2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

日本軍が硫黄島で勝てる方法を考えてみた

1 :名無し三等兵:2019/05/23(木) 07:12:27.85 ID:U2yFnkYv.net
巨大な地下基地を構築して米軍の上陸前艦砲射撃に耐える

上陸してきた米軍が浅瀬に渋滞してるところを
予め大量に埋めておいた地雷原を一斉に起動

米軍、地雷によって壊滅的被害、一時撤退する

米軍撤退時に負傷兵に紛れ込む(全身包帯してるのでまずばれない)

負傷兵として収容された艦船の幹部を倒して米軍全員を捕虜にする

勝利

どうよ

9 :名無し三等兵:2019/05/26(日) 10:20:44.70 ID:RpnIOMb5.net
結局、戦闘が始まると援軍も補給も、たいして送れなかったわけだから
勝てないよな、そりゃ

10 :名無し三等兵:2019/05/26(日) 13:01:26.05 ID:nO1zmdAo.net
硫黄島は陥落を防ぐことができないのは日本軍もわかってた
一日でも長く持ちこたえて米軍により多くの損害を与え
沖縄や本土への侵攻を遅らせるのが日本側の勝利条件
その意味では大勝利と言える
だが硫黄島を完全に確保したまま米軍を撃退するのが目的となると
これはほぼ不可能
天号作戦規模の大量の特攻機で米軍の輸送船団を壊滅させるぐらいしか手はなかった
それでも第二次上陸作戦が行われたら防げないだろう

11 :名無し三等兵:2019/05/26(日) 17:08:57.66 ID:b9ZM/Vpg.net
正論過ぎて何も言えない

12 :名無し三等兵:2019/06/02(日) 11:56:47.67 ID:gpckafP8.net
>>10
硫黄島が陥落すれば、アメリカ軍は飛行場を建設して、
次は本土爆撃というのは、わかっていたわけだから、
陸海軍は、総力を挙げて援軍を送るべきではなかったのか
満州や、朝鮮半島には、手付かずの軍勢が残っていたはずだし
本土には、艦船や、飛行機だって残っていた。

13 :名無し三等兵:2019/06/02(日) 13:31:28.83 ID:Rc7/RTPA.net
>>12
B-29による本土爆撃はサイパン・テニアンからすでに行われていた
米軍が硫黄島を必要とした主な理由は護衛戦闘機の基地と損傷したB-29の緊急着陸点を確保するため
日本が総力を上げて守るべきだったのは硫黄島ではなくサイパン・テニアンだった

14 :名無し三等兵:2019/06/29(土) 18:12:37.74 ID:8Z/Basaa.net
>>5
兵糧攻めだけであんなに早く落ちてたの?
1ヶ月で兵糧が尽きる?本当?

15 :名無し三等兵:2019/07/05(金) 20:27:21.45 ID:iMLSRFF2.net
可能かどうか分からんが、潜水艦によって特殊部隊をこまめに送り込み、地道な破壊工作活動で米軍占領後の基地機能をマヒさせるとか出来ないだろうか。
スキューバとかGPSとか文明の利器の下でヌクヌクと生きてる身の浅知恵かもしれんが。

16 :名無し三等兵:2019/07/08(月) 11:05:00.05 ID:i880nzQV.net
摺鉢山の海軍陣地もそのまま陸軍へ渡してもらい、全て陸軍部隊として昭和18年から地下坑道・洞窟陣地を掘って掘って掘りまくる
地下坑道鉄道(ほぼ手押し)もそこそこ設けて、物資の移動・配給を簡便化する
熱気がほとんどない北東部へ飲料水タンクを無数に作る
飲食料15年分、火器4倍、弾薬50会戦+訓練分

着弾信管部を延長した重迫撃砲弾と12cm重迫撃砲を大量配置し、特に砂浜上陸時に後方洞窟陣地から無数に猛射することで不発かつ威力がそがれやすい砂浜でも甚大な被害を出しやすくする
歩兵用弾丸を三八式実包だけ。また、洞窟での取り扱いを考慮して、小銃は38式騎銃・44式騎銃のみ、機関銃は96式軽機関銃のみとする
高角砲は重爆対策としかコスパが悪すぎる(上空に戦闘爆撃機・襲撃機がいない場所なら対戦車用として有効だが)
敵砲兵将校(超エリート)が乗っている低速観測機撃退用として、移動対空銃座に組み込んだ九二式車載十三粍機関砲を配置
対装甲車両用としてPIATを改良したものが配備できればいいのだが、できなければ迫撃砲で代用するしかない
敵歩兵直前突撃を防ぐため、すぐさま敷設できるS-マインも配備

とにかく損害が多すぎて、他の島(おそらく北硫黄島)を占領した方が早いと思わせて撤退させる以外、勝利方法がない

17 :名無し三等兵:2019/07/08(月) 18:58:25.44 ID:iJTk4BVV.net
アメリカの勝利条件はB29の緊急着陸地確保だな。

トラック島みたいに米側がスルーしたくなるくらい本気で要塞化する手もあるが末期にそんな物量ないわな。

18 :名無し三等兵:2019/07/20(土) 10:55:34.35 ID:nJqpd7k6.net
既に米軍の死”傷”者より皇軍の”死”傷者が少ないって
精神的勝利法で勝ってるじゃん

19 :名無し三等兵:2019/07/20(土) 23:35:38.76 ID:V+sjt421.net
>>1
大馬鹿海軍に物資奪われなければあの坑道陣地全部地下でつながったんだって
つまりあれだけ難航不落の要塞がより万全になったんだ。海軍馬鹿が妨害しなければ

しかも海軍が滑走路作るから、米軍は本土攻撃活発化を急げたの。いみないだろ海軍

20 :名無し三等兵:2019/07/22(月) 03:31:31.06 ID:c0E6eQ/B.net
>>19
知れば知る程バ海軍のせいで負けてる件
三川艦隊といい栗田艦隊といいやる気あるのかお前ら
特に後者は米軍ウン十万とそれを支える食料が攻撃圏内だったろ
大和長門を犠牲に半分でも燃やしてれば47万もの日本兵は死なずに済んだだろう
だいたい戻ったところでより状況が悪くなった大和特攻しかなかったじゃねーか

それらが「仕方ないね」って空気で済まされてて
鬼の首取ったように叩きまくってるインパール作戦は実のところ2万6千名の戦死
現地調達が槍玉に挙げられているがそれだって元はといえばバ海軍が輸送も満足にこなせない所為

21 :名無し三等兵:2019/07/22(月) 03:40:11.86 ID:c0E6eQ/B.net
>>14
硫黄に汚染され水源無いんだぞあの島
海路空輸塞げば雨水しか水分が摂れない、そんな中2万人がいつまで生活できるんだ?

で、そんなの待ってらんないし「三日、悪くても一週間で落とせるわあんな小島www」って突っ込んで
圧倒的優位なはずの戦車も損害が大きく不足する有様で結局一か月以上持ちこたえられた体たらく

22 :名無し三等兵:2019/07/28(日) 08:41:45.73 ID:mA2w08JI.net
>>21
地下から蒸気が吹き出してきてて、
その蒸気で米兵がコーヒーを沸かして
いる写真があった。日本兵はその蒸気の水を
集めて飲用にしてたが、当然硫黄くさくて
下痢続出。

23 :名無し三等兵:2019/07/28(日) 08:46:10.15 ID:mA2w08JI.net
>>15
米軍占領後も数ヶ月たってから
洞窟から時々日本兵が出てきて
銃撃戦になってるよ。終戦後に
も2名発見されたほど。

24 :名無し三等兵:2019/07/28(日) 15:36:50.80 ID:xp7gLMDa.net
>>23
その程度じゃ基地機能は麻痺できない
警備兵に追っ払われる程度じゃ足りんのだ

25 :名無し三等兵:2019/09/09(月) 00:53:29.46 ID:MisB95ql.net
エイリアンを放っていれば米軍は近づかなかったろうに

26 :名無し三等兵:2019/09/19(木) 02:25:24.00 ID:OU1SKrXx.net
硫黄島の戦いは、栗林中将の戦略持久方針の徹底で戦車隊も水際撃滅を捨てたのは良くなか
ったと思う。占守島の戦いとか実際の成功例だし、グアム・サイパンでも戦車隊だけで敵の上陸
橋頭堡に向かって突撃してたら、上陸した米軍を撃退出来たと言われてる。島嶼戦は海軍が敗
れた時点で実質詰みだが、上陸軍を撃退したとなると政治的打撃が大きい。そこから外交交渉
が始まった可能性はあったと思う。

27 :名無し三等兵:2019/09/28(土) 09:34:43.01 ID:U7lx+f7B.net
>>26
ペリリュー島で戦車で突撃して
バズーカで壊滅しただろ

28 :名無し三等兵:2019/09/28(土) 12:46:06.41 ID:NvLeFxKe.net
海軍が最初から強調してれば地下陣地も繋がってたし摺鉢山もすぐ陥落してないから勝てたかも
使えない飛行場と水際殲滅に固執するからだわ

29 :名無し三等兵:2019/09/28(土) 12:50:45.85 ID:p47xd9jG.net
勝つことは絶対に無い
多少長引かせるのがせいぜい

30 :名無し三等兵:2019/09/28(土) 14:28:26.54 ID:259lLbUC.net
硫黄島に原爆落としてたらアメリカの負けだった

31 :名無し三等兵:2019/09/29(日) 12:59:43.22 ID:hJB++hTl.net
>>29
まさに本来の目的がそれだし
ソ連の仲介による講和の時間稼ぎでしかない。

32 :名無し三等兵:2019/09/30(月) 06:24:50.72 ID:dCSICzNS.net
時間稼ぎって既に本土が空襲されまくっているんですが

33 :名無し三等兵:2019/09/30(月) 10:29:59.89 ID:ym0txLhD.net
講和が出来れば何でも良かったんじゃない?
実際には不可能だけど

34 :名無し三等兵:2019/10/02(水) 18:15:50.20 ID:UtABsUZ4.net
>>27
それは95式軽戦車17両だけだったからで、チハたんが居たら占守島の戦いのように結果は違っていた。

35 :名無し三等兵:2019/10/02(水) 19:34:04.26 ID:GhbIDoTL.net
無いものがあったらって時点で話しにならないけど占守島に攻め込んできたソ連と硫黄島の米軍じゃ規模が違いすぎるチハ何百両あれば結果変わるの?

36 :名無し三等兵:2019/10/04(金) 11:04:37.41 ID:H7NKCamS.net
>>35
戦車の数も質も重要だろうが、投入のタイミングじゃないの。
占守島もペリリューも硫黄島も、砲兵が上陸のタイミングで
大打撃を与えてるが、時間を置かずに戦車投入した占守島
だけが上陸軍を追い落とす寸前まで行ってる。ペリリューは
投入が遅すぎ、硫黄島は戦車投入をそもそも捨てていた。

37 :名無し三等兵:2019/10/04(金) 13:51:15.05 ID:O6g0DxDl.net
そもそも硫黄島に米軍が攻め込んでくるような戦況はもはや日本必敗でしかないが

38 :名無し三等兵:2019/10/04(金) 19:46:00.56 ID:cw2sx1zG.net
そもそもありはしないんだけどどの規模の戦車投入すれば米軍追い返せるんだ

39 :名無し三等兵:2019/10/05(土) 14:22:10.68 ID:JL6JkDSj.net
>>38
砲兵が優位なら支援される戦車や歩兵が劣っていても優位に戦えるんだよ。占守島の戦いでは
、対岸のカムチャツカの砲台を制圧して完全な砲兵優位を確立したので、戦車と歩兵がバラバラに
ソ連軍に殺到したが撃退寸前まで追い込めた。

40 :名無し三等兵:2019/10/08(火) 02:58:33.68 ID:7I+5Wv+/.net
上陸してきた米軍が浅瀬に渋滞してるところを
予め大量に埋めておいた地雷原を一斉に起動


41 :名無し三等兵:2019/10/08(火) 11:54:38.70 ID:vYGGmhJB.net
ゲーム脳かよ

42 :名無し三等兵:2019/10/08(火) 13:47:08.02 ID:4nRUvlyt.net
現代は航空機から精密攻撃が可能だが、第二次大戦時は上陸軍の砲兵が稼働して着弾観測機
の誘導で攻撃しないと、重防御された砲兵陣地をツブすのは難しい。アメリカ軍が海空で優位でも
両軍が接近すれば、同士討ちを恐れて米軍の海空からの火力支援は鈍る。日本軍砲兵が優位な
時間は短いが、その間だけは戦車でも歩兵でも「突撃」は有効になる。沖縄戦での日本軍の攻勢
や占守島の戦いは、それを上手く利用できたのだ。

43 :名無し三等兵:2019/10/08(火) 17:27:26.23 ID:JPxS3PkO.net
予め大量に埋めておいた地雷原を一斉に起動


44 :名無し三等兵:2019/10/09(水) 01:20:10.03 ID:9BB0NKb/.net
孤島の守備は籠城戦と同じで、救援が来るとわかってさえいれば
どうにでも戦いようがある
それがなければ何をしても自殺行為でしかないんだよな

45 :名無し三等兵:2019/10/09(水) 06:48:54.24 ID:tLvmOCGj.net
沖縄は塹壕のおかげだろ

46 :名無し三等兵:2019/10/10(木) 01:00:46.06 ID:8E2EzLKT.net
>>1
2段目の地雷起爆フェーズで破綻すると思うの。艦砲射撃や爆撃で米軍上陸前に地雷原はなくなってる。

でも目的はわかったから僕も考えてみる。上の方で誰か言ってる硫黄島海没案は、当時の日本陸軍も一瞬まじめに検討したみたいだけど無理だ。

47 :名無し三等兵:2019/10/10(木) 01:11:22.24 ID:8E2EzLKT.net
わかったぞ!

硫黄島(だったかサイパンだったか)への侵攻の際アメリカ軍は毒ガス兵器の使用を考慮したが、当然ながら日本側の毒ガス報復を恐れて中止した。

毒ガス兵器なんてWW1からあるんだから日本も使える。

そこでだ。米軍上陸前にスイス大使館にアメリカ含む世界のマスコミを集めて

「硫黄島を米軍がとったら、日本本土空爆による民間人大虐殺が起こる。それを回避するため、米軍が硫黄島に上陸した場合には日本は毒ガスを使ってでも米軍を撃退する。警告する。」とアナウンスする。

そしたらそれがアメリカの新聞にも載る。

48 :名無し三等兵:2019/10/10(木) 11:11:32.53 ID:NuoXZ0s/.net
今孔明といわれるダツオをあの時代に送り硫黄島で指揮させれば良い。

49 :名無し三等兵:2019/10/10(木) 11:17:09.90 ID:h0U9PbpJ.net
ダツオ「詰みです!!降伏しかありません」

50 :名無し三等兵:2019/10/10(木) 17:43:09.97 ID:9HzJZNSz.net
米軍上陸後、敵艦船を壊滅させて上陸部隊を孤立させるしか手はないが、果たしてできる?

51 :名無し三等兵:2019/10/10(木) 23:20:04.87 ID:9E9AX613.net
>>50
敵艦艇壊滅は無理だが、上陸軍撃退は可能性はあったし、成功していたら政治的効果は大きかったろう。
サイパンでも、チハが突撃して撃退するチャンスはあったし、硫黄島でもそういう戦術を採って欲しかったが
最初から戦車突撃は戦術から排除された。硫黄島では戦車が無傷で鹵獲されたケースが多い、栗林中将
の戦術は概ね正しかっただけに、戦車突撃は試みる価値があったと思う。

52 :名無し三等兵:2019/10/11(金) 06:38:07.74 ID:dtB7Wy9O.net
上陸軍撃退の可能性は無いっつうのw

53 :名無し三等兵:2019/10/16(Wed) 21:32:16 ID:1BKZTvqy.net
>>52
ありました。

54 :名無し三等兵:2019/10/17(木) 06:10:57.69 ID:Bej9LzcF.net
どんな妄想持とうと自由だけどそれ書き込んじゃったらただのアホなんだぜ

55 ::2019/10/17(Thu) 12:23:54 ID:mxCBpHQr.net
占守島と同列に語ったりチハあれば〜とか妄想としても酷い

56 :名無し三等兵:2019/10/17(Thu) 22:08:58 ID:hyetK3RL.net
>>54
>>55
占守島、サイパン、ペリリューで共通なのは、上陸軍の砲兵が稼働しないと、上陸軍は撃退される
可能性がある、という戦例だ。

57 :名無し三等兵:2019/10/18(Fri) 03:32:34 ID:JyS5XP6R.net
>>54
>>55
朝鮮戦争での米軍は、戦争の全期間海空は優位だったが、共産軍の撃退は出来なかった。原因
は砲兵の不備で、現代なら航空機から精密爆撃が可能だが、当時は砲兵の移動弾幕射撃が最も
精密な地上支援火力であって、これで劣った米軍は戦争に勝つ事が出来なかった。第二次大戦で
も、日本軍が「島嶼守備要領」で空爆と艦砲射撃を避ける防御陣地構築を指示して以降は、日本軍
が上陸前の攻撃で撃退されるケースは無くなり、上陸軍が砲兵を稼働させるまでの時間が弱点として
ハッキリ現れた。サイパンとペリリューは戦車と歩兵の投入が遅すぎ、硫黄島と沖縄は最初から水際の
突撃を捨てたのは残念だった。沖縄は面積が大きく上陸点への突撃は難しいが、硫黄島では試す価値
があったと思われる。

58 :名無し三等兵:2019/10/18(金) 10:41:12.79 ID:G3BkiiAU.net
こいつが時期考えるとやってなくてほんとうに良かった

18 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :

read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★