//+s0.net
>>169
>有さない。海自は自前の飛行隊も持たないし、いずももLHAもF-35Bなんて大食らいを前提とした燃料庫も弾薬庫も無いから。

現状ではF-35B軽空母は海洋を支配したり中華空母と真正面から殴り合うには荷が重すぎる道具ですね。
特に戦後長らく艦載戦闘機を運用してこなかった海自は、将来的にいずも改の更なる大改装(ないし新造艦の取得)と
大幅な組織改編を行わねば、当面軽空母としての独立運用すら難しいでしょう。

しかしいずも改型と異なり、新型のアメリカ級強襲揚陸艦は既存のワスプ級と比べても格段に航空機運用能力が高く、
F-35Bは最大20機近く搭載可能であるから、中国の海洋支配に対する嫌がらせのツールとしては相応に使えます。

無論余程の事が無いと常設のライトニング軽空母として運用する事はまずありえませんが。

174 :名無し三等兵 :2021/05/02(日) 10:34:33.17 ID:eiuJax54K.net
FV-2B/D「あの…」

175 :名無し三等兵 :2021/05/02(日) 11:39:38.21 ID:UnK83ERr0.net
征途世界の海自空母航空団って、21世紀に入ったくらいにはF-14退役によりCTOL作戦機は姿を消して、
VTOL機のFV2が単一機種で防空から対艦対地攻撃まで全部請け負うようになったんだろうか。

どうせなら、北日本にもYak-141を導入させて、統一戦争時に超音速ジェットVTOL戦闘機同士の
空中戦を見てみたかったかも。

176 :名無し三等兵 :2021/05/02(日) 12:11:30.98 ID:UjZe//+s0.net
統一戦争時の赤衛艦隊空母「統一」こと旧ワリヤーグは人民赤軍海軍編入後の1994年の時点で艦載機60機と
こちらのワリヤーグの後身である練習空母遼寧と比較しても非常に高い航空機運用能力を有しているから、
赤衛艦隊と海軍航空隊の努力がハンパない。

177 :名無し三等兵 :2021/05/02(日) 12:46:45.74 ID:WwIQaGXz0.net
赤い日本に身を投じた神と源田は北海道戦争後の粛清の嵐を生き延びられたんだろうか?

178 :名無し三等兵 :2021/05/02(日) 12:55:33.03 ID:vSyiOuAba.net
>>177
神は粛清するのは難しい人物になっちゃってるんじゃないかなぁ。
粛清すると「石狩湾海戦」は戦略的敗北で、それはゴルシコフに
ケチ付ける事になるから、北としてはやりたくても出来ない話になるだろうし。

源田は微妙な気もするけど、防空軍と化した征途世界の北では
源田の功績は無視出来ない。

…尤も粛清後名誉回復、って線もあり得ない訳じゃないけど。

179 :名無し三等兵 :2021/05/02(日) 13:17:32.13 ID:uDvaYgv90.net
>>177
どちらも生き残るのは大変な状況だけどね。
陸と違って海空は党の影響力が相対的に低いようだから、結果としては二人が生き残って組織をまとめていたのだろうと思っている。

180 :名無し三等兵 :2021/05/02(日) 13:55:58.74 ID:DPCJeLHna.net
オールVTOLは流石にねーわ
F-3艦載機版が配備だろ?
デザインがYF-23モドキかYF-19Aモドキなのを

181 :名無し三等兵 :2021/05/02(日) 16:09:50.69 ID:UnK83ERr0.net
征途世界のFV-2はほぼ史実のF-2(執筆時にはまだFSXだったか)に相当すると思うんだけど。
作中での記述は無かったと思うけど、空自にも採用されてるんじゃないかなあ。
史実のF-1に相当する機種が征途世界に見当たらないのは気になるけど、
これはハリアー導入によりその時点での国産攻撃機開発は行われなかったということなんだろうか。

まぁ、征途世界の日本は90年代にスペースプレーンを実用化しているチート国家なので、
CTOL機と全く遜色ない実用性能のVTOL戦闘機を開発しててもいいんじゃないかとw

182 :名無し三等兵 :2021/05/02(日) 17:03:52.23 ID:uDvaYgv90.net
>>181
予備機として超音速練習機を戦力にカウントしてるんだけど、型名ないんだよね。

183 :名無し三等兵 :2021/05/02(日) 18:37:47.62 ID:LgVcCrY70.net
>>181
基本的に御大の世界観は好きだったし、WW2から5年そこらでWW3に続けば、
170o戦車砲を積んだドラッヘンとかいう怪物が使われててもワンチャン納得いかなくはない
それでも御大の、特に仮想戦記系作品での宇宙開発技術や超電導系の設定だけはどうにも合わなかった
その辺だけ浮いてるというか、いくら戦争の有無やらが違うとはいえ、現実の宇宙開発と照らし合わせると、
なまじリアリティが売りのもう一つの歴史、それも過去〜(当時の)現代だった分、違和感が凄かった

あと征途のほうしょう型はなぜ双胴空母にしたのかイマイチわからん
普通に軽空母でいいだろうに、どうしてあえて現実味の無い設定にしたんだろうか

184 :名無し三等兵 :2021/05/02(日) 20:48:56.67 ID:TlCYov300.net
>>183
双胴空母に関しては単純に御大の趣味かと。
「日米決戦2025」の藤大輔名義の解説で、リアリティーがないことはわかってるけど
「サブマリン707」の世界が大好きだから作中にわざとメトロノーム(原文ママ、たぶんアポロノームの書き間違い)
みたいな多胴型の空母を出してみましたという文章を書いてる。

185 :名無し三等兵 :2021/05/02(日) 21:06:46.32 ID:uDvaYgv90.net
>>183
征途でいえば、徳間で出すことになってから宇宙開発の話を付け足したとのことなので。
正直浮いてるんだけど、アレで明るい感じになってるのでまぁいいかな、と

多胴船みたいな趣味優先はね、星でも"国際貢献支援用大型輸送機"を前進翼式にしたりとかするしまぁ

186 :名無し三等兵 :2021/05/02(日) 21:36:32.44 ID:hjo6c3Aa0.net
>>165 身も蓋もない話、やまとより格下なのに国力比でコストが掛かりすぎる解放の維持を北が諦めて、
対地転用で中東から外貨も稼げそうな対戦艦ミサイルの独自開発に踏み切ったら万事急須。

>>183 ☆については、1970年に(いくら北崎を置いてるとは言え)史実延長の戦後日本がヴァルキリーを実験機(と、有事の核任務)として戦力化してるあたりで、リアリティラインを幻想レベルに置いたのをはっきりさせてると思う。

187 :名無し三等兵 :2021/05/02(日) 21:38:26.92 ID:LgVcCrY70.net
>>185
まあ最後の締めとしていい感じなのはそうだと思う
それでもつい最近まで分断国家として戦時体制だった日本で、往還機を開発できるほどの資金を投じられるかというと……
それよりも何よりも、やっぱり遥かなる星がぶっ飛びすぎなんだけども

自分が違和感が拭えないのが、現実の米ソが御大作品ほどに宇宙開発できなかったという事実なんだよな
何といってもRSBCにしろ、パシフィックストームにしろ星にしろ、1945年以降の作中における米国の国力は史実以下(星は途中まで同じだろうけど)で、
かといって覇権国家化する日本ですら、どうもその国力は現実米国のそれには匹敵していない

要は現実世界の俺らがしっているあの米国は、御大作品のどの米国と比べても強大なスーパーモードであって、それですら宇宙開発で国を傾けかけてああなった
それを考えると、どうしてもこの時代と世界でこんな技術は無理だろとしか思えないのが……まあ今更長文かます事でもないか
失礼をば

188 :名無し三等兵 :2021/05/02(日) 21:56:28.59 ID:uDvaYgv90.net
>>186
>ヴァルキリーを戦力化
なんだそりゃ?どこの星の話だ?


>>187
最後の締めだけではなく、途中途中で宇宙開発の話は軽い、明るいトーンになっていて、ヤマトマクロスネタとも相まって重苦しさを感じさせない作りになっている。
これのおかげで、守(北)の重々しい話が、ただ重苦しい印象を与えずに済んでいると思うね。
軽薄さを緩和するためにマジメな場面としている、あるいは共産趣味的一見マジメギャグとすら見える。

189 :名無し三等兵 :2021/05/02(日) 22:04:36.57 ID:uDvaYgv90.net
>>187
分けた。

宇宙開発については、金よりも目的の問題が大きい(と大ちゃんは考えていたと思っている)。
迷走したから現実がトホホなのであって、明確な目的があり一直線に行けばこんなもんじゃないだろというね。
ただ、再利用型はともかく、往還機はちょっと無理だよね……
星でも対軌道輸送機は流石に遅れているとなったが、そんなもんじゃ済まない気がする

190 :名無し三等兵 :2021/05/02(日) 22:23:41.00 ID:WwIQaGXz0.net
往還機ネタと言えば藤大輔時代の原作でもやってたよね
開発に失敗した米国が日本の往還機を破壊しに特殊部隊を送り込むやつ

191 :名無し三等兵 :2021/05/02(日) 22:56:17.37 ID:LgVcCrY70.net
>>189
目的があれば金が回るのは分かる
ただ、我々の現実世界ではその目的を現実的な、少なくとも巨額の税金を注ぎ込むことが許されるラインでは、
『ペイロード投射能力』『衛星軌道の軍事利用』『イデオロギー対立上の面子』あたりしか設定できなかったからな(後は学術的意義と未知への探求心とロマン)
そして大まかに似たような歴史をたどるなら、多分並行世界でも概ねそうなるだろうとは思う

一応、現実でもアポロがガチガチの中継宇宙ステーション方式になる可能性がかなりあった等のIFはあるから、
ボタンを掛け違える余地はあるだろうけども(実現性は未知数な上で、60年代に月というケネディの公約は不可能になるが)

まあ目的という意味においては遥かなる星が一番納得はいく
代わりに現実性は一番どうしようもないが、あれが1999年にマクロスが落ちてくる世界線ならワンチャンあるくらいか

192 :名無し三等兵 :2021/05/02(日) 23:24:39.17 ID:uDvaYgv90.net
>>191
金だけではなく、技術開発も目的を示すこと、目標を設定することが致命的なまでに重要でね。
予算の消化や獲得・維持のための技術開発というのはドブに金を捨てるようなものなのだ……(遠い目)

スペースシャトルの低コスト化という目標、組織維持のためのお題目に過ぎないからああなったのだろうなと思う

193 :名無し三等兵 :2021/05/03(月) 05:09:59.22 ID:r3wj7l66K.net
>>188
横レスだけど、XB-70ヴァルキリーの事かと。

194 :名無し三等兵 :2021/05/03(月) 08:16:02.63 ID:2haMZOgB0.net
>>193
作中のバルキリーはFV-2だからややこしい
>>186
>リアリティラインを幻想レベルに置いたのをはっきりさせてる
???
なにかとんでもない勘違いしてるような
XB-70は機体もエンジンも50年代のシロモノだからこちらの史実に遅れること数年で試作にこぎつけたってのにおかしなところはない

195 :名無し三等兵 :2021/05/03(月) 09:19:40.10 ID:95CnXOG10.net
>>177
神の方は元ヒトラー信奉者のファシスト軍人という経歴があるから、戦争中はまだしも戦争が終わり
有畑一派への大粛清が始まれば、サハリンホール送りを逃れる事は難しかったかも。

神の性格だと源田みたいに表面的にしろ非の打ち所の無い共産主義者としての態度を身に着けるのも
難しかったかも知れないし。

196 :名無し三等兵 :2021/05/03(月) 09:34:25.73 ID:0a6Odsvy0.net
>>177,195
神も源田も北海道戦争でそれなりの功績を挙げて普通なら軍中枢で栄達しそうなはずなのに
その後一切登場しないあたりで察しろ、という事なんですかね?

197 :名無し三等兵 :2021/05/04(火) 00:20:33.41 ID:1NSF3qj+0.net
神が1900年1月生まれの海兵48期、源田が1904年8月生まれの海兵52期。藤堂勝が海兵30期、1921年に中佐に進級した勝が海軍休日(1922年2月条約署名)による軍縮で予備役。
文中の「このとき(1922年)二号生徒」の説明が正しいと藤堂明が二号生徒なのは1922年6月までとなるが、神と兵学校で先輩後輩になるのは海兵50期(1922年6月卒業)までだから1901年度の生まれ。

藤堂礼子は1944年に40歳になる/なったので、1904年生まれ。
女学校を出た翌年の19歳で生まれた守が1923年で福田定一と同い年。
貴子が1944年に14歳になるので1930年生まれ。
進の出生届は大和の竣工(就役)と同じ1941年12月16日。守が持つ家族全員が写った唯一の写真では進が赤ん坊当時、明は少佐で守は学生だった。

1951年10月の函館橋頭堡のあたりで藤堂明が大尉で30歳、源田が少将で47歳。
1952年6月の第二次日本海海戦で神が中将で52歳。

ストーリーのタイムラインとして北海道戦争のあとベトナムまで飛ぶ。
1968年1月31日に藤堂守は大佐で37歳だが、神は68歳、源田が63歳。史実の源田は57歳で航空自衛隊を退官している。

藤堂守は1982年4月の時点で中将で58歳、進は二佐で40歳。
1990年1月の湾岸戦争で、守は上級大将の67歳、進は一佐の49歳で、守は公的に引退しておかしくない年齢とされている。
1992年4月に守は68、9の元帥で三軍に絶対的な影響力を持っており、1993年6月に進は54歳の海将補。そして1994年7月の統一戦争、と。

198 :名無し三等兵 :2021/05/04(火) 00:36:26.53 ID:OJsxJuxY0.net
どうした急に

199 :名無し三等兵 :2021/05/04(火) 01:23:18.93 ID:1NSF3qj+0.net
>>195
>神の方は元ヒトラー信奉者のファシスト軍人という経歴があるから、戦争中はまだしも戦争が終わり
>有畑一派への大粛清が始まれば、サハリンホール送りを逃れる事は難しかったかも。

思想再教育を受けた神で問題なら、北というかソ連は元帝国軍人を雇えなくなる。

樺太庁で人口50万、1945年の北海道が350万、函館橋頭堡まで押し込んだときに拉致しまくったかもしれないけど、北海道戦争直後の粛清の時期までに成人男性、こと軍人となると、終戦直前の北海道、満州での捕虜が相当な比率になるかと。

有畑にせよ川宮にせよ戦後の越境組で、その時点で「ソ連の肝いりで」「ソ連が思想選別した人員による」創設が進んでいた人民軍の思想的信頼性に文句をつけられたかどうか。
どっちかが言ったら即、もう一方が揚げ足取りそうだし。
強烈な男余りの急造国家に、強烈な女余りのソビエトから花嫁輸出もして、亭主が軍人ともなれば国のパトロンでもある嫁の母国への遠慮も働くし。
そういう状況を神や源田といった人民軍高官が利用しないわけもないし。

1951年10月の段階では幕僚が「どっちにつくか」でビビってても、戦後はソ連海軍上層部に恩を売ってる神や、共産主義の勝利として守と自らの空軍を宣伝する源田が、共産主義者の本能的行動である派閥争いから軍を遠ざけるように動いたのでは。

守の政治的信頼性の話がでたときも、旧帝国軍人であることそのものは「それを言ったら君の父上も同じだ」と問題視されていないし。
旗艦がソ連への賠償艦を譲渡された秋月級でしかなかった海軍が、60年代末には原潜まで装備し90年代早々にはシエラ級相当のエックスレイ型の6隻目を竣工させている。
陸軍は北海道戦争での失態に拘らずソ連衛星国で最良の装備を受け取り続け、守の空軍においては何をいわんや、と。

>>196
>その後一切登場しないあたりで察しろ、という事なんですかね?

独裁者川宮と官僚団の双方に対して、いずれかに取り込まれることもなくそれらを認めさせるくらいに上手く立ち回っていただろうことが推測される以上、神や源田が登場しないってのは単にストーリーのタイムラインがベトナムに飛んだころには引退してただけかと。

源田なんかは国家航空振興協会でグライダーや初等練習機を飛ばす子供相手に自慢話してそうだし。

200 :名無し三等兵 :2021/05/04(火) 01:33:44.06 ID:92r+gsiz0.net
人民海軍の神、人民空軍の源田みたいなポジションは陸軍だとだれだったんだろう

201 :名無し三等兵 :2021/05/04(火) 03:37:34.21 ID:1NSF3qj+0.net
関東軍で66万4000人の「総軍」規模だからねぇ…。将官だけで60人近くいるし。
ソ連が軍事裁判やろうが転向した政治士官送り込もうが、軍官僚組織を再編して対抗してそう。

付録第三 ソ軍滿鮮侵入開始時における關東軍主要職員
http://www.nids.mod.go.jp/military_history_search/SoshoView?kanno=073#

202 :名無し三等兵 :2021/05/04(火) 09:22:15.74 ID:tLquzn4A0.net
モスクワの意向に忠実な「満州将校同盟」と独自の独裁体制確立を目指す川宮首相派の政治的対立、とか?

203 :名無し三等兵 :2021/05/04(火) 09:51:11.87 ID:/VDvnqMT0.net
北海道戦争後半には国連軍も体勢を立て直して人民赤軍の攻勢も頓挫し、オモタイ山での戦いでは増強特車1個中隊に親衛戦車連隊が
壊滅させられ、残存将兵の殆どが武器を捨てて投降する事態に至りました。

人民赤軍が優勢な頃はともかく、疲弊し劣勢になれば元日本兵の捕虜上がりの人民赤軍兵士らも、本心では何ら忠誠を抱かない
豊原政権の為に無駄死にするよりも、政治士官を始末し目の前の国連軍に投降して故郷に帰る道を選ぶ兵士も続出したでしょう。

実際こちらの朝鮮戦争の時にも、北朝鮮軍が劣勢となり仁川上陸作戦後総崩れとなった際には、強制徴募して人民軍に編入させた
元韓国軍兵士や南の青年らはこの機を逃さず大半が脱走しています。

豊原政権にしてもそういうリスクは認識しているでしょうから、北海道戦線に送り込む元日本兵捕虜の兵士らには可能な限りの
政治教育を施すか、満州や樺太に残した家族を人質にするなどの措置を取ったと思われます。

そしてアイアン・フィスト作戦開始の時点で北海道に展開する人民赤軍はおよそ10万人と書かれていましたが、アイアン・フィスト
作戦による包囲で大半が殲滅。 
この際には戦病死以外にも相当数の投降者を出して人民赤軍を崩壊の瀬戸際まで追い詰めたでしょう。

ソ連による反応兵器供与宣言とパットンの更迭が無ければ、豊原政権は北海道を完全に失っていた可能性大でした。

204 :名無し三等兵 :2021/05/04(火) 10:10:03.85 ID:/VDvnqMT0.net
>>202
>モスクワの意向に忠実な「満州将校同盟」と独自の独裁体制確立を目指す川宮首相派の政治的対立、とか?

そしてこちらの世界線の北朝鮮だと、朝鮮戦争後は八路軍やソ連軍上がりの親中派/親ソ派と、金日成一派を中心とする
パルチザン派との権力闘争が続き、最終的にはパルチザン派が勝利して前者の大半を粛正するか収容所送りにしました。

豊原政権の中枢は首相の有畑にしろNSDの川宮にしろ、長期収監されていた軍歴の無い元共産党員が占めていたようです。

それに対して北海道戦争時の人民軍の将兵のほぼ全ては満州と樺太・北海道で捕虜になった元日本兵や青壮年だから、
本心から共産主義を信奉する軍人などロクにいない、組織として深刻な捩れ状態を抱えていました。

この捩れ状態が是正されるのは、北海道戦争後新たな共産主義体制と教育の下で育った学生や少年が人民軍に入隊し、
その比率を増やしていく頃まで待たねばならなかったでしょうが。

205 :名無し三等兵 :2021/05/04(火) 10:10:31.33 ID:z4gmJBEa0.net
>>200
本編に出てこないだけで実は北日本の大地で大活躍していた辻ーん>陸軍の神・源田ポジ

出てこないよな?
最後にキチンと呼んだのだいぶ前だからぶっちゃけあやふや……

206 :名無し三等兵 :2021/05/04(火) 10:23:30.08 ID:BZyJvri70.net
>>205
辻〜んは出て来てない。それは間違いないよ。

北の陸軍で描写されていたのは横田戦車兵大佐と旧軍の無能軍曹上がりの政治少佐との
抗争と、オモタイ山山麓での親衛戦車師団の壊滅だな。

207 :名無し三等兵 :2021/05/04(火) 10:48:21.14 ID:z4gmJBEa0.net
そういや最近だとソ連の政治将校ってのも、源文漫画や御大小説のああいうのとは少し違う感じだったのではって話も聞くな
もちろん人や状況にもよるんだろうけど、割と生活指導の先生やカウンセラーチックな立ち位置だったとか

208 :名無し三等兵 :2021/05/04(火) 11:03:30.03 ID:yy4AvwU70.net
>>205
 史実だと南洋→教官配置→支那方面軍→ビルマ方面で終戦(第一八方面軍高級参謀)
だったから、北にいる理由付けがないですな。

209 :名無し三等兵 :2021/05/04(火) 11:14:37.38 ID:z4gmJBEa0.net
>>208
史実とは違い伝染病にかかって内地送りになって本土の病院で回復
その時には既に最終局面で外地に行くことも間に合わず、本人の溢れる希望もあり北海道方面へ
その後いろいろあってソ連侵攻の際に捕虜になるが、ソ連軍の現地指揮官と妙に意気投合して気が付いたら貴重な赤軍日本人将校に
付けられた政治将校が旧知の元部下だった事もあり、真っ赤に燃える大和魂で西日本の帝国主義軍と奮戦
その活躍から現地指揮官は「彼が我がソビエトの産まれだったのなら、私は悩むことなく彼をソ連人民英雄称号に推薦した」とまでいったと伝えられる
そして彼はそれからも日本人民の為に西へ東へ大活躍、弱きを助け強きを挫く、大和魂此処にありとその生涯を全うしたのであった

そんな辻〜んの大活躍を綴った一大冒険譚たる征途外伝を、御大が発表前に旅立ってしまったのは歴史的損失だったな

210 :名無し三等兵 :2021/05/04(火) 11:27:50.33 ID:yy4AvwU70.net
>>181
 史実の F-1, F-2 は支援戦闘機(戦闘攻撃機)であって、その主任務が対艦攻撃だから、
その任務は海自空母艦載機(F-14JとFV-2)がやることになるのでは?

 そして支援戦闘機としては F-4 が(ベトナムでやったように)いたので、制空機としての F-15
導入後も対地支援は F-4、のちに FV-2 が担当ですな。

211 :名無し三等兵 :2021/05/04(火) 11:56:17.42 ID:tLquzn4A0.net
>>209
まぁわりと冗談抜きで戦前の陸軍統制派とか革新官僚とかいう連中はマルクス・レーニン主義との親和性はけっこう高かったんだよな。
反共の表看板とは裏腹に、「天皇制社会主義」というのはそこそこマジな話だった。
征途世界の北日本も、何かの間違いで三笠宮(赤い宮様)あたりを君主として戴く体制になっちゃってたりしたらもっと面白かったかも。
……それって金王朝とどう違うの?という気もちょっとするがw

212 :名無し三等兵 :2021/05/04(火) 12:29:58.94 ID:OJsxJuxY0.net
>>199
そうは言っても紙一重レベルの綱渡り的生き残りにはなったと思うが、自分も源田&神は生き残ったと考える(そうでないとあの精強な軍を建設できないだろう)

ただ、陸は一度壊滅してるからな。
北海道戦争時点じゃ元からの家族持ちでもないと必死になる必要がないので、政治将校の目がなけりゃ即南に走ってもおかしくはないし。
アイアンフィストで10万の大軍が包囲殲滅されて旧軍関係者が根こそぎされたからこそ、党の支配力が大きくなったという描写に繋がるのだろう。
粛清の嵐は政府と人民赤軍に吹いたという事かな

213 :名無し三等兵 :2021/05/04(火) 13:06:21.13 ID:J9iKGraG0.net
補修となった関東軍がメインじゃないの>北日本陸軍の再建
その中で、反米意識の高い・容共的意識の将校を抜擢してとか

シベリア送りか北海道送りかの二者択一を迫られた将兵・民間人が非常に多いんだろうな

214 :名無し三等兵 :2021/05/05(水) 08:25:05.27 ID:YKxyQZwq0.net
>>211
戦後日本は革新官僚による計画経済を推進してきただろ
未だに自由競争を即すために規制を乱発するというポルナレフ状態
それとアカの一部が敗戦後天皇に人民政府の樹立を請願するデモもやった
フィクションで面白い政治勢力って言ったらパトレイバー(漫画)の環境派右翼くらいだが
現実にはテロに走らないだけで世界中に広がっちゃっててもはや陳腐化の様相

215 :名無し三等兵 :2021/05/05(水) 08:57:00.65 ID:4GzJgDL60.net
>>214
>パトレイバー(漫画)の環境派右翼

「地球防衛軍」とか「海の家」といったあたりの連中は普通に左翼学生運動崩れのスタイルで描写されてたと思うけど、
右翼の環境保護過激派というのも出てきたっけ?

というか、現実世界のグリーンピースもグレタ・トゥーンベリも、国家を超えた国際的連帯を理念の中核に据えていることからして
基本的には左翼だと思うんだけど、この認識は間違ってる?

216 :名無し三等兵 :2021/05/05(水) 11:46:47.16 ID:BoGmYrSn0.net
>パトレイバー(漫画)の環境派右翼

うろ覚えだけど1コマだけこんなのもいる、っていう程度でスローガンを書かれたレイバーに乗る
環境右翼が書かれていた記憶が

217 :名無し三等兵 :2021/05/05(水) 11:51:29.22 ID:aUYBDZ7D0.net
>>215
うろ覚えだけど美しい祖国とか掲げて一コマだけ出てきたと記憶
ググると出てくる

環境保護的保守ってのはいろいろあるよ
ただ日本のどこぞみたいに左右が入り混じりやすい

218 :名無し三等兵 :2021/05/05(水) 12:07:10.28 ID:hZYwYGgw0.net
>>217
福島原発事故の後反原発にオールインしていた頃の小林よしのりが環境保守と言うか反原発国士を気取っていたな。

その論拠や事実関係はいつもの如く滅茶苦茶で矛盾の塊だったけど。

219 :名無し三等兵 :2021/05/06(木) 09:29:30.65 ID:HGRrApgJ0.net
所謂保守も反原発勢力は結構いる
何故なら事故で国土を失う危険がある為
明治天皇の玄孫で元皇族系の竹田恒泰氏なんかは有名
まあ彼もそうだけど、大抵そういう人は考えが「固定化」されてしまっているので、
反対側の意見はなかなか考慮もしてもらえないからアレだけどな(この辺はいわゆる左右共に同じ)

身内が原発関係の仕事してて、いろいろ苦悩は聞いてるから何とも言えないけれど、
かといって日本で原発関係が消えると実質原子力産業や学問からほぼ撤退しなきゃならんし、
やはり広くエネルギー・安全保障問題に直結する話だからそう簡単な話じゃないのだよな

220 :名無し三等兵 :2021/05/06(木) 09:48:59.32 ID:nbNsnDg30.net
>>219
チェルノブイリや福島は原発の問題というより人災でしょ
特に日本は長年の安易な「放射能」隔離政策のせいで合理的な判断が出来なくなってる
欧州では恥知らずな独も含めて原子力依存は既定の方針だし
ただ今のコロナ狂騒を見てると世界的に医療や防御技術の非科学性が浮き彫りになってるから無関係じゃない原子力の将来も不透明だな

それと日本は「保守」が何を指すかは自明じゃないので要注意
自由民主党は結党以来改憲を掲げた革新政党だしな

221 :名無し三等兵 :2021/05/06(木) 10:46:23.10 ID:hNj2Jc0N0.net
>>220
そりゃ日本の原子力開発は、
正力と中曽根がアメリカからロケットと原子力の技術導入をするために科学技術庁を設置した経緯でも明らかなように、
最初から潜在的核兵器開発能力の獲得・維持が主眼であって、エネルギー安定供給の確保というのは後付けの理由だもの。
エネルギー政策の面から見て合理的ではないのはそこに理由がある。

あと、結党以来改憲を掲げている自由民主党はたしかに保守の範疇を逸脱した部分があるが、それは革新じゃなくて反動な。

222 :名無し三等兵 :2021/05/06(木) 13:51:10.87 ID:55RhTp48a.net
>>220
人災だったとしても同じ事だろ
原発が無ければ起こらないことが、原発があると天災でも人災でも関係無く起こり得る
そしてどっちであっても一度起これば取り返しがつかない大災禍を招く可能性は高いし、施設の数が増えれば確率は高まる
そして残念な事に、人間である以上ミスや欠陥はとうしても起こり得る

こんな事を言うと反原発派に聞こえるかも知れんが、自分は一応所謂反原発派ではない
エネルギー政策としても、太平洋戦争の根底の1つがエネルギー問題だと考えれば、原発は決して軽く見れるもんじゃない

223 :名無し三等兵 :2021/05/06(木) 13:57:05.00 ID:nbNsnDg30.net
>>221
そういう妄想と一緒にしないで欲しい
それに俺は『「放射能」隔離政策』と主張したんであってエネルギー政策だのロケットだの正力中曽根だのという「狭い」話じゃないんだよ
あと「反動」は左翼用語だけどあんたそのスジか?

224 :名無し三等兵 :2021/05/06(木) 14:00:06.47 ID:nbNsnDg30.net
>>222
自家用車が無ければ起こらないことが、自家用車があると天災でも人災でも関係無く起こり得る
そしてどっちであっても一度起これば取り返しがつかない大災禍を招く可能性は高いし、自家用車の数が増えれば確率は高まる
そして残念な事に、人間である以上ミスや欠陥はとうしても起こり得る

これが「大抵」見逃されるのは日常でリスク見積ができてるから
ちなみに世界的には真に受ける形で新規な商売を起こそうとしてる連中もいるがね

225 :名無し三等兵 :2021/05/06(木) 14:12:45.52 ID:nbNsnDg30.net
少しスジを外れたから改めて書くが
>取り返しがつかない大災禍
ってなに?ってことなんだけど
「開けて」みるまで詳細ははっきりしないけど「最悪」のメルトダウンまで行き着いたようなのに
チャイナじゃないアトランティックシンドローム(ブラジルにあらず)は起こらなかった
だから恐らく大災禍ってのは「放射能」がらみなんだろうけどそこでの情緒的な反応は人間のやることじゃないってのが俺の主張なんだけど

226 :名無し三等兵 :2021/05/06(木) 14:53:15.06 ID:hNj2Jc0N0.net
>>223
ゴメン。軽い気持ちでちょっかい出したけど
「エネルギー政策なんて【狭い】話を超えたところにある【〔放射能〕隔離政策】」って
マジで何を言ってるのか分からん。ホントーにゴメン。

227 :名無し三等兵 :2021/05/06(木) 19:45:05.42 ID:vxn/f9Ata.net
どうでもいいけど、現存する原発からは発電させてほしい

228 :名無し三等兵 :2021/05/06(木) 23:35:27.38 ID:y/PtVIGI0.net
(ワッチョイ c7a3-ts7H) ってさ、ケツ穴だろ。

自民党への憎悪、政治家への上から目線、多用するカギカッコ、一山いくらの中身がない言説並べて「一緒にするな」と喚き、心配してやってるんだ、俺の温情がなぜわからんとYASASISAの押し売りに加え、トンチンカンな「俺の主張」でドヤ顔とくりゃ、役満に裏ドラだ。

229 :名無し三等兵 :2021/05/07(金) 10:14:29.90 ID:yMwVIFxk0.net
いつまでもスレ違いしてるわけにもいかないからこれで切り上げるが
「放射能」隔離政策てのは放射性物質全般に関わる客観的研究や啓蒙をおろそかにして自分自身を含む国民全体を愚かな状態に置いてきたことだ
だから原発その他に関してのリスク評価が非科学的な両極端になってる
被曝X世などという妄言を放置してるのもその一例で今の福島差別に繋がってるわけだ
それと「放射能」政策を批判しただけで自民党への憎悪を感じちゃうってのは儲にしても相当やばいぞ
「放射能」に関してトンチンカンなのは戦後日本の宿痾みたいなもので党派無関係だろ

230 :名無し三等兵 :2021/05/07(金) 10:36:41.70 ID:PzhODd9t0.net
だよねー
原爆被爆が聖域化されて原子力や核装備の現実的な議論が不可能だもんね

231 :名無し三等兵 :2021/05/08(土) 14:34:38.02 ID:z50X8PT70.net
2009年 NHK大河ドラマ「征途」   原作:佐藤大輔作「征途」[徳間書店]
■配役■
藤堂 進  真田広之 
藤堂守   佐藤浩市
藤堂雪子  山口智子
藤堂明   菅原文太
藤堂礼子  竹下景子 
藤堂貴子  上戸彩
藤堂琢馬  香取慎吾
藤堂輝男  永井大 
土井美咲  柴咲コウ
栗田提督   蟹江敬三
宇垣提督  柳葉敏郎
黛艦長    岩城滉一
猪口艦長   役所広司  
奥田元帥   伊東四朗   
後藤田正晴  森田一義

232 :名無し三等兵 :2021/05/08(土) 14:35:14.52 ID:z50X8PT70.net
有畑角次   沢村一樹
川宮勝次   豊川悦司
川宮哲夫   保坂尚輝 
滝川源太郎  佐野史郎
本郷洋一   波田陽区
コンドラチェンコ       岡田真澄
スペツナズ隊員“モンゴル人” 朝青龍明徳
サーシャ・藤堂        梅宮アンナ
福田定一   橋爪功
鹿内     上川隆也       
「先生」   武田鉄矢
プロ市民   辻元清美
清らかなまま死を迎えた娘たち
       仲間由紀恵  長澤まさみ  綿矢りさ
       磯山さやか  伊東美咲   山田花子

233 :名無し三等兵 :2021/05/08(土) 14:36:34.94 ID:z50X8PT70.net
「一度だけきいておく」
声のふるえを懸命になっておさえ、守はいった。
「本当に良いんだね? 考え直した人はいないか? たとえむごい経験をしても、生き延びていればきっと良い事も」
だが、彼に背中を向けた娘たちはそれに答えず、なにかを歌い始めた。歌い続けている娘達になるべく温かく聞こえるように努力していった。
「みんな、目を閉じてください」
彼は大きくふるえ出した手でワルサーを握り、最初の娘の後頭部に銃口を向けた。指に力がこもる。
銃声。
義務。自分の果たすべき義務。

「やや、うち死にとうない」叫ぶように最後の娘が立ち上がった。胸の罹災用名札には、黒墨で山田花子と書いてある。
「口吸うて、口吸うて!」守に襲いかかる花子。
守を押し倒し、立ち上げ、体内に納めようと馬乗りになる。失神する守。

普通、記憶の結晶化と言えば、まずい事を忘れ去る意味で用いられるのだが、彼について言えばそれは全くことなった。
激烈な経験は、むしろ自身の悪行として自分を責めることでしか、覆い隠すことが出来ないものだった。

234 :名無し三等兵 :2021/05/08(土) 14:37:09.10 ID:z50X8PT70.net
ソ連軍が、電話交換所に突入したときに発見したのは、失神した男に馬乗りになる生物だった。
なんと言うべきだろうか、一応人型をしている。ジャガイモのようにでこぼこした顔。
劇化された東洋人のように、そこにありながら全く現実感がなかった。
精神を病んだものたちの抱く妄想そのものに思えた。

なにかに耐えられなくなった分隊長は命じた
「アゴーン」銃声。
が、兵士達は悲鳴のような声をあげて報告した。
「どうした! 射撃を継続しろ」
「しかし、効果がありません」
腹に命中した。 
……次の瞬間、何事もなかったように腰を振り続ける。
       変わらぬリズムで上下運動をつづける。

235 :名無し三等兵 :2021/05/08(土) 23:04:03.85 ID:CIo9aERYa.net
懐かしいのが出てきたな

236 :名無し三等兵 :2021/05/09(日) 00:48:20.34 ID:VBKxNqUaa.net
なにこれw

237 :名無し三等兵 :2021/05/09(日) 13:21:50.81 ID:16aWReOha.net
北の兵器で独自開発できる下地があるのは満州飛行機の開発陣が抑留されたとかの設定があれば可能性あるのかな?

海軍は造船どころかソ連から貸与された艦艇の整備すらままならなさそうだけど。

238 :名無し三等兵 :2021/05/09(日) 19:20:23.48 ID:xOwvbJFN0.net
満州飛行機という組織そのものは日産系列の国策会社である満州重工業開発の下に中島もテコ入れして作ったもので、作中に言及が無いがミネベアが設立されてるなら技術人は日本に帰国している。

ソ連が接収した満州飛行機の設備を北に供与することはあるかもしれないが、1946年4月に国民党八路軍が新京に無血入城しているので、なんでもかんでも根こそぎ連れていけたわけでもない。

官僚が実務集団として独裁者相手に対抗している国だから回ってたんでしょ。
新国家建設を目指した満州国の続きができる、政党の人事介入が無い「官僚天国」である、ってあたりで、満州抑留者だけじゃなくて中央からさえ引き抜きをやったかも。
身内で殺し合うだけの主義者が集まったって、寒帯のポルポトにしかならないし。

官僚がいれば、というかいないと、ソ連からライセンス供与されても生産できないし。
ソ連の支援受けたら中国でもジェット戦闘機作れるし、大躍進や文革で官僚組織が機能しなければ工場があっても作れなくなるし。

239 :名無し三等兵 :2021/05/15(土) 13:10:56.82 ID:5siPla+p0.net
RSBC愛蔵版見て気づいたけど、日本戦艦は高千穂級の建造時までは
副砲と高角砲の二本立てだったけど改造時に両用砲に統一
大和級以降は播磨に至るまで完全に英米式の両用砲一本に統一してる。

一方のドイツ戦艦は架空艦のフリードリヒ以降も副砲と高角砲の二本立てで
巨大戦艦ヒンデンブルクも副砲と高角砲の二本立てだった。

このへんどういう理由があるんだろう。考察があったら教えてほしい。
(メタ的にはドイツ戦艦はビスマルク風に副砲と高角砲の二本立ての方がデザイン的にカッコいいからだろうけど)

240 :名無し三等兵 :2021/05/15(土) 13:24:58.41 ID:apw6VH1tF.net
>>239
普通に「経空脅威が高かった海域で行動する事を迫られた経験の多かった日米英枢軸側は
副砲全廃にはしり、枢軸側補助艦艇の活発な行動に晒された独伊連合は副砲の必要性が
最後まで高かった」と見るべきだろう。

史実同様にドイツ駆逐艦群はモブ扱いだし。
イタリア補助艦艇は頑張っていそうだけど、ドイツは潜水艦以外の補助艦艇はね…。

241 :名無し三等兵 :2021/05/15(土) 17:39:57.04 ID:8TuIWss10.net
モブというか、数が少ないから>独小型艦
ボトルネックが建艦能力か人員かは知らんが、補助艦艇は足りないけど大型艦艇を優先して相手に与える脅威はあるぞっていう。

242 :名無し三等兵 :2021/05/15(土) 19:00:50.18 ID:AzFKlpxy0.net
RSBCで第二次・第三次の両大戦で帝国海軍は相当数の護衛空母を量産し、船団護衛や対潜哨戒や各種支援任務に
活躍しましたが、対するドイツ帝国海軍はこの種の護衛空母を少数しか建造していないようですね。

第三次大戦末期の「北の暴風」作戦時には、イエーデやエウロパと言った商船改造の軽空母も参戦しましたが、
これ等は船団護衛ではな唯一にして最大の空母機動部隊であるく第1航空戦隊に編入されていました。

243 :名無し三等兵 :2021/05/15(土) 21:33:02.61 ID:rRRdTDI/0.net
結局北の暴風は何一つ作戦目的を達成せずじまいだったのに枢軸軍が英本土を奪還できてなさそうなのはRSBC最大の謎
上陸部隊に核攻撃でも受けたのかね?

244 :名無し三等兵 :2021/05/15(土) 21:46:42.34 ID:dzfHkVrQa.net
核は無いだろうけどじゃあアイスランドに集結してた大部隊は何したんだって話になる
そもそも51年に北の暴風作戦で52年にクレタ島奪還してその年に停戦だから
地中海のど真ん中の島を奪還できて英本土奪還できないってのもありえんよな

245 :名無し三等兵 :2021/05/16(日) 00:06:52.43 ID:UNZmJ0WH0.net
>>240
>>241
それが…
手持ちの秘録(35頁)だと1949年7月末の段階だとドイツ北米艦隊は駆逐艦84隻も持ってる。
それは北の暴風作戦時にはクメッツ率いる北米艦隊は駆逐艦6隻まで激減してる。
ノルトマンの機動部隊がDD8隻で高海艦隊主力DD16隻、総計DD30隻
カリブの激戦を考慮してもなんでこんなに駆逐艦が減ってんだろう?

246 :名無し三等兵 :2021/05/16(日) 00:38:13.18 ID:NYJqiWyO0.net
>>245
その辺を好意的に解釈するとなると・・・

・ドイツ軍が北大西洋を完全に抑えていた頃は、欧州⇒北米を結ぶシーレーンで大量の船舶が航行しており、
 その護衛とシーレーン維持の為に大量の護衛駆逐艦が必要とされ、北米艦隊にも多数が編入された。

・大戦中盤にパナマが失陥してキューバ島への枢軸軍上陸を許すと北大西洋に投入される枢軸軍潜水艦による
 船舶の被害も増加し続け、更にアイスランドまで占領されると北米への船団輸送がほぼ途絶。

・カリブ海での消耗戦でドイツ軍は多数の駆逐艦を失い、北大西洋の制海権まで喪失しつつある状況では、
 ドイツ軍は貴重な護衛駆逐艦を欧州沿岸の海運護衛に集約せざるを得なくなり、北米艦隊からかなりの
 駆逐艦が本国に引き抜かれてしまう。

・北米で現地生産する艦艇の大半は短期間で戦力化可能な対潜護衛のフリゲートやコルベットであり、
 高速戦艦群に追随可能な大型艦隊駆逐艦はニューヨーク沖海戦や北の暴風作戦の時点では北米艦隊は
 少数しか保有していなかった。

247 :名無し三等兵 :2021/05/18(火) 16:33:09.21 ID:vIuFPyBs0.net
>>239
副砲を両用砲化してるんじゃないの?
1巻でこんな記述あるし

>  海軍と統合航空軍が共同で、
> 次期対艦兵器として遠距離から発射出来る滑空誘導爆弾、
> 電波あるいは赤外線で敵艦を追尾する誘導噴進弾、
> はては九三式酸素魚雷を改造した大射程音響追尾魚雷を開発していたが、
> 今のところ使用可能なのは最後の音響追尾魚雷だけで、
> それでさえ命中を期待出来る距離は五キロ以内
> ――ドイツの主力艦載両用砲、一五センチ連装砲なら充分射程に収められる距離だった。

>>243-244
世界初のIOBM(大洋間弾道弾)をギリギリで間に合わせて警告したんじゃないの?
R-7相当の性能(射程9000km前後)ならドイツ本土から日本(伯林〜東京の直線距離は約8.933km)を狙えるし

248 :名無し三等兵 :2021/05/18(火) 17:05:17.04 ID:dpwGFHtZa.net
アイスランドに核装備の富嶽が駐留してる状態で今更弾道弾の脅し効くかな
というかそのアイスランドに核攻撃しようとしたけど富嶽が配備され始めたから攻撃断念したわけだし
ただ仮に上陸しなくてもヒトラーが死んで休戦なわけだし停戦交渉で英本土は返還だろうな

249 :名無し三等兵 :2021/05/18(火) 17:20:42.76 ID:yHpzyDEVa.net
ヒトラー死んで休戦ってパシストじゃない?
RSBCだとロンメル→ハイドリヒと総統位が受け継がれた事くらいしか書かれてなかったと思う

250 :名無し三等兵 :2021/05/18(火) 17:24:51.23 ID:dpwGFHtZa.net
年表眺めてたらそういや49年の末に広島と長崎に核攻撃されてたんだよな

>>249
すまん
記憶が曖昧だった
どうやって停戦に持ち込んだかって描写ってあったっけ?

251 :名無し三等兵 :2021/05/18(火) 17:24:58.25 ID:Wb6hQnuQ0.net
>>248
だけど宇宙英雄ヴァルター・ケーニヒを読むと
英本土の返還が遥か未来を象徴する出来事として書かれていたりするし

252 :名無し三等兵 :2021/05/18(火) 20:05:27.58 ID:5zvgqHq10.net
>>247
指摘どうもありがとう。
読み直したら外伝1の北の暴風作戦でもドイツ戦艦の15センチ両用砲と書いてあった。

>>249
本編1巻からシュタウフェンベルクが出てくるのでヒトラー暗殺計画をにおわせてるけど
作中だと具体的にヒトラーが死んだり暗殺されたりする直接的な記述はなかったはず。
反ヒトラー組織だと某作品への皮肉で出したブラウ・サロンもあったね。

253 :名無し三等兵 :2021/05/18(火) 20:21:48.60 ID:JUebqxaPa.net
まぁ、どっちにしてもパシストで先行しちゃったからなぁ…
誰を実行犯にするのやら

254 :名無し三等兵 :2021/05/18(火) 21:12:08.97 ID:lwOqRAvga.net
それにしてもシェーメル少佐は、いい意味で小市民的な良識を持ち続けていたな

255 :名無し三等兵 :2021/05/18(火) 23:20:00.98 ID:/PG+DKXD0.net
これも本編では明確に語られず仕舞いだったけど、第三帝国第三代総統ハイドリヒは1990年に勃発した
第四次世界大戦時まで存命だったのか、それともその前に死去し総統位は空位のまま大戦突入なのか?

後の「宇宙英雄ヴァルター・ケーニッヒ」の宣言文では、ハイドリヒの後に自分が第四代総統となる事を
書き記していましたが、この辺の記述だけでは

・第四次大戦勃発までハイドリヒは存命であったが、彼の死により帝国は名実ともに崩壊
・第四次大戦以前にハイドリヒは死去していたものの、諸般の事情で四代目総統が就任できないまま
 大戦が勃発し、総統空位のまま帝国も崩壊してしまった
・第四次大戦前(ないし大戦中)にハイドリヒが死去し、後継者となる第四代総統も正式に就任したが、
 彼はヴァルター・ケーニッヒが総統として認める事ができない人物であった為、月面の宣言文には
 史実の第四代総統の存在そのものを否定し、我こそが四代目総統だと記した。

のいずれであるかは不明なままでした。

256 :名無し三等兵 :2021/05/19(水) 00:59:08.03 ID:5w/arJm30.net
>>255
短編「晴れた日はイーグルにのって」でF-15操縦中にRSBC世界に転移した<ジーク>の話だと
WW4が起こる数年前(具体的年は不明)にハイドリヒは死んだことになってた。
ただ、あれは御大がRSBCを書き始めたときに書いた楽屋落ち的な作品なので
本編とは記述が矛盾する部分もあり正典とは見なし難い部分も。

実際、他のイーグルパイロット<ドラグーン><バーニア>が転移した世界も
その後書かれた皇国や地連に似てるけどかなり描写や設定が違う
パラレルワールド的な世界だったし。

257 :名無し三等兵 :2021/05/19(水) 02:00:57.40 ID:399bueGU0.net
ハイドリヒは1904年生まれだから1990年まで生きていれば86歳であるから、第三帝国総統としての激務に
そんな高齢になるまで耐えられたかと言われると難しいですね。

史実の金日成は82歳で死ぬまで国家主席の職にあり続けたから、絶対無理とも言えないけど。

258 :名無し三等兵 :2021/05/20(木) 02:15:17.94 ID:4tA0A3aPM.net
年老いたハイドリヒの容貌が想像できないw

259 :名無し三等兵 :2021/05/20(木) 08:10:04.50 ID:wvWqQAkSp.net
>>258
>年老いたハイドリヒの容貌が想像できないw

ハイドリヒの画像検索したら、ハイドリヒ人形の写真が結構見つかった
こんなもんあるんだね
RSBC世界ではやっぱ日本で売れに売れて壊されてんのかな

260 :名無し三等兵 :2021/05/20(木) 08:35:30.67 ID:3Q3qPpCLa.net
ドイツの業者が作り、それを中立国の商社が買い取って日本に売りさばくワケだな

261 :名無し三等兵 :2021/05/20(木) 12:11:28.22 ID:IJ0DkXCM0.net
>>257
史実の毛沢東も同じく82歳まで生きていたけど、最晩年は脳軟化症を患い執務能力を失っていました。

その為四人組の専横を許したりもしましたが、ハイドリヒ総統も晩年に耄碌か寝たきりになっていたら、
征途の川宮パパの最晩年みたいに国防軍や官僚団やナチ党による権力闘争が激化していたかも。

262 :名無し三等兵 :2021/05/20(木) 13:26:05.97 ID:tm5Wjsa0M.net
三浦建太郎が…
ベルセルクが未完になっちゃったよ

263 :名無し三等兵 :2021/05/20(木) 17:44:41.13 ID:BmfTisWN6.net
総統位が党→軍→党と推移してるけどヒトラーからロンメルはパシストみたいにクーデターなのかな?
ただそれならハイドリヒが3代目になるのがよくわからなくなるけど

264 :名無し三等兵 :2021/05/20(木) 18:33:06.73 ID:tm5Wjsa0M.net
親衛隊の実質的リーダーだったハイドリヒはパシスト同様に軍と結託してたんだろ?

265 :名無し三等兵 :2021/05/20(木) 18:35:00.52 ID:tm5Wjsa0M.net
んで、2代目が存命してる内に3代目への地盤を党や限定的だが復活した議会(議員)、そして軍に築いたのではないかと

266 :名無し三等兵 :2021/05/20(木) 18:51:06.80 ID:IJ0DkXCM0.net
どういう経過を辿ってロンメルが二代目総統となり、更にその後ハイドリヒが三代目総統となるにしても、
ボルマンが生きていられる可能性は非常に低そう。 特にハイドリヒが権力掌握する過程に於いては。

史実では二代目総統となったデーニッツのRSBC世界でのその後も気になりますが。

267 :名無し三等兵 :2021/05/20(木) 22:46:59.97 ID:WmvM4/1Yd.net
佐藤作品は確定未来からの回想が多いからダメージは少ないよね

はぁ……

268 :名無し三等兵 :2021/05/20(木) 23:25:20.54 ID:5oorp6cZ0.net
そういえばヘスってRSBC世界でもイギリスに飛んでいったのかな?
全く出てきてない気がするけど

269 :名無し三等兵 :2021/05/20(木) 23:47:53.76 ID:2An6oo+O0.net
>>268 史実BoBが40/7〜40/9 ヘス渡英が41/5/10。どう見てもヘス渡英より先に英本土占領してる気がする。
合衆国か日本相手にやらかした可能性は否定できんが既述もないと思うし、ヒトラーにあくまで忠実に仕えつつ、
死後の権力闘争では、いるかいないか判らんくらいの扱いでしまいにゃ捨扶持あてがわれてたんじゃないか。

270 :名無し三等兵 :2021/05/21(金) 08:30:36.37 ID:HeJ7lCHKd.net
また本棚に未完作品が増えた…

271 :名無し三等兵 :2021/05/21(金) 12:00:39.75 ID:8FZ3UjHkp.net
ときどき三浦さんの訃報に関する書き込みがここや架空戦史スレで見かけるが、なんか関係あるの?
特に佐藤御大と?

272 :名無し三等兵 :2021/05/21(金) 12:07:11.99 ID:NsRURQOtM.net
皇国コミカライズをやって欲しかった作家の一人だったんじゃねーの?

273 :新潟県 :2021/05/21(金) 13:32:33.90 ID:bBWedpEZa.net
長々と話を書き続けて未完のまま急逝
という共通点からかと

274 :名無し三等兵 :2021/05/21(金) 18:20:41.38 ID:BLVl8aJp0.net
佐藤大輔御大以外にも中里裕司や飯島祐輔や青山智樹などが亡くなって、この業界もどんどん寂しくなってくな
御大に限らずオタク第一次世代の古強者が亡くなっていくのは悲しいなあ

275 :名無し三等兵 :2021/05/21(金) 19:22:59.80 ID:ZD5HLbk70.net
ID変わるかもしれないが271
架空戦記の同業者とか、分野は違うが仲がよかったとかなら分かるけど、未完作品があるというだけが共通点で何度も書き込むというのはなんだかなあと思ったので質問させてもらった
やっぱ関係なしか

276 :名無し三等兵 :2021/05/21(金) 20:40:25.76 ID:LqgaHYAB0.net
>>275
みんなバラバラに訃報にふれて書き込んでるだろうに

277 :名無し三等兵 :2021/05/21(金) 21:53:34.62 ID:z0eFf+sa0.net
50年後の世界で第二次世界大戦を舞台にした架空戦記が書かれることはあるんだろうか?

278 :名無し三等兵 :2021/05/21(金) 21:58:02.23 ID:rAyFx2cY0.net
現代アメリカの南北戦争物くらいでは。なお沢山ある。

279 :名無し三等兵 :2021/05/21(金) 22:57:54.26 ID:cH98Cr76a.net
戦国時代を舞台にした架空戦記物もごまんとあるんだし
大戦ものもずっと残り続けてると思う

280 :名無し三等兵 :2021/05/22(土) 08:15:25.31 ID:qMdpKLLaa.net
>>679
まぁ、火葬戦記モノそのものは細々とは言え残って出版されたり
電子書籍として権利が売られては行くんだろうな。

問題は御大クラスの作家はこの後一昔くらいの期間は後続が無いだろう、
と思われる事で。

その間に出版社が潰れてゆくのかもしれないよね。

281 :名無し三等兵 :2021/05/22(土) 12:59:24.75 ID:u7yQAMIV0.net
御大の後継は出てこないだろうなぁ

282 :名無し三等兵 :2021/05/22(土) 16:02:19.82 ID:VMDZwJNL0.net
仮に才能があるヤツはいても、その才能が仮想戦記という老衰気味のジャンルで発揮されるかは極めて疑問ではある

283 :名無し三等兵 :2021/05/22(土) 16:23:24.92 ID:FCHN1grta.net
ここはノビー先生に長生きしてもらおう

284 :名無し三等兵 :2021/05/22(土) 17:01:41.60 ID:WmJC0Poq0.net
近い将来大き目の戦争が起きればまたミリタリー小説や仮想戦記ジャンルが流行したりして。

例えば1991年の湾岸戦争の時みたいに。

285 :名無し三等兵 :2021/05/22(土) 18:35:32.27 ID:FqU4HyQ60.net
まさに「観光資源」のオチだね、あれは御大のアイロニーだと思ってた

286 :名無し三等兵 :2021/05/22(土) 20:28:20.52 ID:iq9iyjRZ0.net
仮想戦記とは言わんでも
戦記で後継が出てくれれば良いんだけどね

287 :名無し三等兵 :2021/05/22(土) 21:42:55.00 ID:Yn5+4tjF0.net
幼女戦記の原作者は架空戦記いけそうな気がする。

288 :名無し三等兵 :2021/05/22(土) 22:19:44.76 ID:VMDZwJNL0.net
『仮想戦記っぽい要素があるエンタメ作品』と『仮想戦記』とは似て非なるもんだぞ
前者なら幼女戦記はじめ商業からネット公開作品までいくらでもある(というか幼女戦記自体がネット小説出身)
第二次大戦から分岐した架空の戦後史や敗戦しなかった大日本帝国など、それっぽいのは割といくらでもある

これが仮想戦記になるといろいろな意味でハードルが上がるし、何よりどんな才能があってもほぼ売れなくなるので、まず手を出す奴がいない
なんなら御大だって、ぶっちゃけ仮想戦記作家だったのなんてRSBC書いてた2000年代中頃くらいまでで、
そっから先はファンタジーやSF、ラノベ作家だったという方が正しい時点でお察し

289 :名無し三等兵 :2021/05/22(土) 22:22:05.63 ID:XUh3Wbqx0.net
a) 史実の範囲内で展開する戦記小説
b) 史実からどのように歴史改変するかを主眼に置く架空戦記小説
c) 歴史改変とは無関係な完全な架空世界の戦記小説

一般読者にとって馴染みやすいのはどれで、敷居が高いのはどれだろう。

290 :名無し三等兵 :2021/05/22(土) 22:32:17.93 ID:bTRxdFrp0.net
>>289
c)が一番ハードルが低いんじゃないかな。
「前提として知っておく事」が必要ないから(大多数は作品内で「作品内での『常識』」は説明されるから)。

291 :名無し三等兵 :2021/05/22(土) 22:54:02.42 ID:vPoXEdLo0.net
架空戦記でも史実にない国が出てくるみたいな大規模な歴史改変する話はほぼ絶滅してるよね
個人的にはこっちの方が好みだったから残念なんだけど

292 :名無し三等兵 :2021/05/22(土) 23:04:02.62 ID:q5wLUF/D0.net
>>291
トルステイン公国とか?

293 :名無し三等兵 :2021/05/22(土) 23:07:41.05 ID:m+gERQVZ0.net
アルキームの風とか良く商業出版されたもんだな

294 :名無し三等兵 :2021/05/23(日) 00:18:39.13 ID:HThqpu1q0.net
>>290
ただ、作者がヘボだと、作中世界と現実世界で共通する軍事知識を、
作者が常識だと思って説明抜きで書いてしまって、一般読者が置いてきぼりにされるなんてことも。

295 :名無し三等兵 :2021/05/23(日) 00:39:39.80 ID:CNuoy/A60.net
榎野彦(R2)も生きてりゃなぁ…。
てかここの住人的に芝村裕吏とかどうなん?
富士学校まめたん分室とか猟犬の旗とか。

296 :名無し三等兵 :2021/05/23(日) 01:28:41.84 ID:mDYK2uqO0.net
芝村裕吏は好きだし面白いし読んでるけど
系統が違うやろ

ブラックホークダウンとコマンドー比較するようなもんだぞ

297 :名無し三等兵 :2021/05/23(日) 05:48:42.31 ID:ZrHMNKCP0.net
芝村はどちらかというとラノベ寄りのSF作家だからなぁ、
最近は食えなくなってSF作家に転向した方も居るし

298 :名無し三等兵 :2021/05/23(日) 08:07:37.44 ID:wUK+aFzR0.net
このスレと仮想戦記的には芝村というより榊涼介かもな
榊ガンパレはまさに仮想戦記的解釈をベースにしたガンパレみたいなもんだった
大戦末期のガラクタを流用した対空列車砲は当時吹き出しながらも納得感とロマンを感じて好きだったよ

299 :名無し三等兵 :2021/05/23(日) 08:17:18.70 ID:PcRnD/620.net
このスレ的には高梨俊一が70年代に構想してたRSBC原案ってどうなの?
ボドゲ版RSBCのヒストリカルノートと文庫版1巻にあとがきに記述がある
御大の日本人観や主張とは合わないんだろうとは思うが
個人的にはこの路線の作品も読みたかったが御大のファンの間では異端?
押井監督の雷轟がそれに近い方向で個人的には気に入ってる

300 :名無し三等兵 :2021/05/23(日) 17:51:18.70 ID:mUSGIkGL0.net
>>298 止め時を見失った感が残念ながらな…渡米あたりからは流石にちょっと。

301 :名無し三等兵 :2021/05/23(日) 19:57:49.76 ID:CNuoy/A60.net
>芝村はどちらかというとラノベ寄りのSF作家だからなぁ、

言うてもミリタリー系の情報収集で日本で一番金を使ってる作家だろ。
年でウン百万払って海外のそっち系通信社と契約してるというし。
若い頃の大石英司も印税を取材費に右から左だったらしいが、芝村は証言会社が営業に来るような資産家だしな…。

302 :名無し三等兵 :2021/05/24(月) 19:48:10.67 ID:ziBbZhes0.net
芝村ってガンパレのひとか
この人の小説でおすすめってあります?

303 :名無し三等兵 :2021/05/24(月) 20:04:49.99 ID:JmLzDDS80.net
>>281
内田弘樹

304 :名無し三等兵 :2021/05/24(月) 20:43:16.93 ID:QyMgytVWM.net
オリジナルか皇国のスピンオフでもやってりゃねぇ…>内田

305 :名無し三等兵 :2021/05/24(月) 20:46:26.88 ID:/prMNh3W0.net
同人誌みてるとよい編集者ついたらいけると思う。余談で食事本のレシピはマジ役だつ。

306 :名無し三等兵 :2021/05/24(月) 21:01:30.72 ID:l5Og94MT0.net
オリジナルで88mm乗っけたパンターが満洲で戦うやつ書いてなかったっけ>内田

307 :名無し三等兵 :2021/05/24(月) 22:38:13.68 ID:V2ra2Bqf0.net
「今日本産で一番面白い架空戦記は?」って問われたら迷わず間髪入れずに「大西洋戦記」って作品を上げて推す。
同人だけど。
(あとまぁ小説ではない(漫画です)

ただ、一般的な(もうこの「一般的」って言葉自体が機能しない気はするが)仮想戦記や架空戦記の読者は「面白い」とは思わない方向の物語ではあるだろうな・・・。
自分は「どこの出版社でもいいからこれさっさと商業出版しろよ」と思ってるけど、「売れるか」となるとどうだろうって感じが・・・。
このスレの住人の人にとってすら「求めているもの」ではないかな、という気はするし。

作品の方向性以前にナチスドイツもソビエトも出てこない(今のところは日本すら)、となると、「商品として求められているもの」としてもは難しいだろうし。

でも今日本語で読める作品としては随一の面白さだと思うんだけどね、これ。

308 :名無し三等兵 :2021/05/25(火) 04:43:19.46 ID:wwi8MllTa.net
求めているものと合ってるかどうかいう以前に、どんな物語か分からん。イングランドの私掠船の話か?

309 :名無し三等兵 :2021/05/25(火) 05:27:11.93 ID:oUT7+Ith0.net
RSBCのアインシュタインから岡田首相の手紙にでてくる物理学者ニシナ、ユカワはわかるけど、アサヌマって誰ですか?

310 :名無し三等兵 :2021/05/25(火) 05:56:51.04 ID:WzXSGeUu0.net
大西洋戦記おもしろいよね
あれたぶんヴィクトリアのロシアプレイの続きだと思うんだけど

いまは素人が小説投稿できるサイトがいくつかあって、商売になるって判断された作品は出版されたりコミカライズされたりアニメになったりするんだから、そんななかで求められる架空戦記作品が出てこないのは売れる見込みが立たないってことなんだよな

311 :名無し三等兵 :2021/05/25(火) 07:34:09.98 ID:B8/WopgW0.net
ミリタリーものだと自衛隊を主題にしたゲートがだいぶ前にアニメ化してるしな
自分はアレがネット掲載されてた頃からファンだったし、アニメ化自体は嬉しかったが、
いっちゃ悪いが原作『彼の地で斯く戦えり』は商業小説としてみるとはっきり言ってそう出来のいいもんではない
逆に言えばアレでもアニメ化されるんだから、描写なり物語なりキャラクターなりがもっと上のこっちも、という事はあり得る
なので結局は質よりもより広く売れるか、題材のキャッチ―さや斬新さ、目新しさが必要だろう
その辺仮想戦記は苦しい

312 :名無し三等兵 :2021/05/25(火) 19:32:28.22 ID:gkpuLyB50.net
>>310
この前の発表会で、前作の爆死っプリから絶望視されていた「Victoria 3」の製作が公表されたんで、楽しみですの。

313 :名無し三等兵 :2021/05/25(火) 19:49:25.33 ID:JNtWWMpQ0.net
ふと思ったけど、RSBC世界の冷戦期におけるIOBM警戒レーダー網ってどうなってたんだろう。
いや、現実世界だと米側はカナダやグリーンランドがあったし、
ソ連もムルマンスクやノヴァヤ・ゼムリャあたりに設置すれば中枢からの距離はそれなりに稼げたけど、
RSBC世界だと、ドイツはまだしも、北方の大陸にまったく勢力圏を持たない日本はレーダーをどこに設置すれば良いのやら。
一足飛びに衛星軌道からの監視網を構築するしかない?

314 :名無し三等兵 :2021/05/25(火) 20:26:20.94 ID:gkpuLyB50.net
>>313
A君4巻の描写がそのままRSBC世界でも通用するんなら、EW衛星や軌道戦闘艦、防宙レーザ衛星群のほか、地上配備の
OTHレーダー網や弾道弾迎撃システム、本土周辺空域を遊弋する航空レーザー母機などの多段式防御網らしいの。

315 :名無し三等兵 :2021/05/25(火) 20:42:26.84 ID:B8/WopgW0.net
相変わらず宇宙技術が史実よりも進歩しまくりの御大世界
まあ積極的にリソースを割き続けたって事なんだろうけども、現実のミサイル防衛が本格的に形になってきた時期を考えると、
90年代でそこまでゴージャスな事になるのはどうだろうと頭の片隅で思ってしまう

316 :名無し三等兵 :2021/05/26(水) 00:18:59.23 ID:Y6DNgAHZ0.net
90年代に宇宙戦艦が動いてる世界だからねえ

317 :名無し三等兵 :2021/05/26(水) 01:13:54.85 ID:5DYv3rOI0.net
ま、現実が足踏みし過ぎたんだよ

318 :名無し三等兵 :2021/05/26(水) 02:28:10.99 ID:+62J/gdT0.net
RSBC世界だと、こちらのアポロ計画みたいな大盤振る舞いを1970年代以降も
日独双方が続けていた様なもんでしょうな。

319 :名無し三等兵 :2021/05/26(水) 02:50:23.10 ID:yYSQ9XK80.net
そういえば、これも探せば以前にもどこかで言われてそうだけど、
史実アメリカのようなフォン・ブラン・ボーナスにあずかれなったRSBC世界の日本は、
どういう体制で宇宙開発に挑んでたんだろうか。
佐藤御大はどういうわけか糸川英夫に非好意的だったりするし。
まぁ今では北崎重工が星世界以外の世界線でも存在感を発揮してることになってるんだっけ?
もしかしたら、星世界でクルト・タンクを招聘したように、RSBC世界ではコロリョフを手駒に加えてたりして。

320 :名無し三等兵 :2021/05/26(水) 03:28:24.78 ID:tsYMh6lka.net
つか、そのボーナスも☆一巻で書かれてた「陸海空軍それぞれ独自で開発し、
船頭多けりゃ何とやら」
といった纏まらない有り様でスプートニクショック発動まで飼い殺しだったじゃん

321 :名無し三等兵 :2021/05/26(水) 08:42:59.96 ID:Y6DNgAHZ0.net
国の目標として宇宙開発に全力投入、スピンオフのさらなる活用を含めて民間経済ぶん回すってのが当面百年の方針となってるから、そこが史実になかったボーナスだろう。

しかし、当時の日本円が資本主義世界の基軸通貨になれるかってえと、控えめに言ってもな…

322 :名無し三等兵 :2021/05/26(水) 09:34:47.29 ID:s56JL73c0.net
RSBC世界だとカナダも東西分断されてるのかな?
東米とかケベックに編入されてるってことも考えにくいし

323 :名無し三等兵 :2021/05/26(水) 11:21:20.14 ID:/rvLwM8m0.net
RSBC世界って金本位制はどうなったんだっけ?

324 :名無し三等兵 :2021/05/26(水) 12:51:27.32 ID:LEoAPXYq0.net
>>319
(主に敗戦のせいだが)軍事商業利用に抵抗して「自分たちの興味のためだけに」ロケットを好きなように飛ばそうとするのだから、パージするしかない。
征途も星も二次大戦はボロカスに負けたからしょうがない。

RSBCやパシストなら、軍部に協力する形で好きなように飛ばすフォン・ブラウン方式が使えると思います

325 :名無し三等兵 :2021/05/26(水) 13:04:33.27 ID:+62J/gdT0.net
>>323
その辺米国の東西分裂時に、フォートノックスの大金塊がどうなったかでかなり左右されそう。

作中ではそこの金塊の一部を西側に持ち出せたとかいう記述がありましたが、残りの大半を
ドイツが抑えれば世界の金のかなりをドイツ側が保有する事に。

326 :名無し三等兵 :2021/05/26(水) 19:33:05.47 ID:yYSQ9XK80.net
>>323,325
金本位制を未開社会の遺物だと罵倒して管理通貨制度への移行を説いたケインズは英本土を脱出できたのかな、
と思ったけど、調べたら史実では1946年に死んでるのか。

むしろ、ケインズ経済学の衣鉢を継いで史実ではケネディ政権の経済政策を牽引したポール・サミュエルソンが
無事に東米に脱出できたかどうか、が重要ですかね。

327 :名無し三等兵 :2021/05/26(水) 19:35:18.59 ID:yYSQ9XK80.net
>>326
間違えた。東米に脱出してどうするw
東米から西米に脱出できたか、だ。

328 :名無し三等兵 :2021/05/26(水) 19:41:02.26 ID:+62J/gdT0.net
本土を失陥した英国政府がカナダに逃れる際も、保有金はほぼ全部持ち出したでしょうしな。

運が悪ければ何割かは途中で金塊積んだ船ごとUボートに沈められたかもしれませんが。

329 :名無し三等兵 :2021/05/26(水) 22:15:24.69 ID:sBdVWqJCM.net
RSBC世界でも金塊積んだエディンバラが沈められたと

330 :名無し三等兵 :2021/05/26(水) 22:54:28.80 ID:s56JL73c0.net
日本の宇宙開発に遂に見つかった徳川埋蔵金が使われてる可能性

331 :名無し三等兵 :2021/05/27(木) 01:08:49.43 ID:QiPXaW3b0.net
糸井が見つけられなかったのは大ちゃんがコッソリ掘り出してったからなんだな

332 :名無し三等兵 :2021/05/27(木) 09:56:11.08 ID:FWpoa2IIa.net
だからロクに新刊出さなくても悠々自適に過ごす事が出来たんだな

333 :名無し三等兵 :2021/05/27(木) 10:14:50.22 ID:qtybYljDK.net
>>303
ラノベ方面に逃s… もとい、転進しましたが…

334 :名無し三等兵 :2021/05/27(木) 20:24:44.82 ID:rVe7lp+a0.net
>>317
いうて現実のアメリカってRSBCの日本帝国より国力上なんだが、そんな超大国がソ連と冷戦やった結果が現実なんやぞ
何より超高性能な演算素子やら便利な素材やらといった要素技術はどうしようもないのでは
90年代までの20世紀と、2000年代以降の21世紀を知ってれば、21世紀初頭の技術環境で何とかなってきたものを、
20世紀の内に遥かに豪華な形で用意するのはどうしたって無理じゃないかとしか思えん

335 :名無し三等兵 :2021/05/27(木) 20:26:42.88 ID:tfI3ckA+a.net
RSBC世界では史実のベトナム戦争みたいなニ大陣営が国力を浪費するイベントはあったんだろうか

336 :名無し三等兵 :2021/05/27(木) 21:15:44.84 ID:QiPXaW3b0.net
>>334
うーん、まぁわりと同意なんだけど。
ただ、スペースシャトルで余計な遠回りをした、失われた30年(40年か?)を思うとね……

337 :名無し三等兵 :2021/05/27(木) 21:35:30.22 ID:Z1GKI1nz0.net
そう言いたいんだが有翼宇宙機が基本だからな御大…

338 :名無し三等兵 :2021/05/27(木) 22:26:37.57 ID:2kSHr8ax0.net
藤大輔時代にも日本が宇宙開発でアメリカ出し抜く話あったよね
囮のスペースプレーンを特殊部隊に破壊させて出し抜くやつ

339 :名無し三等兵 :2021/05/27(木) 22:32:15.44 ID:38LEwrz10.net
>>335
高梨俊一の原案とボドゲ版だと日本は戦後ガッチリベトナム戦争に参戦して反応兵器使う
小説版だと死線の菅沼とコックスの会話で日本が戦後ベトナムの紛争に介入したことが言われてるが
果たしでどんな規模の戦争だったのか分からないんだよね

340 :名無し三等兵 :2021/05/28(金) 06:58:00.67 ID:9EGNzRep0.net
ヴァルター・ケーニヒの真実が明らかになった後、あの基地司令どうしただろうな
日英の2人にも協力を願い、公表せずに無かったことにしたのか(記録媒体や証拠物は自分が墓まで持っていく事にして)、はたまたクソ真面目に本国に発表したのか?
多分あの後あの部屋で秘蔵のシュナップスとスコッチと日本酒を3人でかっ喰らってんじゃないかと勝手に妄想してるわ
飲まなきゃやってられんと思う

341 :名無し三等兵 :2021/05/28(金) 08:17:10.18 ID:kT9hv6qN0.net
>>336
スペースシャトルは遠回りだったの?
いま、使われてないのは知ってるけどコストが高いんだっけ?

342 :名無し三等兵 :2021/05/28(金) 10:12:52.47 ID:c7HcFs1G0.net
>>341
オービター(機体)を再利用してコスト削減といううたい文句だったが
実際にはブースターやメインタンク等使い捨てにする部分も多く結局は従来よりも高くついた
そんなに何度も打ち上げた訳でもないのに製造した5機のうち2機までが爆発している

343 :名無し三等兵 :2021/05/28(金) 11:31:41.14 ID:WKwW4YCm0.net
>>341
NASAは月に到達してやることがなくなったから、低コスト化を目標に掲げた。
再利用すれば安くなる(はず)なので、「再利用すること」が目標になった。

結果、安くするより再利用することが優先されて、高くてほとんど再利用してなくて危険な宇宙機が出来上がった。

ま、組織の維持が最大の目的だったから、仕方ないね。

344 :名無し三等兵 :2021/05/28(金) 11:45:14.23 ID:kT9hv6qN0.net
>>342,343
ありがとう。
子供の頃はスペースシャトルが実用化するとコストが下がって将来的には誰でも宇宙旅行に行けるようになるみたいな話があったので、何となくそれをずっと信じていた。

345 :名無し三等兵 :2021/05/28(金) 12:38:09.93 ID:19R92812p.net
小学生向け学習誌なんかには未来の新婚旅行は月世界へとかの記事があったけど、現実となるとまず嫁がいない(泣)

346 :名無し三等兵 :2021/05/28(金) 12:42:34.72 ID:7Q/0XsVk0.net
「先生」が朝の子供向け番組にまで出て「宇宙に行こう」とやった、
実際には「ひらけ!ポンキッキ」のエンディングでスペースシャトルが宇宙に向けリフトオフする映像が流れて
(なにせプロデューサーが野田「宇宙軍大元帥」だ)アレに洗脳された幼児である俺。
今NYの「イントレピット」博物館に「エンタープライズ」いるんだよなあ

347 :名無し三等兵 :2021/05/28(金) 12:55:19.89 ID:9O9koZWr0.net
ポンキッキでは三段ロケット打ち上げの歌なんかもあったような気がするが、
あれも宇宙大元帥の仕込みだったのだろうか?

348 :名無し三等兵 :2021/05/28(金) 21:24:03.20 ID:GPl/CnvG0.net
RSBCでは予科練の扱いはどうなっているんだろ。
航空軍が即尉官任官を条件に引き抜いていそうだけど、海軍も母艦搭乗員確保に躍起になりそうだし。
機関科問題は早々に解決してそうだけど。

349 :名無し三等兵 :2021/05/28(金) 22:10:23.02 ID:/rqqoyAB0.net
>>341
>スペースシャトルは遠回りだったの?

宇宙に安価に荷物を運ぶシステムが必要であったとして、スペースシャトルはその回答ではないって話。
たとえば1キロあたり5000ドルという打ち上げコストも、年に55回打ち上げられればという条件があって、実際そんなに打ち上げる需要は存在しない。
存在しない需要をつくるために、アメリカの打ち上げ需要をぜんぶスペースシャトルで賄うなんて方針が打ち出されたが、その結果、オービターの設計は米空軍の要求を丸呑みすることになった。
貨物室は偵察衛星を回収できる大寸法かつ極軌道から帰還できる翼面積が求められたが、これがなければ翼を20%は小さくできたという話もある。
それで米空軍が打ち上げをシャトルに任せて予算も流したかというと、コストは高いし事故るってんで相変わらずデルタロケットで偵察衛星を打ち上げてたし、衛星を回収して再利用なんてこともしなかった。
シャトルで衛星を回収して打ち上げるより新品の衛星を打ち上げるよりほうが安いのだから当然の話だが。
需要が激減したのに開発費は高騰し、それで信頼性が上がったかと言うと、コストとノルマを盾に投じられるべきコストさえ抑制されて5機のうち2機が「予測できる危険を無視した事実上の人災」と言える事故で失われた。

350 :名無し三等兵 :2021/05/28(金) 22:10:30.04 ID:/rqqoyAB0.net
実情を無視した楽観しかしない官僚主義による無駄な全速前進を、アメリカの威信とやらに政治利用したいレーガン政権がさらに後押ししたのが80年代前半で、チャレンジャーと一緒に木っ端微塵になったのがそれ以降。

1969年にアポロ以降はどうするかって話のときに、火星や月の基地化を押しのけて宇宙にインフラ作るってのが採択され、シャトルはその手段でしかなかったのに、その手段が目的であるはずの宇宙ステーションの建設を阻害することになった。

シャトルなんぞやらなきゃ、同じコストで毎年2回の月飛行を含む年6回の有人飛行をやって、15年か20年前に人類は火星にいたと元NASAの長官のグリフィス博士は2007年の論文に書いてるくらい。

なのに構想当初の60年代前半にこの「再利用」ってのが素晴らしいアイデアに思われた理由ってのが「当時は」国に何台あるかを正確に勘定できるくらいに高価で数が少なかったコンピュータ。
ジェミニに載せたやつはIBMが作ったが、開発製造コミで20台で2600万ドル。同じ年に最新鋭のMBTであるM60が48万ドルで買えた。勉強できる偉い人でも固定観念から抜け出せなっければ、そういう誤謬に陥るって話。

351 :名無し三等兵 :2021/05/29(土) 00:34:24.44 ID:G06od9lL0.net
今度ハリウッド映画で信長の部下だった黒人侍「弥助」を主人公にしたモノが公開されますが、
御大の信長シリーズでは「トマルチョニ」なる黒人の軍船砲手頭の名前が出てきたけど、
この二人は同一人物なのだろうか?

史実の弥助も日本に来る前にインドのゴアで火縄銃や大砲の扱い方を学ばされたそうだけど、
本能寺イベントの際に討ち死にした可能性も高いからトマルチョニは別人かも知れんし。

352 :名無し三等兵 :2021/05/29(土) 10:19:52.41 ID:eQEy9+79a.net
シャトルの代わりに軌道エレベーターだったら…

353 :名無し三等兵 :2021/05/29(土) 10:34:47.06 ID:MnVVKOoH0.net
メンテ費用だけでアメリカどころか全世界の国富がふっとびそうだな

354 :名無し三等兵 :2021/05/29(土) 12:32:31.25 ID:18IhOHql0.net
技術的難度とかの問題を抜きにしても、ACクラークの短編みたいに「どこに作るか」で延々と揉めそうだなぁ
>軌道エレベーター

355 :名無し三等兵 :2021/05/29(土) 12:36:24.71 ID:9rZDsAh50.net
星の「世界にはロケットよりもご飯や教科書を必要としている人がたくさんいる」ってやつで
征途でも統一後は国家予算の十パーセント近い宇宙開発か、二千万の再教育が必要な「二級市民」を抱えた北の復興か、の二者択一を迫られる
豊原出身の元学者が後に初の女性総理大臣に、は無さそうな統一日本だが
北出身者の怨嗟の果ての大規模テロはありえる

356 :名無し三等兵 :2021/05/29(土) 15:14:05.59 ID:TNtfsnmx0.net
>>355
『征途』の二次創作って面もある『拓銀令嬢』が、その辺りの問題もやっとるね。

357 :名無し三等兵 :2021/05/29(土) 16:23:48.15 ID:g4QqO6dp0.net
>>354
むしろ技術的難度がデカすぎて、建設場所の心配なぞ現状どうでもいいレベル
せめて建造に必要な要素技術や工法に現実的な目途が最低限でも経ってから心配し始めればいい話
あいうえおも覚えてなくて1+1もできない子供が、東大を卒業してからどこに就職にするかを悩んでるようなもんだぞ
ワープやタイムトラベルに比べれば理論や方法は割と具体的に確立されている分マシだが、それでも今の所軌道エレベーターは夢物語でしかない代物なんだよ
それこそ科学技術が30年進んでいたり、ナチスドイツ脅威の科学力があったりしても90年代の技術ごときでは絶対に無理

>>355
統一戦争後は間違いなく大軍縮が起こるし、宇宙開発だって北がいなくなる以上同じようにはいかんだろうよ
統一後のドイツよろしく、東日本人民軍は事実上の消滅(たぶん将校の退役恩給も無い)
2000万の貧乏国家をなんとかする為に、10年やそれ以上の歳月をかけてありったけの金が投下され続ける事になる

358 :名無し三等兵 :2021/05/29(土) 16:35:56.89 ID:18IhOHql0.net
>>357
それは大前提さね
>そもそも作れるのかアレ?

それを踏まえた上で、「さて作るとしてこれどこに作るんだ」「ここがいい、という場所は決まったが土地の持ち主の同意が得られんぞ」っていう話を佐藤大輔が書いたら面白いだろうな、って思ったのさ。
短編でいくつかある「こういうの作りたい」「作って(作ったが)これどうするんだよ」系の話はどれも面白いし。

359 :名無し三等兵 :2021/05/29(土) 17:41:46.35 ID:WxQZ11bNM.net
米「ドイツみたいになると思ったら、想像の斜め上を行く事態になったでござる」
ドイツを横目に見ながらアレコレ繰り出す日本官僚組織
それか民族的性質の違いかもね
ドイツ的な「俺が、俺が」の唯我独尊と和をもって云々な日本的要素の違いで

360 :名無し三等兵 :2021/05/29(土) 17:42:42.95 ID:NJdZiSkPa.net
まあ人型直立歩行兵器なんかと同じで「それが可能な技術があるならその技術を別のことに使った方がずっと効率的かつ手っ取り早い」の典型だわな
>軌道エレベーター
夢とロマンのネタとしては最高だが。

そういえば「軌道エレベーター投資詐欺」ってのがあって創作のネタにもなっていたような……。
ラスカルにしおの漫画の話じゃねえのかよ、とか思ったのが懐かしい。

361 :名無し三等兵 :2021/05/29(土) 17:46:27.47 ID:WxQZ11bNM.net
富野もGレコで軌道エレベーター推してたしね
00の影響かも知れんけど

362 :名無し三等兵 :2021/05/29(土) 20:02:58.93 ID:L0cgt2At0.net
>>353
無駄に楽観しても仕方ないけど、無意味に悲観を押し付けるのも意味がない。

コストを材料の面で見るなら、軌道エレベータ「しか」使えないか、軌道エレベータ「にも」使えるかで生産量や値段に関わってくる。
東レの社史みると、1971年に年産12トンだった炭素繊維の生産量は、81年に累積1000トン、85年に5000トン、88年に1万トン、94年に2万トンなんだそうだ。
商品としては単価が高い航空宇宙分野と、作るのが簡単なゴルフクラブやラケットの両極端から始めて、いまじゃインフラでも機械でも何にでも使えるようになった。
単層ナノチューブの量産工場は日本が2015年に建てたのが世界初で、効率1000倍コスト1/1000が可能って話。

木で作れるものが鉄で作られるようになり、鉄がアルミに、アルミがカーボンに取って代わられたように、需要が後押しするコストダウンとさらなる需要の喚起が、カーボンナノチューブだろうがその先だろうが新しい素材を必要とするだろう。

需要があるととんでもない発展するって例には、光ファイバもあるし。

運用体制だっていっこしかない軌道エレベータをロケットのペイロードで面倒みるのではなく、軌道エレベータ同士でメンテのペイロードを融通し合えばいいわけだし。

363 :名無し三等兵 :2021/05/29(土) 21:08:27.75 ID:g4QqO6dp0.net
>>360
流石にそれはいくら何でも軌道エレベーターを馬鹿にしすぎ
人型巨大兵器には現実性も軍事的存在意義も存在しないが、軌道エレベーターは条件さえそろえば建造可能だし、
何よりその機能は代替性が無く、その上で宇宙開発用途を考えるとその存在は極めて有効だぞ
そんな技術があったら転用すべきという『他』が無い

なんせ化学ロケットだろうが往還機だろうが、コストに対して運べるペイロードはあまりに小さくて非効率的
宇宙に大型構造物をつくるにしろ、人が行き交うにしろ、軌道エレベーターとそれ以外では効率性が全く勝負にならない
最大の問題は素材だが、存在しない訳ではないからワープやタイムトラベル(浦島効果の未来行は除く)と違って夢物語ではない
1921年と2021年の100年間で文明がどれほど進歩したかを考えれば、俺らが生きてる頃は無理でも、孫の時代あたりなら或いは建造計画が進んでいるかもしれんものだぞ

正直、本気で人類が宇宙進出をしていくのなら、技術や条件が揃えばいつかは建造される方向で進むであろう代物だと思われる
征途のラストシーンとは些か趣が異なるけれども

364 :名無し三等兵 :2021/05/29(土) 21:12:44.36 ID:IWJQsBjT0.net
軌道エレベーターと巨大ロボとは比較にはならんな。
せいぜい技術的、量的、質的な問題でしかない(すごい技術が開発されてものすごい需要があってペイする設定が原理的に不可能ではないという意味で)

巨大人型兵器のナンセンスさは、どんなにすごい科学技術があってもそれで戦車や戦闘機を作ればロボより有用という点にあるが、これをなんとかするためには精神力駆動とかで人型でないとパワーがでないとか、無限力が人型でないと発動しないとか、オカルト力に頼るしかない。

こんなんと比べるのはあまりにヒドい。往還機の有効性と比較して欲しいw

365 :名無し三等兵 :2021/05/29(土) 22:14:09.24 ID:WxQZ11bNM.net
人型兵器は地連のパワードスーツが限界じゃね?
倍力装置が付いた全身ボディアーマーな位置で
Falloutシリーズのパワーアーマーも似たような位置だよな

366 :名無し三等兵 :2021/05/30(日) 00:12:42.02 ID:EUq0tJtr0.net
ソ連版「スペースシャトル」、落書きで覆われる
https://news.yahoo.co.jp/articles/097f91195b406b58b66918cae25b572c4bb21abf

仮にソ連崩壊が史実より数年遅れていても、ソ連版スペースシャトルのブランは
コストが高過ぎてロクな運用実績を残せなかったでしょうな。

367 :名無し三等兵 :2021/05/30(日) 03:21:54.16 ID:P+0iEBJD0.net
>>366
逆に言えば「・・・この種のものってコスト高すぎて実用性が低いのでは・・・?」ということをより強く認識させる結果になり、そういう形で人類全体の宇宙開発に貢献したかもしれないな。

368 :名無し三等兵 :2021/05/30(日) 03:37:07.11 ID:n92xw0Zb0.net
>>366-367
アップル・ニュートンがコンセプトは良かったんだけど必要な基礎技術が確立してなかったせいで製品としては完全に失敗で、
日の目を見るには15年後のiPhoneまで待たなければならなかったみたいな?

それとも、有翼宇宙往還機というのは、コンセプトそのものがダメで、あと何年待っても日の目を見る可能性は無い?

369 :名無し三等兵 :2021/05/30(日) 09:14:28.42 ID:herU1vwMa.net
往還機とヘヴィリフター
どっちが軌道エレベーター実用化までのつなぎに相応しいか…

370 :名無し三等兵 :2021/05/30(日) 10:45:29.89 ID:oH4TKKTE0.net
ヘビィリフターのようなかたちの再利用型は、単に従来型ロケットと同様なつくりの一段目をそっとおろしてまた使おうだから、そんなに無理はないし、実際今になって実用化されてる

往還機はまずエンジンが無理度高い。
作中でも難航してるし……

大質量打ち上げ能力的にはHLだし、当面これ一本で行こうと言う話もあるし、往還機自体は未来を見据えた超便利飛行機なので、星世界においても何年かかることやら

371 :名無し三等兵 :2021/05/30(日) 11:38:54.16 ID:U0adNL9Z0.net
>>358
そもエレベータに「土地」が必要な想定なん?
個人的に、必要とされるのは定置ケーブルの評定点程度の認識だけど

372 :名無し三等兵 :2021/05/30(日) 15:13:07.03 ID:P+0iEBJD0.net
>>371
必ずしも元来の陸地である必要はないのだから、人工島とかメガフロートでもいいんじゃないかな。

なるべく赤道に近いところが建設地点(地上地点)としては望ましい、となると、それこそトラック環礁みたいな南洋の環礁の中に人工島もしくはメガフロート作ってそれを地上地点とする、というのが最適ってことになるのでは。
それなら周辺に港その他を作るのにも適してるだろうし。

373 :名無し三等兵 :2021/05/30(日) 16:09:53.78 ID:SCBW+MV70.net
>>371
静止軌道上からテザーを上下に伸ばすACクラーク方式か
空気抵抗とか熱膨張とかはどうすんだ

374 :名無し三等兵 :2021/05/30(日) 16:10:15.97 ID:LQYg7cM20.net
建設に必要な資材、人員、電力確保、完成後の運用等々に結構な面積が必要な気がするんだけど。
港はもちろん、太平洋のど真ん中なら空港もいるだろうし。建設中はもちろん完成後の維持管理に万人
単位の人が住むとしたら100キロ平方くらいは必要?

375 :名無し三等兵 :2021/05/30(日) 18:53:07.45 ID:OQPoIaDO0.net
軌道エレベータ作るの赤道でもちょっとずつズレてエンジンふかして調整しなきゃいけないんだけど
インド沖のポイントでバランスが取れる地点があってそこだとほぼ調整の必要が無いってのをどこかで読んだな

376 :名無し三等兵 :2021/05/30(日) 19:13:15.33 ID:b3ZgYIKV0.net
>>357 征途作中では軌道植民地計画とかぶち上げてるが、長期的需要創出だろか。
あと、史実ドイツ統一は東のマルクを過大評価しすぎてたのが後を引いたが、北日本の通貨は逆に本来持ってる価値より遥かに割り引かれた形での統一になるだろうから、
統一途上の北日本の苦しみはきついだろうが20年くらいありゃ内地に追いつくんじゃないか、1995-2020の史実中国が日本の廉価労働力需要で発展したごとく。

>>375 モルディブ諸島のガン島な。
陰山琢磨「星々のクーリエ」、吉田親司「マザーズ・タワー」でネタになっとる。前者での描き方は秀逸。
https://www.itmedia.co.jp/news/0207/23/nj00_mars.html

377 :名無し三等兵 :2021/05/30(日) 22:10:33.30 ID:TLsS3qeJM.net
>>375
赤道じゃないといけないのは古い説
赤道からずれててもいいけど台風の進路からはずれてないといけないのが最近の説
オーストラリアの西海上とか候補は色々あるってさ

378 :名無し三等兵 :2021/05/30(日) 23:07:59.62 ID:n92xw0Zb0.net
軌道エレベーター、地上側終端が赤道からずれてても大丈夫というのは、
吊り橋のケーブルと同じ要領で終端部分をアンカーで強力に固定するわけなんだけど、
あくまで完成状態なら力学的に可能とはいえ、どうやって建設するのかはちょっと謎。

379 :名無し三等兵 :2021/05/30(日) 23:42:02.05 ID:OQPoIaDO0.net
>>376
ありがとう

380 :名無し三等兵 :2021/06/01(火) 01:02:44.27 ID:+zl9dwbP0.net
パシスト世界の冷戦期はドイツと日英(+仏?)と(ポトマック川以北の)アメリカが三すくみでにらみ合ってたのか。
加えて、スペインが第4の勢力としてSLBM装備の無敵潜水艦隊でゲームチェンジを狙ってたりする?

381 :名無し三等兵 :2021/06/03(木) 20:58:43.01 ID:JsRvTV030.net
南軍の将軍夫婦の遺骸が公園敷地内の墓所から撤去されたって話
誰かと思ったらネイサン・フォレストなのか

382 :名無し三等兵 :2021/06/03(木) 21:46:14.33 ID:ogBX5W3ga.net
いい加減フィリピンとキューバの領有と統治に疲れたスペインがゲームチェンジャーだなんて無理だろ

383 :名無し三等兵 :2021/06/03(木) 23:05:15.05 ID:3H3CFEzp0.net
芝村裕吏氏の新刊読んでたら、トウキョウウーチって言葉が出てた。トウキョウフーチのオマージュぽかった。

384 :名無し三等兵 :2021/06/04(金) 00:52:09.49 ID:Ylz61WaR0.net
今日のダークサイドミステリーではツェッペリン飛行船のエピソードでしたが、RSBC4巻の序盤で語られた
ツェッペリン硬式飛行船の実用化とWWT敗戦後のエッケナー博士による飛行船旅客事業の再開、
そしてエッケナー博士のナチ党による社会的抹殺とヒンデンブルク号大爆発による飛行船時代の終焉・・

という付近まではほぼ同一の流れで語られていましたね。
RSBCではこの後WWUの勝利により長距離洋上哨戒能力の獲得の為、大型高速飛行船が復活する
展開となったりするのですが。

なおWWT直後苦境にあったエッケナー博士とその会社に最初の飛行船建造を発注したのは米国だったり、
完成した飛行船をエッケナー自身が船長として操船し訪米したら熱狂的大歓迎を受けて国賓扱いされたとか、
1936年のベルリンオリンピック時にツェッペリン号とヒンデンブルク号というナチスドイツが誇る二大飛行船を
五輪スタジアム会場上空に飛ばして場を盛り上げようとしたまでは良かったものの、観客がそっちの方に
熱中し過ぎてヒトラー渾身の開会式演説を聴こうともしないから、ヒトラーが逆ギレして「あの飛行船どかせ」
と厳命した・・・ なんて話は流石に小説4巻には載っていませんでしたが。

385 :名無し三等兵 :2021/06/04(金) 06:46:45.71 ID:lGxXpt310.net
>>385ならキヨの寿命が御大にささげられてよみがえる。

386 :名無し三等兵 :2021/06/04(金) 10:04:05.66 ID:RJkplBuk0.net
しかしキヨと同じ電波を飛ばす上に似合わないちょびヒゲを生やすようになる。

387 :名無し三等兵 :2021/06/04(金) 11:23:53.47 ID:fxXl83Ts0.net
でも生活は安定しそうだな
>魂だけ某氏に乗り移って転生

388 :名無し三等兵 :2021/06/05(土) 10:59:50.77 ID:3279q5AA0.net
>>386
復活したはいいが「あいつ、やはりトライアングル・アロウに関わっていたのではないか」と噂されるようになる

389 :名無し三等兵 :2021/06/05(土) 12:15:52.84 ID:+Ic5kJDna.net
>>385
でも3巻までしか書かなくなる

390 :名無し三等兵 :2021/06/06(日) 23:58:03.88 ID:Qwo4IUYV0.net
総人口2000万、生産年齢人口1200万、年少人口700万、そして高齢人口わずか100万。これが「本土復帰」を果たす「北」の内実である。
パーセンテージで言うなら生産年齢人口が60%、年少人口35%、高齢人口5%となる。
「現状、我が国は生産年齢人口が70%、若年人口20%、高齢人口が10%ですから、高齢人口が1%増えるかどうかを引き換えに、2500万を切る若年人口が3000万人を超えることになるわけです」
できて間もない霞が関の中央合同庁舎6号館を出て日比谷公園に入り数分の店のテラス席。
先週までほぼ3ヶ月、新年度からの行政統合に向けて厳冬期の豊原に長期出張した身としては、柔らかい日差しと、何より無風というだけで春の訪れを感じても良いくらいであったが、周囲に客はいない。寒いものは寒いのだ。
さきほど、厚生省の名刺を差し出した七三分けに黒縁眼鏡の典型的公務員は、嘘くさい笑顔を貼り付けた実に公務員らしい態度で説明を続けた。
「何より素晴らしいのは合計特殊出生率が3近い水準を80年代においても維持し続けてきたことで、これは全国に波及させたいくらいですよ」

北は<こちら側>との絶望的なマンパワーの隔絶を、移民と出産奨励で埋め合わせようとしてきた。
出産奨励については普仏戦争の敗戦のトラウマが出発点のフランスもかくやというもので、曲がりなりにも日本人向けに運用できていたというのであれば<こちら側>に適用できる目算もあるのだろう。
一方、移民についてはまったく参考にならない。
<こちら側>は帰化制度はあっても移民を欲した経験はないし、あちらとて個人崇拝に基づく独裁国家だから、エリス島のそれとはだいぶ趣が異なる。新天地で偉大なる指導者への忠誠を一家で誓うのは、レアなケースだからだ。
よく聞く話は祖国…そのほとんどは旧ソビエトだが、西側先進国の例がないわけではない…を逃げるか追い出されるかの状況で北にスカウトされた単身者で、国籍取得後は徹底的な日本語教育ののち、強制的に結婚させられる。
北への帰化とは、子供をつくり、密告を容易とすべく家庭内言語を日本語とするところまでがセットなのだ。

391 :名無し三等兵 :2021/06/06(日) 23:58:38.61 ID:Qwo4IUYV0.net
とは言っても、近年の旧ソ連崩壊のあおりでスカウトが増えるまで、建国以来、一貫して移民の大多数を占めたのは未成年者である。
<こちら側>の感覚では移民という語が適切とは思えないが、近親者がいない孤児や貧困層との養子縁組で子供をかき集め、やはり日本語しか話せない環境におき、偉大なる指導者への忠誠を叩き込もうとした。
60年代初頭まではロシア、中国、朝鮮系の戦災孤児や、失脚や粛清の対象者の子女、東欧の難民など年に数万から10万人、それ以降も80年代末まで1万人弱で推移しており、中学生から下は幼児まで、受け入れた彼らを「正しい日本人」にすべく邁進していた。

ソビエトからの援助だけで成り立っていた建国当初からこのような教育分野への傾倒をやっていた(やれていた)のは、北に蝟集した赤い日本人の職業特技の偏りに原因がある。
端的に言えば、大の大人を遊ばせる余裕のない軍事国家で、役人にも百姓にも工員にもなれないくせに、軍隊にだけは採られたくない元教師が、洗脳機関としての自らの存在意義をアピールするために始めたものだ。
もっとも、偉大なる指導者のために字義通り「なんでもやる」ような徹底した洗脳教育は、達成ノルマ…送り込まれる学童の増大の前にあっさりコスト割れした挙げ句破綻している。
結局、何かとすぐに分裂しては対立して、ヒエラルキーを作ってはまた揉めるという真っ赤な日本人特有の行動形式によって「特別な子供の教育」は早々に戦前の海軍航空隊の搭乗員養成なみに絞られたようだが。

いずれにせよ、北は国家政策として早婚早産多産と母親の社会復帰を奨励し、先端工業製品の製造が可能な中堅工業国としては異例の、由緒正しい人口ピラミッドを描いていたのだ。

392 :名無し三等兵 :2021/06/06(日) 23:59:59.99 ID:Qwo4IUYV0.net
「せっかく若年人口が大幅に増えるので、これを一時的なカンフル剤で終わらせるわけにはいかない、と厚生省は考えています」
いろいろと資料を持ち込んでいるようだが開いているのはパンフレットが一部だけ。タイトルは「社会保障制度改革について」といたって簡素なもの。内容は法改正の趣旨、制度の説明、受給の手続きと算定方法、受給対象者と予算額の推移のグラフで10ページほどしかない。
「総務庁は反対してますね」
「いやいやいやいや、2000万人が将来にわたって安定した生活が営めると確信していただくための新政策が、今回の共済年金の厚生年金への一元化です」
貼り付けた笑顔は変わらないが、目が全く笑ってない。笑える話でもなかった。国家公務員、地方公務員の共済組合と軍人恩給は、総務庁の所管だった。
加入者数600万の共済年金と、受給者200万の軍人恩給の年金行政を、統一を口実に千数百万の新たな加入者ごと総務庁から奪うつもりなのだ、厚生省は。
「北で公務員だった、軍人だった、国営企業の従業員だった。それを日本の制度と切り離して別処理しますとか、仮にも国だった規模を抱え込むのが総務庁では不安になりますよね。国民皆保険制度とセットで、すべての国民の皆様に安心していただきます」
「公務員も民間も、もと北の国民も一蓮托生であると」
「信頼される年金制度は国の柱ですので」
「で」パンフレットを閉じて押し返す。
「何をやらかすつもりなんです?」

この男がだらだらと説明したことは、間接的な治安の向上だ。(戦争には負けたが、表向きはそれまでは)成功した共産主義国家の社会保障を、最も成功した社会主義国家と言われる日本が巻き取ることは、アウトローの抹殺を目指すのと同義だからだ。
それはつまりは<うち>の仕事が幾分か楽になることでもあるのだが、役人がわざわざ(その見解が同じとは限らないが)恩を売りに来た以上、話には必ず後段が存在する。省庁間の権利競争の勝利宣言のためだけに、わたしを名指しで呼び出す意味はないのだ。

393 :名無し三等兵 :2021/06/07(月) 00:00:52.98 ID:TbwDbmIo0.net
「仁義を切りに来ました」
「仁義」足の引っ張り合いが基本原理の役人に、これほど似つかわしくない言葉があろうか。
「まさか2000万を本当に逃しちゃうとは、公僕として正直敬服しました」
男はおみそれしましたと頭を下げる仕草をしたが、本心で言っているわけではない。他所の省庁の功績だろうが尊重するポーズを示さないようでは、遠からず同じことをやり返され、かつ文句が言えなくなるからだ。
そのために呼び出されたのかと思うと実に面倒くさい。 
わたしは給仕を呼ぶと、ギネスを注文した。男の眉が動いたが、今日は過日の豊原出張の代休なのだ。

「北での私どものご同業…保健省でしたか。あちらではいままでやっておられない業務のためにですね、人員と機材を北に持ち込む必要がありまして、もしかしたらご迷惑をおかけするかもしれません」
「もしかしたら」自らの非を認めるという役人が最も厭うべきカードを切った上での「迷惑」など、考えたくもない。尻拭いさせる気でいるとなればなおさらだ。
「いつどこでどのような事態となるかは」
「事前にご説明できないと思います」
「事後に説明いただけることもない」
男は笑顔を貼り付けたまま答えなかった。給仕がジョッキを置いたタイミングで、男は席を立って伝票をとった。
「もし差し支えなければ」私は名刺を眺めて言った。
「どんな業務なのかを教えてもらってもよいだろうか」
「そういうご質問には、害獣駆除とお答えしています」
「ああ、それで」年金の話をしながら、名刺の部署には年金局ではなく生活衛生局とあるのは。
男はでは、と言うとレジに向かった。かすかに「あ、領収書ください」と言う声が聞こえたが、わたしはそれどころではなかった。
春休みのよく晴れた今日のよき日に、浦安の遊園地に連れて行くという約束を当日になってから破った父親を子どもたちがどのように扱うか。考えるだけでも気が滅入っていたからだ。

394 :名無し三等兵 :2021/06/07(月) 11:27:36.26 ID:AMDmNZpS0.net
どうした急に

395 :名無し三等兵 :2021/06/07(月) 13:21:50.49 ID:2dugLvkt0.net
怖いからNGした

396 :名無し三等兵 :2021/06/07(月) 14:07:36.36 ID:t1p73T6qa.net
なろうかカクヨムの守備範囲では

397 :名無し三等兵 :2021/06/20(日) 10:57:47.08 ID:/NSHfE6h0.net
あまりの恐怖にスレの流れが止まってるな。

398 :名無し三等兵 :2021/06/20(日) 21:51:24.27 ID:mi2pUkve0.net
あー、本人じゃなくて誰かの二次創作を貼り付けたとかかな?

399 :名無し三等兵 :2021/06/21(月) 06:22:14.50 ID:3vl4z8Zt0.net
なろうかカクヨムにあげてリンク張れば高評価するのにな

400 :名無し三等兵 :2021/06/22(火) 06:00:08.95 ID:ZrX3YoIOp.net
ようやっと「レッドサン ブラッククロス」読了した
最近佐藤大輔に手え出した新規だからこれ新刊の出ない当時を生きた読者の気持ちにどう思いを馳せたらいいのかわからん
内容は大変楽しめた
「遙かなる星」と漫画版「皇国の守護者」は前に読んで「征途」は買ったんだが、次は何に手を出そうか迷う
推薦図書教えて

401 :名無し三等兵 :2021/06/22(火) 11:12:30.08 ID:NHjBXmQWd.net
地球連邦の興亡、かな。一区切りついててオススメしやすいのは。
個人的にはパシスト好きだけど

あとは単巻モノ
フッケバインを読んでの感想次第で分岐するかも

402 :名無し三等兵 :2021/06/22(火) 17:33:21.84 ID:f7P0hoqi0.net
信長を全てのバージョンで購入して
違いを読み比べるとか

403 :名無し三等兵 :2021/06/22(火) 19:47:13.64 ID:5UGR08V00.net
「地球連邦の興亡」一推し

404 :名無し三等兵 :2021/06/22(火) 20:07:40.83 ID:b9YI9oCF0.net
主砲発射準備よし

レッドサンブラッククロスの原型が読めるぞ!

405 :名無し三等兵 :2021/06/22(火) 20:35:10.61 ID:vMnKswMx0.net
手に入らんぞ! 「鏡の国の戦争」はどっかで簡単に手に入るようにしてもらいたいもんだがマジで。

406 :名無し三等兵 :2021/06/22(火) 20:52:13.15 ID:Cc75E4UY0.net
地連読んでほしいところではある

407 :名無し三等兵 :2021/06/23(水) 06:59:52.00 ID:Ko0K3NSbp.net
400です
沢山ありがとうございます
取り敢えず次は「地球連邦の興亡」読みます
いずれ全部読みます

408 :名無し三等兵 :2021/06/23(水) 09:37:06.04 ID:Bn6wRlEp0.net
良い答えだ

409 :名無し三等兵 :2021/06/23(水) 16:46:51.05 ID:eYsEdMxPK.net
>>400
我らが倶楽部にようこそ

令和でこのカキコが出来るとは…(感涙

410 :名無し三等兵 :2021/06/26(土) 09:39:55.88 ID:24oFOUfqH.net
寄ってたかって沼に誘い込むこともあるまいに…

411 :名無し三等兵 :2021/06/26(土) 10:16:48.11 ID:UTKIRRra0.net
マドハンドの巣でいまさら何をw

412 :名無し三等兵 :2021/06/26(土) 10:44:48.67 ID:7qTjRCWT0.net
トキやコウノトリが卵を産んだら全力で保護してニュースにもなるだろうが
そういう事だ

413 :名無し三等兵 :2021/06/26(土) 11:15:17.07 ID:4SxgqwUO0.net
それに、私には、独島などという名の軍艦が、存在している事自体が許せないのだ

414 :名無し三等兵 :2021/06/26(土) 11:17:00.08 ID:RqkVEatf0.net
>>413
なんか急にスケールがショボくなったな

415 :名無し三等兵 :2021/06/26(土) 11:17:53.94 ID:UJ5HELFnM.net
ペリカンはなんちゃらを思い出して来た

416 :名無し三等兵 :2021/06/26(土) 11:54:44.71 ID:Te13/6m80.net
>>410
たまたま迷い込んで来た人を沈めてるんじゃなくて、自分からダイブしてる訳で

417 :名無し三等兵 :2021/06/26(土) 13:55:17.08 ID:UJ5HELFnM.net
志願兵とか義勇兵の類ですし

418 :名無し三等兵 :2021/06/27(日) 15:43:43.36 ID:/qgePz+c0.net
女官竜声文書は法をもって禁じさせていただく

419 :名無し三等兵 :2021/06/30(水) 17:18:52.65 ID:6WvFjQ/B0.net
紀伊国屋で「もう書かねぇよ」って何?

420 :名無し三等兵 :2021/07/01(木) 07:38:56.12 ID:lTSPm0eH0.net
>>410
この沼のいい所
底なしに見えて実は底がある事(これ以上の続きは2度と出ないから)

この沼の悪い所
実はいつまでも沈み続けていたかったのに底が出来てしまったこと(せめてもう30年は先であってほしかった)

421 :名無し三等兵 :2021/07/01(木) 09:56:06.46 ID:yhf9vuUVa.net
大ちゃんに手厚い医療をしていればねぇ…

422 :名無し三等兵 :2021/07/01(木) 17:32:21.47 ID:NhXJ6o8F0.net
C佐藤大輔を生み出さないと…

423 :名無し三等兵 :2021/07/01(木) 17:35:04.18 ID:q+8/PbRGa.net
>>422
C佐藤大輔が勤勉に執筆する保証など何処にも無いではないか…。

424 :名無し三等兵 :2021/07/01(木) 18:39:41.88 ID:l5ew8Cto0.net
完璧なクローンが新シリーズを立ち上げる可能性は期待できよう

425 :名無し三等兵 :2021/07/03(土) 15:31:25.33 ID:wWhI/Wt70.net
佐藤スレってまだあったんですね。
良かった。本当に良かった。

物故されてからずっと離れていたもので、すいません。
佐藤大輔関連は今も集めておりますが、コラムや『佐藤大輔』の文字一つでも収集していた頃の
熱意は薄れてしまいました。
RSBC再ゲーム化の情報を知りたくて、ゲームすらできないのに『ゲームジャーナル』を購入して
いましたが、今は開けもせずに積んでいるのみです。

ネタも特にないのですが、あえて挙げてみるなら
模型メーカー『ロケットモデルズ』の1/35日本陸軍特殊自走砲のキットのボックスアートに、おなじみの
「佐藤と中村」が小林源文の手で描かれておりました。
あまりの懐かしさに複数買いしてしまいました。

426 :名無し三等兵 :2021/07/03(土) 21:14:46.79 ID:cywTctW+0.net
従兵、従兵、彼にお茶をお出しして。
それから菓子も。
なに、菓子が無い?買ってこい買ってこい。

427 :名無し三等兵 :2021/07/03(土) 23:29:24.55 ID:fnz1jpa00.net
>>425
やぁ久しぶりだね。
ここは相変わらずだから、まぁよろしくたのむよ

428 :名無し三等兵 :2021/07/04(日) 08:01:19.79 ID:SdNsiuIv0.net
>>425
RSBC2は前科者高梨法務大佐のデザインだぞ
佐藤が2乗されたようなもんだ

429 :名無し三等兵 :2021/07/04(日) 21:10:37.59 ID:SIBNmKBT0.net
>>425
ハイル・サトウ!
数年の時を経て来訪せる大サトー主義仮想戦記党同志!
しかし、久々に訪れたスレ住人が嬉しすぎたな!

ここの住人にとってどうかはわからんけども、御大の変わりではないが御大の影響は今のエンタメの一部に流れていたりはする
特に最初から商業の企画ではなく、ネット小説出身のメディア展開系で、そういうジャンルではチラホラ見える
『現代社会で乙女ゲームの悪役令嬢をするのはちょっと大変』とか世界観が征途に影響受けてるし(まんまではないが)

430 :名無し三等兵 :2021/07/05(月) 00:00:12.59 ID:53H79z1+0.net
>>429
読んだことないんだけど征途に影響受けてるってどんな感じなのか気になる

431 :名無し三等兵 :2021/07/05(月) 21:53:40.98 ID:+SRvtpei0.net
>>430
戦後日本が分断国家化(ただし90年代後半から始まる作中では統一済み)
西日本で戦後も華族制度や貴族院が残り、不逮捕特権などの制度が存続
主人公は史実日本からこの世界の90年代に華族の少女として転生
武力というより経済面で戦争したり歴史を変えたりする

いわゆる御大的な戦争の直接描写などは無いが、別の意味で相当エグイ所はある
史実と違ってジェノサイドで決着がアリになってる世界観なので、この世界でも起こったイラク戦争で、
あまりに旨味の無い戦後処理にあって『イラク国民とかぶっちゃけ数千万人の不良債権でしかないんで、根こそぎ消し飛ばしてなにも無かった事にすべきでは?』
みたいな話が出てきたりもする(細部は違うかもしれない。個人的にはこの辺ガチで気持ち悪くなった)

総じて作風や題材は御大のそれとは似ても似つかないけれど、オマージュや影響は色々見られる
ネット小説界隈でミリタリ系のジャンルかつ一定以上ガチで力のある作者だと、佐藤大輔の何かしらの影響がみられるのは案外珍しくない
そういう意味で、今後そういう作品群が商業ベースに進出してきたら、ある意味で御大の血脈の一部はエンタメミリタリージャンルの系譜で生き続けると言えるのかも

432 :名無し三等兵 :2021/07/06(火) 00:01:47.82 ID:+IfvZjgs0.net
>>431
ありがとう
確かに雰囲気を匂わせる感じがあるね

433 :名無し三等兵 :2021/07/06(火) 06:23:38.20 ID:A8oasSSR0.net
本人が「インスパイアされました」と言ってる(または類似点があると商業的に言わざる得ない)のはともかく、外野がなんでもかんでも御大連呼するのはアレな気がする…。
日本分断ネタは小松左京や筒井康隆のころからだし、毒舌少女は幼女戦記が確立したようなもんだし、作者が御大以上に毒舌というのは夏見正隆があるし。

434 :名無し三等兵 :2021/07/06(火) 10:56:43.44 ID:dVRwUuZ60.net
今、連載中の佐々木譲の「裂けた明日」も分裂した日本が舞台
https://www.jiji.com/jc/v7?id=novelfsight01

435 :名無し三等兵 :2021/07/06(火) 14:42:10.44 ID:yeooUHgW0.net
日本分断ネタは矢作俊彦の「あ・じゃ・ぱん」がベストだな
ギャグとリアルとシリアス加減が絶妙、歴史考証もしっかりしてる
異論は認める

436 :名無し三等兵 :2021/07/06(火) 15:22:47.13 ID:fDuxsrdKd.net
筒井康隆の日本以外全部沈没もいいな

437 :名無し三等兵 :2021/07/06(火) 18:52:32.26 ID:jga6JJZA0.net
>>435 未来予見としてもな…まさか吉本がマジで政治業界に進出してくるとは、連載であれ読んでワロてた頃には想像もしなかったわ(´・ω・`)

438 :名無し三等兵 :2021/07/07(水) 01:04:59.86 ID:QS3UD8YPM.net
>>431
ジェノサイド、大量殺戮による解決ってネタなら、令和時獄変でも出てきたな。
焼夷弾で都市を焼き払った後に占領すれば、住民は恐ろしい占領軍に刃向かわず、
攻撃を阻止できなかった自軍に向かうので、占領が円滑になるって理屈。

439 :名無し三等兵 :2021/07/07(水) 09:57:22.28 ID:4DsbP2l50.net
>>438
佐藤に言わせればそういう統治が上手くいったのは機会主義者である日本人相手だからってなるわけだが
例外的な原理主義者は左右ともうまいこと処理できる要素があったし
一般には真に殲滅することは事実上不可能だから取りこぼした奴が強大な敵対勢力に成長したって話は史上いくらでもある
それに文字通り植民地化するとしても更地にしてからインフラ再整備ってのは収支的に面白くない

440 :名無し三等兵 :2021/07/07(水) 10:54:54.85 ID:jaah/fAH0.net
うまく政治システムを温存させて間接統治したからこそで、ちょっと指示したらあとはよろしくやってくれるかどうかという

441 :名無し三等兵 :2021/07/07(水) 23:01:12.03 ID:9rW92TC90.net
>>437
赤い貴族な半ズボンおやじが編集長の
スカシた欧州車信奉雑誌だった
あのNAVIを読んでいたとは

442 :名無し三等兵 :2021/07/08(木) 16:19:29.74 ID:OcoJNUC3p.net
ミハイロフさんぐうしこっすね

443 :名無し三等兵 :2021/07/08(木) 18:58:01.56 ID:k86zqE9T0.net
>>441 まぁ矢作だけだけど。締めは、神も仏もファックユー!の方が良かった気がする。

444 :名無し三等兵 :2021/07/08(木) 18:59:37.31 ID:t9Abomsw0.net
>>431
>総じて作風や題材は御大のそれとは似ても似つかないけれど、オマージュや影響は色々見られる

オススメなのかと思って読んだが、10話と進まないうちに「我慢して」が付くようになったな。それでも150話までは我慢したから「よく読みもしないで」とは言ってくれるなよ?

この作風はあれだ、百田尚樹の「海賊と呼ばれた男」と同じ。つまみ食いに使った引用元を素直に読んだほうがマシな部類。
そしてストーリーやキャラがどうたらというより、作者の地の文がキモくなってくる。
90年代当時を知ってますアピールが激しいが、であれば当年50代のはずで、その割には経験とか言葉の重みってものがなく、毎年春先に新入社員限定で先輩風吹かす役職なし三十路の承認欲求満載の自慢話みたいで、聞かされたほうがいたたまれなくなってくる。

>ネット小説界隈でミリタリ系のジャンルかつ一定以上ガチで力のある作者だと、佐藤大輔の何かしらの影響がみられるのは案外珍しくない
>そういう意味で、今後そういう作品群が商業ベースに進出してきたら、ある意味で御大の血脈の一部はエンタメミリタリージャンルの系譜で生き続けると言えるのかも

「この作者は関係ないけど」って一言を入れといてくれ、時間を無駄にした。

445 :名無し三等兵 :2021/07/08(木) 20:17:00.55 ID:1H3jm832a.net
存命だったら、シンエヴァと閃ハサとゴジラvsコングのハシゴしてたのかねぇ…

446 :名無し三等兵 :2021/07/08(木) 20:18:13.13 ID:O5UusBVM0.net
生きてたら、ヤマトの方をなんとかしてほしく

447 :名無し三等兵 :2021/07/09(金) 01:32:20.40 ID:eT88LY/6a.net
つか、存命だったならブンゴーをフルボッコして欲しかったわ…。

448 :名無し三等兵 :2021/07/09(金) 01:50:29.49 ID:FbgTkFZ80.net
ブンゴーって?

449 :名無し三等兵 :2021/07/09(金) 06:18:48.42 ID:HcQ1PXtcp.net
400です、以前多くの方に「地球連邦の興亡」薦めていただきました
えぐいっすねこれ
いやあ、いいもん読みました
「征途」すっ飛ばして読んじゃったんで次は「征途」読みます
ありがとうございました

450 :名無し三等兵 :2021/07/09(金) 10:14:25.78 ID:FbgTkFZ80.net
そりゃ良かったが、「買った」は「買って読んだ」じゃなくて「買って積んどいた」だったんだな……

451 :名無し三等兵 :2021/07/09(金) 10:35:23.11 ID:v01MPK+Yp.net
「レッドサン ブラッククロス」読み終わる直前に届いたんです
すみません
なんとなく夏に読みたかったんです

452 :名無し三等兵 :2021/07/09(金) 12:18:17.68 ID:oLeBqUtc0.net
>>448
夏目漱石とか川端康成とか

453 :名無し三等兵 :2021/07/09(金) 13:24:25.72 ID:fY4gY+xD0.net
コロナ陽性なのにライブ出演、ラッパーで暴力団組員の男を逮捕…覚醒剤と大麻所持容疑
読売 2021/07/09 12:24

覚醒剤などを所持したとして、警視庁は9日、「 KENNYケニー ― Gジー 」の名前で活動するラッパーで住吉会系暴力団組員の
古関健容疑者(31)(東京都福生市福生)ら男2人を覚醒剤取締法違反と大麻取締法違反容疑で現行犯逮捕したと発表した。

発表によると、2人は7日午前1時10分頃、古関容疑者の自宅で、覚醒剤1袋(約0・9グラム)と乾燥大麻1袋(約1・6グラム)を
所持した疑い。 いずれも容疑を否認している。

古関容疑者は今月2日に医療機関を受診して新型コロナウイルスの陽性反応が出たが、4日に神奈川県平塚市のライブハウスで
ライブに出演していたという。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20210709-OYT1T50162/

このラリパッパーチンピラは役満振り込みというかドラ幾つ付くんでしょうかねー

こんなガチ犯罪者を出演させたライブハウスも絶賛手入れ中だろうけど。

454 :453 :2021/07/09(金) 13:25:43.95 ID:fY4gY+xD0.net
>>453
ごめんこれ他スレへの誤爆

455 :名無し三等兵 :2021/07/09(金) 13:47:30.57 ID:FbgTkFZ80.net
>>451
いや、(早死しない限りにおいて)焦らずジックリ読んでええんやで

456 :名無し三等兵 :2021/07/09(金) 14:58:58.64 ID:O5MhjtyhM.net
以前はこのスレでも、新刊を待ちきれずに最後の信号を発して靖国へ避退してしまった人がいたが、今はそういう心配は無用だからな…

457 :名無し三等兵 :2021/07/09(金) 16:34:28.15 ID:wnzxhMVzM.net
征途世界やRSBC、★世界のDQNについて語ってくれ
かと思った

458 :名無し三等兵 :2021/07/09(金) 17:53:23.35 ID:VI9QvbxTa.net
>>457
DQNでもレジャー感覚で宇宙に行けるようにしようとしてたのが星だったな

459 :名無し三等兵 :2021/07/09(金) 18:45:49.19 ID:Q3GddQMh0.net
あれは高卒のあんちゃんでも宇宙ドカタ、宇宙ライン工にするって意味だと思ってたわ。

460 :名無し三等兵 :2021/07/09(金) 19:05:34.97 ID:tNDsMYUca.net
>>456
あんまりジックリしていると、御大の後を追って靖国に避退してしまうのでは…

461 :453 :2021/07/09(金) 19:32:47.05 ID:fY4gY+xD0.net
佐藤御大と金正男はあの世でも結構仲良くというか話が合いそう

462 :名無し三等兵 :2021/07/09(金) 19:48:12.00 ID:FbgTkFZ80.net
>>459
まぁそうなんだけど、結果としては比較的気楽に宇宙旅行もできるようになるのだろうな。羨ましい

463 :名無し三等兵 :2021/07/10(土) 06:47:19.11 ID:gnXyVeZ50.net
言うても当面の優先事項は宇宙工業団地と宇宙ニュータウンで、宇宙観光地とか宇宙レジャーランドじゃないからな…。

往還機の目処は立っても軌道エレベータでも完成しなきゃ、ペイロードは何十年も先まで埋まってるだろうし。

宇宙植民地じたいが企業か国の持ち物でだから、現実で比喩するなら鶴見線しか通ってない扇町というか、往来も制限受ける飯場に無理くり家族連れて行く、軍艦島みたいな場所なわけじゃん。

宇宙観光客が宇宙温泉でしっぽり、は相当先で、軌道エレベータによる宇宙旅行をやるにせよ、小学生の宇宙修学旅行で宇宙社会科見学をやるとか、御大ご幼少のみぎりの高度経済成長期の教育制度じみたオール公立階級レスな話になりそう。

受け入れ側も、それこそ物見遊山な乳繰り合うカップルなんざ蹴飛ばして、将来の新入社員候補や好意的な納税者に媚を売るだろうし、それなら宇宙旅行にも税金の補助もつけやすいし。

宇宙埋立地の宇宙観光地化は、宇宙扇島や宇宙昭和島の先、宇宙お台場とか宇宙舞浜の完成を待つ必要があるような。ドラえもんのロールアウトとどっちが先か、というくらいになりそう。

464 :名無し三等兵 :2021/07/10(土) 08:00:47.93 ID:N+TwRyEV0.net
レジャー施設のないニュータウンとかねえよ
そういやネズミーランドってどうなってたっけ?
思い出したけどスピリッツでメカと無縁な女漫画家がガンダムスピンオフ連載してるけど
コロニー式サッカーかと思ったらギャラクシーカップは地球も参加のノーマルルールらしくて頭クラクラする

465 :名無し三等兵 :2021/07/10(土) 12:54:02.68 ID:quNFK8yda.net
宇宙ニュータウンにも娯楽は必要でしょ。小規模な演芸場ぐらいは早々に建てそう。

466 :名無し三等兵 :2021/07/10(土) 13:54:51.83 ID:e1MhnxFha.net
宇宙ラスベガスとか宇宙モナコみたいな宇宙都市はしばらくできないってだけでしょ
宇宙ススキノみたいなアフター5に宇宙サラリーマンが呑んだくれる場所はすぐできても

467 :名無し三等兵 :2021/07/10(土) 18:06:07.61 ID:eHesTUlm0.net
425ですが、暖かく迎えて頂きましてありがとうございます。
日本分断や歴史改変小説はいくつかありますが、リアルとファンタジーの心地よい混ざり具合、痺れるセリフ&それを言うに
相応しいキャラクター達が活躍できる作品となると、なかなか難しいのではないでしょうか。

新刊が出ない間、作品内の兵器をプラモデルで再現しようとしましたが、下手ぎて見せられない物ばかりです。
四式中戦車と74式のお手軽合体で七式中戦車、PoWの砲塔流用でパシスト陸奥、グリフォン飛燕は切り刻みすぎて大失敗。
かなり前にイエローサブマリンにて1/48旋風の完成品が2万円で売られてましたが、今なら買えるのにと歯噛みしています。
佐藤作品の模型を作った経験のある方はおられますでしょうか。

ニュータウン計画のお話で思い出したのは『筑波病』ですね。
静かで清潔で快適な環境も度が過ぎるとストレスの温床になるから、宇宙ニュータウンもその経験が生かされるのでしょう。

長々と失礼いたしました。

468 :名無し三等兵 :2021/07/10(土) 20:46:19.57 ID:YqFwQaTZM.net
DQNの川流れ宇宙バージョンという事故

469 :名無し三等兵 :2021/07/10(土) 20:58:08.58 ID:1K9EzpG5M.net
デブリ群が接近しているというスペースガードの忠告を聞かずに軌道へ留まるスペースDQNの実況中継か…

470 :名無し三等兵:2021/07/11(日) 01:17:43.33
625!!!!!!!!!

471 :名無し三等兵 :2021/07/11(日) 00:53:46.73 ID:XONQtLl40.net
>>463-466
軍艦島はわりと立派な映画館があったらしいな。
しかし、フロンティアでも単身ではなく家族赴任が一般的なのだとしたら、
宇宙雄琴や宇宙堀之内みたいな場所はあまり大っぴらには作られない?

472 :名無し三等兵 :2021/07/11(日) 02:11:39.15 ID:vzahZ+T5M.net
>>471
家族赴任のためには、月並なテーマだが「幼児期の宇宙生活における重力や宇宙線の影響」だの、「妊娠時の対応」だのって
乗り越えないといけないハードルが別途登場しちゃうんで、少なくとも初期レベルで家族赴任は困難でないかな。

473 :名無し三等兵 :2021/07/11(日) 17:09:11.58 ID:HfVZasgc0.net
>>467
旋風のプラモデルは20年以上前に今はなきイエローサブマリン新宿店に展示してあった、懐かしいなあ。
友人で昔ドラゴンのパンターU(パンテルU)をRSBCのグロース・ドイッチュラント師団風に作ってた人がいたよ。

七式中戦車は作者の頭の中ではT-54、74式、センチュリオンのどれのイメージだったんだろう?

474 :名無し三等兵 :2021/07/12(月) 08:53:04.11 ID:94MTn7AB0.net
>>464
>レジャー施設のないニュータウンとかねえよ

今はなき住宅公団による高度成長期の団地のスキームであれば、児童公園はあっても商業目的のレジャー施設はない。
子供向けだと商店街の床屋の店先に10円玉入れて動く遊具…ムーバーというらしい…があった程度。
http://qqquuu7.web.fc2.com/ve/kam1.jpg
クレーンゲーム、メダルゲーム、ビデオゲームも1台づつとかだったしなぁ…。
住民が1万人いてもスーパーと個人商店の商店街で間に合う(というかそれ以上の商業施設を維持できない)ので、複数の宇宙団地が完成した先に宇宙デパートができて、宇宙屋上遊園地が開業となるような。
https://blog-imgs-52.fc2.com/d/a/n/danntikouzyousyouwa/P4300349002121212.jpg
面積とか容積に金のかかる宇宙であれば、子供が遊ぶ場所を提供するのはもっぱら学校ということになるかと。

>>465
>宇宙ニュータウンにも娯楽は必要でしょ。小規模な演芸場ぐらいは早々に建てそう。

演芸場というか、100畳敷の大宴会場での忘年会で、芸達者な社員が余興をやって喝采を浴びるような感じ?
初音ミクやシャロン・アップルがバーチャル巡業するとか。

>>471
>軍艦島はわりと立派な映画館があったらしいな。

読書、映画、音楽、ゲームはネットだろうし。場所を食わずに身体を動かす宇宙体育館で可能な屋内競技とか、文化系なら楽器演奏とか。

>宇宙雄琴や宇宙堀之内みたいな場所はあまり大っぴらには作られない?

そこでVネットですよ。

>>472
宇宙黒部の太陽だと、女子供はつれていけないねぇ…。
つか、就業中のみならず一挙一投足に注意しておかないと簡単に大事故を起こせちゃう宇宙飯場でアルコール飲んで騒げる機会って、軍艦以上に少ないような。

475 :名無し三等兵 :2021/07/12(月) 11:23:51.38 ID:hmb2Ll9+0.net
>>474
>宇宙黒部の太陽だと、女子供はつれていけないねぇ…。

知り合いのベテランの土建屋が以前言っていたけど、半世紀ほど昔にダム工事などを請け負っていた会社の社長は
結構な数のエロ8ミリ映画フィルム(所謂ブルーフィルム)のコレクションを持っていたそうで。

ダム工事現場と言えば大抵人里離れた山奥で、当時はTVの電波も入らず女っ気はゼロであり、冬場は月単位で
山中に閉じ込められる事もザラでした。

そんな僻地で唯一の楽しみといえば深夜のブルーフィルムの上映会であり、まだビデオデッキなんか無い時代だから
社長が温泉旅館地などでせっせと買い集めたコレクションは大変喜ばれたそうで。

476 :名無し三等兵 :2021/07/12(月) 14:42:05.65 ID:hmb2Ll9+0.net
B29の遠隔射撃システム取り扱いについて

黎明期のコンピューター搭載といえどもレーダー、レーザー測距無しの目標捕捉は難しく
敵判別はもとより機動状況によるリード設定等取り扱い者には熟練が求められるのが良くわかる
https://youtu.be/mJExsIp4yO8

RSBCでも富嶽には同様の遠隔操作式銃座が実装されていましたが、統合航空軍がこういう
アニメ仕立ての教習用映像を制作していたかどうかは不明

477 :名無し三等兵 :2021/07/12(月) 16:56:40.44 ID:jweJb+Yl0.net
>>473
それぞれのイイとこ取りだったのではないかと
搭載発動機と各部の装甲厚の設定はセンチュリオンからだろうし
搭載戦車砲ともしかしたら転輪の配置方式と改型の砲塔の形状の設定は
T-54/55からだろうし
車体のデザインともしかしたら転輪の配置方式は74式からだろうし
ただ七式の砲塔の高さを鑑みると
改型の砲塔が74式のそれ並みに薄くなるとは思えないのだけど

478 :名無し三等兵 :2021/07/12(月) 19:00:42.36 ID:ZXHozKi2a.net
>そこでVネットですよ。
人類が銀河を制する未来に、股間にアタッチメント、宇宙TENGAつけて、というのも興醒めではある
直接脳に作用する「あんぜんなおくすり」で眠ると、夢の中でこんなこといいなできたらいいな、ができて
目覚めるとパンツが以下略(中学生か)なのもアレだし

479 :名無し三等兵 :2021/07/12(月) 19:12:56.40 ID:iQZkqHzk0.net
>>478
あのロシア系、文庫1巻178Pの時点では無職の貧乏人だったわけだし、用意されている中で良いサービスが使えたかどうかわからんよ。
後片付けや時間のことを言うなら、自分の人格をコピーしてコピーに必要な経験をさせてからオリジナルとマージするのが一番面倒が少ないことになるから、もっと金が出せればそういうのを選んでたんじゃない?

480 :名無し三等兵 :2021/07/13(火) 12:52:23.48 ID:VJ9ado/20.net
人類が太陽系離れても、食欲性欲睡眠欲からは離れられないわけだが
食欲はオーガニック・スシからバイオ・スシ、合成成形スシまで金次第で何とでもなるけど
こと睡眠欲は「寝る」以外には「1時間で8時間分の睡眠効果がある」という現代社畜のみんなが
実現を渇望してやまない銀英伝のタンク・ベッドか、
「ねむらなくてもつかれないあんぜんなおくすり」か

481 :名無し三等兵 :2021/07/13(火) 19:42:41.51 ID:ymsq56SKa.net
スペースオペラでは覚醒剤はタブーじゃないですしね。
まあ、銀英伝の魔法の御道具も魅力的ですが

482 :名無し三等兵 :2021/07/13(火) 20:28:37.22 ID:zgtkLUEi0.net
まぁ恒星間航行が可能になる未来なら依存症・中毒性・習慣性ゼロの完璧な軍用覚醒剤が実用化されている可能性も

483 :名無し三等兵 :2021/07/14(水) 01:07:05.39 ID:zIytElgP0.net
小規模な部隊でタンクベッドのない場合はオメメパッチリクスリを使う場合もあると描いたあったし、やっぱり使うときは使うよね

484 :名無し三等兵 :2021/07/14(水) 09:51:53.51 ID:RbRavNPr0.net
>>474
>住宅公団による高度成長期の団地のスキーム
>子供向けだと商店街の床屋の店先
自分で矛盾書いてるよ
宇宙ニュータウンはそういう既存の市街地を拡張したようなものじゃないだろ
多摩のサンリオや千里のあれこれのありようで十分

485 :名無し三等兵 :2021/07/14(水) 12:05:29.12 ID:YV9VE1ld0.net
>自分で矛盾書いてるよ

調べてから書いているんだが?

>宇宙ニュータウンはそういう既存の市街地を拡張したようなものじゃないだろ

「既存の市街地の拡張」というオレ設定の意味がわからないので説明してくれ。
こちらはWikiの以下の記述に準拠している。

>ニュータウン(英語: new town)とは「新しい街」という意味である。その原義は広いが、ここでは都市の過密化への対策として郊外に新たに建設された新しい市街地について述べる。

>既存の街並と異なる場所に多数の人間が住むことから、鉄道の新駅やバス路線の設置、道路が新設されることが多い。

施行前人口ゼロの土地に計画人口1万人以上で1970年以前のバリバリの高度成長期に完成している団地での実例が>>484だ。
アンタはもしかしたら女子供にやさしく、孝行息子で、ちょっといいことがあると募金箱に紙幣をいれるような善人なのかもしれない。しかし。

>多摩のサンリオや千里のあれこれのありようで十分

何を言ってるのかわからない。何を言ってるのかをボカすことであとからどうとでも言い逃れができるような言い回しにワザとしているんじゃないかってくらい、中身がない。
ブルーボトルコーヒーの西海岸のアレみたいに、人をイラつかせる文章は書けるんだから、その才能を意図を伝達する方向で使ってくれないか?

486 :名無し三等兵 :2021/07/14(水) 17:24:53.18 ID:ytZX+a0/0.net
>>473
イエローサブマリンの作例は北風舎氏でした。
今はオーダーメイドミニカーを製作されているみたいですが、注文すれば作ってくれるのでしょうか。
以前にもこのスレにて旋風や1/700白塗装綾波の店内展示品について書き込んだ記憶があります。
秋葉原に移転した際に『佐藤と中村』レジンキットを購入したのはいい思い出です。

ところで、新書版征途の迷彩F-4はC型、それともE型でしょうか。
そして海自F-14を塗装するなら洋上迷彩の青、あるいはグリーンを基調とする方が佐藤世界らしさが
出ますででしょうか。

487 :名無し三等兵 :2021/07/15(木) 09:42:39.89 ID:yl/ESoFRa.net
>ところで、新書版征途の迷彩F-4はC型、それともE型でしょうか。
エイサク・サトーは「ベトナム派兵の代償に沖縄を返せ。あと米の宇宙技術をタダでよこせ。ヒューイとファントムを100機くれ」ぐらいケネディに言ったのだろうけど、
テト攻勢(68年1月)の時点で手に入って実戦投入できるのは中古Cか新品D型、
75年まで米はベトナム撤兵できなかったからEJ型「戦闘爆撃機」も飛んだだろうけど、
問題はその頃の田中角栄政権が米国と良い日米関係に「なかった」こと。
(貿易摩擦ドルショック日中国交正常化ピグミー呼ばわり、そしてロッキード事件)

もちろんベトナムに派兵せず金儲けしてた日本に対する米の不満が爆発して...のことなんだけど、
ベトナムに派兵させられて米国に対する不満が日本で爆発して...「どうして日本がベトナムで血を流さなければいけない」と角栄が自衛隊のベトナム派兵削減を独自に決め(るだろう。自民党の議席死守のためにも)、ニクソン大統領は「アメリカに忠実な衛星国」ではなくなった、こじれた日米関係の改善に追われるだろう...という征途の70年代。

488 :名無し三等兵 :2021/07/15(木) 11:21:21.96 ID:DxdiGlwgd.net
いやー、防衛白書表紙の騎馬武者の件で、帝国陸軍の亡霊ガーとか沸き上がってる連中が
大サトー界隈にも多くて辛いw

489 :名無し三等兵 :2021/07/15(木) 13:49:53.92 ID:APKWcw98d.net
あれ、いまさら大楠公かと思ったわ
違ったけど。

490 :名無し三等兵 :2021/07/15(木) 15:14:38.99 ID:kqeqLm940.net
>>487
ありがとうございます。
小説ではF7U→F-14なので、中古C型を譲渡されたものの直後にF-14を購入したのでは?と妄想しました。
米空軍のC型が海自で活用できるのかとも思いましたが、ファントムなら大丈夫そうですね。
タミヤの最新キットがC/Dだったら征途ファントムを作るのに。と思いました。
F-14J義烈トムキャットは二次元ノズルの再現で挫折しました。F-22?VF-1J?

>大楠公
思い出したのはなぜか野坂昭如の『あゝ水銀大軟膏』でした。

491 :名無し三等兵 :2021/07/15(木) 18:32:18.65 ID:sqF3jijB0.net
>>487
分断国家という事で
共産主義に対する国民感情も史実とは微妙に違っていそうな気もする
北日本の実情がなんとなく悟られていて地上の楽園とは見なされていないだろうし

492 :名無し三等兵 :2021/07/15(木) 18:32:44.11 ID:l5/9xt2Fa.net
>>490
ニクソンはベトナム後の日米関係改善のために「千島列島日本に返すよ!最新鋭のトムキャットもイーグルもすぐに渡せるよ!国産開発やめてロッキードの機体買えなんて言わないよ」ぐらいはしてると思うので
「新空母なのにF7Uかあ..」と呟けば「すぐFー4Jリースできるよ!米空母に配備予定のトムキャットも優先して日本に回すよ!IHIの新エンジン積みたい?性能よかったらTF30の代わりに海軍も欲しいって」

独自に戦闘機用エンジンを国産開発できるのに米国のイーグル採用した、の「政治的な理由で」がちょいと変わってしまってるが

493 :名無し三等兵 :2021/07/15(木) 18:57:55.15 ID:cQOSv1cv0.net
この頃プロジェクトXのリマスター版をNHK-BSで再放送しているけど、戦後の日本の新幹線や自動車開発に
多大な貢献を成したのは敗戦で職を追われた航空技術者たちである事が繰り返し番組内で語られてました。

RSBCの世界線だと、日本の航空技術者らは大戦後も職を追われたりせずそのまま航空機開発を続けて
いたでしょうし、そうなると第三次大戦後の日本の自動車産業や新幹線開発は全く別物になったかと。

特にスバル360はあちらの世界線では存在しないでしょうが。

494 :名無し三等兵 :2021/07/15(木) 19:18:42.09 ID:QBx1FRnN0.net
>>488
公刊された白書は別格
とか言いそうだが、日本刀や神器をモチーフにした部隊章やロゴマークなんか
もう何年も前から既出だよね
そういうのは見てなかったのか

そして帝国海軍の伝統墨守する海自は野放しでいいのだろうか

まあツイッターの論調見る限りは、事態の危惧とやらよりも楠公知識マウント合戦みたいなのが目について痛い
根底は「ネトウヨ」「パヨク」と同類なんだよね

495 :名無し三等兵 :2021/07/15(木) 19:43:38.58 ID:z1j/NXhMM.net
>>493
そもそも富士重工が中島飛行機だし、ナカジマの名がつくレーシングカーがホンダやロータスと競ってる世界なんで、
富士重工ならぬ中島重工になってるだろね。

その上でWWIII後の戦後不況により、史実1950年代イギリスがスエズ危機でキャビンスクーターの流行→名車ミニの誕生へと進んだように、
中島重工(仮)がスバル360に相当する低燃費な国民車「ナカジマ360(仮)」を作っててもおかしくはないかと。

496 :名無し三等兵 :2021/07/15(木) 19:52:22.94 ID:dPvHHIcy0.net
>>493
パシスト世界では「戦後急成長した中島飛行機の自動車部門製のタクシー」が、
RSBC世界では中島自動車がプロトタイプレーシングカー、ナカジマ7を日本グランプリで走らせてるので
(ニッサンがR370を走らせてるのでプリンス自動車が中島自動車になったわけでもないらしい)
大衆車構想に基づいたスバル500とかあるかも

497 :名無し三等兵 :2021/07/15(木) 20:03:50.98 ID:NPnZut9A0.net
>>493
史実を大幅に上回る国力を擁するRSBC日本に不可能などない。
科学技術立国が推進され科学工学分野の陣容は圧倒的に強化されるだろうから、スバルだろうがくろがね四起だろうが作者が望むのであれば思いのままだ。

498 :名無し三等兵 :2021/07/15(木) 20:25:27.76 ID:TQ5713imM.net
取り敢えず、RSBC世界ではナカジマWRXとか
トヨタと共同開発したBRZが存在すると

499 :名無し三等兵 :2021/07/15(木) 20:39:04.63 ID:RukKLo5u0.net
んで電化製品はみんな西米製なのね

500 :名無し三等兵 :2021/07/15(木) 20:42:36.37 ID:z1j/NXhMM.net
>>497
思いのままっていうか、史実WWII後の貿易立国海洋国家と事情は同じで、「輸出して売れる車」を作らんとアカンのはRSBCでも変わらんよ。
その上でドイツ車と各国の大衆車をめぐる激しい国際シェア争いをやったり、工業規格面では統一に向けた動きもあったりしただろね。

なんたって予備法務士官の高梨センセの愛車はアルファロメオのグランツーリスモなわけで。

501 :名無し三等兵 :2021/07/15(木) 20:48:39.42 ID:z1j/NXhMM.net
>>499
少なくとも盛田昭夫が海軍の技術士官を続けてそうなソニーは史実通りに創業してないだろうね。

502 :名無し三等兵 :2021/07/15(木) 21:27:15.43 ID:WJwrgbSE0.net
>>501 公式 http://akiomorita.net/profile/life.html

1942年 4月 大阪帝国大学理学部物理学科入学
1944年(昭和19年)
1月 海軍委託学生となる
5月 前月発令された学徒動員令により、海軍技術学生として、横須賀の海軍航空技術廠支廠勤務。その後、しばらくして、大阪帝国大学への出張が許可され、研究に従事する
9月 大阪帝国大学理学部物理学科卒業。海軍技術見習尉官として浜名海兵団に入団、訓練を受ける
1945年(昭和20年)
3月 海軍技術中尉に任官、横須賀の航空技術廠支廠勤務
3月 戦時研究委員会で井深大(ソニーファウンダーで元ソニー会長。当時、日本測定器常務)と出会う
8月 出張中に立ち寄った家族の疎開先、愛知県小鈴谷で、終戦を迎える
10月 <東京・日本橋白木屋(元・東急百貨店)内に、井深が東京通信研究所を設立>
朝日新聞のコラム「青鉛筆」で井深が会社を設立したのを知り、井深と再会
1946年(昭和21年)
5月 東京通信研究所を改組して、井深とともに資本金19万円をもって東京通信工業株式会社(現ソニー株式会社)を設立、取締役に就任

海軍委託学生から学徒動員だし、職業軍人の道は選ぶかどうか。
なお☆世界だと、45年3月の戦時研究委員会が誘導爆弾研究で、北崎望が入ってるから、
北崎重工の電子部門がラジオいずれはTVで儲けてるってのは、史実ソニー相当の可能性が高い。RSBCでも中公版以降北崎が入り込んでるし、似たようなもんでは。

503 :名無し三等兵 :2021/07/15(木) 21:29:25.37 ID:TQ5713imM.net
>>499
車同様、そうなるとは思えない気が…
ソニーはともかく、松下やら東芝やらNECやら富士通やらあるしな

504 :名無し三等兵 :2021/07/15(木) 21:33:27.48 ID:TQ5713imM.net
二輪でもドイツやイタリア相手に4メーカーが史実同様四気筒マシンで席巻だろうな
トップガンに相当する映画でカワサキ車が大人気に

505 :名無し三等兵 :2021/07/15(木) 21:52:26.87 ID:VHYAZjtM0.net
トヨタはどうなんかね

まあ作者の思惑次第というのは同意

506 :名無し三等兵 :2021/07/15(木) 22:34:01.31 ID:NPnZut9A0.net
>>503
軍事評論家の佐藤大輔氏が日本が軍事費の負担に苦しんでるあいだに西米製製品が市場を席巻するだろうと予測しているじゃろ。
もっとも高梨の文らしいから公式かどうかは別の話だが

507 :名無し三等兵 :2021/07/15(木) 22:45:37.26 ID:c2VjYB3q0.net
秘録に限らずRSBCは90年代(元になったゲーム版は80年代だね)に書かれた話なので
当時の時事ネタや世界情勢のパロディや風刺などが令和の今だと?に映る部分はあるなあ。
個人的にはそれが好きだけど。

508 :名無し三等兵 :2021/07/16(金) 06:36:25.66 ID:UKEvoCXjM.net
>>505
トヨタ車はRSBC冒頭で大井篤の妻が運転したがる話なんてあったね。
女性が運転してるくらいだからマイカー時代がさっさと到来し、所得倍増計画も達成されてるから史実カローラ相当の車がダットサンと大衆車の覇権を普通に争ってそうな。

509 :名無し三等兵 :2021/07/16(金) 10:41:23.20 ID:iBnKNk37M.net
>>506
西米こそ最前線国家で地上部隊の負担が馬鹿でかいんじゃないんかね?

510 :名無し三等兵 :2021/07/16(金) 12:47:39.84 ID:jNgk649bd.net
>>509
日本は艦隊と航空隊を全世界に展開しなきゃならないから、さらに負担がでかくなりそうで。

511 :名無し三等兵 :2021/07/16(金) 14:21:57.24 ID:k68u5hAy0.net
史実では日本の自動車産業の躍進は北米大陸への輸出が要因だから
相手が主に西米だけでその購買能力がよくわからんので、史実通りに日
本車メーカーが伸びていくかは?じゃないかな。作者もそこまでは織り込
めないから、書きたいように書くには同意。

512 :名無し三等兵 :2021/07/16(金) 15:40:10.49 ID:mrEk+cVR0.net
RSBC世界、多分東南アジア一帯も史実より進歩しているんじゃね?疑惑がある
多分、イギリスの了解(渋々)の元、英領マレー・蘭領東インド、仏印を事実上の経済植民地化したんじゃないかと
(それも、1920年代〜1930年代の間に)


東南アジア→日本:資源
日本→東南アジア:軽工業品

こんな形のアジア間貿易が、成立していると思う
(じゃないと、市場が無さすぎて発展できんわ・・・・)

513 :名無し三等兵 :2021/07/16(金) 17:53:28.04 ID:iBnKNk37M.net
第三次大戦劈頭で、軽工業が東南アジアに移転してるという記述まであった記憶が。

514 :名無し三等兵 :2021/07/16(金) 18:58:40.01 ID:Ic2FndFW0.net
「RSBC世界線の戦後日本自動車メーカー」と言えばマツダはどうなるのやら?

史実と同様にマツダ本社のある広島市も反応弾攻撃を受けますが、史実リトルボーイの爆発威力20キロトンと違い、
独軍潜水艦から打ち込まれた反応弾は数キロトン程度であったから、運が良ければマツダ本社も史実同様に
損害軽微で助かったかも知れません。

史実のマツダは西ドイツ企業からロータリーエンジンのパテントを買い付けましたが、RSBC世界線だとドイツ帝国は
敵なので、仮にあちら側のドイツでロータリーエンジンが開発されていたとしてもパテントの購入はほぼ無理でしょう。

515 :名無し三等兵 :2021/07/16(金) 19:13:16.65 ID:UKEvoCXjM.net
>>514
ダイハツなんかと同様、普通にオート三輪から四輪へ参入してるんでないかと。
ただ、モータリゼーションや戦時体制の違いによってオオタやくろがね(日本内燃機)なんかも史実と異なる歴史を歩むだろうし、
案外全然畑違いのヘリコプターだの作ってたりして(企業間合併とかも全然違うだろうし、何が起きてても不思議じゃない)。

516 :名無し三等兵 :2021/07/16(金) 19:34:36.76 ID:PWBs/KhAa.net
RSBC世界の英国はセイロン島の管理すらおぼつかなくなって日本に任せてたけど他のドイツに奪われなかった植民地はどうなってたんだろうか

517 :名無し三等兵 :2021/07/17(土) 10:20:09.38 ID:/Qgs9cv6a.net
欧州は敵陣営だしアメリカは分裂して睨み合ってるわで
史実よりも市場そのものが大幅に小さくなってるんだよな

518 :名無し三等兵 :2021/07/17(土) 11:25:25.81 ID:kvWWV+cAF.net
>>504
トップガンは日本で撮影されるな
航空戦技教育隊、通称「空戦教」
吉永小百合が教官役で三船敏郎がパイロット役、アイスマンは宮口精二でいいや

519 :名無し三等兵 :2021/07/17(土) 11:40:08.87 ID:MVBw8hOUd.net
>>517
しかしライバルになる欧州車はないし
アメ車も怪しいから市場は独占状態という見方も。

520 :名無し三等兵 :2021/07/17(土) 11:52:15.54 ID:0IXRIETQp.net
>>518
タイトルは「最高の男」
出演は織田裕二、財前直美らでは?w

521 :名無し三等兵 :2021/07/17(土) 13:00:03.99 ID:7f+UEFds0.net
>>486
>ところで、新書版征途の迷彩F-4はC型、それともE型でしょうか。

テト攻勢のときに空自の新品なのでF-4D。
尾翼に黒豹のマークとあるから支援戦闘機隊任務を付与された第8飛行隊がF-86Fから更新したかと。
表紙のイラストだとF-4DのIRシーカーのフェアリングの特徴が入っている。
https://stat.ameba.jp/user_images/20190609/15/pyorokuthi/73/56/j/o0576104014453961729.jpg
http://acc.kitreview.com/images/F-4_AirDOC-ResinUpdates-48004c.jpg

>小説ではF7U→F-14なので、中古C型を譲渡されたものの直後にF-14を購入したのでは?と妄想しました。

北の高級士官である守がテト攻勢の時点でしょうかくの建造とその就役まで艦上戦闘機の更新をしないという方針を知っているということは、南の既定路線ということとなる。
しょうかく就役とF-14J配備は「60年代末の奇跡のような予算措置」や「実戦部隊編成がヴェトナム戦争以後のことであったため」という説明は「実戦部隊でないならヴェトナム戦争終結以前に受領・配備」ともとれるので同時期であったとみるべきかと。

>>503
富士通と日本電気と沖電気は逓信省→電電公社で交換機作ってたし、戦前の国際電話はケーブルじゃなくて無線で国策会社の国際電気通信が無線機も製造してたし、日本の経済大国化で需要がすごいことになるような?

522 :名無し三等兵 :2021/07/17(土) 13:29:28.77 ID:qVdVs2wj0.net
挿絵や表紙はだいたい本文と整合しないイメージ図だから、これを根拠に何かを主張するのは筋が悪い

523 :名無し三等兵 :2021/07/17(土) 14:04:59.61 ID:7f+UEFds0.net
1964年3月から生産はD型に切り替えられているのだから「新品」という本文中の描写に基づくならD型しかないけどな。

>挿絵や表紙はだいたい本文と整合しないイメージ図だから、これを根拠に何かを主張するのは筋が悪い

表紙が本文と合ってるって指摘だけど、それに難癖つけるなら悪いのは筋じゃなくてお前の頭だわな。

524 :名無し三等兵 :2021/07/17(土) 15:35:15.12 ID:9Nk3GBMiM.net
>>523
拍子云々の話は、以前にこのスレで
「新書判2巻に巡洋艦が出てるから、ベトナム戦争に高雄が参戦したに違いない!」
って言い張って、それを前提にアレコレ妄想垂れ流した人がいたもんで、忌避感があるのよ。
(実際は作中で沖縄に突入した武蔵以下第2艦隊のイメージを同じ絵の中に入れ込んだだけだと思われるが)

アナタの場合は別なアプローチからもF-4Dでは?と考察してるんで問題無いと思うけど。

525 :名無し三等兵 :2021/07/17(土) 15:36:01.72 ID:9Nk3GBMiM.net
「新書判2巻の表紙に」だな。

526 :名無し三等兵 :2021/07/17(土) 15:55:55.49 ID:/Qgs9cv6a.net
しかしカットラスからトムキャットって差がでかすぎて機種変換訓練するパイロットも大変だったろうな

527 :名無し三等兵 :2021/07/17(土) 16:11:21.47 ID:9Nk3GBMiM.net
代わりに母艦はスーパーキャリアーになるし、着艦も楽になるけどね。それより問題はTF30エンジンの信頼性かも。

528 :名無し三等兵 :2021/07/17(土) 21:58:03.11 ID:6LuqrLOSM.net
エンジンはF-15同様国産オリジナルに換装したりしてな

529 :名無し三等兵 :2021/07/17(土) 21:59:56.79 ID:6LuqrLOSM.net
もう湾岸戦争の段階でD型相当の能力持ってたみたいだし
本家より長く使ってたりして
史実だとペルシャ猫だけど

530 :名無し三等兵 :2021/07/18(日) 01:09:14.95 ID:Q8uNgE9A0.net
征途世界の海自のトムキャットのエンジンはIHI製だって本文中に記述がなかったっけ?
単なるライセンス生産なのか自主開発の新型エンジンなのかは覚えてないけど。

531 :名無し三等兵 :2021/07/18(日) 07:42:37.86 ID:1y/8YK9ua.net
国産エンジンに換装してたのはF-15だった気がする

532 :名無し三等兵 :2021/07/18(日) 12:39:55.79 ID:t3rdSQeLM.net
「トップガン」でマーベリックのトムキャットが片側エンジンストールから
回復不能のフラットスピンに陥って墜落した、みたいなのがTF30のままだと海自でも起こる
ベストなんとかのバーティゴで墜落、だと「なんかよくわかんないけどパニックになった織田裕二がイーグルからベイルアウトした」な感じだったが

533 :名無し三等兵 :2021/07/18(日) 15:46:33.09 ID:i25lmZ3U0.net
防衛白書のイラストへのクレーム
鳩山由紀夫と同類扱いが決定で可哀想だよな
世間一般の単純な好評価が実態だろうに

それにしてもあの吹き上がり具合は深刻なレベルだった
軍オタ、大サトーでも名の知れた面子がねえ

534 :名無し三等兵 :2021/07/18(日) 17:57:16.89 ID:BJ8e4JY/a.net
>>533
誰のこと?

535 :名無し三等兵 :2021/07/18(日) 21:21:21.54 ID:g+HXx2Ru0.net
なんの話だ?

536 :名無し三等兵 :2021/07/19(月) 03:33:06.59 ID:5yqZi32X0.net
地球連邦の興亡に手をつけてるんだけど、イアン・アークハート首相の元ネタはBBC版のハウスオブカードなのかな。イアン・リチャードソン演じるフランシス・アークハート。
もしそうだとしたら、亡き御大も好きだったんだなと思うと趣味があったようでちょっと嬉しい。違うかもしれないけどね

537 :名無し三等兵 :2021/07/19(月) 15:31:25.22 ID:B+TXDXuw0.net
>>521
大変参考になりました。誠にありがとうございます。
下手の横好きながらも、佐藤作品の機体をプラモで再現する楽しみを見つけました。
不器用なためにはたから見るとゴミの再生産としか思われないでしょうけど。
いつかはエルパンの木製戦車とか作ってみたいものです。

質問してばかりで申し訳ありませんが、戦艦播磨を再現する際には『大和坂』は必要となりますか?
1/500あるいは1/450大和の船体をそのまま流用できるかな?と思いまして。

538 :名無し三等兵 :2021/07/19(月) 18:07:07.84 ID:LrueERQDa.net
大和坂46か…

539 :名無し三等兵 :2021/07/19(月) 18:55:11.20 ID:LrueERQDa.net
乃木坂46が新坂46か赤坂46になってたら用心すべし
タイムパトロールマニュアルP46より抜粋

540 :名無し三等兵 :2021/07/19(月) 20:31:27.07 ID:STlVUm6c0.net
>>538
しゅ、主砲口径が…重大な軍機違反だ!

541 :名無し三等兵 :2021/07/19(月) 20:32:45.12 ID:STlVUm6c0.net
>>539
三宅坂226がなんだって?

542 :名無し三等兵 :2021/07/19(月) 20:40:34.41 ID:Pb9aX0iN0.net
白馬の王子様待ちですか

543 :名無し三等兵 :2021/07/19(月) 21:09:26.69 ID:LrueERQDa.net
じゃあ軍機に引っかからない様に
大和坂○○

544 :名無し三等兵 :2021/07/19(月) 22:08:10.05 ID:/rtOhGxK0.net
6人ほど消して大和坂40にしておけばよい

545 :名無し三等兵 :2021/07/21(水) 16:54:51.54 ID:bfXaTmXZ0.net
宮間めさの『テイコク立体』
戦艦大和がイージス艦に改装された姿を3DCGで再現してみた
https://www.youtube.com/watch?v=Gg-wa49Nm_Y

まああれでございます。
もともと戦前の建築物の再現をやっていた方なのだが艦艇にも手を出すようになったり海自とコラボしたり。

546 :名無し三等兵 :2021/07/21(水) 21:08:48.50 ID:Nw92ffuJ0.net
征途世界だと「戦艦武蔵ノ最期」とか「男たちの武蔵/MUSASHI」映像化の際にやまとが使われることはあったんだろうか。

547 :名無し三等兵 :2021/07/21(水) 21:27:21.77 ID:ErszVqFl0.net
ゴジラと毎回ど突きあっては痛み分けになってるのは確かだろうね

548 :名無し三等兵 :2021/07/21(水) 23:27:06.97 ID:MYopzOIfa.net
やまと艦内で撮影された沈黙の戦艦は良かったな
セガールの日本人設定に無理矢理感があるのではと危惧されたけど、流暢な関西弁で違和感少なかったわ

549 :名無し三等兵 :2021/07/21(水) 23:52:35.04 ID:+sMgr6Aza.net
徴兵制の北とは違い、南日本は隊員募集のためにもその手の宣伝機会には全面協力だろうなー

浅田次郎の小説の如く、新宿や渋谷でウロウロしている若者相手に優しい地連のお兄さんが声掛けているんだろうか。

550 :名無し三等兵 :2021/07/22(木) 01:39:40.40 ID:MIRwzWhva.net
>>546
前者はモスボール期間だったら無理矢理何とかなりそうだけど、
後者は機銃座や高角砲等がガラリと変わってるのと艦橋周りがイージス化されてるから
わざわざ忠実に再現されたセットで撮影しそうだな

551 :名無し三等兵 :2021/07/22(木) 02:28:22.14 ID:s+mK009eM.net
>>550
「アナザー・ウェイ ―D機関情報―」みたく、海自潜水艦(なだしお)がシレッと伊号潜水艦役やってる映画もあるんで、そのへん撮影側の情熱と予算次第でないかと。

552 :名無し三等兵 :2021/07/22(木) 02:30:10.48 ID:s+mK009eM.net
>>550
あと、技術が発展してからの映像作品だとCGでいかようにもできちゃったり(近年のフルCGみたく実物動かさんレベルは嫌だが)。

553 :名無し三等兵 :2021/07/22(木) 05:59:50.39 ID:MIRwzWhva.net
CGスタッフが過労死しないか?

554 :名無し三等兵 :2021/07/22(木) 06:47:44.86 ID:zwO1Cndp0.net
「男たちの武蔵/MUSASHI」は戦闘シーンが荒天の中だったし、主砲塔内の描写と
艦橋内の描写がほぼ全編だったから、そんなに大変でも無かったらしい<CGスタッフ

寧ろ主砲の発射シークエンスとかを忠実に描こうとしてうみ自から「ダメです」やられたり
相手役の米戦艦の描写の方が大変だったとか。

555 :名無し三等兵 :2021/07/22(木) 07:27:21.17 ID:IWdXDXPV0.net
海の家系が映像化されるのは直接の関係者が鬼籍に入るまでは無理かな

556 :名無し三等兵 :2021/07/22(木) 08:40:56.14 ID:s+mK009eM.net
戦争モノでCGっていうと、NHK大河ドラマの北条時宗で元寇のシーンは役者がアップになってるとこ以外ほぼCGなんよね。
(海岸の櫓に焙烙玉が命中して崩落するとことか)
合戦シーンなんかも今はやたらとキャスト用意しなくていいから楽なんだとか。

557 :名無し三等兵 :2021/07/22(木) 09:08:45.57 ID:sXI04X/a0.net
日曜の朝に70年代大河の「黄金の日日」を再放送しているけど
全編スタジオ撮影と分かるしセットやミニチュアもショボいしw
でもそれはそれで統一されてくれていた方が
そういうものだと割り切って見られるからいいな
しかし市川森一と長坂秀佳が脚本とは
特撮ファンは歓喜やな

558 :名無し三等兵 :2021/07/22(木) 18:03:28.58 ID:FcM2H0B60.net
>>黄金の日々
鋸挽きトラウマ

559 :名無し三等兵 :2021/07/23(金) 02:21:12.50 ID:r+LT1Qhi0.net
>>554
>主砲の発射シークエンスとかを忠実に描こうとしてうみ自から「ダメです」やられたり

海自やまとは何度目かの改装で主砲の長砲身化とかしてたと思うけど、発射機構は戦中から変わってないのかな。
それならそれで、いい加減レガシー化して周知の技術になってるんだろうから機密解除したれよ、と思うけど。

560 :名無し三等兵 :2021/07/23(金) 08:23:58.78 ID:3cmfThpUM.net
>>559
変えたかどうかも含めて防衛機密でない?

561 :名無し三等兵 :2021/07/23(金) 08:43:39.89 ID:mHvjeAIa0.net
統一戦争後ならなんでもあり感

562 :名無し三等兵 :2021/07/23(金) 10:06:19.52 ID:3cmfThpUM.net
記念艦になるかモスボールかでも違いそうだけど、あの頃は中国の脅威とか真剣に考える前の時代だもんね。

2010年代に入ったあたりで必要性が叫ばれるけど既に実働不可だろうし、改装の時の図面使って新しいイージス戦艦を作った方がいいのかもしれんな。

563 :名無し三等兵 :2021/07/23(金) 10:22:01.38 ID:T2wad/Y8a.net
それは仕方なかろう
北朝鮮が「次はウリ達ニダ」と史実以上に頑なな姿勢になってるかも知れないし
米は統一戦争での損害を考えると中東関連含めての時間稼ぎを兼ねて及び腰になってる可能性
中国は史実程急成長していないだろうけど、潜在的には脅威
(空母導入ならロシアから図面を買って、ネジ一本からコピーする所からスタートになる)

564 :名無し三等兵 :2021/07/23(金) 10:30:09.19 ID:T2wad/Y8a.net
それに憲法9条に追加条文があるから、史実日本と比べて「普通の国」として振る舞えるからなぁ…
史実みたいな挑発行為したら潜水艦なら強制浮上のライブ中継が始まるとか
レーダー照射事件だと訓練用ミサイルが発射され、全弾直撃を受けるとか
その後も公安とSRIと外務省と防衛省(?)のコラボで嫌味たっぷりな報復を執拗に仕掛けるとかな

565 :名無し三等兵 :2021/07/23(金) 19:00:46.52 ID:DD0s68BV0.net
96年の台湾海峡で史実の米空母代わりにやまと打撃群が入るんじゃね? 
中心はちとでかいとは言え、あくまでも防空艦グルーブであって挑発的意図は毛頭ないぞ、と。

566 :名無し三等兵 :2021/07/23(金) 22:02:33.06 ID:3cmfThpUM.net
>>565
プロメテウス計画の初進宙時警備が最後の任務らしいんで、もう退役した後かと。

567 :名無し三等兵 :2021/07/25(日) 10:12:25.09 ID:7KAgOy0H0.net
>>530
 ペルシャ湾での F-14J 発艦シーン(3巻の冒頭)で、「IHI-TFJ14-800」という表記がある。

 F-15CJ改(2巻ラストに登場)は、IHI独自開発のエンジンだから、おそらく F-14J も
IHI 製の独自開発の可能性高い(ライセンスなら IHI-TF30 とかになるはず)

568 :名無し三等兵 :2021/07/25(日) 21:17:12.75 ID:7KAgOy0H0.net
>>559
 少なくともイージス化した際に主砲も半自動式に変更しているので、光学照準系以外は
自動化されてるんじゃないかと。

 史実のアイオワ級は結局主砲射撃に関しては完全退役になるまでレガシーのままだったそうだけど。
(そもそも研究もされてなかったから当然だが)

569 :名無し三等兵 :2021/07/25(日) 21:42:45.74 ID:Zwb2iqgx0.net
やまとに関して言えば、大改装時に主砲まで更新してるので光学照準も含めて全部とっかえだね

570 :名無し三等兵 :2021/07/25(日) 22:06:22.29 ID:FGPp2qit0.net
征途世界だとアメリカは統一戦争で大損害を受けて外征する気が萎えてるだろうからイラク戦争はなさそうだね
アフガンは向こう次第だけど

571 :名無し三等兵 :2021/07/25(日) 22:12:34.59 ID:7KAgOy0H0.net
>>569
 確かに前檣楼トップの測距儀が残ってるわけもないし、人員削減もあるから砲身・砲塔の制御は
全自動化されてるとは思うし……となると照準システムとも自動連動だわな。
 ただ光学照準を自動化は難しいだろうから(そんなシステム作ってないだろうから)、そこだけ人が
介在する半自動かな、と。完全自動も(対地砲撃なら)可能そうな気はするけど。

……あれ、もしかしてあの世界だと再就役するアイオワ級の主砲射撃システムに、「やまと」の
システム逆輸入する可能性もあるのか?
 金かかりすぎるから断念するかな……でも提供はさせられそうな気はするなあ……

572 :名無し三等兵 :2021/07/25(日) 23:30:11.87 ID:HSWtAajRM.net
あの世界で15m測距儀はどこかで保存されてるのかな。
欲を言えばこちらの大和ミュージアムのような博物館に艦橋と同じ高さの塔屋を設けそこに設置して景色を見えるようにしてくれたら。

573 :名無し三等兵 :2021/07/25(日) 23:49:13.86 ID:nDzb7V5CM.net
射撃指揮所ならNASDAで「プロメテウス計画」のエンジンテスト観測所に転用されて、事故に巻き込まれてるけどね(その後どうなったかは不明)。

574 :名無し三等兵 :2021/07/26(月) 01:30:46.86 ID:Rs/BUiwS0.net
>>571
いや、「光学照準」をどういう意味で言ってるのかわからないけど、こちらの意図としては測距儀はおろしてレーダー射撃のシステムだけだろうと。

あえて新規に入れるならカメラ(画像認識)とレーザー測距だろうとは思うけど。
どっちかと言うと照準と言うか映像で確認する用で、オペレータが様子を見るたぐいのものじゃないのかな。

575 :名無し三等兵 :2021/07/26(月) 08:38:42.82 ID:rfvF0p25a.net
>>573
その転用したのってガラス窓だから
爆風には耐えても、その爆風に乗ったエンジン部品の破片には耐えられなかったのでは?

576 :名無し三等兵:2021/08/03(火) 05:25:10.79
>>1
天才だろう!(^^)

218 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :

read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★