2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

Fw190はやっぱり強かったって本当?★2

1 :名無し三等兵 :2019/09/18(水) 22:16:21.50 ID:2Jd9OeI50.net
↓のサイトに騙されました!
おかげで艦これオフ会で恥をかいてしまいましたよ
レヒリンのデータはごまかせるようなもんじゃなかったらしいですね

Fw190の真実
ttp://homepage1.nifty.com/HARPOON/Fw190/title.html

※前スレ
https://mevius.5ch.net/test/read.cgi/army/1448320164/
VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvvv:1000:512:: EXT was configured

550 :名無し三等兵 :2019/10/18(金) 07:44:03.65 ID:kQGLPEoD0.net
一例を挙げてすべてを語るようなことをするのは群像の常とう手段。ガダルカナルで毎回大損害出してたのがすべてを語る。

551 ::2019/10/18(Fri) 07:59:57 ID:4uP+Plj7d.net
旧軍爆撃機スレかと思った

552 :名無し三等兵 :2019/10/18(金) 08:10:26.41 ID:2kcIMXh4d.net
>>550
上記の一例は『我敵艦ニ突入ス 駆逐艦キッドとある特攻、57年目の真実』より

歴史群像の一式陸攻本は日本陸軍重爆や連合軍爆撃機の損害率も引用した内容だったかと

553 :名無し三等兵 :2019/10/18(金) 08:20:45.42 ID:d3pXAxVP0.net
記録見るとガダルカナルには2〜3日に一回は空襲してたけど陸攻の損害は1〜2機が多いな
5機とか未帰還になる事もあるけど損害無い時も多いんだが・・・

だいたい基地の陸攻が20〜30機しかなかったのに毎回大損害出してたらすぐに払底するし

554 :名無し三等兵 :2019/10/18(金) 08:36:36.07 ID:6aovq3dO0.net
>>516
なるほど
ソ連の信用度って戦前の日本と同じ程度だったのね

555 ::2019/10/18(Fri) 08:39:30 ID:3KJJSbWer.net
>>554
まあフィンランドの件で制裁食らってるし

556 :名無し三等兵 :2019/10/18(金) 08:50:05.76 ID:Z8XGn1Sxr.net
米軍機の武装とドイツ機の武装を考えるとな。ガダルカナルの米軍機の迎撃戦闘機の数なんてたかが知れてるのに護衛がついておきながら毎回ほぼ壊滅状態。一式の脆弱性は異常

557 :名無し三等兵 :2019/10/18(金) 08:53:28.00 ID:3KJJSbWer.net
イギリス機の武装とかにならんのか
まあイスパノ4門で撃たれたくなんて
ないが

558 :名無し三等兵 :2019/10/18(金) 09:18:17.01 ID:vHttbLuZ0.net
ラバウル日本機の半数以上は爆撃機で地上によって焼かれてる
一方、米軍はそれほど爆撃機にやられてない、搭載量の差も大きいけど
6000mから爆弾なんて落としても、ガ島の小さい飛行場になんて当たらない

559 ::2019/10/18(Fri) 09:21:02 ID:kXluOhXp0.net
>>556
>>553

560 ::2019/10/18(Fri) 09:30:40 ID:d3pXAxVP0.net
>>558
米軍が現地民買収してスパイさせたりコーストウォッチャー送り込んで日本機の出撃状況を
監視してたのは有名な話しよ
空襲が来るのを予め分かってたら飛行機逃がしたりできるしね

日本も途中から気がついて出撃した陸攻を途中で引き返して戦闘機だけ送り込んだりしたし

561 ::2019/10/18(Fri) 09:42:39 ID:2kcIMXh4d.net
>>554
戦前の日本は無法なソ連や同様に「革命外交」とか言い出して自らに不利な条約を一方的な破棄を乱発した国民党と退治していたので苦労が忍ばれる

なおそれ以前のシナや朝鮮については福沢諭吉先生が仰る通り。

『脱亜論』の現代訳

日本の不幸は中国と朝鮮半島だ。
この二国の人々も日本人と同じく漢字文化圏に属し、同じ古典を共有しているが、もともと人種的に異なるのか、教育に差があるのか、日本との精神的隔たりはあまりにも大きい。

情報がこれほど早く行き来する時代にあって、近代文明や国際法について知りながら、過去に拘り続ける中国・朝鮮の精神は千年前と違わない。

この近代文明のパワーゲームの時代に、教育といえば儒教を言い、しかもそれは表面だけの知識であって、現実面では科学的真理を軽んじる態度ばかりか、道徳的な退廃をももたらしており、たとえば国際的な紛争の場面でも「悪いのはお前の方だ」と開き直って恥じることもない。

(中略)

もはや、この二国が国際的な常識を身につけることを期待してはならない。
「東アジア共同体」の一員としてその繁栄に与ってくれるなどという幻想は捨てるべきである。

日本は、大陸や半島との関係を絶ち、先進国と共に進まなければならない。
ただ隣国だからという理由だけで特別な感情を持って接してはならない。

この二国に対しても、国際的な常識に従い、国際法に則って接すればよい。
悪友の悪事を見逃す者は、共に悪名を逃れ得ない。
私は気持ちにおいては「東アジア」の悪友と絶交するものである。

(明治18年(1885年)3月16日)福沢諭吉


日本は昔から無法な近隣諸国に常に苦労してきた

562 :名無し三等兵 (バットンキン MMd2-iSkz [153.233.252.164]):2019/10/18(Fri) 10:04:35 ID:uf0toAetM.net
>>554
>ソ連の信用度って戦前の日本と同じ程度だったのね

当たり前ジャン、ソ連は国際連盟から除名されたのから!

563 :名無し三等兵 :2019/10/18(金) 10:11:13.50 ID:uf0toAetM.net
>>549
>脆弱なイメージ一辺倒で語られがちだった一式陸攻の防御力を見直すような事実

プリンス・オブ・ウェールズとレパルスの対空砲火はどうだったのかとか?

564 :名無し三等兵 :2019/10/18(金) 10:14:07.99 ID:qvzZZEjQa.net
エンジンも重量も変わってるのに、初期型から後期型まで一緒くたに語る時点で無理がある

565 :名無し三等兵 :2019/10/18(金) 10:15:17.18 ID:uf0toAetM.net
>>543
>>491
太平洋戦争と比べるとノモンハンの損害が果てしなく小さく見えるが、戦時と平時の差なのか?

566 ::2019/10/18(Fri) 11:46:26 ID:GbjugOOx0.net
初期の陸攻があまりに無防備だったのは事実だけど、
「ベティは高速で突っ込んでくるのでやっかいだった」って米軍の意見があるのも事実なのよな

567 :名無し三等兵 (JP 0H8f-iSkz [180.0.249.117]):2019/10/18(Fri) 11:49:13 ID:bjGRnYjhH.net
1 「ドイツ打倒第一主義」という理由で、中国抗日戦争は「無かったこと」に
2 蒋介石は「戦略的撤退」と称して、中華民国の国土と住民を棄てた
3 日本人の軍刀は、飛行機も追いつけない速さで中国人を斬りまくった
4 中国人の先天的かつ絶望的な知能障害は、「ヤーボ」の威力を台無しにした
5 97式中戦車チハは「神速のアウシュビッツ」として連戦連勝快進撃
6 中国抗日戦争なんてのは、その全てが中国人の妄想的ホラ話だ
7 中国人は虫けらだからいくら虐殺しても良いということになった
8 中華民国はまともな主権国家でさえないISIS並みのカルト集団
9 米英は日本陸軍とは僅かしか交戦せず、日本陸軍主力は終戦まで無傷

どれでもいいだろ?

568 :名無し三等兵 :2019/10/18(金) 11:50:42.36 ID:s/j4oZLIH.net
翼端援護機を作成するとき
少しでも抵抗を減らすために
左右のブリスターを平面ガラスに換えて
20ミリ旋回銃を装備して
胴体下面の銃座は無しにしたら
少しはマシだったかな?
爆撃機への転換も簡単だし

569 :名無し三等兵 (JP 0H8f-iSkz [180.0.249.117]):2019/10/18(Fri) 12:03:12 ID:bjGRnYjhH.net
何度も言うが、朝鮮戦争でのB-29損失は『34機』ね!

>>3
>日本機みたいに圧倒的なキルレシオで虐殺されてるわけでもないしね

朝鮮戦争で日本は共産空軍の爆撃を受けませんでした、こりゃ残念でしたねェェwww

ちなみにロシアは参戦せずで中露軍事同盟は成立しない(していたら現在のロシアも責任を負うことになる)!

570 ::2019/10/18(Fri) 12:50:16 ID:kXluOhXp0.net
欧州戦線で使ってたB-17の翼端援護機はよく狙われる文字通り編隊の端のに配置して
落伍機を装って敵戦闘機を引きつけて大量の搭載機銃で蜂の巣にしようと狙ったけど
機銃が重くて爆弾落とした僚機に追従できず本当に落伍機になってたっていう・・・

571 :名無し三等兵 (ワッチョイ d784-1jLk [220.209.130.187]):2019/10/18(Fri) 13:00:41 ID:kUEQGRca0.net
爆弾積んだ機と一緒に行動するから落伍するんだ!
翼端援護機だけで編隊組んで爆撃するふりを(ry

572 ::2019/10/18(Fri) 13:48:21 ID:/wmF0I+Kd.net
ドイツ軍爆撃機の昼間強襲の損耗率も似た様なものじゃないかね
個人的に俺が別格の評価を与えるハインケル社の飛行機であるHe177は別としても
ハインケルHe111、 Do217、Ju88/188なども昼間の強襲は損害が多くて、夜間運用に切り替えられたとか
Wikipediaにも、「シュタインボック作戦中に使用された機体(Do 217, He111, Ju 88, Ju 188)は平均損耗率が60%だったのに対し、He 177A-5は損耗率10%で作戦に参加した爆撃機の中で最良の結果を残している。」
とあるが

573 :名無し三等兵 (JP 0Hd3-iSkz [114.163.195.190]):2019/10/18(Fri) 14:08:45 ID:1+1dVeX6H.net
何故か太平洋戦争の話ばかりになってるけど、スレタイに戻すと、

>Fw190はやっぱり強かったって本当?★2

『枢軸国各国及び一部の中立国や連合国でも多く使用されたBf 109と違い、
Fw 190は主としてドイツ空軍で運用された。』
(ウィキペディア)

Me109と比べても、海外の評価は芳しくない!

>>212
> ドイツ空軍の飛行機開発・生産担当機関の責任者であるエルンスト・ウーデット上級大将にとって、
>ソ連上空での大きな損失は、自らの破滅を意味した。

    ロシア空軍>英空軍

ルフトバッフェは1940年にロンドン爆撃してるけど、1941年にモスクワ爆撃していない!

574 ::2019/10/18(Fri) 14:25:26 ID:C3YiZ/hJM.net
でもめ109とFW190どっちか乗れって言われたらFWにするわ。
空冷の方が生還率高そうだし。
武装の貧弱な109はヤダ。

575 ::2019/10/18(Fri) 14:26:27 ID:fawWRhtQp.net
初期の防弾ができないインテグラルタンク(ちなみにB-29とかにもあるが、戦闘前に使い切り、残ったガスも排出される)を止め
主翼桁が一本の構造に改めて、航続距離低下をしのんで防弾燃料タンクに切り替えた三四型の生産開始は、やっと1944年10月

576 :名無し三等兵 :2019/10/18(金) 15:07:46.92 ID:/wmF0I+Kd.net
>>573
首都が爆撃されたされないで強さ測れると思ってんの?笑
ドイツ軍もソ連軍も、地上軍直協型の航空兵力だから
Ju87やFw190F型とかの単発機で地上軍と緊密に無線連携を取る
勿論ソ連はIL-2を36000機以上生産してるから凄いけど
それはソ連が凄いだけでドイツを腐せるわけじゃないw
日本はもっと地上軍直協が弱体
陸軍はいくらかましだったようだけど、基本的に日本の場合は事前に決めた作戦目標を叩く事しか出来ないから直協能力は劣る

基本的に単発機・双発機の国は戦術爆撃戦果>>戦略爆撃戦果
米軍や英軍みたいに四発機多数持ってないと無理だよ

577 :名無し三等兵 (JP 0Hd2-iSkz [153.145.212.178]):2019/10/18(Fri) 15:14:52 ID:+Y8cfOEMH.net
>>576
>日本はもっと地上軍直協が弱体

 一九四四年四月、日本軍は一五個師団に五個旅団を合わせて侵攻を開始した。
これを迎え撃つべき中国軍三〇万は、あっという間に姿を消してしまった。
五百人ほどの日本軍部隊に、何千という中国軍部隊が敗走させられた。中国軍
の指揮官たちは、自分たちの家族と財産を奥地に避難させるべく、トラック
隊を指揮した。シェンノートは、もしスティルウェルがもっと十分な「貸与法」
物資をこれらの中国軍部隊に与えてくれたら、こんなことにはならなかったはず
だと主張した。しかし、実際はこれらの部隊はたっぷりとアメリカの物資が供給
され、指揮官たちはそれを闇市や日本軍に売りとばしていたほどだったのだ。
<「宋王朝 下」(スターリング・シーグレーブ サイマル出版会)>

ん? 日中戦争はおまけのそのまたおまけ?

578 ::2019/10/18(Fri) 15:22:04 ID:/wmF0I+Kd.net
>>577
うん
おまけのそのまたおまけの、その軍隊モドキ相手のどーでもいい戦闘を、ドイツ軍ソ連軍の戦闘と比べるなんて失礼だよね
相手は一部の精鋭師以外はろくに近代化もされてない中国軍だし?
君もスレタイ従えというなら、打通キャラ捨てた方がいいのでは?

579 :名無し三等兵 :2019/10/18(金) 15:31:50.04 ID:+Y8cfOEMH.net
そいつはどうかな?

>>576
>基本的に日本の場合は事前に決めた作戦目標を叩く事しか出来ないから直協能力は劣る

 この問題がまだ解決しないうちに、日本軍がビルマ公路に沿って、短い攻勢に出た。
蒋介石は、日本軍が一直線に昆明にまで攻めよせてくるのではないかと不安にかられ、
ビルマ戦線に全中国軍をサルウィン川の背後の安全地帯まで撤退させるとわめいた。
 ルーズベルトは蒋介石に緊急の覚書を送り、ビルマから軍隊を引き揚げるようなこと
があれば、また全指揮権をスティルウェルに渡さないのであれば、アメリカからのすべ
ての援助を停止すると警告した。
 スティルウェルによれば、大統領からのこの覚書は「火のついた爆竹」であった。
スティルウェルは蒋介石と会見し、「このとうがらしの包みをピーナツ野郎に手渡し、
大きく息を吐きながら椅子の背に身体を沈めた。鋲はこのちび野郎のみぞおちに命中し、
やつを突きぬいた」
「宋王朝 下」(スターリング・シーグレーブ サイマル出版会)P252

ん? 日中戦争やビルマ戦線なんておまけか?

580 :名無し三等兵 :2019/10/18(金) 15:52:40.28 ID:/wmF0I+Kd.net
>>579
ん?ビルマ戦線は中国軍単独の戦線じゃないし英軍・英印軍も大きな活躍をして日本軍は敗北してるけども…
スレタイに徹しろと催促するわりにはどんどん話を広げていくね。

ビルマにしても日本にとっては大事な戦線だろうという話?それは話がズレてるよ 米英からおまけ扱いされる事が君は不満なんでしょ?
実際英軍にとってはおまけの戦線なんだよ
だから戦争中盤まで日本軍が互角か優勢に進められたし
そこで君が散々コケにしてきたドイツ軍がエルアラメインで大敗を喫して英軍部隊がビルマ方面に次々と転進してくるようになると途端に苦しくなってる
誰が間接的に日本軍の攻勢を支えてきたのか、ってのは戦争を世界地図単位で俯瞰してみないと分からない事だね

日本は空襲していて主導権を握っていたと君が主張するオーストラリア全域だって、オーストラリア軍は北アフリカに精鋭師団を送っていて、そいつらが帰還するとオーストラリア軍にもボコボコにやられてしまう

581 :名無し三等兵 :2019/10/18(金) 16:00:56.18 ID:+Y8cfOEMH.net
>>580
>米英からおまけ扱いされる事が君は不満なんでしょ?
>実際英軍にとってはおまけの戦線なんだよ
>だから戦争中盤まで日本軍が互角か優勢に進められたし

日中戦争を有利に進めるためには、ドイツとの同盟が不可欠で、ドイツには中国支援から手を引いてもらい、
かつ米軍主力にはアジアではなくヨーロッパへ行ってもらう。

こうすれば皇軍としては、大陸打通作戦で思う存分暴れまわって、中国人を虫けら同様に殺戮することができる。
そもそも明治以来、日本にとっての最大の宿敵は中国であり、「抗日戦争」の虚構を白日の下に晒すのが大事。
これならいくら太平洋戦争で敗北しようが、日本人は中国人よりは優秀だという気持ちのいい優越感は残せる。
チンピラゴロツキが湧いてくる場所を指して中国、その一つ一つを指して中国人と呼ぶべきで、
中国とか中国人は、ワンサイド殺戮ゲームで日本軍に虐殺される「ゴミ」だったのだ。
米英軍主力がヨーロッパへ向けられている間、皇軍は大陸打通作戦でチンピラゴロツキをどつき回してた。
だから大陸打通作戦が遂行できたのはドイツのおかげ。大陸打通作戦の輝く栄光の3000キロ勝利行軍の裏には、
ドイツの悲しい犠牲があったわけで、ドイツの犠牲によって、大陸打通作戦をやらせて頂いた。ありがとうドイツ。

582 :名無し三等兵 :2019/10/18(金) 16:03:52.03 ID:+Y8cfOEMH.net
異論無いが?

>>580
>誰が間接的に日本軍の攻勢を支えてきたのか、ってのは戦争を世界地図単位で俯瞰してみないと

蒋介石の返事は12月9日カイロにいたルーズベルトに届いた−−
(1) カイロ会議の前、シナが対日戦に取り残されるとの不安を持っていたが、公式声明で疑いは晴れた。
(2) 方針・戦略の大転換が行われるなら落胆せざるを得ずシナは長くは保たないだろう。
(3) 早期の独軍敗退が全体としてシナと連合国にとって大きな利益であるとの貴殿の考えは理解する。
しかしシナ戦場での敗北は全世界的戦争にも影響を及ぼすだろう。従って、現今の重大な状況を救う
ためには、貴殿の勧告を受け入れ難い。国民の抵抗を継続させる私の責任がますます困難になることは
貴殿もお分かりと思う・・・シナ戦線の危険は軍事力の弱さだけでなく、むしろ危機に陥っている
経済状況による。これが国民と軍をいつ崩壊させるかわからない。軍事的・経済的状況から見て、
わが軍は6カ月、11月までは保たないだろう・・・テヘラン会議声明から、日本は、連合国軍は欧州に集中し、
シナを放棄して日本軍の機甲・地上部隊に任せたと判断するだろう。来年中にシナ問題を解決することが
日本の戦略となろう。従って、日本は遠からずシナに対して総力戦を仕掛け、後ろの脅威を取り除き、
落ちつつある軍の評判を回復し、太平洋での実績を誇るだろう。いま私はこの問題に直面している・・・
http://midi-stereo.music.coocan.jp/blogcopy/hoover/hoover13.htm

583 :名無し三等兵 (ワッチョイ 7684-iSkz [49.128.130.98]):2019/10/18(Fri) 16:08:23 ID:uj9XpBGs0.net
>>580
>オーストラリア軍は北アフリカに精鋭師団を送っていて、そいつらが帰還すると



『日本のオーストラリア空襲は、第二次世界大戦中の1942年2月から翌1943年11月までの期間にわたり、
連合国の一国であるオーストラリア本土、地域の主要空域、周辺諸島、沿岸輸送ラインの船舶が、
大日本帝国海軍および大日本帝国陸軍の航空機により行われた一連の空襲の事を指す。』

584 ::2019/10/18(Fri) 16:13:23 ID:kXluOhXp0.net
>>574
Fw190だと支援爆撃とか低空任務に駆り出されそうでBf109のがいいな
だいたい欧州戦線だとエンジン止まっても滑空で見方陣地まで辿り着けるんじゃね

585 ::2019/10/18(Fri) 16:18:58 ID:/wmF0I+Kd.net
>>584
その議論になると対地攻撃任務に就くパイロットはJu87よりマシと思うだけじゃね
F型の生産数だけで6600機超してるからJu87の生産数とそう変わらんのよな

586 :名無し三等兵 :2019/10/18(金) 16:20:38.14 ID:dKyQgV3v0.net
>>574
109でもG以降は別に武装貧弱ってこたないだろ
低空でヤーボやらされる190よりは戦闘機やってられる109のほうがまだマシな気が
109は小型で燃料搭載量も少ないから、全備重量が軽いんだよね
敵機落とすの放棄して逃げ回るにはちょこまかと逃げられる
被弾しても炎上しにくい
まあバッタも悪くないってことで
燃料切れの恐れはつきまとうがw

>>576
当時の単発機で地上部隊と直接連絡なんてできるわけ無いじゃん

587 :名無し三等兵 :2019/10/18(金) 16:33:11.39 ID:/wmF0I+Kd.net
>>586
じゃなくて運用システムが確立してない
爆撃誘導員付属し無線で航空基地に直接爆撃要請する
日本軍の場合はそういうのが参謀達によって事前に作戦で決められてる
大陸打通作戦とかでは念密に立てられた爆撃計画と歩兵の作戦が予定通りに進行して上手くいって、それが一見して地上軍と直協してる様に見えてる様で、実はそれぞれ独立して行動してるだけだったというオチ
事前の想定を超える対抗拠点あるいは新たな脅威に遭遇したらいちいちロスを生じる
日本軍の場合通信も貧弱な上に、ドイツ軍が実用化したみたいな爆撃誘導装置も持ってない(爆撃機に地点を教える事が出来る)

588 :名無し三等兵 :2019/10/18(金) 16:34:25.82 ID:d0OxHa1fH.net
>>575
インテグラルタンクへの防弾ゴムの増設や炭酸ガス自動消火装置装置等の防御設備はもっと前から行われていたがな

589 ::2019/10/18(Fri) 16:39:49 ID:/wmF0I+Kd.net
>>586
あと正しくは単座機ね
複座以上の機なら、地上軍とも連携取れる
日本軍でも観測射撃とかやってるのは割と知られた話だと思うが

590 ::2019/10/18(Fri) 16:41:07 ID:d0OxHa1fH.net
>>576
昔、戦鳥で「独軍は地上部隊に空軍の通信車が同行して空地一体の直協が可能で日本軍とは比較にならない」と書いた人がいたが、
「独軍では空軍と陸軍で無線体系が別れていたので通信接点として空軍の専用通信車が必要だったが、日本陸軍では空地の無線体系は一体化されており、専用車は不要」と論破されてたな

591 ::2019/10/18(Fri) 16:41:28 ID:DSr2nOgea.net
>>586
一応無線機ナシで直接連絡してるぞ
面白いから調べてみて

592 :名無し三等兵 :2019/10/18(金) 16:47:03.93 ID:dKyQgV3v0.net
>>591
あ〜原始なコミュニケーションなやつね…

593 :名無し三等兵 :2019/10/18(金) 16:54:11.45 ID:kXluOhXp0.net
ノルマンディーでP-47に誤爆されたシャーマンの乗員があいつ叩き落して八つ裂きにしたかったって
海外ドキュメンタリー番組でマジ切れしてたから無線が使えるからってちゃんと連携できるとは限らないw

594 :名無し三等兵 :2019/10/18(金) 16:56:59.23 ID:/wmF0I+Kd.net
>>590
それ専用車が不要なんじゃなくて、単に日本軍の長距離通信設備が配備されてないだけ
日本軍の無線機も自動貨車搭載の大型のものは配備されてるが純粋に数がたりてない
ドイツ軍の場合はそれが各部隊に十分充足されてた
ポーランドやフランスの電撃戦も全部地上軍と緊密に連絡取れてる
日本軍の場合はマレーとかに至ってもまだ事前に決めた通りの行動取る方式しか出来てない

ぶっちゃけ双発機程度で首都爆撃しただのよりも地上軍と提携して戦果あげられるかの方がよっぽど判断材料だよ

595 ::2019/10/18(Fri) 16:59:12 ID:/wmF0I+Kd.net
>>593
それも爆撃誘導装置充足してないのが原因
コブラ作戦とか幕僚吹き飛ばすドイツ軍なら有り得ない誤爆やらかしてる
みんな馬鹿にするけどドイツ軍は空地直協では遥かにまともで先進的だよ

596 :名無し三等兵 :2019/10/18(金) 17:03:14.68 ID:DSr2nOgea.net
>>592
そうそう原始的なやつ
原始的なクセに、それなりに運用出来てたのかちょこちょこ戦記に出てくる

しかも原始的なやつともっと原始的なやつの二本立てで運用してて、貧乏は貧乏なりに考えてるのが面白い

597 :名無し三等兵 :2019/10/18(金) 17:20:51.48 ID:kXluOhXp0.net
>>595
爆撃誘導装置て・・・
目標まで誘導する電波誘導はあったけど爆撃目標を直接指示できるのなんかずっと後だし
せいぜい発煙弾で知らせるくらいしかできない

598 :名無し三等兵 :2019/10/18(金) 17:40:05.51 ID:fawWRhtQp.net
>>588
構造上インテグラルタンクそのものを防弾にはできない
タンク後方の桁や、主翼下面(外部)にゴムを貼るが、特に後者は空気抵抗は増すし効果は不十分だし、無いよりはマシ程度

599 :名無し三等兵 :2019/10/18(金) 17:59:11.08 ID:fawWRhtQp.net
コブラ作戦の時は、B-17の編隊で水平爆撃だから事情が違う
雲による視界不良で1回やらかして、ブラッドレー司令官が再発防止を指示したのの、翌日またやらかしてる

230 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :

read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★