2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

【軍事に関連ニュース】を語るスレ 2

1 :名無し三等兵 :2019/01/19(土) 21:24:08.60 ID:ysjQnysxM.net
軍事に関係するニュースで興味をもったものを紹介し、その理由などを語って下さい。

※前スレ
【軍事に関連ニュース】を語るスレ
http://mevius.5ch.net/test/read.cgi/army/1512080578/
VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured

95 :名無し三等兵 :2019/08/09(金) 23:50:43.58 ID:jVYyK2LGM.net
https://www.thedrive.com/the-war-zone/29335/this-bolt-on-launcher-can-give-nearly-any-ship-the-same-weaponry-as-u-s-navy-destroyer
・BAEシステムズは、デッキスペースを備えた船にMk41VLSような機能を付加するアイテムを考案した。
・Adaptive Deck Launcher (ADL)と呼ぶこのシステムによってMk41で使用されるものと同じミサイルキャニスターを4セル収容し、ESSM、対潜ロケット、NSM、トマホーク、スタンダードミサイルなどが使えるようになる。
・トレードオフは4つのセルのためにそれなりにデッキスペースを専有する。ミサイルは斜めに発射されるので目標方向への変針に燃料、エネルギーの一部を費やす。
・ADLを積んだ船はセンサを積む必要はない。ミサイルがデータリンクを持っていて、船もネットワークに接続されていれば、センサープラットフォームからターゲティング情報をもらって発射できる。
※甲板にスペースがあるすべての船が簡易アーセナルシップになる。
・多くの場合、人々は従来のVLSハッチの下に巨大な発射管が隠れていることを忘れている。このような深さを確保できない船舶、あるいは改装コストが法外なものになる船舶の場合、オープンデッキスペースにボルトで固定するだけというADLはいい選択だろう。

96 :名無し三等兵 :2019/08/11(日) 10:26:42.31 ID:5NNGYWiaM.net
英ユダヤ系兵站の絶頂期
https://vpoint.jp/world/eu/141921.html
 武装して軍務に就く資格を法律により史上長らく奪われてきた欧州ユダヤ人。
しかし兵站(へいたん)と呼ばれる軍需品の補給業務は民間の商人、とりわけユダヤ
商人に委託されてきたのだ。
 兵站は軍隊組織の中でもユダヤ人が定評ある専門家として認知されてきた特殊な
分野だったのだ。必要とされる物資を他国から迅速に調達するための同族ネットワークを
ユダヤ商人が構築していたからだ。英蘭のような経済的先進国では土着のキリスト教徒
商人の中にも兵站を担えるほどのネットワークの持ち主がいたが、敵方による襲撃・略奪
など多大なリスクを抱えるこの仕事は敬遠されたのだ。一方、リスクを恐れぬユダヤ人
にとっては、兵站は魅力的な出世のチャンスとみなされたのだ。

97 :名無し三等兵 :2019/08/12(月) 18:49:56.82 ID:itwvkkrwM.net
タッチスクリーンをやめて機械的なノブとダイアルに戻す米海軍
https://jp.techcrunch.com/2019/08/12/2019-08-11-navy-ditches-touchscreens-for-knobs-and-dials-after-fatal-crash/

98 :名無し三等兵 :2019/08/13(火) 19:25:41.91 ID:gcH8HobxM.net
ロシア軍施設で5人爆死 原子力推進式ミサイル実験で事故か
https://www.bbc.com/japanese/49327600
>ロシア北部アルハンゲリスク州ニョノクサ近くにある、海軍の海上実験場で8日、爆発事故が発生し、実験作業にあたっていた原子力企業職員5人が死亡した。5人の葬儀は12日、モスクワの東373キロに位置する同国の核兵器開発の中枢である「閉鎖都市」サロフで執り行われた。
>ロシアや西側諸国の複数の専門家は、今回実験されていたのは、巡航ミサイル「9M730ブレヴェスニク」(NATOコード「SSC-X-9スカイフォール」)とみられると指摘している。

99 :名無し三等兵 :2019/08/17(土) 13:17:24.24 ID:Yzws9L9rM.net
米政権、台湾にF16戦闘機売却へ 中国の反発必至
https://jp.wsj.com/articles/SB11472602075991454478804585492771658334224
・トランプ政権は台湾にF−16(おそらくV型)を売却することを決めた。国務省は議会に非公式に通知しているが、正式な通知はまだ。
・7月にも台湾への20億ドル相当のエイブラムス戦車の売却を承認していた。

100 :名無し三等兵 :2019/08/19(月) 04:23:30.27 ID:d8He3sMk0.net
wniの鈴木里奈の脇くっさ
      (6 lゝ、●.ノ ヽ、●_ノ |!/
         |     ,.'  i、     |}
       ',     ,`ー'゙、_    l
       \ 、'、v三ツ   /
        |\ ´  ` , イト、
       /ハ ` `二 二´ ´ / |:::ヽ
     /::::/ ',   : . . :  /  |:::::::ハヽ
http://twitter.com/ibuki_air
(deleted an unsolicited ad)

101 :名無し三等兵 :2019/08/20(火) 17:39:19.96 ID:WyUZuR3cM.net
>>91
米が中距離巡航ミサイル実験 INF条約失効受け
https://www.afpbb.com/articles/-/3240477
>米国防総省は19日、地上発射型の中距離巡航ミサイルの発射実験を実施したと発表した。米国は数週間前、冷戦(Cold War)時代にロシアと締結した中距離核戦力(INF)廃棄条約を破棄したばかり。
実験に使われたミサイルは核弾頭の搭載が可能なもので、同条約で禁じられていた。

102 :名無し三等兵 :2019/08/22(木) 22:05:27.21 ID:LmoKWTSRM.net
韓国、日韓GSOMIA破棄 日本の輸出管理措置に対抗
https://www.sankei.com/world/news/190822/wor1908220024-n1.html
>韓国大統領府は22日、日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決めたと発表した。
大統領府高官は、日本政府が安全保障上の輸出管理の優遇装置を取る「ホワイト国」からの韓国除外を決めたことを挙げ、「両国間の安保協力関係に重大な変化をもたらした」と指摘。協定を続けることが「われわれの国益にそぐわないと判断した」と主張した。

※ということはまだ正式な通告はしていない

103 :名無し三等兵 :2019/08/23(金) 22:15:07.93 ID:2EajCyWsM.net
大韓民国による日韓秘密軍事情報保護協定の終了の決定について(外務大臣談話)
https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/danwa/page1_000873.html

GSOMIA破棄 日本に通告、大統領府「韓国の自尊心傷つけた」
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3758871.html

104 :名無し三等兵 :2019/08/27(火) 00:23:00.84 ID:5lPF6Mn/M.net
北朝鮮ICBM迎撃のミサイル開発、契約を解消 米
https://www.cnn.co.jp/usa/35141706.html
>契約が今回解消されたミサイルは「再設計型迎撃体(RKV)」の名称で呼ばれる。爆発はしないため通常の意味の弾頭には該当しない。迎撃ミサイルの最上部部分に搭載され、ミサイルが発射された後に分離され、標的もしくは敵ミサイルを直撃して破壊する。
※Redesigned Kill Vehicle

105 :名無し三等兵 :2019/08/27(火) 21:56:16.83 ID:5lPF6Mn/M.net
米空軍のスペースプレーン実験機が軌道周回飛行の記録更新
https://jp.techcrunch.com/2019/08/27/2019-08-27-experimental-u-s-air-force-space-plane-breaks-previous-record-for-orbital-spaceflight/
>米空軍が発注し運用しているBoeing(ボーイング)のスペースプレーン実験機「X-37B」が、飛行時間の記録を更新した。今回のミッションは719日間続いていおり、Space.comによれば2017年に終了した前回のミッション期間を上回った。
>NASAは1999年にX-37のプログラムを開始した。これは2004年にDARPAとアメリカ空軍に移管され、X-37Bはこれまでに4回飛行している。これらの最初の4回のミッションで、2085日間の宇宙飛行を完了したことになる。

106 :名無し三等兵 :2019/08/28(水) 18:58:41.08 ID:Dqa1fT2LM.net
「戦闘力、米空母に劣らない」北朝鮮、日本のF35B導入に反発
https://news.biglobe.ne.jp/international/0827/dnj_190827_1581508277.html
>北朝鮮国営の朝鮮中央通信は26日、日本が空母化する護衛艦への搭載用にステルス戦闘機F35Bの導入を決めたことに対し、「海外膨張野望を実現するための無分別な妄動」だと非難する論評を配信した。

※日本のF−35Bは北朝鮮に脅威を与えることができる、とわざわざ教えてくれているわけだ。

107 :名無し三等兵 :2019/08/30(金) 18:45:03.14 ID:eD7cJK/4M.net
いずも空母化に31億円=過去最大5.3兆円、7年連続増−防衛省概算要求
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190830-00000051-jij-pol
総額は過去最大の5兆3223億円で、19年度当初予算比1.2%増。概算要求段階で
7年連続の増額となっており、最終的に8年連続の増加予算となる見込みだ。
昨年末に策定した防衛大綱と中期防衛力整備計画(中期防、19〜23年度)で
打ち出した海上自衛隊最大の護衛艦「いずも」空母化のため改修費31億円を計上した。

108 :名無し三等兵 :2019/08/31(土) 22:32:09.24 ID:gG462n6sM.net
米国防総省が「宇宙統合軍」を発足 宇宙空間で中露に対抗
https://www.sankei.com/world/news/190830/wor1908300011-n1.html
>米国防総省は29日、宇宙空間での作戦行動を統括する「宇宙統合軍」(USSPACECOM)を発足させた。戦略軍やサイバー軍に続く11番目の統合軍に位置づけられ、
将来的には陸海空軍と海兵隊、沿岸警備隊に続く「第6の軍隊」である「宇宙軍」に昇格させる計画だ。宇宙統合軍の司令官にはレイモンド空軍大将が就任した。

109 :名無し三等兵 :2019/09/05(木) 16:42:38.69 ID:dW+MCezNM.net
ブルーインパルスが「カラースモーク」試験実施
https://vpoint.jp/photonews/143422.html
https://media.vpoint.jp/wtview/wp-content/uploads/2019/09/ph190905-4.jpg
 航空自衛隊松島基地(宮城県)所属の曲技飛行チーム、ブルーインパルスが4日、
使用を中止している「カラースモーク」の試験を実施した。空自は、飛行が検討されている
2020年東京五輪での使用再開に向け、研究を続けている。

 ブルーインパルスは1964年の東京五輪開会式で5色の五輪マークを描いた。
地上の車に染みが付くなど影響が出たため、カラースモークの使用は1999年から
中止されている。

110 :名無し三等兵 :2019/09/07(土) 16:59:54.71 ID:7JSqUdFYM.net
https://www.flightglobal.com/news/articles/us-army-asks-for-flraa-conceptual-designs-460702/
・アメリカ陸軍はUH−60に代わるFuture Long Range Assault Aircraft(FLRAA)の概念設計を募集している。
・2019年4月に要求仕様を明らかにしている。最大巡航速度は280ノット(519km/h)、燃料補給無しで300nm(556km)の戦闘半径、無補給で2440nm(4520km)のフェリーレンジ(片道移動)。
・有力候補はシコルスキー/ボーイングとベル。前者のSB−1は2019年3月に、ベルのV−280は2017年12月に初飛行している。

111 :名無し三等兵 :2019/09/08(日) 20:30:47.65 ID:jXIu2pgHM.net
https://www.upi.com/Defense-News/2019/08/28/Lockheed-to-build-F-35-maintenance-repair-facility-for-Japanese-fleet/9621567006774/
AUG. 28, 2019
・ロッキードは米国防総省との契約に基づいて日本にF−35の修理およびアップグレード施設を日本に建設する。2022年9月に完成する予定。

112 :名無し三等兵 :2019/09/09(月) 19:00:40.51 ID:XRlY+BkKM.net
米大統領、タリバンとの「秘密会談」中止 米兵死亡の爆破受け
https://www.bbc.com/japanese/49630856
>トランプ氏は7日夜、ツイッターの連続投稿で、8日に大統領公式別荘キャンプデイヴィッドで予定されていた秘密会談の中止を発表した。
>この会談には、タリバン指導者とアフガニスタンのアシュラフ・ガニ大統領が出席の予定だったという。

113 :名無し三等兵 :2019/09/11(水) 02:18:13.51 ID:UTaoXcpmM.net
米大統領、ボルトン補佐官を解任 「多くの助言に同意できず」
https://jp.reuters.com/article/usa-trump-bolton-idJPKCN1VV25S
2019年9月11日

※ボルトンも合わないか…

114 :名無し三等兵 :2019/09/11(水) 17:07:13.10 ID:UTaoXcpmM.net
人工血液、動物実験に成功 1年以上の常温保存も可能
https://www.asahi.com/articles/ASM8X46QSM8XULBJ00N.html
2019年9月11日
>防衛医大などは大量出血した負傷者を救命する人工血液を開発した。ウサギの実験で成功した。人工血液を素早く輸血できれば、大けがによる死者を減らせるという。論文を米輸血学誌に発表した。

115 :名無し三等兵 :2019/09/11(水) 22:16:52.88 ID:UTaoXcpmM.net
https://theaviationist.com/2019/09/10/italy-joins-tempest-becoming-third-nation-to-partner-on-the-program-to-develop-a-6th-generation-fighter/
September 10, 2019
・9月10日に、イタリアはテンペストプログラムのメンバーに正式に加わった。
・テンペストの形状は、1990年代にBAEによって作られた、トーネードの後継を作る目的のFOAS(Future Offensive Air System)のレーダーテストモデルを思い出させる。プログラムは2005年に中止された。

116 :名無し三等兵 :2019/09/12(木) 20:03:54.72 ID:QPP1vPiFM.net
警察に離島専従部隊 来年度予定、武装集団上陸に即応
https://www.sankei.com/world/news/190906/wor1909060004-n1.html
2019.9.6
>警察庁は、中国が領有権を主張する尖閣諸島(沖縄県石垣市)など国境の離島警備を担当する専従部隊を令和2年度、沖縄県警に創設する方針を固めた。離島対処の専従部隊は警察で初めてとなる。

117 :名無し三等兵 :2019/09/12(木) 21:46:47.07 ID:QPP1vPiFM.net
https://www.flightglobal.com/news/articles/usa-approves-sale-of-32-f-35as-to-poland-460805/
11 SEPTEMBER, 2019
・米国国務省は、ポーランドへのF−35の32機の輸出を承認、議会に通知した。契約自体はまだ署名されていない。

118 :名無し三等兵 :2019/09/14(土) 00:59:33.59 ID:vF1FeQX6M.net
米、ベネズエラ危機に米州相互援助条約を発動
https://www.afpbb.com/articles/-/3244202
2019年9月12日
>米国は11日、ベネズエラのニコラス・マドゥロ(Nicolas Maduro)政権が対コロンビア国境に軍を配備したことなどを受け、米州地域の防衛に関する軍事条約である米州相互援助条約(TIAR、リオ条約)を発動した。

119 :名無し三等兵 :2019/09/17(火) 17:51:06.21 ID:r9IDqUhxM.net
米空軍新練習機の名称、T-7A「レッドホーク」に決定
http://www.tokyo-dar.com/news/6607/
2019年9月17日

120 :名無し三等兵 :2019/09/18(水) 21:55:13.23 ID:EHjvkgwoM.net
アナログっぽいけど最先端。アメリカ空軍が既存の航空機を操縦できるロボットをテスト中
https://www.gizmodo.jp/2019/08/the-air-forces-new-robot-plane-autonomous-drone.html
2019.08.24
・フライトシミュレーターを使ったテストを1年行ったあと、セスナ機に実際にシステムを搭載して2時間の飛行テストを行った。すぐに任務に使えるわけではなく、さらに数百時間のテストが必要だろう。

121 :名無し三等兵 :2019/09/18(水) 23:41:54.10 ID:EHjvkgwoM.net
「UFOと遭遇した映像は本物、正体は不明」米海軍が初めて正式に認める
https://news.nicovideo.jp/watch/nw5940016
2019/09/18

122 :名無し三等兵 :2019/09/20(金) 19:14:13.30 ID:X369lYlCM.net
米国防予算の両院協議開始、国境の壁・対イラン・宇宙軍が争点
https://jp.reuters.com/article/usa-defense-spending-idJPKBN1W50D3
2019年9月20日
>米上下両院で19日、今年の国防権限法(NDAA)の協議が正式に始まった。NDAAは国防予算の大枠を決めるために議会が毎年通す法律で、規模は7000億ドル。
・民主党は宇宙軍構想に反対している。

123 :名無し三等兵 :2019/09/20(金) 23:02:50.62 ID:X369lYlCM.net
https://www.thedrive.com/the-war-zone/29895/is-raytheons-pint-sized-peregrine-the-air-to-air-missile-the-pentagon-has-been-waiting-for
SEPTEMBER 18、2019
・レイセオンは最近、AIM−120の約半分のサイズの新型中距離空対空ミサイルのデザインを発表した。ペリグリン Peregrineと呼ばれている。
・レイセオンによれば、少なくともAIM−120と同じ射程とサイドワインダーの機動性を持つが、長さは6フィート、重量は150ポンド(アムラームは12フィート、345ポンド)。今の所は自社資金によるプロジェクトである。

124 :名無し三等兵 :2019/09/24(火) 23:52:27.28 ID:TRtFWUnKM.net
https://www.navalnews.com/naval-news/2019/09/lrasm-set-to-achieve-eoc-with-u-s-navys-f-a-18e-f-super-hornet/
24 Sep 2019
・LRASMは、今月末までにスーパーホーネットでのEOC(早期作戦能力?)を達成する予定である。去年末にB−1BでEOC達成済み。

125 :名無し三等兵 :2019/10/01(火) 00:35:43.48 ID:jV60ThdPM.net
https://warisboring.com/forget-goggles-u-s-looking-to-inject-night-vision-directly-into-soldiers-eyes/
September 24, 2019
・アメリカとシナは、暗視装置を使わずに夜間でも目が見えるようになる方法を模索している。
・これまでにマウスでテストされていて、科学者はこれが兵士でも機能すると確信している。問題なのは、それは針で眼球に赤外線検出ナノ材料を注入しなければならないということ。効果は数週間しか続かず、戦場でそのような注射を行うのは不衛生で危険であろう。

126 :名無し三等兵 :2019/10/01(火) 23:42:33.17 ID:jV60ThdPM.net
北朝鮮、核兵器放棄の意向なし=ボルトン前米大統領補佐官
https://jp.reuters.com/article/usa-northkorea-bolton-idJPKBN1WF1W4
2019年10月1日
>トランプ米大統領が今月解任したボルトン前大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は30日、北朝鮮に核兵器を放棄する意思はなく、米国との膠着継続は北朝鮮の利益になると述べた。

※そりゃそうだ。金正恩は自分の体制を維持する保険として核兵器を持ったのだから放棄なんてできない。しかし北朝鮮の核保有を認めれば核兵器を欲しがる他の国が勢いづく。アメリカは悩ましいだろう。

127 :名無し三等兵 :2019/10/03(木) 00:54:35.82 ID:0Rbdqt5aM.net
https://theaviationist.com/2019/10/01/video-inside-a-b-52-flying-a-nuclear-alert-mission-provides-a-rare-view-of-the-pilots-thermal-flash-protective-goggles/
October 1, 2019
・核アラート訓練を行うB−52の短い動画が公開されたのだが、そこに珍しいものが映っていた。核爆発の閃光からパイロットの目を保護するためのゴーグルである。普段は透明だが落雷や核爆発などの危険な閃光があると瞬時に回路が破壊されてレンズが黒くなり目を保護する。
・核爆発による閃光はパイロットの目に一時的な失明を引き起こす。日中はこれが2分続くが、夜間は瞳孔が拡張しているので影響は長くなる。火球を直視した場合は永久的な損傷もありうる。
・このPLZTゴーグルの型番はEEU−2/Pで、B−52やB−1などの核爆撃機パイロット用に作られた。レンズが不透明になる速度が速いEEU−2A/Pも作られた。

128 :名無し三等兵 :2019/10/05(土) 13:28:16.77 ID:mn6kcSliM.net
米国防総省、北のミサイル「元山沖の発射台から打ち上げ」 潜水艦から発射の証拠なし
https://www.sankei.com/world/news/191004/wor1910040010-n1.html
2019.10.4 08:46
> 【ワシントン=黒瀬悦成】米統合参謀本部のライダー報道官は3日、北朝鮮が2日に発射した弾道ミサイルについて「短・中距離の射程のミサイルで、(北朝鮮東部の)元山(ウォンサン)湾沖に配置された発射台から打ち上げられた」との分析を明らかにした。
ライダー氏はまた、「ミサイルが潜水艦から発射されたことを示す情報はない」と指摘した。

129 :名無し三等兵 :2019/10/06(日) 01:38:23.60 ID:nSNp94WeM.net
No, Passive Radar Isn't Going To Make Stealth Technology Obsolete Anytime Soon
https://www.thedrive.com/the-war-zone/30100/no-passive-radar-isnt-stealth-ending-magic-people
SEPTEMBER 30, 2019
・パッシブレーダーの基本は、独自に電波を放射する代わりに携帯電話の通信塔やテレビ、ラジオなどの放射からのリターンを使ってエリア内を移動するターゲットを検出する。コンセプトは昔からあり、第二次世界大戦中にも運用されている。
・パッシブレーダーはステルスを無効化するか?そんなことはない。パッシブレーダーは殆どの場合、武器誘導に使えるような精度の位置情報を提供しない。これは従来のセンサをキューイングするために使用される。
・パッシブレーダーでターゲット(ステルス機)を見つけたら、そこに捜索/火器管制レーダーを指向することができるだろう。しかしステルス機はこれらのレーダー波を検知すれば、ルートを変更したり、高度な電子戦機能を使って指向されたレーダから隠れるだろう。
・パッシブレーダーの利点は、それ自身がレーダー放射をしないので存在していること自体は気付かれない。だから破壊もされない。
・また、パッシブレーダーは第三者のRF放射を利用してターゲットを探すが、その放射レベルをレーダー運用者が制御できるわけではない。つまりパッシブレーダーが設置されている場所のRF環境の影響を受ける。
・例えばドイツのパッシブレーダーが2機のF−35を追跡したという話しがあったが、当時F−35はトランスポンダをONにしていたし、航空管制周波数で通話(RFを放射)していた。レーダーリフレクターも付けていた。
※ステルス機のリフレクターはパッシブレーダー対策ということか?

130 :名無し三等兵 :2019/10/07(月) 18:31:20.40 ID:Cx7D9YgjM.net
米軍、グアム沖で新型対艦巡航ミサイルを試射 中国けん制
https://www.cnn.co.jp/usa/35143575.html
2019.10.05
>香港(CNN) 米海軍は5日までに、沿岸海域戦闘艦(LCS)「ガブリエル・ギフォーズ」が米領グアム沖合で新型の対艦巡航ミサイル「ネイバル・ストライク(NSM)」の試射を実施したと発表した。
>海面すれすれの低空を飛行するNSMは、敵のレーダー網や防空網での探知を困難にさせる性能を保持。米海軍艦船としてガブリエル・ギフォーズが初めて搭載した。

131 :名無し三等兵 :2019/10/08(火) 00:29:24.24 ID:9XUmUR/6M.net
BBCニュース - トルコがシリア北東部に進攻へ、米は「関与しない」と大きく方針転換
https://www.bbc.com/japanese/49956496
2019年10月7日
>米ホワイトハウスは6日夜(日本時間7日午後)、これまで支援していたシリア北東部のクルド人民兵組織に対するトルコの軍事作戦に、アメリカは関与しない方針だと発表した。これは従来の方針からの一大転換を意味する。
またトルコは今後、この地域のイスラム過激派組織ISの捕虜について全責任を負うことになった。

>クルド人民兵組織「人民防衛部隊(YPG)」は、トルコ南部と国境を接するシリアで活動している。YPGはシリア民主軍(SDF)の大部分を占めており、SDFはアメリカ軍の支援を受けてIS掃討に貢献した。

132 :名無し三等兵 :2019/10/08(火) 22:09:15.89 ID:N9W8hjNvM.net
ロシア軍についての5つの疑問: ロシア軍について我々が話せるすべてのこと
https://jp.rbth.com/science/82672-roshia-army-jijitsu-to-suuji
 ロシア軍は世界で(米国に次いで)2番目に強い軍隊だと考えられている。
 この査定はグローバル・ファイアパワー(Global Firepower)によって毎年行われており、
現役・予備役を合わせた兵員の数、陸海空軍が保有する「戦闘マシン」の数、演習や作戦、
兵器等の購入に充てられる軍の予算の規模について世界中の軍隊の力を分析・比較した
データに基づいている。
 2019年現在、ロシアは依然最強かつ最大の陸軍を有している。ただし、次のインフォ
グラフィックスにある他の項目では、すべて他国に抜かれている。

133 :名無し三等兵 :2019/10/09(水) 18:18:18.58 ID:NdNmAWrwM.net
ゲームのさらなる軍事利用法?米陸軍が戦闘車両データ収集にビデオゲーム採用
https://www.gamespark.jp/article/2019/10/09/93717.html
米陸軍は、次世代戦闘車両部門横断チーム(NGCV CFT)に無人車両のフィード
バックを提供するため、第4歩兵師団の兵士30名を用い、ビデオゲームを用いた
仮想実験を実施しました。

NGCV CFTの監督を務めるRoss Coffman准将によれば、本実験は、戦闘車両を
用いた作戦環境下で、車両にどのような技術が重要かを理解するために行っている
とのこと。記事内では、新技術のテストをするにあたり、実地での活動や車両の
習熟が必要なくなるため、資源の削減になるとも言及されています。兵士たちは、
乗組員の配置、陣形、航空無人機のターゲット識別などのフィードバックを
提供しました。

134 :名無し三等兵 :2019/10/11(金) 01:47:02.18 ID:r9UjADJ3M.net
現代重工業、海軍の次世代イージス駆逐艦を受注
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/10/10/2019101080270.html
2019/10/10
>現代重工業は、防衛事業庁と6766億ウォン(約610億円)規模のイージス艦「広開土V バッチU」の詳細設計と建造に関する契約を締結したと10日発表した。
今回、現代重工業が建造するイージス艦は、海軍が導入する次世代イージス艦3隻の1隻目で、蔚山造船所で建造し、2024年11月に引き渡す。

※この情勢下でアメリカがイージス・システムを提供するとは思えない。「独自開発」のなんちゃってイージスだろう。

135 :名無し三等兵 :2019/10/12(土) 16:37:15.67 ID:0mCvaB1BM.net
Manila to return 7 UH-1s to service with Japanese spares
https://www.flightglobal.com/news/articles/manila-to-return-7-uh-1s-to-service-with-japanese-sp-461353/
09 OCTOBER, 2019
 フィリピン空軍は、日本から寄贈されたスペアパーツを使い、7機のUH−1を稼働状態に復帰させる。主な部品はメインローターブレード、テールローターブレード、テールロータードライブシャフトが含まれる。部品は3月にクラーク空軍基地で引き渡された。

136 :名無し三等兵 :2019/10/14(月) 21:18:57.53 ID:4pW17bhZM.net
>>131
米、シリア駐留部隊1000人の撤収発表 トルコ側部隊は攻撃拡大
https://www.afpbb.com/articles/-/3249350
2019年10月14日
>シリアへの攻撃を拡大するトルコ軍とトルコ側部隊が越境軍事作戦の初期段階の完遂に近づく中、米政府は13日、シリア北部に駐留する米軍部隊1000人を撤収させると発表した。
> 一方、トルコ側部隊の進軍を受け、シリアの首都ダマスカスの国営メディアは、自国領への攻撃に「対抗する」ためシリア軍が部隊を派遣すると伝えた。

137 :名無し三等兵 :2019/10/15(火) 18:17:12.28 ID:9WQyMWo3M.net
ADEX: Full-sized KAI KF-X mockup unveiled
https://www.flightglobal.com/news/articles/adex-full-sized-kai-kf-x-mockup-unveiled-461464/
15 OCTOBER, 2019
・KAIはフルサイズのKF−Xモックアップを発表した。
・主翼に6つのハードポイント、胴体下にターゲティングポッド、機体腹にミサイル4つ。機体はF−35に似ているが機関砲口が露出しているし、
IRSTセンサがキャノピー前に突き出ている。ブロックTには内部ウェポンベイが無いが、これは将来の生産ブロックで計画されている。
・不思議なことに、パートナーであるインドネシアについてはディスプレイ上で全く言及されていない。20%のパートナーだが…
・設計レビューは完了しており、2021年前半にプロトタイプがロールアウトするという。2026年から運用し、F−16、F−5、F−4を代替する。

138 :名無し三等兵 :2019/10/17(木) 23:34:57.10 ID:wVHyZKAuM.net
Army looks for alternatives to GPS as enemies threaten to jam signals
https://spacenews.com/army-looks-for-alternatives-to-gps-as-enemies-threaten-to-jam-signals/
October 14, 2019
・ドイツに配備されている米軍のストライカーに、新しいジャム対策GPSデバイスが装備された。Mounted Assured Precision Navigation and Timing System(MAPS)搭載型高精度ナビゲーション&タイミングシステムという。
・GPS受信機だけでなく、タイミング用のチップサイズ原子時計、ナビゲーション用のSelective Availability and Anti Spoof Module(SAASM)、対妨害アンテナを持つ単一のデバイス。
・MAPSはGPS信号が劣化したり途切れた場合でも、信頼できるPNT [ポジショニング、ナビゲーション、タイミング]を提供できるようにする。陸軍はMAPSを戦車や自走砲など他の車両にも搭載する計画で、降車した兵士向けのタイプも開発する。

139 ::2019/10/19(Sat) 00:02:04 ID:TrMHJB1vM.net
>>31

BOOM: Lockheed Martin Tests Precision Strike Missile
https://breakingdefense.com/2019/10/boom-lockheed-martin-tests-precision-strike-missile/
October 17, 2019
・ロッキード・マーティンとレイセオンは、陸軍の優先事項の一つである、ATACMS代替のPrSMの開発を続けている。
ATACMSは射程186マイルだが、PrSMはINFの上限である500キロ(310マイル)を飛び、軍艦のような移動するターゲットに命中するターゲティングシステムも持つ。
※INFを脱退したのだから500キロ制限は外されているはずである。
・ロッキードとレイセオンはこの秋にプロトタイプの発射テストをやる。どちらを採用するかは2021年に決まる。

140 ::2019/10/20(日) 10:17:14 ID:Da+3Z5v6M.net
地上発射型小直径爆弾 サーブとボーイングが試射に成功
https://otakei.otakuma.net/archives/2019102001.html
https://otakei.otakuma.net/wp/wp-content/uploads/2019/10/SAAB_GL-SDB.jpg
 スウェーデンのサーブは2019年10月14日(現地時間)、アメリカのボーイングと共同で
地上発射型小直径爆弾の試験を行い、成功させたと発表しました。小直径爆弾が航空機から
だけでなく、地上からロケット弾のような形で投射することが可能になったといえます。

 発射試験はノルウェーのロフォーテン諸島にある、アンドーヤロケット発射場で行われました。
地上発射型小直径爆弾(GLSDB)は、船舶用貨物コンテナとしては標準的な20フィートコンテナ
(長さ約6m、幅約2.4m、高さ約2.6m)に納められたランチャーから発射されました。

 GLSDBは最大有効射程150kmと長射程で高精度なだけでなく、飛翔中に進路を変更することも
可能。これにより、従来の砲撃では不可能な場所を狙って攻撃することが可能になるといいます。

141 ::2019/10/20(日) 23:51:31 ID:nPq+7nv5M.net
USN_XLUUV
http://www.hisutton.com/USN_XLUUV.html
Sun 20 October 2019(2018年に書かれた記事を更新)
・米海軍は、巡航ミサイル、魚雷、地雷、小型UUVを搭載する超大型無人潜水艇(XLUUV)の建造を目指しているが、その前段階として、4隻のオルカ(Orca)XLUUVを建造する。
2019年2月に、ボーイングがロッキードとの競争に勝って米軍から製造契約を取った。
・ボーイングは10年にわたって実験的なUUV、エコーシリーズ(エコーシーカー・エコーボイジャー)を作ってきた。エコーボイジャーは全長25メートルで8トンのペイロードがあり、間違いなく世界最大のUUVであろう。

142 :名無し三等兵 (アウアウクー MM87-ICJW):2019/10/21(月) 11:47:30 ID:sozewTi9M.net
核兵器用フロッピー廃止 米空軍
https://vpoint.jp/world/usa/146027.html
 米軍は17日、核兵器発射に関する情報のやり取りに使用してきた8インチ・
フロッピーディスクを廃止した。1970年代から使用されている技術で、
「安全性が高い」(ジェーソン・ロッシ空軍中佐)システムとして、長年使用されてきた。

 ITニュースサイト「c4isrnet」によると、このディスクを使ったコンピューターは
戦略自動指揮管制システム(SACCS)と呼ばれ、有事には核ミサイル発射の大統領令を
受け取るためにも使われる。インターネットが開発される以前の技術であるため、ハッキングは
不可能と考えられている。

 ロッシ中佐は「IPアドレスを持たないものはハッキングできない。非常にユニークで、古く、
優秀だ」とその安全性を強調している。
 空軍は2016年にシステムを更新し、古い保存方法を廃止することを明らかにしていたが、
空軍科学諮問委員会のワーナー・ダーム議長は、「敵がその兵器をコントロールできないよう
にし、必要な時に想定された能力を発揮できるようにしておかなければならない」と述べ、
新システムによって核戦力が危険にさらされる可能性を指摘している。

(ワシントン・タイムズ特約)

143 :名無し三等兵 :2019/10/21(月) 17:33:34.58 ID:vd8TzfAJM.net
Air Weapons: 66 Years Later
https://www.strategypage.com/htmw/htairw/articles/20191020.aspx
October 20, 2019
・軽量のレーザー誘導ミサイルであるAPKWS(Advanced Precision Kill Weapons System) がようやく量産に入った。製造業者のBAEは2025年までの需要を満たす27億ドルの注文を受けている。
・2010年から軍で使用できるようになったが、普及に時間がかかり、ようやく価格を低く抑えるための長期の大量生産契約が結べるようになった。価格はヘルファイアの4分の1しかない。
・APKWSは70ミリの無誘導ロケットにレーザー誘導キットを付けたもので、2.7キロの弾頭を持ち、射程は約10キロ。
・地対地ミサイル型も開発されており、この場合射程は5000メートルになる。フレッチャー(Fletcher)という車両ベースのランチャーが2017年に発表され、2019年に利用可能になっている。
・2.75インチ(70ミリ)ロケット弾は第二次世界大戦中に重爆撃機に対する空対空兵器として開発されたが、日本もドイツも重爆撃機を持たなかったため、空対地兵器に転用された。
 1960年代にヘリコプターに複数(7、あるいは19発)のランチャーを搭載して使うと効果的であることがわかり、人気になった。

144 :名無し三等兵 (ワイモマー MM43-1jLk):2019/10/21(月) 21:52:43 ID:vd8TzfAJM.net
Mysterious Object Northrop Is Barging From Redondo Beach Is A High-Power Naval Laser
https://www.thedrive.com/the-war-zone/30500/that-big-mystery-object-northrop-is-barging-from-redondo-beach-is-a-high-power-laser
OCTOBER 18, 2019
・ノースロップ・グラマンがトラックに高エネルギーレーザーシステム、SSL−TM(Solid-State Laser Technology Maturation)をトラックに載せて運び出した。これはUSSポートランドに搭載して試験する。
・SSL−TMは数年前に陸軍がテストしたSSLT(Solid-State Laser Testbed)の改善版に見える。SSLTのビームディレクターはTRWが最初に開発したMTHEL(Mobile Tactical High Energy Laser)から転用されており、
 そのTRW社をノースロップ・グラマンが2002年に買収している。
・SSL−TMはノースロップ・グラマンのもう一つのプロジェクト、AN/SEQ−3(LaWS)の経験を反映している。このシステムは軍で初めての運用可能なレーザー兵器で、USSポンセに取り付けてテストされた。
 AN/SEQ−3が30キロワットであったのに対し、新しいシステムは150キロワットの出力がある。

81 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :

read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★