2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

【シャーマン】汎用戦車3【T34】

1 :名無し三等兵:2019/09/01(日) 11:10:44.22 ID:FNOtgdbn.net
大戦中大量生産された戦車
どちらの方が優れているのだろうか?
前スレ
【シャーマン】汎用戦車【T34】
https://mevius.5ch.net/test/read.cgi/army/1511950488/
【M4】汎用戦車 Part2【T-34】
https://mevius.5ch.net/test/read.cgi/army/1534247440/

240 :名無し三等兵:2019/10/02(水) 14:05:37.14 ID:cBv9D3s2.net
スピン安定式だと、成形炸薬弾のメタルジェット生成に向いてない気もするが、初速も遅くそれ程高い旋回速度ではなかったのだろうな

241 :名無し三等兵:2019/10/03(木) 12:40:37.34 ID:/Ngei7ps.net
結局、チハタソ最強って結論でおk?

242 :名無し三等兵:2019/10/05(土) 11:21:35.02 ID:P3tTODup.net
フランス503戦車連隊はパンターを装備してました
1960年頃までは保管されていたようです
もしソ連軍のT54などフランスに進撃したとしてパンターと交戦した場合
どうなったでしょうか

75ミリ砲でソ連戦車の装甲は貫けたでしょうか
またパーシング戦車、パットン戦車などもフランスに供与されていたので当然それとも
戦うことになります

243 :名無し三等兵:2019/10/05(土) 11:28:21.69 ID:4zmSFe8q.net
T54やIS3以降のソ連戦車はキングタイガーの88mmAPHEを想定した正面装甲だからパンター程度じゃどうにもならない
パーシングやパットンの90mm戦車砲ならHVAP、センチュリオンの20ポンド砲ならAPDSを使用したいところ

244 :名無し三等兵:2019/10/05(土) 11:50:57.89 ID:P3tTODup.net
たしかベトナムに中国軍のスターリン戦車連隊が送られることを懸念して
フランスはパンター二両をおくったはずですが
そうなるとフランスはスターリン戦車の始末に自信を持っていたことに。

245 :名無し三等兵:2019/10/05(土) 11:58:12.74 ID:TrYDA6aD.net
いや、結局ベトナムに送られたのは米軍供与のM36B2だった

246 :名無し三等兵:2019/10/05(土) 12:00:34.65 ID:4zmSFe8q.net
>>244
IS-2の方ならパンターでも撃破可能
ただし600m以内という条件付きだけど

247 :名無し三等兵:2019/10/05(土) 13:18:14.06 ID:P3tTODup.net
ラインメタルボルジッヒ7.5 cm KwK 42は極めて高い砲口初速による大きな貫徹力をもち
装甲貫徹力はティーガーIの8.8cm KwK 36に勝っていた
また88に代えて、後期生産のティーガーH2型に装備する計画すらあった

7.5 cm KwK 37のように機密のHEAT弾は発射できなかったのでしょうか

248 :名無し三等兵:2019/10/05(土) 13:38:17.90 ID:TrYDA6aD.net
というか、高初速での貫通力が優れているので、当時対戦した敵戦車用にわざわざHEATを用意する必要が無い
ちなみに先に登場したティーガーIの8.8cm砲にはHEAT弾もあったが、徹甲榴弾と違い何発も撃ち込んでやっと敵戦車が燃えるので、評判が悪く使用例も少ない

249 :名無し三等兵:2019/10/05(土) 18:55:13.17 ID:P3tTODup.net
AMX 13はパンターの主砲ラインメタルボルジッヒ75ミリを改良した75自動装填砲を装備しており
イスラエル近代戦車としてAMX 13を400両も購入して3個大隊に装備した
その主砲はT55とIS3にはじきかえされ、AMX 13は25ミリ装甲しかないため一方的にやられ
大損害をこうむった。

第二次印パ戦争では、パキスタン陸軍は装甲の厚いM48パットンで進撃を開始
ここでWW後で最大と言われる戦車戦が行われる
インドがわは第一機甲師団ブラックエレファント・・・黒象装甲師団が迎え撃つ
とはいえインドの黒象師団の戦車は大半がシャーマンでありいちぶはフランスから買った
75ミリ砲に交換していたが、ほか同じ75ミリ砲のAMX 13が主力だった
旧式戦車のインドは不利だったが、意外なことにフランス製の75ミリ砲が奮戦し
M47とM48パットンは次々と撃破されていった。

ユーゴでもT55はパットンより強いと評価されてるから、ちょっとパットンは装甲が薄かった?
T55はむりでも、パットンやパーシング相手ならパンターの75でもなんとかなるかなと

250 :名無し三等兵:2019/10/05(土) 21:49:59.62 ID:TrYDA6aD.net
AMX13の75mm砲型が中東で惨敗した話なんて聞いたことが無いな
だってイスラエル軍戦車の主力がM1シャーマンやM50シャーマン、敵はT-34-85の第二次中東戦争の頃だから、AMX13だけが大敗するなんて状況なんていつあったのか?
そして次の6日戦争では、IS-3Mと戦った記録は無いし、そもそもイスラエル軍が電撃的に圧勝して終わってるし
砂漠での運用でシャーマンより故障しやすいとか、後の105mm砲型のHEAT弾がT-54に対しカタログ値どおりの威力を発揮しなかったとかなら、手持ちの資料で読んだことがあるが

251 :名無し三等兵:2019/10/05(土) 22:56:09.76 ID:TrYDA6aD.net
そしてアサル・アターの戦いで220両以上のM47とM48他が惨敗し最終的に約170両を喪失したのは、馬蹄形に待ち伏せたインド軍により、サトウキビ畑を冠水させたキルゾーンに誘い込まれ機動力を奪われから
おかげでその地はパットンナガー(パットンの墓場)などと呼ばれるようになった

252 :名無し三等兵:2019/10/05(土) 23:08:02.27 ID:P3tTODup.net
M47パットン装甲101ミリ、、M48 パットン装甲110ミリ、うーんパンターで抜けそうな・・・

253 :名無し三等兵:2019/10/05(土) 23:27:47.88 ID:TrYDA6aD.net
>>252
M48の砲塔前面で一番厚い部分は178mm、その前面の防楯が114mm
車体前面は110mmだが傾斜が大きく、パンターの砲では抜けないと思う

254 :名無し三等兵:2019/10/05(土) 23:53:15.93 ID:P3tTODup.net
たしか米国戦車は全部鋳造じゃなかったか。
デトロイトは浮世離れしてるからきれいな鋳造肌にこだわり、装甲材質が脆かったりして

255 :名無し三等兵:2019/10/06(日) 00:37:44.99 ID:IDnKKeOg.net
製造上の不備により、軟鋼のように耐弾性が無いので部隊から引き上げられた、M48Cという訓練戦車があるからな

256 :名無し三等兵:2019/10/06(日) 01:00:58.37 ID:aafcerDB.net
冷戦時にはアメリカはガチンコでソビエト戦車と殴り合う思想はなかったと思う
シャーマン戦車もそうだが装甲が貧弱で戦車がスポスポ抜かれても
超大国だから、まぁーなんとかなるさぁー、代わりはいくらでもつくりまさーで

船で戦車送るのが面倒だからパットン参考に61式つくれというぐらい手抜き

257 :名無し三等兵:2019/10/06(日) 07:08:18.13 ID:IDnKKeOg.net
ドイツとフランスがNATO統一戦車(後のレオパルト1とAMX-30)を開発する際、装甲より機動力が優先されている
実際、第四時中東戦争でT-62の滑腔砲とAPFSDS弾が登場すると、もはや通常装甲では防御が不可能になった
なおセンチュリオンはパットンシリーズより装甲が厚いのでは無く、WWIIでの経験を活かし被弾時に損害が拡大しにくい車内レイアウトになっていた

258 :名無し三等兵:2019/10/06(日) 19:05:02.36 ID:TD5LlHPS.net
M48Cは論外としても、IDFが重兵員輸送車ナグマチョンを旧式戦車から拵えた時、
最初はセンチュリオンとM48の両方で作ってみたが、IDF的にM48ベースはあまりにも脆すぎるてんでセンチュリオン改造に絞ってる。

259 :名無し三等兵:2019/10/06(日) 19:53:00.48 ID:lH46oe0F.net
それは地雷に対する耐爆性の話で砲弾に対する耐弾性ではないような

260 :名無し三等兵:2019/10/06(日) 20:24:08.17 ID:aafcerDB.net
鋳造装甲って圧延装甲の強度の半分ほどしかなさそう・・・

261 :名無し三等兵:2019/10/06(日) 20:29:51.13 ID:IDnKKeOg.net
まずサスペンション、爆発で曲がってしまうトーションバー式より、一組犠牲になって助かるボギー型のホルストマン式の方が地雷に強い

262 :名無し三等兵:2019/10/06(日) 21:05:04.75 ID:aafcerDB.net
じっさいクルスクの時点でパンターのトーションバーはジライ喰らうと変な方向にひんまがって
戦車兵をかなり困らせ、フェルディナンドの縦置きサスはがんじょうでソ連の評価も高かった

ヘンシェルタイガーはかなりKV戦車を意識していたがおかげで普通のトーションバーとなります

ポルシェ式トーションバーは、大部分の戦車のように車体内側にはありませんでした
ちなみにポルシェ博士の興味は劣等なロシア戦車ではなくマチルダ歩兵戦車に向けられており
縦置きコイルスプリングをもちいたマチルダの影響でああなった。この話はヒトラーの興味をひき、
どちらかといえばポルシェタイガー案できまったようなものだった
テストレポートから、期待のポルシェの戦車がクロスカントリー能力で敵を上回ったことがわかり
ヒトラーはおおよろこびした

フリッツ・トート兵器大臣はポルシェをにがにがしくおもっており、ヒトラーに強く苦情を申し立てた
ここから対立が始まる
1942年トートはヒトラーの大本営をおとずれて英米との即時講和をとき、破滅ですぞとおどした
帰りの航空機は爆発してトート博士は死んだ。

263 :名無し三等兵:2019/10/06(日) 23:21:58.91 ID:aafcerDB.net
ポルシェティーガーの電気駆動はトヨタプリウスのように未来的で奇矯なものだ、というのが
現在の評価ですが、それは間違っており
当時とはしてはディーゼル電気式はドイツUボート推進で、あるいはディーゼル機関車で
既に信頼性はまったくかんぜんに確立した技術でした

第一次大戦のフランスのサンシャモン突撃砲(あのシュトルムゲシュツVのご先祖)
も直4エンジンに発電機を備えモーターで機動した
さらにフランスは70トンのスーパー超重戦車シャール2Cを、フランス南部ラ・セーヌ海軍工廠
(トミノのラ・セーヌの星で有名)でつくりあげた。ハイブリッド式、電気モーター駆動で
これはフィルム映画で無敵の機動力をもつとされフランス国民の戦意高揚におおいに役立つ

ドイツ人でも純真無垢なポルシェ博士とヒトラーは特に熱心に宣伝映画をみたにちがいないが
捕獲されたシャール戦車はさっそくクンメルスドルフ試験場で徹底的にテストを受けた
2Cは強力であり、十分に考え抜かれており1940年にソビエトの長砲身76 mm砲の打撃戦車が
出現するまでフランス戦車は地上で最も強力な主砲を保有していた

重戦車の解決法としての電気モーター推進は既に信頼性はありあまるほど強固だった
不採用の問題は、そこではなく、Uボート艦隊がより建設拡大をもとめており大量の銅を必要とし
ドイツの内部では順位としてウーボートのほうが国家的に重大責務とみなされたためである

電気モーター式が「まったく役に立たなかった」というのも古い資料であり90年代にはソビエト側の
レポート公開で評価は転換した。「殺人フェルジナンド」はおそるべき兵器だと判明してる
少数がベルリン終末戦にあらわれたが、橋頭堡にこれが居る場合、いかなる攻撃手段を持ってしても
致命的な存在であり物理的に排除することは不可なり、とくに貴重な
タングステン芯コアの特殊弾をつかったばあい非常に遠大な距離からIS2スターリンを貫通した、とある

264 :名無し三等兵:2019/10/08(火) 22:58:23.03 ID:D1ROpUn7.net
エレファントの欠点はアンダパワーと発電効率の低さ、出力調整レスポンスの劣悪が相まって
動力源のガソリン機関を常時フル出力で運転しなきゃならん事だろ

そのためにオーバーヒートや機関室火災が多発し
戦闘損失よりもそっちの方が損害が多かったじゃないか

265 :名無し三等兵:2019/10/08(火) 23:24:38.70 ID:W/rUBxan.net
ピストン破損、バルブは押し潰れ、機関室はスリットから破片や泥や砂が落ち火災もあったようだ

266 :名無し三等兵:2019/10/08(火) 23:39:36.16 ID:W/rUBxan.net
ポルシェが戦後開発したインディアンパンターは、装甲90ミリの傾斜装甲
リアドライブのV8ダイムラー800馬力、Eシリーズの皿ばね式サス
90ミリ砲、重量36トンとほぼセンチュリオンに並ぶ理想型
しかしインドではなにかの理由でとてもつくれない代物と嫌われたそうだ

267 :名無し三等兵:2019/10/09(水) 13:04:45.77 ID:HPk/SOWe.net
インディアンパンターじゃねえよ、インディエン(ドイツ語読み)パンツァー(豹ではなく戦車)だろ

268 :名無し三等兵:2019/10/11(金) 18:50:39.30 ID:0v4nfUYg.net
>>264
少なくともクルスクで失われたフェルディナント(エレファント初期型)35輌は、大半が戦闘損失だったが
例えばポヌィリ停車場付近で遺棄された21輌は、10輌が地雷を踏み、砲撃で7輌が行動不能/1輌炎上/1輌全損、
航空機の爆弾で1輌全損、火炎瓶で1輌炎上、機械的トラブルによる損失はない

269 ::2019/10/14(Mon) 08:48:30 ID:d9ENUbaY.net
車体外部のとりつけボギー式が交換しやすく実戦的であるらしいが
それがあまり普及しない理由は何なんでしょうね?

それと外部式でも縦置きトーションバー、コイルばね、板バネ、皿ばねとあるが
コイルやトーションバーは作れないような低レベル工場でも
皿ばねは作れるとのこと。戦時には有効だと思いますが、なぜ採用されないでしょ?

270 :名無し三等兵:2019/10/14(月) 16:40:00.44 ID:kiPmqG3B.net
ストロークを大きくできるトーションバー式は、凸凹の激しい地形に追従しやすい
ボギー型は全輪独立ではなく二輪一組なので、その点で劣る
メルカバはMk.2まで縦置きコイルスプリングのボギー型(ホルストマン式)だったのが、Mk.3から同軸コイルスプリングとトレイリングアームを合わせ独立懸架となり、地形追従性が向上
(これもトーションバー式と違い、床下に通さない)

271 :名無し三等兵:2019/10/14(月) 21:03:07.42 ID:d9ENUbaY.net
シュピールベルガーのパンターでは
ダブルトーションバーでストロークを大きく取ることでばつぐんの高速と安定を実現とありますが
ただしこの頃の戦車は走行中の行進射撃が基本でした

ソビエトもそうですしイギリスもそうでした。もちろん日本軍も
日本戦車や英国戦車が小さい口径が多かったのは、大きい大砲だと揺動が大きくとても
走行射撃マニュアルが実現不可能になるためで、つじつまが合わない

走行間射撃システムでなんとかサマになってきたのは戦後のレオパルト2以降でした
もちろんパンターのトーションサスもT-34のクリスティーサスも走りながら当たらないのは同様でしたが
ドイツの戦車エースは待ち伏せの停止射撃でスコア稼いだものが多いようでビットマンも突撃砲乗りでした

ソビエト戦車も走りながら、揺れる76ミリを撃ちまくるから当たらないわけです
といっても完全停止したらいい的ですので厳しく禁止されでおり
だから本気でティーガーをヤルときは赤軍も英国も体当たりに近い戦法で当ててきました

あっ走りながら撃ちまくる赤軍マニュアル相手だと装甲いらないかも?

272 ::2019/10/15(Tue) 22:59:09 ID:aLod1CQ1.net
ヴィッカースMBTってチーフテンのコンポーネントを流用しているのに
FV4202の持つデザインが何も引き継がれていないのは何でなんだろう
一応レイランドも協力しているはずなのに

273 ::2019/10/15(Tue) 23:38:48 ID:zUYySt/E.net
チーフテンは朝鮮戦争の経験により敵の砲弾が装甲を貫くことができなくても溶接を引き裂くことがわかり
継ぎ目をなくすために弱点のない分厚い鋳鋼装甲の砲塔を採用。スペースの少ないホルストマン式サス・・
ビッカースの砲塔は角ばってるしトーションバー
あんまり共通点ないね

274 :名無し三等兵:2019/10/16(水) 00:57:42.30 ID:rzNPEqCK.net
ヴィッカースMBTはレオパルト1やAMX30のイギリス版みたいなもんじゃね?

275 :名無し三等兵:2019/10/16(水) 01:21:21.04 ID:zsUiCjGB.net
イギリス戦車のおもしろい構造は、鋳鋼の装甲に、ポコっと穴があいて
そこに砲身がとおる構造になって、もし隙間に敵弾を打ち込まれたら・・・ド素人では
思うんだがおそらく余計なお世話でしょうね

たぶんパンターやティーガーみたいな大きな鋳造防盾を砲身につけると、
慣性重量が大きくなって、走るとガタガタ揺れて、狙いがつけられんとか
なんかブリテン流のすごい戦車道があるんでしょうかな

276 :名無し三等兵:2019/10/16(水) 01:31:40.01 ID:zsUiCjGB.net
考えてみるとイギリス戦艦の砲塔も同じ装甲構造になってるんで

セントジョージ海軍旗はためく7つの海の実績からしたら
かれらにとって議論の余地もない話だったりして。

277 ::2019/10/16(Wed) 02:38:44 ID:rzNPEqCK.net
>>275
あれは内防楯型、穴の中に小さい防楯がある
破片や小口径弾が挟まって動かなくなる事があるのが欠点

278 ::2019/10/16(Wed) 02:53:57 ID:zsUiCjGB.net
フェルディナンドも初期設計だとボールマウントの内防盾だったが
兵器局が砲弾のかけらが詰まるとツッコミいれて外防盾も付けられたね

279 ::2019/10/16(Wed) 13:35:09 ID:RtDmkztN.net
ヴィッカースMBTはインドあたりでも生産できるように大型の鋳造部品は使わなかったんよ

280 :名無し三等兵:2019/10/16(水) 13:54:57.10 ID:e4NWQbe/.net
江畑謙介だったと思うが、ヴィッカーズMBTの長所を熱く語ってた英軍戦車兵に、
「自分で乗るなら」ヴィッカーズとチーフテンのどっちが良いと聞いたら、チーフテンと即答したってのがあったな、まだ死にたくないと。流石ブリカス揺るぎなしw

281 ::2019/10/16(Wed) 22:39:18 ID:zsUiCjGB.net
チーフテンが鋳鋼120、ビッカースが80、センチュリオンが152って。エー

282 :名無し三等兵:2019/10/16(水) 23:32:21.21 ID:rzNPEqCK.net
チーフテンの砲塔前面は大きく傾斜しているが、センチュリオンのは避弾経始を考えて無い

283 ::2019/10/17(Thu) 00:34:53 ID:x1OnHe5i.net
ブリテン戦車でお気に入りはテトラークなのですが
前輪をハンドル式で履帯もそれにあわせて可動してって
当時の操舵としては一般的でしょうか

284 ::2019/10/17(Thu) 04:22:31 ID:LC8YLCfV.net
装輪モードでのクリスティー式はそうだな、履帯モードではやらないが
あとはテトラークの後のハリーホプキンス、自走砲型のアレクト、その足回りを使ったヴィッカース・ヴィガートラクター
なお「サンダーバード」のジェットモグラなど国際救助隊が使う装軌車両は、ヴィガーの玩具からの足回り流用

285 :名無し三等兵:2019/10/17(木) 11:43:04.35 ID:brsnCWOw.net
クリスティーとは違ってイギリスのキャリアーやテトラークなんかは
前のボギーを動かして履帯をたわませ曲がったりできる
当然一般的ではないしアメリカのT-16キャリアーなんかはもっと簡単になってる

286 ::2019/10/17(Thu) 18:21:50 ID:zgONIGAM.net
映画『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』予告編
https://www.youtube.com/watch?v=Y2IJ7YmT9Lw

287 ::2019/10/17(Thu) 19:13:11 ID:x1OnHe5i.net
T-34はレバー式操舵、3号戦車やパンターもレバー式
ティーガーはハンドル切ると遊星歯車により片側が低速ギアに入り
デフレンシャルとして動作する高級機

そこで気になるのはチェコの戦車が遊星歯車で優れた操舵機能を
有していたという情報ですが。ティーガーはそれを参考にしたのでしょうか

288 ::2019/10/17(Thu) 19:20:16 ID:ABfD8tSm.net
フランスのB1重戦車なら、油圧装置付き二重差動歯車の操行装置でなめらかに曲がれる

289 ::2019/10/17(Thu) 22:07:31 ID:brsnCWOw.net
スウェーデン人に質問でもしてみたらどや
http://www.ointres.se/strv_fm31_m31.htm

103 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :

read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★