2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

【6.5mm】日本軍歩兵火器総合 6挺目【7.7mm】

1 :名無し三等兵:2019/08/31(土) 00:03:36.36 ID:Ajr7WNK0.net
他の小火器関連のスレでよく1945年以前の国産小火器の話になるので需要があればと思って立ててみました

口径20mm以上の火砲についての話題はこちらで
ワッチョイ無 加農榴弾高射速射 旧日本軍火砲を語る30
https://mevius.5ch.net/test/read.cgi/army/1536305690/

1945年以降の国産小火器の話題については基本的にこちらで
【89式】戦後国産小火器総合 37【64式】
https://mevius.5ch.net/test/read.cgi/army/1565140826/


村田銃から四式自動小銃まで幅広く語りましょう
※前スレ
【6.5mm】日本軍歩兵火器総合 5挺目【7.7mm】
https://mevius.5ch.net/test/read.cgi/army/1518851180/
VIPQ2_EXDAT: checked:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured

77 :名無し三等兵:2019/09/12(木) 21:23:52.12 ID:mT2A02gL.net
九二式はあくまで三年式のボアアップだから、ヴィッカースとかM1917とかのそこそこ古い世代の設計なのよ

78 :名無し三等兵:2019/09/12(木) 23:45:39.88 ID:H0l0mPdC.net
>>74
とはいえそれでも最期まで独立編成、でもあるんだよな
軽機みたいに歩兵小隊・中隊に組み込まれることはしていない
いかにも中途半端なガラパゴス
まそれが生産能力劣後国なりの最適解でもあったけど

>>75
保弾板と箱マグじゃあ製造に要求される精度のレベルが違いすぎる
コストだけなら確実に保弾板

79 :名無し三等兵:2019/09/13(金) 09:44:19.24 ID:mejSR3qz.net
一式機関銃があったので軽機みたいに組み込もうとはしていた

80 :名無し三等兵:2019/09/13(金) 11:06:02.43 ID:2vfBWsvv.net
歩兵戦の単位が連隊から大隊、更に中隊へと小分けになっていく過程だからね
大隊単位で戦闘するなら大隊に重火器集めるのは適切だし、そもそも管理組織の都合もある
中隊火器にしちゃうと大隊で集中運用しづらいし、補給補充といった管理面でも面倒が増える
中隊HQを増強しないといけなくなるから、いわゆる独立中隊のような編成が必要になるわけよ

しかも陸軍の人事の足切りが大隊長になれるかどうか級で切ってるように
中隊長級にそこまで難しいことやらせる教育システムになってないんや

武器がどうのというより、戦術面や組織構成面が無理だったんだろうと思う

81 :名無し三等兵:2019/09/15(日) 12:14:22.71 ID:9QR+EDgq.net
ドラえもんのもしもボックスがあったら日本帝国が存続した後どのような小火器を作り採用しいったか見たい。

82 :名無し三等兵:2019/09/15(日) 12:20:31.88 ID:W/l6xwwe.net
まさに64式だろ間違いなく
国情無視して減装弾使っちゃうくらい日本の理想を突き詰めてる

83 :名無し三等兵:2019/09/15(日) 12:41:44.21 ID:6q2nlUPa.net
64式が日本国の防衛の理想を突き詰めたコンセプト(出来は別)だってのは大前提として認めるとして、
日本帝国が存続したらって前提条件だと、南方諸島から硫黄島・沖縄に至る島嶼陣地防御戦を経験してない公算が高いから、その場合求められるのはまた別な銃になるかも。
(まあ、日本軍の歩兵戦術をほぼ継承した人民解放軍がSKS→AKだし、全自動直銃床SKS、つまり64式に落ち着く可能性も高いとは思うけど)

84 :名無し三等兵:2019/09/15(日) 12:49:59.78 ID:ZN5KxvYc.net
>>82
いや全てにおいて64式より遥かにまともになる
ゴッコ遊びじゃないガチの戦闘集団だから

85 :名無し三等兵:2019/09/15(日) 13:18:59.89 ID:9QR+EDgq.net
>>82少なくともアメリカの弾薬に縛られることがないから64式よりもましな64式もどきができるよ。

86 :名無し三等兵:2019/09/15(日) 13:21:17.75 ID:PQ3lmXYW.net
確かに少なくとも自衛隊と比べれば侵略も見越すわけだから攻撃的な武器は必要になるが
弾丸は7.7mmで統一確定として、弾切れを見越して精度優先になるのかな
しかし一度占領した土地も取り替えられたら意味がないというのは無視できない要素だし
勝ったとして仮想敵はソ連並びにソ連の支援を受けた中国と南方の独立派(少なくともSKS)だろうから
そこら辺をどう解釈するかだよね
アメリカは試行錯誤してアジアのゲリラ相手にはM16がいいと結論したが、小口径に関してはアメリカと同じ弾を使ってもおかしくはない

87 :名無し三等兵:2019/09/15(日) 13:28:46.31 ID:9QR+EDgq.net
6.5ミリ45弾とか採用したら間違いなく新旧NATO弾よりも優秀な弾になる。

88 :名無し三等兵:2019/09/15(日) 13:33:40.30 ID:6q2nlUPa.net
日本の6.5mmの流用から出発したフョードロフ自動銃学派の到達点が7.62*39だし、その辺はどうかと。
(米5.56の影響を受けた蘇5.45はまた話が別。カラシニコフ御大は否定していたような)

89 :名無し三等兵:2019/09/15(日) 14:24:42.01 ID:ZN5KxvYc.net
64式の、遠すぎるトリガーよく倒れるサイト異物混入し易い排莢口よく取れる被筒とピストン桿留め用バネピンクッソ小さい引っ張って回すツマミの左セレクター射手を揺さぶるストライカーの衝撃

など、ロックタイムの件は抜きにしても細かい仕様で日本軍なら絶対見落とさないか改修されるであろう箇所が多々ある
62式にしても同様で、本来であればあのような形での実現はしなかった

90 :名無し三等兵:2019/09/15(日) 14:44:16.34 ID:ZN5KxvYc.net
誤字 右な

91 :名無し三等兵:2019/09/15(日) 16:07:23.79 ID:9QR+EDgq.net
7.62/39がまさかM1916の我が方の6.5ミリ弾からの流れだとは知らなんだ。普通に7.92クルツ弾をまんまパクっただけと思ってたわ。
新説だからぜひウィキに書いて笑ってもらってくれ。

92 :名無し三等兵:2019/09/16(月) 09:57:46.56 ID:/uZMZ0G3.net
自前で使っていたんだから何かの教訓にはしてるだろう
どう考えても自動火器に適してはいないから反面教師かもしれないが、多分そういう意味合いで言ってるしそのレス

ベトナムでM79が生まれたんだから擲弾筒は引き続き使用して、順当に発展もあるだろうね
どうしようもない拳銃弾は9mmか.45acpに合わせてくれるだろうか?モーゼルかもしれない
重機は92式がベルトになるか、一式機関銃路線になるか
浸透戦術への拘りがあるなら一式が欲しいだろうけど

93 :名無し三等兵:2019/09/16(月) 17:21:43.24 ID:bjucKlnT.net
米ソどっちと同盟するかで変わるだけじゃろ

94 :名無し三等兵:2019/09/16(月) 18:02:43.65 ID:XNU9sliV.net
継続してたらNATOと緩い提携でしょ
仮想敵の米海軍・ソ連陸軍の両方とも距離を置くはず
アメリカからは兵器の輸入とかはこれまで通り継続するけど

95 :名無し三等兵:2019/09/16(月) 18:26:34.50 ID:/uZMZ0G3.net
よほどのことがないと戦勝して東側には入らないんじゃないか?
負けてならありえるけど
そもそも同じようなことばっかりやってるだけに競合というか、日本の植民地主義と国体をソ連が受け入れるとは考えづらいし

96 :名無し三等兵:2019/09/19(木) 20:37:19.18 ID:IBpHxHRZ.net
どういう形で存続するかにもよるけど
ソ連邦も史実通りに存在してるなら提携することはまずないだろう

97 :名無し三等兵:2019/09/20(金) 05:38:17.76 ID:OQHNk4BX.net
中国大陸に権益が残っていればアメリカとの戦争が避けられないから、アメリカの要求を飲んで大陸から撤退した日本陸軍になるな
大陸で日米共同で中共とソ連と戦うなら米軍の優秀な火器が手に入るから米軍仕様になりそうだ

98 :名無し三等兵:2019/09/20(金) 09:14:28.98 ID:X1ao0yLn.net
それだと超絶不景気から共産革命が起こって、
東側陣営入りする目もありそう。

99 :名無し三等兵:2019/09/20(金) 18:00:01.42 ID:CyQw6uZA.net
一応満州で儲かったんだが
身も蓋もなくいえば麻薬とインフレ造幣益だから明らかに長続きする利益ではないので
不景気で大日本帝国崩壊は余裕であり得るのが困る
大戦勝ってもあまり儲かる要素がない、国力的にアメリカから有利に賠償とれないせいで

あれ崩壊しない方が難しいんじゃないのこれ?

100 :名無し三等兵:2019/09/20(金) 18:13:51.78 ID:il14MtPJ.net
大日本帝国が生き残る可能性ってのは戦争そのものが無かった世界線なので
順調に満州の油田と北朝鮮の鉱物資源を発掘して大国に成長する
完成途中で滅びたからまだよかった(?)ものの、あと2.30年もすりゃ手が付けられない大国の誕生よ
既に満州は農業生産で圧倒的な戦果を収めてる
特に大豆

101 :名無し三等兵:2019/09/20(金) 20:14:12.13 ID:CyQw6uZA.net
見つからなかったとはいえ中国も北も資源地帯だったねたしかに
ジパングは戦後編があればそれ書いてそうだった

102 :名無し三等兵:2019/09/21(土) 14:56:37.57 ID:5sQR914k.net
>>69
1942年版FM 7-10「ライフル中隊」によると
最終防護射撃時の中心となる武器小隊のM1919は最初の2分間だけ毎分150発で射撃し、その後は毎分75発で持続射撃をすることになってる
ブレンや日本の九九式が毎分2弾倉、つまり60発で5分間銃身交換なしで撃てて
ブレンの場合緊急時には毎分120発まで増やせることがマニュアルやトレーニングフィルムに明記されてるから
クローズドボルトでクイックチェンジバレルなしのM1919は火力性能で新鋭の弾倉式軽機に毛が生えたくらいの火力しかなかったのよね

103 :名無し三等兵:2019/09/23(月) 03:49:40.81 ID:JreBpfc/.net
>>100
採掘技術も資本も無いから画餅ですねっと

104 :名無し三等兵:2019/09/23(月) 03:51:50.03 ID:wq73bT1C.net
油田は国内でも採掘していたから技術はある。
問題は大慶油田は油の質が悪い事。

105 :名無し三等兵:2019/09/23(月) 03:52:26.55 ID:JreBpfc/.net
>>102
99式ってブレンよりもかなり性能が低いのな・・・

106 :名無し三等兵:2019/09/23(月) 04:02:14.88 ID:JreBpfc/.net
>>104
当時の日本にパイプラインなんて作れないでしょ
システムとして成立しないよ

それと中国の様に人海戦術も出来ないから油田は見つからないし
シェールオイルを細々と掘ってお茶を濁すのが関の山じゃん

107 :名無し三等兵:2019/09/23(月) 04:05:51.13 ID:wq73bT1C.net
当時はそもそも内陸でもタンク車輸送が主力で、パイプライン敷いてる所なんてほとんどないだろう。

108 :名無し三等兵:2019/09/23(月) 09:35:51.18 ID:wXAlswaz.net
開戦時に民間籍だった高速タンカーが、全部海軍の補助金で出来てて、有事には海軍予備艦って時点でなあ。石油輸入元は勿論アメリカだ。
中華人民共和国にしたって、改革開放で高度経済成長し始めてからの石油は基本輸入頼みだべ。大慶油田頼りの自力更生期の経済レベル(と軍事レベル)ってどんなもんよ。

109 :名無し三等兵:2019/09/23(月) 10:20:23.06 ID:A0ONfz+F.net
関東軍が大慶油田を掘り当てるってなんか出来の悪い仮想戦記に影響を受けたとしか思えない

110 :名無し三等兵:2019/09/23(月) 10:22:43.23 ID:w7RYAfQx.net
>>109
満州軍は?

111 :名無し三等兵:2019/09/23(月) 10:55:08.18 ID:A0ONfz+F.net
スレチなのでブレンと九九式軽機関銃の性能の違いを>>105が教えてくれるのを期待する

112 :名無し三等兵:2019/09/23(月) 10:57:18.76 ID:kRI3+oKa.net
ブレンの場合緊急時に連射できるのが明記されてるからだろ
九九式でもできると思うが

113 :名無し三等兵:2019/09/23(月) 11:24:37.44 ID:ozHP2X7k.net
九九式と直銃床になったブレン中期型以降を比べると、やっぱり九九式のストックの形が変だよなぁ
あと気のせいか九九式は変にトリガー遠い様にも感じる

114 :名無し三等兵:2019/09/23(月) 12:36:57.01 ID:eQzQU2ma.net
そう言えば、九九式は減装弾なんだっけ?

115 :名無し三等兵:2019/09/23(月) 13:32:45.99 ID:9LhmlGQh.net
九九式普通実包はリムレス化した九二式普通実包と比べて装薬量は2%しか減ってないよ
両者の反動がが違うのは弾頭重量によるところが殆どなのよね

116 :名無し三等兵:2019/09/23(月) 14:50:35.88 ID:wq73bT1C.net
>>109
ちなみに日本軍の鑿井隊(井戸を掘る部隊)が掘り当てかけたのが、満州の大慶ではなく
山東省黄河河口付近の勝利油田。
井戸を掘ったら油くさい熱水が出たという、油層まであと一歩状態の報告がなされているが、
当時の地質学の常識では油層が存在しないとされていた地質だったので、調査されなかった。
1962年に発見された時は、世界の地質学者を驚かせた油田。
ここは大慶と違って油の質がいいので、もし発見されていたら当時の日本の技術でも
商業ベースに持って行けただろうけど、山東省と言う場所がまたややこしい。

117 :名無し三等兵:2019/09/23(月) 15:26:16.89 ID:3B/DmRep.net
>>115
あと地味に被甲の材質も違うよ。

118 :名無し三等兵:2019/09/28(土) 21:39:19.04 ID:e9fp0HI3.net
中国人を虐殺して、虐殺した中国人を潰れて、中国人脂を抽出すれば良かった。

119 :名無し三等兵:2019/09/30(月) 17:21:26.98 ID:1GIkcHYW.net
まずは日本語を書け
「中国人を潰れて」なんて言い回しはない

120 :名無し三等兵:2019/10/04(金) 02:55:19.06 ID:OaXn+HED.net
なおかつベルトと同等以上に持続射撃が可能なんだから文句のつけようがない

121 :名無し三等兵:2019/10/05(土) 01:34:29.60 ID:9rbEJGdz.net
帝国陸軍の主敵

122 ::2019/10/19(Sat) 20:10:46 ID:htzaLQbw.net
小銃と機関銃の弾統一は悲願なんだろうが、戦争負けなかった世界を想像するなら
小銃6.5mmと機関銃7.7mmで分けたほうが結局は良かったんじゃね?
6.5mmは全自動化の時に6.5mm短形弾にして更に軽量化
機関銃は軽機7.7mm、重機は対戦車用に大型化で13mmに
擲弾筒は精度を求めて、肩打ち出来るようグレネードランチャー化にならないものか

123 :名無し三等兵:2019/10/19(土) 20:36:42.18 ID:tSf4tU1g.net
肩撃ちしたいなら百式擲弾発射機でええやん。
実包も使える優れ物やぞ。

124 ::2019/10/19(Sat) 23:30:16 ID:kPndxcTe.net
>>122
13mm機銃は戦車で使ってクソ判定だし
対戦車も想定した重機関銃は20mm自動砲になったのである
7.7mmのAPでも大抵の軽装甲車両は食えるし、13mmでもまともな戦車は食えない
そして戦車以外に対する火力は7.7でも13でも事実上変わらん

米軍があの口径を愛してるのはM2BMGが良い銃だからってのと、まあ惰性みたいなもんよな

125 ::2019/10/19(Sat) 23:37:45 ID:tSf4tU1g.net
陸戦大好きそうなソ連が14.5ミリの対戦車ライフルを愛用していたのは
どこに利点を見出していたんだろうね。

126 ::2019/10/20(Sun) 00:59:25 ID:bTrspjGZ.net
ソ連は対戦車ライフルの研究をしてたけどコレといった良いものが完成してない
12.7や20mmもやってるし独ソ戦の前に14.5mmライフルはPTR39てのができたけど威力不足でお蔵入り
でも独ソ戦始まっちゃったんでないよりましでしょでPTRSとPTRDが応急的に採用されたんや
PTR39と同様の連発のPTRSと、とにかく作ることが優先の単発PTRDの並行投入になり
すぐに生産が立ち上がったPTRDがドイツ戦車の装甲の薄さもあって役立ったというのが実態

独ソ戦が無かったら14.5mm対戦車ライフルはPTR39の限定配備で終わっただろうね

35 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :

read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★